人気ブログランキング |
<   2005年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧
『タナカヒロシのすべて』見聞録
映画や芝居のレビューや感想、そして批評を書く場合、どうしても一つ考えてしまうのが『どこまでしゃべっていいんだろう?』以前いた家電量販店で見に行ったとばかり思って映画の最後のシーンを話してしまい、販売応援に来ていた女の子に『サイテー』呼ばわりされた事があります。勘違いが大事故を呼んだ稀有な例でしょう。
特にまだ封切り後2から3週間しか経っておらず、これからもしかしたら人気が立ち上がるかもしれないような映画について、変な事を書いてしまったら......と、見かけドオリ小心者なので(または見かけと違い小心者なので)オドオドしてしまいます。

とはいえ、どうだったのか?   がんばってお伝えしようと思います。

以前の私の記事絶対脚光を浴びないと思っていたのに・・・にある『タナカヒロシのすべて』を見ていただければ映画のキャスト、あらすじ、その他諸々をおおよそ理解できると思います。非常に綺麗に出来ているトップページから分りやすい人間関係相関図、ある程度のストーリーと予告編映像。結構分りやすいいい広告ページだと思います。

ですがすみません<(_ _)>

あえてそれらのページで見たことはまず忘れたほうがいい。
ていうかそこに書かれていたことを覚えていたまま出かけてしまうと、話の先が簡単に読めてしまうかもしれません。

何でこんな事を書くのかと言えば、それはたぶん脚本と演出のおかげでしょう。ワンシーンワンシーンで少々ワザとらしく大げさな演技。ちょっとした伏線をはり、それにすぐ引っかかる登場人物。彼の周りには様々な些細な出来事が起こります。それによる行動の結果がすぐ画面に現れてきます。ちょうど雑巾を縫っている時の針の動きのように、針を入れて五ミリ向こうで針が出てくる。そして同じように五ミリ先から針をさしてその五ミリ先から針を抜く。チクチクチクチク。規則正しく降りかかってくる出来事をキッチリ一つづつ対処している『タナカヒロシ』がお茶目です。
そうなると当然一つ一つがさほど重大な事に感じられません。万事その調子で時計の秒針のように物事が通りすぎてゆきます。そのため複雑な伏線はほとんどありません。(感じ方によるので全然無いとは言い切れませんが…)非常にシンプルお話です。

そのせいでしょうか。私はいまだに公式サイトのストーリーの所にもあった『・・・しかしある出来事をきっかけに、今までの不運を振り払うべく、生まれて初めて自らの意思である行動に出る。果たして彼の運命は・・・。』にある『ある出来事』『ある行動』と言うのが結局分りませんでした。

ただタナカヒロシは皆が思うほどコメディではないし、逆にシリアスな話でもない。チョット悲しいし、途中で何回かくすっと笑いが映画館でも起きると思う。人情的なところもあるし、ドライな現代感覚もチョット見え隠れする。

また結構豪華な脇役。加賀まりこは話に一本しっかりとした親子関係を通しかつら工場の人たちは主人公の立場を分りやすく描き出していた。みのすけ、手塚とおる、伊武雅刀、清水審大らは主人公に細かく絡んでいき、しっかりしたエピソードを作っている。ユンソナ、市川美和子、小島聖、矢沢心などの女優さん方は『タナカヒロシ』に対する愛だの恋だのをコメディータッチで演じています。

で、結論としてこの映画は?というと・・・・・・

【多少ネタばれになります。見る前の人はご遠慮ください<(_ _)>】
by zukunashi | 2005-05-29 23:47
今週買った漫画 '05/05/24~'05/05/27
前半後半を分けてしまったのは、今週木曜日から読む漫画が多い週でした。バカみたいに漫画買ってます。もう○○才なのにねε=(-_-*)フウ

水曜日 週刊少年サンデー(小学館)
木曜日 モーニング(講談社)
     アフタヌーン(講談社)
金曜日 ビックコミックスペリオール

週刊少年サンデー(230円)
故淀川長治さんのテレビ朝日「日曜洋画劇場」の解説を思い出すことがあります。彼ほどの知識も才能も努力もしていませんが、どんな映画でも必ず褒めた淀川さんを尊敬しています。翻って今、少年サンデーの全部の漫画が面白くないとはいいません。それに少年誌なんで読者想定年齢の中にきっと私は入っていない事でしょう。そのくせ朝の満員電車で背広のサラリーマンがよく読んでますが。でもどうしてもわかんないのが『兄ふんじゃった!』『思春期刑事 ミノル小林』です。私が元々ストーリー漫画好きなんですが、ギャグを前提にしている漫画でこの二つはチョットもてあまし気味です。というか、ギャグ漫画と思っている私が勘違いなんでしょうか?キモかわいいを抜けてただ下手くそなコントだと気が付いたアンガールズみたいでチョット読むのがイタイです。

モーニング(300円)
今週も高いで~す。とまァそれはいいとして・・・
『常務 島耕作』は今回とうとうやってくれちゃいました。二つの意味で弘兼憲史は過ちを犯しています。一つは作者としての欺瞞。そしてもう一つはマナーの無視。
まず弘兼憲史は今回の反日デモについて『一部の勢力に引き摺られた作為的なもの』と判断しています。それはおいおい分るでしょうから、今回問題にはしません。問題はインターネットでの反日サイトでの書き込みについてのシーンです。まず問題は中国人がこう考えているかという事実の確認です。実際何処かから孫引きしているのかもしれませんが、漫画の中で自分が言いたい事の為に当然その中から話に都合がいいものを抜き出ししていると思います。もし何処かの引用すらないようでしたら、これは弘兼憲史の脳内中国という事にすらなります。
というのも、反日活動家の書き込みは頭でっかちなアジテーターのようなものばかりで、それに反論する書き込みは事実を詳細に述べ、優秀なビジネスマンという感じを抱かせます。そう感じさせようとしている?と、思っちゃいますよね。
そしてもう一つの過ちはネットマナー・・・というか、社会的なマナーとしての『ナリスマシ』です。今回の事が重大なというほどの事ではないでしょうが、口火を切って煽ったのは他人を装った知り合い同士です。しかも同じAPからの通信です。無線LANアクセスポイントを使用しているならばIPを取れば一発でばれるでしょう。こういった愚かさもそうですが、掲示板で二人で組んで煽るようなマネは本来のマナーから言えば当然許されざる事です。またディベートの場だとすればなおさら許されない『誘導』とも取れるやり方だと思います。正々堂々とスポーツマンシップに則れとは言いませんが、こういったばかげたやり方で引き出された議論に対して「凄い、凄いぞ!」「ちゃんと現状を認識している中国人も少なくないんだ!!」というオバカな結論を出す島耕作=弘兼憲史はいかがなもんかなあ。
惣領冬実さんやとりのなん子さん井上雄彦さんなんかの話を書くスペースが消えた・・・。

アフタヌーン(580円)
モーニング弘兼と同じようにネットの話がある。『アキバ署!』今回のお題はネット掲示板の悪意と善意。これはブログをやっている私にも直接関係する話題でもあります。またこっちの方が弘兼憲史のものより現実的なところは、掲示板での反応が予測できるとは言え現実にちょくちょく見るものだからです。掲示板の荒し、煽り。逆に2ch的な「やらない善より、やる偽善」。両者の溝は決して越えられないのかといえば、容易く超えられるドブぐらいなんじゃないでしょうか。自分がどんな事をしているか理解できているとしての話だけれど。
『リトルフォレスト』完結。お話としては良いとも悪いとも言えず。私自身故郷を持たない引越し人生であるため、自分の出自はココだ!というモノを持っている人がとてもうらやましい。私はココに居てもいいのですか?といつも思っています。お祭り、近所付き合い、町内会。それとこの人の絵は印象的です。ほとんどスクリーントーンを使わず、それでちゃんと人の顔を表情豊かに描き分けています。このタイプの絵の人は普通ならあんまり商業ベースで成功する人じゃないなぁと思いつつ、そう決め付ける自分をチョット疎ましく思う。
この厚さでこれだけ内容の濃い漫画雑誌なのに、モーニングより書く事が少ないのは腑に落ちないが、今回はこれまで。

ビックコミックスペリオール(260円)
普段金曜日はこれを隔週で読んでます。お目当ては『MOONLIGHT Mile』
今回の話を読んで『東大阪宇宙開発協同組合 SOHLA』を思い出しました。中小企業の技術を結集して人工衛星を飛ばそうと企画しています。人工衛星の名前も『まいど1号』。基本的に非常に真面目なんです。2005年に飛ばす予定だったと思いますが、着々と準備が進んでいるようです。結局弱い人が力をあわせてデカイ事をするって、好きなんですよね。
『医龍TeamMedicalDragon』
信じられない腕を持っている医者はマンガの世界では大層います。現実にはどうなんでしょう。このマンガでも手術の腕だけ天才的で日常はだらしがない典型的な天才が出てきます。ぽふさんの世話係さんもこんなお医者になってくれるといいのですが。ダメでしょうか?

by zukunashi | 2005-05-28 23:00 | マンガ(新しい)
混んでます
a0008523_19224676.jpg

【タナカヒロシのすべて】は30分前に来るのがお勧め。土日限定だと思うけど。

感想は後ほど。
by zukunashi | 2005-05-28 19:22
タナカヒロシのすべて
a0008523_16274616.jpg

パルコはものすごく宣伝しているけど…
私が鈍感?時代に取り残されてたのかしら。
by zukunashi | 2005-05-28 16:27
チョ、チョット刺激が・・・
セクシーって言うのはもっと奥ゆかしいものだと思ってましたよ。

水着を着ているほうがセクシーです。
Paris Hilton Commercial
最後にハンバーガーを食わなけりゃ、車のCMかカーウォッシュのCMか水着のCMだと思ってました。

ていうか、どうせなら脱いじゃえ。そっちの方がいやらしくない・・・・・・事はないか。

という事で、これを見て癒されてくださぁい。
by zukunashi | 2005-05-26 23:37
今週買った漫画 '05/05/23~'05/05/24
月曜日 ヤングマガジン(講談社)
火曜日 イブニング(講談社)

ヤングマガジン290円
おいおい先週より10円高いよ、と思いながらページをめくる。巻頭は『エリートヤンキー三郎風雲野望編』だそうですが、何か手直ししてますか?全く変りありませんが?気を取り直して『シガテラ』を読む。普通の漫画になっていると前回書いたが、主人公の心の動きを漫画らしく表現するやり方は的確で面白い。「え・・・えぐられた」とか心を惑わすもやもやが『石』のような形を持って現れ、そして最期にはあっけなく割れてしまう。そんな所が地味だが面白い。
さてところで『R-16』ってどんな話なんでしょう。すみません全くといっていいほどわかりません。『特攻の拓』の頃からインパクトのある意味不明な隠語を多用して、そういう感性はすごいカモ知れないけど、読んでもわかりません<(_ _)>かんべんしてつかぁんさい。『Y+M~柳生忍法帖~』どうでしょう。アッパーズの頃より書き込みが薄い感じがします。よくみると背景にトーンが載ってない所などほとんど無いのですが。いずれにしてもチョット気になります。
それと今週号はチョットエロ多めじゃない?

イブニング280円
同じ講談社でもこちらはストーリー重視。読みたかったのは『影風魔ハヤセ』『軍鶏』『ヘルプマン!』『もやしもん』このうち三つは読みたかったもの。一つは否定的だが読みたかったもの。そのひとつというのは実は『ヘルプマン!』
今回の事についてはチョット独り善がりじゃないだろうかと思う。主人公が言う事はそのストーリーの中では当然のことの様に聞こえるが、本当にそうなんでしょうか?老人ホームで老女が生きる気力を無くしたのは、独りの老人がいなくなったからなのか?漫画の中は予定調和の世界で、話を作っている人の頭の中の世界ですから、常に読んでいる我々は作者にこう問い掛けなければいけない。『本当にそれだけしか原因はないの?』
『もやしもん』の大学生活に憧憬を感じる。たぶんもう一回でも二回でもやりたいんだろうなぁ学生という宙ぶらりんな生活を。

by zukunashi | 2005-05-25 00:10 | マンガ(新しい)
想定外の範囲外?!・・・食事とはカクあるべきカナ!?
爪先からテッペンまでどっぷりと中年に浸っている我が夫婦。

体型もそれなりに中年である。私をリアルでみているかたはもう当然お分かりの事と思う。
私の奥さんも本人は甚く体型を気にしている。当然色々なダイエットを試みている。

その中でそれなりに続いたものもあるが、本人の気性の問題もあり長続きしたものは多くない。
ていうか理屈として、ダイエットは
1.食事量を減らす。
2.消費エネルギーを増やす。

のどちらかかまたは両方共をしてやらないと効果は無い。

だがしかし、うちの奥様は・・・
1.美味しいものに目が無い
2.運動は大の苦手。

と相反することこの上ない。


今回も何か新しいダイエットをするらしい。先週の日曜日、土曜日の野球のせいで体中が悲鳴をあげていた日曜日。うちの奥様はなにやら野菜を大量に買い込んでいた。体を動かさないと余計痛くなってしまうのでその買い物に付き合ったのだが、にんじん、キャベツ、セロリ、ピーマン、たまねぎと代表的な野菜を全部4本とか6個とか普通カレーを作るときでも買わないほど買い込んで、我が家へと帰りました。その時は痛む体をまっすぐ動かす事に熱中していたので、そんなに何で買うのか深く考えてはいませんでした。
家に帰って、ただ座っていると動けなくなりそうだったので、アルミのミニ脚立に座ったまま、言われるがままミキサーで買ってきた野菜を粉砕してペーストにしました。にんじんと水気にトマトを使ったため、全体的に赤っぽい“青汁”が出来上がりました。そうしてそれをなべいっぱいに煮始めたのでした。
本人曰く『魔法使いのオバサンみたい』

出来たものは本人の弁では『野菜スープ』だそうです。

確かに原料は野菜で、ペースト状に粉砕してそれを煮てますから『野菜スープ』と言えなくも無いですが、これは『野菜流動食』。
ご相伴にあずかっておいてこう言うのもなんですが、これなら三食カロリーメイトの方がよっぽどマシでした。と、包み隠さず本人にもいいました。結婚する前一緒に住んでいる頃から食事でこんな事を言ったのは初めてじゃないか?
奥さんも自分のしでかした事をしみじみ噛み締めながら、不味い、不味いを連発しておりました。


その次の日、改善案としてカレールーを入れてみると、確かに野菜臭くはありますが、カレーのスパイスが足りない所を補って余りあるファインプレー見せました。これならまだいける。

でも、元来野菜嫌いのうちの奥様が一念発起したとはいえ、嫌いなものをより不味く調理すればもっと食べたくなくなるに決っているだろう?

今日5/24の夕飯。カレー入りでもオイシそうではない。私も意を決して彼女に宣言した。
「美味しく食べられないものを作って、私の横で食べられても私も嫌だからこのダイエットは禁止」
さすがに嫌とは言わなかったが、責任感が彼女を突き動かしているらしい。
「これは全部食べるから」

その後今回のモノについて、イロイロ言わせていただいた。
──ていうかなんで全部ペーストにしたの?

が~って野菜ジュウスみたいに呑めば楽勝だと思って。

──あのさ、だったら何で普通の煮物にしなかったのよ?

いやー“想定外の範囲”ていうやつ。

──??それって“想定の範囲外”じゃない??

ううん、そうじゃなくて、想定している所以外全部。


あなたの想定している範囲狭すぎ!!
by zukunashi | 2005-05-24 23:13
ザクレロな車・・・私の奥様その3・・・
野球に行ってきました。
集合は石神井公園駅で、その後マイクロバスに乗って岩槻城址公園まで遠征です。

岩槻って『さいたま市』だとは知りませんでした。バイクで行って、野球やって、体中痛いのにバイクに乗って帰ってきました。orz…痛いよう!


その帰り、応援に来てくれた義妹とも別れ、夫婦二人バイクで家路を急いでおります。うちの奥様は車の免許も原付も何にも持ってません。私がかろうじて中型二輪免許を持っているので、外出はだいたい私のバイクにニケツです。私の奥様はもう10年も私のバイクの後ろに乗っているので、中型ニケツ免許ならきっとゴールドなのにねぇ。
まあそれないいのですが、そうやって帰っていると後ろの奥さんが騒いでいます。
『・・・ザクレロ・・・くるま・・・』
はぁ、なんだ??
『ザクレロな車がいる!!』
えっ!!ザクレロってこんなやつですよ!
と思って後ろを振り返るとザクレロではなく、なんかオープンカーでツーシーターのかっこヨサゲな車が走っている。??あれのことか??

『あれか?』
『そう!ザクレロだよザクレロ。アレに鎌を持たせたらピッタリだね』
『なんだソリャ、それじゃあ鬼婆かナマハゲだろう。』

などと二輪車上で愚にもつかない話をしているうちに、その車は私たちを抜いて何処へと去っていってしまった。試作品だからなぁザクレロは。ガンダムにやられるぞ。

でも早速家で『ザクレロな車』を探してみましたところ、どうやらこれでした。Lotus Sport 111
ハハハ、お茶目な顔だ。

どこがザクレロ!

ところが・・・
by zukunashi | 2005-05-21 23:11
今週買った漫画 '05/05/16~'05/05/20
月曜日 ヤングマガジン(講談社)
水曜日 少年サンデー(小学館)
木曜日 モーニング(講談社)
金曜日 トウキョウヘッドライン(株式会社ヘッドライン)

ヤングマガジン280円
買ったくせにこう言うのもなんですが、読み応えある漫画は今回特になし。昔は結構面白かったなぁと感じてた、『アゴなしゲンとオレ物語』や『ナニワトモアレ』も今のところ可も無く不可も無く。また『シガテラ』や『ガタピシ車で行こう!!』なんかも普通になりつつあり。キワ物が良いと言う訳ではないけれど…。分っていた事だが『ラブ らっきぃ』はなぜ連載が続いているのでしょうか?同じ話が読みたければ漫画喫茶で『ふたりエッチ』を読みましょう。ほぼ同じ理由で『エリートヤンキー三郎』もパート2にする意味が不明。話が破綻した所で仕切り直しか?

少年サンデー230円
『史上最高の弟子 ケンイチ』のヒロイン美羽はあんなエロく描いても良いのだろうか?素肌にペイントとあんまり差が無いケド。『ブリザードアクセル』は
どうなって行くのか興味を引かれるところ。『からくりサーカス』はこれから戦闘開始の模様。ただしドラゴンボールのような話にならないかハラハラしている。『金色のガッシュ』『MAR』も同様。悪く言えば戦闘の為の戦闘。野球などのスポーツは『アストロ球団』を除けばルールがあるので際限無く敵が強くなる事は無い。単なる戦闘をする漫画は敵が際限無く強くならないと、話のキッカケがなくなってしまう。悪い例は『HUNTER×HUNTER』それとは別に『クロザクロ』は話しの先行きが見えない。それも良くすれば緊張して読むことが出来る。伏線に本編がつまずかない様に期待。

モーニング300円
今回は『バガボンド』連載再開のおかげか高い。しかも表紙が『白』『銀』『灰』『黒』と、ものすごく渋い。それに井上雄彦さんの描く漫画は面白い。だが今はそれ以上に面白い『とりぱん』のとりのなん子さん。いしいひさいちさんが『ガンバレタブチくん』なんかを描き始めたときと同じような、一芸に秀でている面白さだ。鳥ネタでどこまで行けるか!
モーニングは読み易い漫画が多い。教養があり闘争が少ない。どちらかと言えば平和的な漫画雑誌だ。今この雑誌で私が読みたい漫画のトップはと言うと『ピアノの森』だ。他誌で連載していたが、第1部終了後連載していた雑誌が休刊。モーニングに流れてきた。非常に楽しみ。

トウキョウヘッドライン0円
新聞みたいだけど4コマ漫画もなし。どちらかというと広告を見ている感じ。その中で木村太郎の『ニュースの真髄』のどこが真髄なのか理解に苦しんだ。


番外編:立ち読んだ漫画・・・

ヤングジャンプ0円(立ち読みだからね)
食い物系の漫画はどうしても食べる時のリアクションに凝ってしまう。眉上げたり拍手打ったり大仏顔になったりと大変だが、カレーを食うときにエッチしているような感じになるのって・・・アリ?!
あと『極道つぶし』の最終回。主人公たちの死に際はチョットかっこよい。だいたいみんな死んじゃうと思っていたが、期待されているときの死に様って、難しいと思う。そして今回のものは劇的だったと思う。ほめたたえる気はしないけど。
とはいえ買う気にまではいかず。惰性で買っている漫画とどれほどの違いがあるかと言われると・・・つらいものがある。

by zukunashi | 2005-05-20 22:59 | マンガ(新しい)
歴史問題って、いったいなんだ?
靖国神社参拝、竹島・独島問題、歴史教科諸問題etc……

歴史認識は基本的に学芸の世界のはずが、今のところアジア諸国では歴史教育という政治問題になるようである。確かに政治的に扱えないわけではないが、確定した歴史というものが固定しているわけではないので、当然見ようによっては色々な側面があり、それをどう解釈するかで千差万別となる。しかしこれは理屈の話で、実際はそうならない。ある答えが先にあり、それを補強するために歴史の“事実”をほじくり出してくる。

さて、いつも思っている事でチョット政治色が強かったり、チョット理屈っぽかったりすると「書こうかなぁ、やっぱ止めよう」という感じで自主規制していたのですが、一回は書いておくべきと思い、こうしてキーを叩く。

まず靖国神社について・・・
なぜ神道の神社に戦没者を祀っているのか?散々『政教分離」に抵触するといわれているし、祭祀として神道の様式を取っているので、他の宗教の信者とて問答無用に祀られていたとしても、逆に他の宗教だから祀られていなかったとしても、どちらも問題であるといえる。
まず自民党では(民主党も)決断できないだろうが、『千鳥が淵の戦没者墓苑』に公式参拝すればいいだろうと考える。どこの国でもある無宗教の無名戦士の墓である。靖国神社は明治からの全ての軍人が祀られているからという言い方があるけれど『政治的な歴史問題』として、参拝すれば不利になる事が分っているのにあえて靖国神社にこだわらなくてはいけない理由がよくわからない。神道という殻を取り去ればもっと多くの人が・・・当然そこには中国や韓国の人も含まれる・・・過去を顧みる余裕が出来るのに。これはむしろ無為無策であることのマイナス点ではないか?国内保守系右派の動向のほうが国際世論(主にアジア)より重要であると言う事なんだろうか。小泉首相はこんな事も言っているようですけれど・・・。

竹島・独島問題・・・
地域紛争の最も多い原因は『国境線問題』海の上にもそれはあります。どちらかと言うと日本が…というか島根が何であんな日を作ってまでアピールしたかったのか。むしろ余計なちゃちゃを入れただけと思います。これについては至極当然なんですが、国際司法裁判所にこの問題を持ち込むべきだと考えます。何が何でも裁判で決着というのは後味が悪いとは思いますが、既に存在するルールを使う事まで躊躇する必要もないでしょう。確かに二国間の協議で決着するのが最善だと思いますが。

歴史教科諸問題・・・
これが一番面倒なんですが、ただ普通に考えて歴史教科書というものがその国の歴史の平均値であるだろうと考える事は出来る。ただ日本の場合業界の自主規制的な側面があるにしても一応自由に教科書を作る事が出来る。そのいい例は扶桑社の『新しい歴史教科書』である。
それと、誤解されているのではないかと思うが、国の検定とをパスした=国定教科書のように韓国や中国で思われているのではないだろうか。それを採用するか否かは教育委員会が決定する?のだったと思う。たしか。でもそれを中国や韓国にちゃんと理解されるように伝えたのでしょうか?政府の問題もあるとはいえ、マスコミの報道などでも効果はあると思うが。それに全く出鱈目を教え無いように、ある種の歯止めは必要だと思う。国ではなく学術研究者の委員会等でも良いのではないかと思うが。


ココに書いた事は絶対動かしがたい私の意志というわけではない。当然変更されるし変更していくのが当たり前と思っている。

ただし今までの事とは別に非常に気になる事が一つある。
何で日本の偉い人とその周りの人々は意思の統一が図られていないのだろうか?まあ別に好きでもない自民党の政治屋さん達を弁護する気は無いが、むしろこの人々が日本の象徴である不幸は例え様も無く、どう考えても国益を損なっている。誰かが靖国神社に参拝して物議をかもし、そのためわざわざ外交テーブルでやらなくてもいい謝罪ポーズまでとって見せたのに、その後別の偉い人が失言をしたりする。今回は大丈夫ですかね。ブログネタとしては格好の題材なんだけど。

それとこの際だからもう一つ。頼むから森前首相はしゃしゃり出ないで欲しい。最も強力な爆弾発言する人なんだから、逆に派閥の領袖として床の間にでも飾っておいて欲しい。本当に雄弁会出身なんだろうか?
by zukunashi | 2005-05-19 01:32