ちょっとおかしいんじゃないかな?!
まず自己保身に走ってしまうが、私は決して犯罪者は永久に犯罪者である・・・とか一度罪を犯したものはまた罪を犯す、などと考えているわけではない。罪は罰を受ける事によって、その罪を許す事が必要であると思う。また逆にヒステリックに犯罪者の人権を語る人もどうかと思う。犯罪と人権は切り離すべきだが人権はあまねく平等が基準だと思っている。

さて、奥歯にギャートルズにある肉付き骨が刺さったような感じだったが、もういいかな?

ところで何で島袋光年は復帰するの?

うーん、このニュースから察するとまだ執行猶予中なんだが復帰するらしい。
明日(3/24)発売のSUPER JUMPで電車の中吊り広告で盛大に盛り上げているようだ。
それと以前いくつかの掲示板が彼を擁護していた。そこでは彼は結構その才能を評価されていた。
「帰ってこい」とか「待っている」「単行本復刊」「たけしの完結編キボ~」などみんな彼の才能を評価していた。
う~~~~ん??
彼の漫画ってそんなに面白かったっけ?どちらかっって言うと、その場のノリで盛り上げる宴会部長的な漫画だった。キャラを新しく出して受ければヨシ、ダメなら切る、というように場当たり的に話を作っている印象が強い。
子供の趣向に合ってすんごい人気を得ていましたがそんな漫画家JUMPには掃いて捨てるほどいたはず。(奇面組はどうなった?)

それともう一つは集英社の考え。
彼の犯した罪の償いの為に一席設けたとしたら、それはそれで素晴らしい事と賞賛できますが、中吊りで盛大に盛り上げるのは過去を忘れる為?と勘繰ってみたくなります。
しかもSUPERJUMPといえばおおぴらにH漫画を描いている元少年漫画家も多いです。何か意味深……。(深読みしすぎかぁ?)

彼はそんなに盛大に復帰を祝ってもらえるほど、集英社に貢献していたなんて……というわけでもないのかな?素直におめでとうと言えないのは、素晴らしいクリエイターだと思えないからというのが、正直なところです。

まずは明日の雑誌を買って読んで………そうしたらまた書きます。
[PR]
by zukunashi | 2004-03-23 22:59 | マンガ(懐かしい) | Comments(3)
Commented by moufu1 at 2004-03-23 23:35
同じく。覚せい剤所持でつかまった人の作った歌が ヒットする
世の中は おかしいと思います。やはり 有名人は 何をしても
許されるということですかね?
Commented by haruhico at 2004-03-24 12:46
ま、ポールもジョンもミックもみんなヤクをやっていますから、ヤク中の歌全般を非難するのもどうかと思いますよ。あの歌だって本人のソロで出していたらアレだけヒットしたかどうか。ま、唄っている中にも某メンバーのように犯罪者がいますし(笑)。

要は作品の良し悪しであって、しまぶーなんかを未だ起用しようとする集英社のセンスが一番問題でしょう。結果はすぐ出るでしょうが。
Commented by zukunashi at 2004-03-24 22:31
私はつまるところ人柄と作品は比例しないと思います。
どんなひどい極悪人でも、素晴らしい作品なら評価します。
それに有名人はその他大勢からいつも視線を浴びるのが仕事なので、社会的に抹殺されるリスクを考えているなら、幾らでも馬鹿やってかまわない、と突き放して考える方です。

それも才能が煌いている間だけの話ですし、無くなってしまえば今より酷い状態になるのは目に見えています。

島袋光年の当たらし漫画は、そういった意味でよりいっそう厳しい評価を受けるべきでしょう。


<< 読みました。島袋光年「RING」… このごろ流行っている事 >>