意外な発見・・・でも良い物ばかりじゃない…orz
他の人のサイトを見ていてそこからリンクをたどるって、ブログ本来の使い方だと思うんですよ。結構面白いものを見つけたり、タメになる物を見つけたり、いつも同じところをグルグル巡ってしまいがちなインターネット生活に、ちょっとした変化を与えてくれるリンクやトラックバックはそういう意味で非常に重要です。

なんか隠居した爺さんの散歩道について考えている風にも読める話ですが、似たようなものかも(^^ゞ

で、リンク先が【可愛い】とか【綺麗】とか【美味しい】って記事だとしても、あんまりそれをトラバしたり引っ張ってきたりする事はないです、ハイ。
だいたい諍いがあると首をつっこんだり鼻を突っ込んだりします。自分の記事も含めて燃えている記事は結構好きヨ(笑)という事で今回も見つけてしまいました。

ナナメ135度の風。: 自由の奪い合い

プロフィールでご自分のハンドルネームを『杖無き隠者』と称しているこのブログ主。どこから見つけたかといえば・・・
忘却からの帰還:神様のせいで怪我したといって教会を訴えた男のコメント欄を読んでいて地下に眠るMさんのブログを訪問。そのブログのトップが地下生活者の手遊び:なにものよりも おのれ自身に擬する銃口をだったというわけです。

ところで杖無き隠者さんのナナメ135度の風。というブログもそうですが、何かネットの世界で[右翼][左翼][在日]というレッテル貼りがはやっている。チョッと前からですけどね。
しかし掲示板でもその手の話題が出てきたら、まるで血栓が出来たように議論がストップしてそのまま脳梗塞状態です。それで議論は死んだも同然です。
それを喜んでいる罵倒好きな人もいますが、ROM専は離れていきますよね、居たたまれなくなって、すくなくとも私は離れていきます。
だいたい血液型占いじゃあるまいし、右翼だから、左翼だから、在日だから・・・・・・どうだって言うんだ?右翼や左翼というものが、それぞれどういう思想信条を持っているのかというのは、経験的にあるいはググッてみれば分かるが、在日(つまり在日韓国、朝鮮人)は思想で繋がっているわけではない。それをレッテル貼りしてしまうのは単なる手抜きだ。
そしてレッテルを貼った後は在日とされた人のコメント等には『帰れ』『出て行け』『日本にいなくていいですから』など、まあ小学生の仲間はずれレベルの言い方です。結局は議論で負けそうなときとか、まともに言い返せないときとか、理屈以外のパワーが欲しいときに手を出してしまう・・・のですかね?私は全く分からないですが(ーー;)

杖無き隠者さんは、最後の締めのところで[在日]レッテル貼りですから、それまでの話も(特にたいした事を言っている訳ではないのですが)最後の生理的嫌悪感を前面に出した言いっぷりで全部ご破算です。

結局こういうレッテル貼りをする事で議論を事実上拒否しているわけです。
レッテル貼りをすることは感情的な罵り合いやお前のカーちゃんでべその言い合い・・・etc、とそんなに差は無いでしょう。

それで良いなら・・・最初からそんなコト書かなければいいし、議論をしたいならそんな事は書くべきではないね。

それと、今回のように他人の議論を俯瞰してあーでもないこーでもないと口を出すのは(今回の私の記事も含めて)ブログではよくある風景だけど、第三者だからと言って客観的でも理性的でもない、ということが彼の記事でよく理解できます。しかもアレだけ書いて、ただそれだけの価値しか無いんですけれどね。
[PR]
by zukunashi | 2008-07-24 14:54 | セキュリティ | Comments(4)
Commented at 2008-07-25 21:53
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2008-07-26 01:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by zukunashi at 2008-07-29 15:06
鍵様
了解です。世界は拾いようで狭いっすね(^^)v
Commented by zukunashi at 2008-07-29 15:17
鍵様
同じ人間・・・人によって意味が変わってくるんでしょうかね?


<< クルマは何がいいの? 名はシンクロ率を表す・・・・かも >>