浅草サンバカーニバル A.E.S.Unidos do Urbana !!
8月25日
その日は朝から綿のような雲が広く空を覆い、蒸し暑くなるような気がした。ただ日差しが強いだけなら日陰に逃げればいいが、それでも追ってくる蒸し暑さは今日これから本番の浅草サンバカーニバルでアレゴリア作りの大敵になるはずだ。去年も一昨年も暑さにかなりやられてしまった。

とはいえ9時に着くように家を出る。その時点でたぶん水銀柱は不快な目盛りを指しているに違いないが、見れば暑くなるので携帯でも絶対に今日の最高気温は調べない。

少々遅れて9時過ぎに着いた現場には7分通り出来上がっているアレゴリアが鎮座していた。

まだ首と腕が無い。そのせいでちょっと不気味だけど相変わらず造形はすばらしい。筋肉の盛り上がり、動きのあるポーズ、色。a0008523_22131210.jpg
ちなみに今年のテーマは火(だったはず・・・)クリックすると大きな画像になるんで見てください
<(_ _)>
後でbravoさんに聞いたところ前前日の夜に既に東京に来ていて、前日の朝9時半に組み立てを始めてその日のうちにだいぶ組み立ててしまったそうです。でも8月24日の土曜日は生憎夜に夕立のような強烈な雨が降って、朝にはひっつけた物のいくつかが風雨の為に落ちてしまっていたようです。
という事で私たちが着いた時には大きな作業はさほど残っていない状態でした。それでもあの大きな像の左手と頭、そして弓矢を付けるという作業and色々細かい作業が残っています。

とはいえ、当日手伝い組はそんな難しい所をヤレと言われてもまず無理なんで、かんたんな補助とかをします。

例えば脚立を支えたり、ちょっと色塗ってといわれたらペンキでぺたぺた色塗ったり、工具を持ってきたりどっかを支えたり、水飲んだり、アンパン食べたりとニッチな所を探して色々チョコチョコと作業します。これで手伝った気になれるんだから・・・お得?まあ汗はずいぶんかきましたよ。炎天下ですから。でもおかげで体はちょっと調子よくなりました。普段はずっと座っている仕事だから。a0008523_21322248.jpg
で、首を据えて手を付けてほぼ完成したのが
この写真→
弓も付けてあと矢をつがえて、布とか巻いて完成だけど今の段階でもほぼ出来上がり。


でもそこから一足飛びに完成品はこちら
a0008523_21391890.jpg
どうですか。
満月のように引き絞られた弓から、火の矢が放たれる。
彼が狙う敵は・・・・

一片の無駄の無い隆々たる筋骨。
弓を引き絞る為か、それとも敵に対する憎しみか?歯軋りの音すら聞こえそうな口。
標的を狙う目。前傾になり全身が矢のように、まるで矢に乗り移るよう見える体の勢い。

実際このアレゴリアを作っているときに、結構バシャバシャ写真撮られてます。他のチームからも『すごいっすねぇ』と賞賛の声が聞こえます。自分が制作に係わったわけじゃないのに結構嬉しかったりして。

でも、これが終わりではなく始まりです。

そう、これからこれらをパレードで押さなければならんのです。これからが本番と言っていいでしょう。

どんな所で押すかって言えば、こんな所です。a0008523_215822.jpg後ろ・・・スゴイですよ。みんなカッコイイのなんのって。あのスタイルもそうだけど、あの炎天下で、およそ一キロとはいえほぼ1時間かけてユックリ進みながら間違いなくずっと踊っているんです。
1時間ですよ!
終わった時はみなぐったりしてました。当たり前ですけどね。

ご苦労様でした。また来年よろしくお願いします。



始まる直前
まだリラックスしてます。

終了してフィニッシュラインを超えたところ。


この後アイソトニック飲料を500cc一気飲みしたんですが、まだノドがからからでした。
でもこのあとまだアレゴリアをばらして片付けて・・・
[PR]
by zukunashi | 2007-09-03 00:27 | | Comments(0)


<< キター!!iPod touch  忘れ去られたモノ >>