集英社問題を考える地方議員の会 という下らない問題を覚えていますか?
以前このブログでも取り上げた本宮ひろ志の「国が燃える」休載の件で、議員バッチの威力を十二分に発揮した先生方がいらっしゃいます。

集英社に右翼の街宣車が日参する中、地方議員という肩書きの「集英社問題を考える地方議員の会」は下記の抗議文を渡したそうです。

株式会社集英社 代表取締役 谷山 尚義様    平成16年10月5日
              『ヤングジャンプ』編集長  田中 純 様
              「国が燃える」作者     本宮ひろ志様

     集英社問題を考える地方議員の会 代表   犬伏秀一大田区議
                     事務局長 松浦芳子杉並区議

古賀俊昭東京都議・土屋たかゆき東京都議・高橋雪文岩手県議・鈴木正人志木市議・白土幸仁春日部市議・新村和弘雄踏町議・渡辺眞日野市議・沢田力さいたま市議・大田祐介海老名市議・宍倉清蔵千葉市議・大関修右内原町議・上島よしもり世田谷区議・鴨打喜久男小平市議・上橋泉柏市議・吉住健一新宿区議・大西宣也町田市議・伊藤玲子鎌倉市議・井出口良一大分市議・井上健国立市議・三宅隆一川崎市議・梅田俊幸日野市議・頼重秀一沼津市議・小畑くにお浜北市議・三宅博八尾市議・水ノ上成彰堺市議・木村徳国分寺市議・広重市郎宇部市議・吉田信解本庄市議・中田勇新座市議・新井よしなお町田市議・佐々木祥二元長野県議・森高康行愛媛県議・天目石要一郎武蔵村山市議・岸田正大田区議・田中健大田区議・伊藤たけし渋谷区議・稲川和成川口市議・井野兼一塩尻市議・矢本おさむ南海市議 (10/4現在 順不同)

              抗 議 文

私たちは、各地域において、青少年の健全育成と、異常な自虐的歴史観の排除に奮闘している地方議員です。
貴社が平素より、出版物を通じ、青少年の健全育成に努められている由、敬意を表するものでございます。しかしながら、貴社発行『ヤングジャンプ』42、43号に掲載されている、本宮ひろ志氏作「国が燃える」については、その史実考証の稚拙さなど、看過する訳にはいきません。つきましては、各議員連名のうえ、下記のとおり抗議いたしますので、平成16年10月12日までに誠意ある回答、対応及び面会を求めます。

1. 所謂『南京大虐殺』は、当時の体験者や、研究者、学者により、諸説が分かれているところであり、ないという強力な証拠があるものの、あるという確証がない状態で、松井石根氏、岸信介氏等実名を使用し、これをあたかも戦争の真実として漫画化している。

2. 中国の真偽定かでない写真を用い、百人斬りを事実として記載し、意図的 に歴史を歪曲している。

3. 歴史的認識が確立されていない青少年に多大なる影響を与える貴誌に、史 実ではない残虐なシーンが登載された事は、次代を担う青少年の心を傷つけ、遺憾である。

4. 事の重要性を認識せず、問題の事実関係についての調査研究を怠り、大東亜戦争従軍の将兵、遺族さらには日本国及び国民の誇りに傷をつけ、辱めさせた行為は厳に慎むべき行為であり、フィクションと記載された「漫画」であっても許されない。
 
以上
              
連絡先:144-8621 大田区蒲田5-13-14    大田区議会 犬伏 秀一
    166-8570 杉並区阿佐ヶ谷南1-15-1  杉並区議会 松浦 芳子


いぬぶし秀一の激辛活動日誌
2004年10月04日(月) 本宮ひろし先輩、史実を曲げちゃダメ!@ヤングジャンプより引用

さて、彼らが言うことにもし何らかの正当性があったとしても、この議員先生方が何をしたかったのかといえば、それはズバリ 圧力をかけたかった・・・に相違ありません。
なぜなら「集英社問題を考える地方議員の会」はこれ以降何も活動をしていない。もし継続的に活動していれば、その運動に何らかの理念があったと考える事もできますが、これ以後2年半もの間に幾多のマンガが雑誌に載ったり書き下ろされたり単行本などになっておりますが、それらに何らかのアクションを起こしたという話は全く聞いておりません。では「国が燃える」だけが彼らの癪に触った理由は一つ、自分達の理念にあわないマンガだったからです。自分達の歴史観、自分達が教育したい歴史観に沿わないからです。

確かに自分の考えとあわない、自分の考えに反するものを何とかしたいという気持ちは分かります。仕事でも人間関係でも。しかし、「集英社問題を考える地方議員の会」という会はどう考えても本宮ひろ志氏の「国が燃える」に圧力をかけるためだけに集まってきた議員達です。この行動により地方議員でもその気になればある自由を・・・出版、報道、信教等何でもいいのですが・・・侵害できるという事です。
でも彼らは民主的に抗議文を手渡したつもりでしょう。それは議員という肩書きを以って・・・議員バッチの威力を使って・・・。そしてより効果的に圧力をかけるために、わざわざ社名入りの抗議団体をその場限りで作る・・・このこすっからしいところが生理的な嫌らしさも感じてしまうところなのです。

結局自分達が歴史を決めたい地方議員の会という事なんでしょうが、こういう議員の方がいかにその地方の為に頑張ったとしても、自分のバッチの力を借りて自分の為に(又は人々の為と偽って)事を為すのではないかと言う危惧があります。どんな面白くないマンガでも、どんな下らない歌でも、どんな馬鹿馬鹿しい映画でも、面白くない、馬鹿馬鹿しい、下らないと言う評価をすることに問題はありません。しかし、政治家がそれが史実ではないからと言う下らない理由で圧力をかける事は問題です。間違っています。政治家が歴史をいじる、宗教的問題に手を染める、科学を標榜するトンデモを擁護する等は厳に慎むべきです。政治家はそれらの問題に投票する一票を持っていないのですから。



あとがきです。

直接降り掛かってきた火の粉について下記にまとめておきます。
始め二つはトラックバックですが、元ネタと全く関連性がありません。既にトラックバックスパムです。本人はきっと自分ルールがあるのでしょうが、そんな独りよがりなものを尊重する気はありません。馬鹿っぽくて面白いのでそのまま残しています。
三つ目はコメントです。精一杯の皮肉なんでしょう。しかし捨て台詞だとしてもカッチョ悪いですね。子供のケンカでもう何も言えない時に「お前のカーチャンでーべーそー」って言うのと同類だと思います。それと皮肉は空振りすると相手に余裕を与える事に気が付きました。そういう意味ではチョットありがたいですね。ほんの数ミクロンぐらいですが。

これは、議員の一般的な作法なのでしょうか?より トラックバック
Tracked from いぬぶし秀一の激辛活動日誌 at 2005-05-06 12:45 x
タイトル : ありがとう日本スピンドル製造さん!尼崎事故現場での救出
 ふとテレビ番組を見ていたら、あの尼崎の脱線現場の裏話を放映していた。思わず内容に涙がこぼれてしまった。  脱線現場の中継映像で、通常の事故現場と違う光景がずっと気になっていたのだが、この疑問もこの番組で解けた。  それは、警察や消防の見慣れた出動服よりも、薄緑色の作業服の人々が懸命に救出作業をされていたことだった。地元尼崎市の職員さんだろうか、だとしたら素早いな〜と思っていたのだ。  今回は、事故発生から2時間で陸上自衛隊に災害派遣要請があり、13時には、特科連隊の隊員と重機が現場に到着した。....

日本の政治家の悲しい状況より トラックバック
Tracked from いぬぶし秀一の激辛活動日誌 at 2005-02-10 21:57 x
タイトル : 試合には勝ったが、国際常識では負けた日本選手団
 ワールドカップの対北朝鮮初戦が終わり、わが国が2対1で勝利し、スタンドには日の丸が振りかざされた。勝てたことは素直に嬉しいし、日本サポーター達が、日教組の教育の成果もなく、何の違和感もなく国旗を振り、国歌を歌っている姿には安堵すらした。  しかしだ、国歌斉唱の際の日本選手団の体たらくは、なんだ。北朝鮮選手団は、大きな口をあけ、誇らしげに北朝鮮国歌を歌っていた。かの国にしては、きれいなメロデイなのでびっくりした。  ところが、日本の国歌になると、日本選手団は、二、三人がボソボソという感じで歌ってい......more


日本の政治家の悲しい状況より コメント
Commented by いぬ at 2005-02-10 22:00 x
ご批判も大好きな私です。参考にさせていただきます。
どうか、地元の「耳障りのいい」議員さんを応援してあげてください。
[PR]
by zukunashi | 2007-04-15 23:13 | お引越し! | Comments(6)
Commented by Q@N at 2007-04-16 00:15 x
どうせこの人ら。「龍-RON」も「ぼくの村の話」も読んだ事ないんでしょ。

俺選挙にでようかな。 こいつらより漫画センスはあるし。
Commented by zukunashi at 2007-04-16 06:47
たぶん石坂啓も知らないでしょう。

狂信者は宗教ではなくても始末に負えない例の一つです。
Commented by stickleback15 at 2007-04-16 23:42
異なる意見であっても真面目に書かれたものには真面目に応える.そういう誠実さが,議員「様」にはあって欲しいなあ,と思うんですが….僕は変な幻想を持ちすぎなのかな.
Commented by zukunashi at 2007-04-17 07:26
議員(様)にとってはそれが誠実さではないのかもしれませんね。幻想と言うより当たり前なんですが。
Commented by zaku at 2011-12-25 21:22 x
今振り返ってみると、この議員さんたちは本当に正しかったね。
Commented by zukunashi at 2012-01-11 09:38
zakuさん、コメントありがとうございます・・・が、
理由無しで言いっ放しは無責任じゃないですか?理由もどうぞ。
まだ分からないの?とかこの状況を見れば・・など、相手に下駄を預けるようなこと無く、しっかり論証していただければ幸いです。


<< 北海道の方・・・御用心御用心 サカつく終了 >>