人気ブログランキング |
無料の雑誌「コミックガンボ」を読んでみた
タイトルどおりです<(_ _)>

駅の出口で配っているのですが、今まではあまり欲しいと思わなかったんです。毎日ン百円で雑誌買ってていまさら・・・

ンじゃあ今日は何でといえば、チョッと会社に遅刻したんでその憂さ晴らし(?)で無駄な買い物でも・・・ただじゃん?

マアいいや。

で、中身なんですが「コミックガンボ」としての特色があるとすれば・・・チープな事?

薀蓄系4こまが多い・・・「あ、阿部礼二」「トーキョー博物誌」「豆知識はかせ」
一人が2種類の4コマを書いている・・・ヨコシマン「パート怪人悪キューレ」「ペットちゃん」
ちょいと古い人がいる・・・「地獄でキュ~」「坊ちゃん」
かなり古い人もいる・・・「G-Cup」板橋しゅうほう(!)

今回読みきりで村上もとかが描いているので何だろうと思ったら、再掲載だった。原稿料安そうだ。

それにしても、江川達也の「坊ちゃん」は手抜きも甚だしい。まず背景、小道具、がほとんど無い。家は資料の写真にスクリーントーンを適当に張っただけ。確かに「日露戦争物語」もこんな感じだったが、読者をなめている感じがひしひしと伝わってくる。

江川達也がエースなら、先は無いなという感じ。克 亜樹にいつまでもhow-to SEXマンガを描かせているヤングアニマルと違いは無い。

にしても、無料雑誌だからという言い訳を許すべきなんだろうか。マア、紙のムダ一歩手前なのは金を出して買う雑誌とて同じだが。
by zukunashi | 2007-03-29 00:15 | マンガ(新しい)


<< 植木等さん ありがとうございました ちょいと困った手元が狂った・・... >>