人気ブログランキング | 話題のタグを見る
妄想と現実と 
近頃、ブログを書くことなんてないから随分久しぶりにこの編集画面をみます、ズクナシです。
ブログから離れたのは、エキサイトの中の人の対応と、他のブログからバカな中傷のおかげです。今はFacebookとXで静かなIT余生を送っています。2000年ごろの活発なブログ活動は今は昔。なんか時代が違う感じになりますね。

さて、漫画原作のドラマの件で世間が騒いでいます。原作漫画のドラマ化ので原作者が…週刊誌なんかの格好のネタですね。
ニュースのウェブサイトでも出だしに亡くなった方に冥福を祈り、最後にいのちの電話なんかの情報を書いておけば、いくらでもこのネタを使いまわしていいみたいな無節操なニュースが多いですね。各々自分の立場で出版社やテレビ局、プロデューサー、脚本家を糾弾している。
私も偽科学や著作権関係でかなりガンガン書いていたので、昔を忘れるわけにはいかないですが、一回だけ、ブログから離れるきっかけになった、アマチュア落語家とのやり取りの中で
『前略~ そんなに追いつめて楽しいですか? もしこの事が原因で私が自殺でもしたら、あなたは責任とれるんですか? ~中略~  どうしても削除して下さらないのなら、弁護士に相談します。 ~後略』なんていう元気な死ぬ死ぬ詐欺をされたことがあります。
結局私は自分から削除しませんでしたが、エキサイトの中の人がこの人と何らかのやり取りをして私の記事を非表示にしたのでしょう。その後も特に問題がないと思われるものも含めて4つの記事が非表示にされました。当然ですがエキサイトはその理由を一切述べませんけどね。

ところで、色々原因が取りざたされていますが、プロデューサーと編集部の意思疎通がいい加減だったとか、脚本家が全く原作を知らなかったからとか、決定的とはいえないまでも、そうだろうなあと一視聴者が想像した通りのネタが掘り起こされていますね。原作側の小学館の体質や(かつて金色のガッシュで掘り起こしたことがまだ続いているとは思ってもみませんでしたが)テレビ局側の傲慢さなどが今更ながらクローズアップされています。とはいえ、クローズアップする側の他局のテレビや週刊誌の様なアナログなメディアの皆様が、まるで自分は関係ないという姿勢でいろいろ言っているのもなかなかどうして恥知らずなと思いますが、やっぱり原作者が亡くなられた直後に出したテレビ側の哀悼のコメントの、責任逃れ感の半端ない文章が、どうしても頭から離れないです。
「日本テレビは映像化の提案に際し、原作代理人である小学館を通じて原作者である芦原さんのご意見をいただきながら 脚本制作作業の話し合いを重ね、、最終的に許諾をいただけた脚本を決定原稿とし、放送しております。」
細かく分析するまでもなく、許諾してもらっているんだからうちのせいじゃないです。という事です。法律ならそれでいいでしょう。
でも法廷じゃないですよ。マスコミに取り上げられているゴシップです。
小学館もその手の話では日本テレビに負けじとやってくれます。
芦原先生のご要望を担当グループがドラマ制作サイドに、誠実、忠実に伝え、制作されました。
何を伝えかには言及しませんが、「誠実、忠実」につたえました。ここに正確という言葉が入らなかったのは、最後の良心と解釈したい。
両社ともあとは頸を竦めて嵐が去るまでだんまりでしょう。

そういえばこのところ、うちの奥様がネットフリックスを見始めたせいで、私も一緒によく見ます。そこで思うのが日本は漫画という文化はあるかもしれないけれど、テレビも映画もオリジナルを忘れてしまっているんじゃないかなと。ネットフリックスは自社でドラマ制作をして(させて?)ネットフリックスの映画、ドラマを配信している。映画やドラマの見逃し配信のサービスじゃないんですよね。最初は見逃したのを見ていたのですが、次第にオリジナルにもしょくしゅを広げています。
しかもほとんど海外ドラマです。日本のドラマ…そんなに見たくない。見たいほど面白くない。見ても面白くない。ちょっと合わない(笑)サンクチュアリは最後の理由で見ていません。
まあ、仕事人シリーズや水戸黄門みたいに、原作あっても、実在人物でも結構好きに創作する歴史のあるドラマや映画で、原作忠実なんて絵空事はあり得ないと断じていいかと思いますが、送料冬美さんのMARSの台湾映画の話やシティハンターのフランス映画などを見ると、日本以外ではちゃんとやっているんですよね。翻訳して読んでいる方がリスペクトされているというこの皮肉に、日本のドラマ、映画製作者は気が付くべきと思います。とはいえ、海外だからと言ってもドラゴンボールのハリウッド版みたいな例があるのでやっぱりリスペクトは大事ですね。映画もドラマもビジネスかも知れないが、人を喜ばせる、感動させる、楽しませるものはビジネスで作られるのは無くて、センスと情熱なんではないかと思います。

センスと情熱なんて書いていますが、まだ何か欠けているんだろうなぁと思います。それが分かっていればもう少し私の音楽やそれ以外の色々がよくなっているはずですからね。

by zukunashi | 2024-02-11 16:28 | 映画・演劇・音楽


<< ミケランゼロの1%(その伍) >>