ハリケーンを操るハイテクヤクザ??
アメリカの気象予報士がハリケーン“カトリーナ”の背後に日本のヤクザがいる、と主張しているそうです。(笑

以下翻訳を載せます。まずはGoogle翻訳
アイダホ(; Here’s 論争の嵐をもたらすこと確 実な理論that’s: Pocatello のmeteorologist, アイダホは , Yakuza によってもたらされるハリケーンKatrina として知ら れている日本のギャングを要求する。

Scott Stevens は確信す るそれと言うground-based マイクロウェーブ送信機からの電磁 石の発電機によってもたらされたことをハリケーンのnasa の衛 星写真, he’s を見た後。

発電機は3 出す及び30 メガヘルツ 及びStevens の要求ロシア人は1976 年に嵐作成の技術の背部を発 明し, 1980 年代後期の他へ販売した間のsoundwave を。

発電機によって形作られる雲が正常な雲と異なって , nowhere から現われられる, 言ったりそしてKatrina に多くの 回転ポイントがあったことを言うことをStevens はハリケーンの ために珍しい。

未来の市場の幸運を作り, 広島の1945 年の爆撃のため の米国と均一になるために少なくとも10 の国家及び組織は技術 Stevens の容疑者を日本のYakuza によって作成されるKatrina 所 有している。

Stevens は嵐の作成理論を明日の夜論議する (www.thesciencedetective.com のインターネットのラジオショー の9 月9) 日


文章がばらっばらになっている為、文意を解釈するのにチョット・・・?暫らくかかります。大体何を言いたいのか分った貴方!素晴らしい。英語を翻訳するより難しいですよ、これは。

ついでにexcite翻訳にもやっていただきました。
ここに、確実に論争の嵐を引き起こす理論があります: ポカテロ(アイダホ)の気象学者はHurricaneカトリーナに引き起こされたYakuzaとして知られている日本人の悪漢を要求します。

ハリケーンのNASA衛星写真を見た後にスコット・スティーブンスは言って、彼はそれが電磁ジェネレータによって地面ベースのマイクロ波送信機から引き起こされたと確信していました。

ジェネレータは音波3~30メガヘルツを放って、スティーブンスは、ロシア人が1976年に嵐を引き起こす技術を発明して、1980年代後半にそれを他のものに販売したと主張します。

スティーブンスは、ジェネレータによって形成された雲が正常な雲と異なって、どこにも現れることができると言って、カトリーナには多くのハリケーンに、珍しい回転ポイントがあったと言います。

少なくとも10の国と組織には、技術がありますが、スティーブンスは、日本のYakuzaが先物市場で財産を作って、1945年の広島の爆撃のために米国に仕返しするためにカトリーナを作成したと疑います。

スティーブンスは明日の夜(9月9日)、www.thesciencedetective.comのインターネットラジオショーで嵐の創造理論について議論するでしょう。


何とか文章になっている!

ところでいかがですか。機械翻訳の精度。まずまず?テンでダメ?期待出来そうでしょうか。

最初は変な科学の話をしようとしてたんじゃないかって?
それの大意を知ろうとしてWeb翻訳をしていたら、こっちの方が面白くなっちゃったんですよ。(笑

それにしても、ヤクザが先物市場で財産を作ったなんてすごい事知っているオヤジですね。アメリカ人の想像力のたくましさもなかなかな物です。
でも、これだけの甚大な被害を出したものについて、こんな奇想天外な事を言えるアメリカの自由さは・・・侮りがたし!



題名を間違えてたので書き換えました。0:45ごろ
[PR]
by zukunashi | 2005-09-13 23:10 | Comments(0)


<< 今年の秋・・・北海道上陸 おめでとう山下万葉氏・・・2,... >>