人気ブログランキング |
若手民主党地方議員の政策集団について
議員という職業人に一方通行の思い入れを垂れ流される事はあまりいい思い出ではない。
匿名と実名の別に囚われる事無く、忌憚の無い意見を彼らと交える事が幻想なのだと理解するだけで、実の無い事をしてしまった。

実際それは一人の議員にだけ向けるべき事ではなく、かのブログで書いている15人全員に言える事ではないか?という疑いはある。

私の知る限り、佐藤議員の日記に何がしかの反応をしたのは、鈴木けんぽう議員のみ。

また『東京フィフティーン』の内部でも活発な議論という物を見たためしが無い。よって身内だけでにぎわうブログでもない。

もちろん外部から意見を言う人はほとんどいない。いたとしても私同様無視されるのが落ちである。

当然書き込んだことにほとんど反応は無い。

反応があったとしても、わざわざブログとは関係の無い方法で反応がある。

本当に首を傾げたくなる。

地方の若手政治家をアイドルのように遇する気は無い。むしろこの際少しでも彼らがどんな人間なのかを知りたかったのが正直な気持ちだった。

今回の話をココまで辛抱強く読んでいただければ、私が既に彼らとコミュニケートする意欲を失っている事は、ある程度ご理解いただけたでしょう。

現在都議会議員選挙です。土曜日曜は朝から入れ替わり立ち代り選挙カーが家のそばを通り、名前を連呼していきます。ふと選挙カーと彼らのブログ東京フィフティーンが、一方通行のコミュニケーションという面だけ取ってみると、非常に良く似ていることに気が付きました。
もしかしてそういうことなのかという疑惑と、それを否定するだけの資料が無いことを考えると、新しい若い政治家は少なくとも選挙カーから声を枯らし、手を振りにこやかに握手をするだけではなく、今の若手政治家より多少のメディアリテラシーに長けた方を希望します。

もちろん選挙に行きます。ネットの中の情報だけではなく、街中の話も聞いて候補者を決めて投票しようと思います。結構コンビニなんかで近所のおばちゃんが大声で候補者の事を話してたりします。意外とコンビには新しい井戸端なのかもしれない。
by zukunashi | 2005-06-30 22:53


<< よーく考えよー、お金は大事だよー。 人斬り龍馬 面白かった☆ >>