今週買った漫画 '05/05/16~'05/05/20
月曜日 ヤングマガジン(講談社)
水曜日 少年サンデー(小学館)
木曜日 モーニング(講談社)
金曜日 トウキョウヘッドライン(株式会社ヘッドライン)

ヤングマガジン280円
買ったくせにこう言うのもなんですが、読み応えある漫画は今回特になし。昔は結構面白かったなぁと感じてた、『アゴなしゲンとオレ物語』や『ナニワトモアレ』も今のところ可も無く不可も無く。また『シガテラ』や『ガタピシ車で行こう!!』なんかも普通になりつつあり。キワ物が良いと言う訳ではないけれど…。分っていた事だが『ラブ らっきぃ』はなぜ連載が続いているのでしょうか?同じ話が読みたければ漫画喫茶で『ふたりエッチ』を読みましょう。ほぼ同じ理由で『エリートヤンキー三郎』もパート2にする意味が不明。話が破綻した所で仕切り直しか?

少年サンデー230円
『史上最高の弟子 ケンイチ』のヒロイン美羽はあんなエロく描いても良いのだろうか?素肌にペイントとあんまり差が無いケド。『ブリザードアクセル』は
どうなって行くのか興味を引かれるところ。『からくりサーカス』はこれから戦闘開始の模様。ただしドラゴンボールのような話にならないかハラハラしている。『金色のガッシュ』『MAR』も同様。悪く言えば戦闘の為の戦闘。野球などのスポーツは『アストロ球団』を除けばルールがあるので際限無く敵が強くなる事は無い。単なる戦闘をする漫画は敵が際限無く強くならないと、話のキッカケがなくなってしまう。悪い例は『HUNTER×HUNTER』それとは別に『クロザクロ』は話しの先行きが見えない。それも良くすれば緊張して読むことが出来る。伏線に本編がつまずかない様に期待。

モーニング300円
今回は『バガボンド』連載再開のおかげか高い。しかも表紙が『白』『銀』『灰』『黒』と、ものすごく渋い。それに井上雄彦さんの描く漫画は面白い。だが今はそれ以上に面白い『とりぱん』のとりのなん子さん。いしいひさいちさんが『ガンバレタブチくん』なんかを描き始めたときと同じような、一芸に秀でている面白さだ。鳥ネタでどこまで行けるか!
モーニングは読み易い漫画が多い。教養があり闘争が少ない。どちらかと言えば平和的な漫画雑誌だ。今この雑誌で私が読みたい漫画のトップはと言うと『ピアノの森』だ。他誌で連載していたが、第1部終了後連載していた雑誌が休刊。モーニングに流れてきた。非常に楽しみ。

トウキョウヘッドライン0円
新聞みたいだけど4コマ漫画もなし。どちらかというと広告を見ている感じ。その中で木村太郎の『ニュースの真髄』のどこが真髄なのか理解に苦しんだ。


番外編:立ち読んだ漫画・・・

ヤングジャンプ0円(立ち読みだからね)
食い物系の漫画はどうしても食べる時のリアクションに凝ってしまう。眉上げたり拍手打ったり大仏顔になったりと大変だが、カレーを食うときにエッチしているような感じになるのって・・・アリ?!
あと『極道つぶし』の最終回。主人公たちの死に際はチョットかっこよい。だいたいみんな死んじゃうと思っていたが、期待されているときの死に様って、難しいと思う。そして今回のものは劇的だったと思う。ほめたたえる気はしないけど。
とはいえ買う気にまではいかず。惰性で買っている漫画とどれほどの違いがあるかと言われると・・・つらいものがある。

[PR]
by zukunashi | 2005-05-20 22:59 | マンガ(新しい) | Comments(0)


<< ザクレロな車・・・私の奥様その... 歴史問題って、いったいなんだ? >>