え~!!実写ドラマで『アストロ球団』
「アストロ球団」実写になるという話。心底今回はやられました。
全く事前に知りませんでした。

アストロ球団は私の小学生から中学生の頃、むさぼるように読んだマンガです。
ジャンプの看板マンガで、『友情、努力、勝利』なんか関係ない、マンガらしい奇想天外さがこのマンガの特徴です。アストロ球団の選手は野球のボールのアザが体のどこかにあります。それは元巨人のピッチャー沢村栄治が夢に見た夢の球団。沢村栄治が駐留していたフィリピンの少年にその夢を語り、その少年が沢村の変わりにその球団を作る。その球団の名が『アストロ球団』
アストロ球団の選手は、超人というだけあってすごいけれど、それ以外の登場人物もすごい。
例えば・・・

弟が兄貴の胴体をわしづかみにして上空に投げ上げてホームランを取っちゃう球七、球八兄弟。当然体が小さい方が兄の球七、その三倍ぐらいあるのが弟の球八。目が見えないのに聴覚だけで(心眼と言ってます)ファーストをまもっちゃう球三郎。小児麻痺だった手が落雷により動くようになったとたん、包帯の下から野球のボール型のアザが見えて超人と分る球二。小児麻痺だからといって、そんなでかいアザがついている事に気が付いてなかったの?

アストロ超人以外にモンスタージョー、リュウ坂本(ロッテ)無七志(ブラック→巨人)知念(巨人)など野球のボールのアザがないくせにすごい奴がいる。
アストロと対戦するビクトリー球団は、総帥峠球四郎以外全員スポーツのナンバー2を集めたすごい寄せ集め集団。それに謎の陣流拳法総帥伊集院大門。彼は最期に試合中に陰腹切って、ユニフォームを勝手に真っ白なものに変更して出てくる。
などなど。

でも実際CG、ワイヤー、スタントを組み合わせてすごい事をしないと普通撮れないよ。
それをテレ朝が30分番組で全十八回。
総計九時間じゃ絶対ムリ!

それでも

どうなるか見たい。これをテレビドラマというところに無理がある。故に余計見たい。
大体こういうのを映画化する監督がなぜ日本にいない?マトリックスとか食神、少林サッカーを見て次は『アストロ球団』とか『キャプテン翼』だ!と思って欲しい。

あと、ファンタジーやSFの奇想天外なマンガは多いけれど、そういった特殊なシチュエーションではないのにも係わらずとんでもないシーンが出てくるというマンガが今はほとんど無い。マンガの中の超能力にはちゃんとした理屈があって、だからマンガの中では素直に疑いもなくそうなるんだと理解しちゃっている。そうなるとそういう能力を見ても、マンガの中では驚きがない。でも逆に『アストロ球団』は理屈が破綻している事が小学生でも分るんで、読みながらどんどん突っ込みをいれられる。
例えばバンアレン特訓所。その中で特訓するとすごい事が出来るかもしれないけど、体を壊しちゃうかもしれない、って『そんな特訓所、球場の地下に作くんなよ。』
球一が七色の変化球を会得するために回転しているドリルの刃を思いっきり握る。『・・・明日の栄光がほしい!勝つためには!勝利を握るためには!過去の栄光はいらねえ!』ってボール握れなくなるだろう。とか。
それに近頃は何かと言えば格闘大会をして強さを比較する。そのせいで話を続けて行かんが為に敵の強さがどんどんインフレーションを起こす。それにつられて主人公もどんどん際限無く強くなる。確かに直接殴りあう方が強さを測りやすいとは思うけど、だからといって限界ナシでいつまでも強くなれるとはうらやましい。

久々のマンガネタでちょっと興奮していますが、深夜でもまず確実に見ます。そのときの感想は書いた方がいいのだろうか?



酔っ払って書いたせいか、何を言っている?!という表現がたくさんあり、字も間違っているし、脈絡無く少年ジャンプの富樫義博に切れてみたりとメタメタだったんで随分変更してしまいました。

という訳で最初に来て読んでくれた方・・・どうもスミマセンでした<(_ _)>

今来た始めて読んだ方・・・元はどうだったか詮索しないで(^^ゞ

これからもよろしくお願いします(^.^)
by zukunashi | 2005-05-03 23:10 | マンガ(懐かしい)


<< ちゃっかり便乗・・・喜びの2人... さて三日目は >>