少なくとも投票する気がないところについて
書いても詮方無い話ですが、一応心構えとして。

自民党、維新、幸福実現党
については票を入れるつもりはない。

敢えて言えば自民、維新共に改憲案の酷さや代表のアホさ加減に辟易しているから。

そして幸福実現党については、都知事候補の選挙公報、衆議院選挙の選挙公報を読んで、これはないわぁ。と思った次第。後世に残したいわけじゃないので、選挙公報自体を載せたりはしません。

さて次点としては民主党。

いちおう現実的ではあるけれど、大震災後の復興のロードマップ作成や、放射能関連の政策などまだちょっと納得がいかない。とはいえ、何故自民より上かといえば、やっぱり自由民主党改憲案を読んだ時に、これじゃあ駄目じゃんと思ったところが強いですね。政策実現性などは自民と民主はどっこいどっこいだと思っています。

さて残りの未来、共産、改革、みんな、社民、国民、日本については今の所なんとも言えません。

所で有名な政党が漏れていますね。ここは考慮外です。政策で選択する政党じゃないからです。

維新について一つ付け足すとすれば、あのいぬぶし氏が立候補しているということも、票を入れない理由ではあります。自説のために出版社に圧力をかけて出版をさせないというある意味言論の自由侵害を議員として行なってしまう当たりが、とっても嫌です。正直に言いますと、橋下氏についても自分の出自について書かれている(それだけじゃないですが)週刊誌の記事を掲載させないようにした方法も、とっても嫌です。彼らは自分の感情をよもや権力を使って潰したのだと思いたくはないですが、もしそうなら彼等がいる限り、その党に投票することはありえないでしょうね。
[PR]
by zukunashi | 2012-12-12 12:01 | 小ネタ


<< 自分の体だから歯がゆいのだ ブログをやっていて…ネガティブ >>