横浜市 磯子区 汐見台 夢の痕
つい先日の木曜日。
会社も臨時で休みになったおかげで所用を片付けに横浜の屏風ヶ浦までやってきました。
しかし用というのもあっという間に終わってしまい、秋葉原に行くには遠いし寒いし平日だし、何か無いかなぁとウロツイテイた時に、たまたま目に入ったバス停の行き先案内に
『汐見台ストアー前』
の文字。
汐見台はまだ小学生に上がる前、本当に途切れ途切れの記憶の中にある私の故郷の内の一つです。父の仕事の関係上引越しが多く固定した故郷、幼馴染などの記憶はありません。
そんな状態ですが呪文のように覚えていたのが『横浜市 磯子区 汐見台 1701』でした。

時間も空いたことだし、バスに乗って故郷に戻ってみました。

バスを下りてみてまず感じたのは、まったく憶えていない、です。
無理もない。小学校入学直前ですから・・・・・・と思って歩いていたら、いい物を見つけました。
a0008523_22264431.jpg地図です。これを憶えていたという事ではありませんが、ここに私の覚えていた呪文のヒントがありました。『横浜市 磯子区 汐見台 1701』の中の『1701』です。ピンク色の領域が緑の左側にグルっと巻き込むようにしているところのあたりに『1701』と書いてあります。という事でそこを目指して歩く事にします。

それにしてもすごいアップダウンです。はっきりいってクルヒイ(T_T)
a0008523_2248489.jpg
あれ?あそこに見えてきたのがそうかな?
そうそう、あんな感じの白い団地だった。見晴らしが良くて結構寂しいところに立っていたという感じがしていたけど、今はまわりにたくさんマンションが立ってむしろ少しみすぼらしく見える。

a0008523_2257749.jpgそこからもう少し近づくと駐車場が見えてきた。確かここは・・・記憶をたどってみると・・・ローラースケート場でバスケットゴールも立っていたはず。その頃は車はまだ少なく公務員住宅なので周りもあんまり金持ちは居ないので、駐車場の必要はなかった・・・と思います。

ああ。と、柄にもなく気分が高揚してきた。
懐かしさはこんな感覚なんだ、と。
私はかつて私が住んでいた団地をゆっくり回り込みながら、その団地の入り口に近づく。確かちょっとした坂になっていてそこで足漕ぎのゴーカートを漕いでいたなぁ。そんな自分の、古い記憶がまだ多少はあるんだ。

a0008523_2322911.jpg・・・ 如何ともし難い、というのはこういう事なんだな。そりゃあ人が少ないと気にはなっていたが、そういう事だったのか。うーん。事実かなりショックです。

その後はしばらくその辺りをウロツキ、別に何かを探すわけでもなくチョッと何か思い当たるとうれしいのですが、大した事でもないので直ぐ忘れてしまいました。A-COOPの前からバスに乗って帰りましょう。
更地になる前に来れた事に感謝しました。

[PR]
by zukunashi | 2005-02-24 12:49 | Comments(3)
Commented by bbfry at 2005-02-24 13:32
前によく通っていた銭湯が更地になっていたときですら悲しかったのに、自分が住んでいたところが、こんな状態になってるとそりゃ凹みますよね(^^;) 時の流れを感じます。
Commented by zukunashi at 2005-02-24 22:06
景色が変わるというのは、もしかしたら意外と情緒に訴えかける物何だなぁと気が付きました。
更地になっていると遠くから分っちゃうけど、これは本当に近づくまで気がつかなかったので、『詐欺』っちゅうかんじでした(^。^)
Commented by Lettusonly at 2005-02-24 23:15 x
懐かしいです。私も会社に入ってしばらくの間ここに居た事がありました。


<< これは・・・私はひどいと思うがなぁ 池波正太郎の『乳房』 >>