なぜ東京は花見自粛なんだろうか? 非石原慎太郎
 東京都の石原慎太郎知事は29日の記者会見で、東日本大震災に関連し、「桜が咲いたからといって、一杯飲んで歓談するような状況じゃない」と述べ、被災者に配慮して今春の花見は自粛すべきだとの考えを示した。
 石原知事は「今ごろ、花見じゃない。同胞の痛みを分かち合うことで初めて連帯感が出来てくる」と指摘。さらに「(太平洋)戦争の時はみんな自分を抑え、こらえた。戦には敗れたが、あの時の日本人の連帯感は美しい」とも語った。
 都は既に、花見の名所となっている一部の都立公園について、節電などのため入園者に宴会自粛を呼び掛けている。  2011年3月29日 19時11分時事通信社より



被災地のど真ん中でお花見やります | 日々是好日 | 岩手県議会議員 高橋博之公式ブログ

第2次世界大戦を引き合いに出して、戦争の時はみんな自分を抑え、こらえた。戦には敗れたが、あの時の日本人の連帯感は美しいと仰ったそうだ。こういうふうに抜き出すと、「言葉をつまんで報道しないで欲しい。私はきちんと言葉を添えている」と仰られそう。彼は自分が発した言葉に皆が賛同して連帯して欲しかったのかな?
今だからそう言えるかもしれないけど、まあ都合よく歴史をつまんで発言するよね。

地元の人と石原慎太郎。どっちの言葉が重いかなぁ。わたしは・・・
[PR]
by zukunashi | 2011-04-04 22:10 | 事件・事故 | Comments(5)
Commented by Q@N at 2011-04-06 07:27 x
正直言うと、猪瀬直樹さんあたりに誰かさんは譲って欲しかった
ですね。巨艦大鵬玉子焼き主義ってのもこの時代には合わない
のかも。
Commented by ecolife7h at 2011-04-06 10:37
う~ん…
今回の花見発言も仕方ないのでは?
「花見自粛は、仮設トイレを震災援助で貸出してて、また、輪電中の節電で夜間花見の臨時街灯はできないからという理由で公園課が決め、石原知事も認可した。」ということでしたので。
警備員を派遣するのも費用がかかりますし、毎年、なんやかや大変なことに(飲んだくれが)でてるので、そういう大騒ぎは自粛しなさいってことじゃないですかね。
桜が咲いただけでも、春を感じられて癒されるので、それぞれ季節感を味わい、楽しめばいいかと。
というかそれが本来の花見のような気が…
Commented by zukunashi at 2011-04-07 16:56
ecolife7hさん、コメントありがとうございます。
えーとですね、あなたの仰ったことに付いては私も完全に同意します。
ただ、石原都知事の問題はソコじゃないことは太字にして指摘したと思いますが、如何ですか?
都が行う政策に彼の自分勝手な想いを載せて発信されることに、辟易しているわけです。事情があることを差し引いても、都知事から「同胞の痛みを分かち合うことで初めて連帯感が出来てくる」などと訳知り顔で言われても困ります。花見自粛では連帯感が出来ないとは申しませんが、そういう事を言う前頭葉の退化した六十、七十の老人に政治を任せる時代は終わったんじゃないですか?彼自身の言葉ですが。
Commented by なじらね at 2011-05-31 16:43 x
本当にそう思います。

ちょい前に『天罰』とか言った人間が何言ってんだ
って…思っていました。
Commented by zukunashi at 2011-06-03 18:17
なじらねさん、コメントありがとうございます。
天罰もそうなんですが、彼の政治的発言には、必ずと言っていいほど『反対する奴はダメな奴』という認識が有るように思います。


<< 充実した休日 明日で終わりのカレー屋さんにて >>