思えば遠くへ来たもんだ・・・【出発編】
【俺達の宿のおっちゃん】の葬儀に出席するために、羅臼まで行ってきました。
【俺達の宿】についてはまた気が向いたら書こうと思います。簡単に言うとバイクツーリングしているとき、おっちゃんの作業場に泊まらせていただいたのだ。今あるライダーズハウスとは違い、おっちゃんの心意気で泊めさせてもらっていた。

その【俺たちの宿のおっちゃん】が亡くなったという連絡は、少年ビーからもたらされた。彼はもう既に40になっているのにまだ少年ビーと呼ばれている。それは彼と初めて会った時はまだ10代の少年で、そのくせCB750に乗っているようなヒネたガキだったからだ。その彼から携帯メールで一報がはいったのだ。
2010年11月19日 17:43
From 少年ビー
Sub 羅臼
俺宿のおっちゃんが、死んじまった
宛先には私以外に4人のメアドが載っていた。私の返信はたった一言
2010年11月19日 17:52
To 少年ビー
Sub Re:羅臼
まじ?
青天の霹靂ではなかった。既に70を過ぎているだろうし、最後に電話をした時も声は弱く、涙もろそうな老人を電話の先に想像していた。しかしやはり愕然とした。とはいえ携帯を落とすような臭い芝居はしなかった。少年ビーとメールをやり取りを続ける。
少年ビー まじみたいえふから連絡きた
 (葬式など)いつやるのかFに聞けるかな?
少年ビー きいてみるよ詳しいこと
 ちょうど今聞けました。土曜日通夜、日曜日告別式だそうです。行くか!
少年ビー 火曜日に心筋梗塞で亡くなったみたい やっぱ羅臼は遠いよな
メールに出てくるえふ及びは仲間のあだ名で彼も始めてあった時10代だったので、少年Fと呼ばれている。
ところで行くか!とエクスクラメーションマークまで付けて宣言したくせに、私はまだこの時点で迷っていた。一番の理由はやはり金がかかることだった。今回は急な事なので『世界遺産知床を廻る格安パック旅行』のような格安旅行パックを申込むことは出来ない。格安航空券を使ったとしてもかなり掛かるだろうと言う事は容易に想像できた。私は元々決断力があるタイプではない。こうなると悪い癖が出てくる。下らない事を考えてしまいにっちもさっちも行かなくなってしまった。例えば
行かなくても電報だけでも不義理じゃないよな
とか
でも米をちょっと送ってるだけで結局20年も会ってないんだ。もう会えないけど。
とか
誰か行く人がいたらその人に香典を託せば・・・
または
お前はおっちゃんに何も返していないだろう
とか…orz

その時義弟からメールが来た。彼もまたその当時の知り合いだった。ひょんな事からうちの奥様の妹を娶り、今は関西に住んでいる。
くま zukunashiは告別式のこと誰から聞いたの 行くのか
 Fに直電したらたまたま休憩してて聞けた。 行くつもりだよ。
くま 一人でか りんちゃんがお姉ちゃんも行くのかと聞いてる
 セットで
くまというのは義弟のあだ名。彼の容貌がそう名付けさせた。りんちゃんは義妹のあだ名。

「行くつもりだよ」と宣言して、やっと行く気が固まった。しかも奥様連れで。
ありがとう義弟よ。
でも年齢は君のほうが上なんだから私の事をお兄ちゃんと呼ぶのはやめにしてくれよ。気色悪いから。

あとは葬儀の場所など詳しいことを知っておかないといけないのだが、実はこの日Fも少年ビーもキャンプをするために九州に向かっている途中で、特に詳細を知っているFはバイクで移動中だった。携帯に連絡をしても走行中だと出ることが出来ないか、運転中にヘッドセットで対応することになる。それじゃなくても冬の高速の長距離走行だ。危険な事はさせたくはない。しかし私には考えがあった。というのも彼はブログを持っていて、しかも結構マメに更新するのだ。だからきっとSAやPAで休むときブログにその事をアップするはずだ。彼のブログの新規投稿を待っていれば休憩のタイミングが分かるはずだ。すると午後9時50分頃、PAで休憩の記事が載った。今だ!!
電話をして聞いた情報は100%ではないが十分なものだった。ここに書き出してみると・・・
告別式は羅臼の道の駅のそばにあるお寺
連絡は娘さんから頂いた
もう一人告別式に行く
通夜は夜7時から、告別式はいつごろになるか分からない
とまあ十分な情報を得て行動は開始された。

まず経路は羽田空港から中標津空港に向かい、そこから車で羅臼に向かう方法にした。女満別空港に行く手もあったが、女満別から羅臼は中標津からより距離が遠く、しかも知床峠か北根峠を通る事になる。自分で走る可能性があるとすれば、どちらだって通りたくはないのだ。だから、中標津経由で行くことにした。
まずは飛行機の切符を手に入れなければいけない。調べてみると中標津までの直行便はANAのみで、40,000円ほどかかる。しかし格安航空チケットを扱っているウェブサイトを見ると30,000円少々と若干安くなる。そのウェブサイトの下の方に小さい字で細かく書いてあることを読んでいくと、株主優待券を使って半額にするけど,株主優待券が10,000円ほどするという事らしい。引いて足してをするとだいたい30,000円になる。ナルホド。こんな事はメッタに無いけど、もしものことを考えてANAの株主になっておけば半額で行けたわけだ。..._〆(゚▽゚*)メモしておこう。
次は車だけど、レンタカーは出来る限り使いたくはなかった。というのもバイクは四半世紀以上乗っているが、車はまだ一桁…しかも片手ぐらい…しか運転していない。正直に言おう、今乗っているカングー以外上手に操れる自信はない。一度義父のトヨタクラウンに乗って運転ポジションからエンジンのパワーまでぜんぜん違う事に驚いて、2度と運転はしたくないと固く心に誓ったのは最近の事だ(笑)ついでに言えば北海道は道は綺麗かもしれないが、そのせいで車は町と町の間はビュンビュン飛ばす。60km離れている所に時速60km/hで走る車で行くと、本当に1時間で着くところなのだ。そんなところを慣れないレンタカーで、疲れた体に鞭打って走る気は起きなかった。しかしこれが後でちょっとした悲劇を生むことになるのだが。
調べてみると釧路から中標津経由で羅臼まで行く阿寒バスが、私たちが中標津空港に降り立って2時間後に来るらしい。なにか不測の事態が起きない限りコレで行くことにした。一抹の不安があるとすれば、阿寒バスのウェブサイトに料金が載っていないことだけだ。
飛行機の切符購入は朝の9時30分からなので、その日はコレでねることにした。時計を見るとすでに午前2時を回っていた。喪服をかばんに詰めると、布団に入って羊を数えようとするまでもなく、すぐに寝てしまった。

to be continue.



zukunashiくまりんちゃんも本当はソコに本名や別のあだ名が入ってくるのだが、このブログではそこら辺は伏せておく。
[PR]
by zukunashi | 2010-11-23 13:30 | クルマ・バイク


<< 思えば遠くへ来たもんだ・・・【... 中標津空港なう。 >>