タグ:World Cup ( 6 ) タグの人気記事
今ワールドカップ決勝のPK戦を見てます
ジダンがあんな所で退場しちゃうなんて・・・・・・

PK戦が始まります。

トレゼゲ外した・・・

そのままイタリア優勝

死力を尽くした幕切れでした。
[PR]
by zukunashi | 2006-07-10 05:41 | えっ・・・
オーウェン・ハーグリーブス
昨日の夜はイングランド-ポルトガルをPK戦まで見ました。
文字通り死力を尽くした結果ポルトガルの勝利となりました。

昨日のあの試合を見て感動という言葉を使いたいです。イングランドチームは感動的でした。
あのピッチに立った14人の選手は皆献身的に戦い抜きました。

イングランド最終ラインの四人はポルトガルの攻撃をほぼペナルティエリア外で対応し、中に入らせることがほとんどありませんでした。
ボランチのハーグリーブスは信じられないスタミナで、最終ラインの守備から攻撃の前面まで、必要ならばどんな所にも走りこんでいます。守備ではスペースを効果的に消し、突破されそうな場面を地道につぶしていきました。

ジェラート、ランパートともに攻撃のみではなく、前線で執拗にプレスをかけていたし、途中交代したベッカムも彼の最盛期から見れば見劣りしますが、執拗に相手パスをブロックし効果的にパスを通していた。彼と交代したレノンも早いドリブルで何度もポルトガル陣内に切れ込んでチャンスをつくっていました。

もしかすると一番残念なのはルーニーなのでは。プレーによるレッドカードについては申し開きも出来るでしょう。しかしプレー外でC.ロナウドを押した行為での退場はW杯フランス大会のベッカムを彷彿させます。
彼の退場でジョー・コールと交代したクラウチも、得点に絡むことが出来ないチーム状態の中、しっかりロングボールをキープして、あの長い手足を器用に操りポルトガルの攻撃にかける時間を減らし、あわよくばレノンやジェラート、ランパートと協調して延長の時間でもしっかり相手ゴールを脅かしていた。

マン・オブ・ザ・マッチにハーグリーブスが選出されたのは当然で、驚くに値しません。

エクアドルと対戦した時のA・コールのゴール前カバーのように、緊張を切らさないプレーは感動に値します。

さよならイングランド・・・

マッチ59/バドワイザー・マン・オブ・ザ・マッチ:オーウェン・ハーグリーブス (イングランド)
[PR]
by zukunashi | 2006-07-02 15:31 | えっ・・・
一次リーグで日本のワールドカップは終わりました
最初の一点を玉田選手が取った時、いい夢を見ました。
本当に目の覚めるような良いシュートでした。

相手の裏を取るスピードも、アレックスのパスもこの一瞬だけぴったりハマりました。

玉田選手もインタビューで言ってましたが
「本気にさせた」
のかもしれません。

中村俊輔選手はインタビューで言葉少なに
「相手が一枚も二枚も上でした」
と言いにくそうに答えてました。

その間も中田英寿選手はピッチに倒れたまま、目の上には黄色のタオルを乗せ、泣いていたのではないだろうか。中村俊輔選手のインタビュー中に一瞬中田英寿選手が映った。そばに来た人に微笑みかけていたその顔は、いつもテレビに映る険しい顔ではなく限りなく優しい顔でした。

一つ大きな仕事を終わらせた職人さんのような顔でした。

その顔はその後に映った中村俊輔選手の悔しさをかみ殺していた顔とは本当に対照的でした。

また4年後!

それまでがんばってブログやってなきゃ。
[PR]
by zukunashi | 2006-06-23 06:12 | えっ・・・
明日早朝・・・どうなっているでしょう!?
テレビでは無責任なサッカー解説者が、人気の為に『2点差で勝つことも十分ありえます』と言っていますが、正直な話本当に勝てるかと言えば・・・難しいでしょう。

勝負は下駄を履くまで分からないと言いますが、当然勝てるビジョンがあって初めて勝つ可能性があると言う事ができます。何があるか分からないのが勝負ですが、闇雲に可能性はある!と言い続けても単なる狼少年です。

なんたって相手はこんなことこんなことをやっちゃう人が相手にいるチームとやるわけなんで・・・
まあこれはショーアップされたテクニックなので、出来るから点が取れると言うわけじゃない。

とはいえ、現在最強と言われるブラジル相手に2点を取ってしかも完封しろ言うのは、ムシの良い考えで、相手だってただ突っ立っているわけじゃないので、至難の技だ。それでなくても子供のようにあわててしまえば数少ないシュートチャンスを外してしまう事になる。

ドイツで戦っている勇者達に(あんな大きな競技場でたった22人が何万人と言う人間の声援を背に受けるなんて・・・よほどの勇気がないと出来ないでしょう)この極東の個人のブログの声援が届くとは思えないけれど、勝てとか決勝トーナメントに出ろとか言う前に、自分の技量と経験を信じて、全力を出し切って、無事に帰ってきてください。

悔いのない試合をしてください
[PR]
by zukunashi | 2006-06-22 22:20 | えっ・・・
もう一つあったよWorld Cup!
アーチェリーのWorld Cupトルコ大会

っていうのを今やっているのにやっと気が付きました。すみません。

アテネオリンピックの時銀メダルを取った山本博さんも出場しています。
しかも団体男子で優勝!

おめでとう!アーチェリー団体男子の皆さん!
山本博(日体大教)守屋龍一(近大)金村賢(京都・莵道高)の三人です。

アレッ?山本選手はどっかの高校の先生だったと・・・

今年大宮開成高校を退職して日本体育大学女子短期大学部助教授に赴任!

偉くなったんですねぇ。

守屋選手はまだ大学生ですが、2005年の世界選手権で銀メダルを取っているそうです。
また金村選手はまだ高校生!しかもキャリア3年目!!末頼もしい!!!ていうか彼の出身高校はアーチェリーの強豪高校らしいんですが、読み方が分からなかった。
莵道高校って何て読むんでしょう?・・・やっと分かりましたorz とどうこうこうでした。ホームページはここです。

ところで今年ひっそりとWorld Cupを行っているアーチェリーですが、社団法人全日本アーチェリー連盟に行ってもWorld Cupにどんな選手を送ったのかわからないのです。ひょっとしてスケート連盟みたいに選手の足を引っ張るタイプ?

ついでに
アーチェリーWorld Cupのホームページです。日本語はありません。でも動画はあります。
[PR]
by zukunashi | 2006-06-10 13:05
ドイツワールドカップ開幕!
バントさんのところの『かせんじき球場』で見ながらチャットしてました。

一点目・・・コスタリカのディフェンスが一人、芝に足を取られてこけちゃった横を フィリップ・ラームが左サイドからゴール右隅にきれいなシュート!!
夢のようなシュートでした。

二点目・・・アッ オフサイド??と思うぐらいぎりぎりのところでワンチョペが飛びだしてキーパーと一対一になってゴール左隅に慎重に流し込みました。ギリギリの所を狙い済ましてのカウンター!!

三点目・・・右サイドでシュナイダー(?)がシュバインシュタイガーにパス。そのまま奥に持ち込んで角度のないところから低くて早いクロスにクローゼが合わせゴール。
ていうこっちもギリギリの所にクロスを通してのシュート。ちょっと興奮気味です。

前半終わって2-1でドイツがリードしてますが、なんかひと波乱あってもおかしくない感じ。

後半まで起きてみていられるでしょうか・・・ちょっと無理くさいかな?

後半は・・・おきてから書いてます。
[PR]
by zukunashi | 2006-06-10 02:15