タグ:電位治療器 ( 1 ) タグの人気記事
嘘は刑法によって罰せられます・・・か??
昨日酔っ払って見つけた張り紙。

a0008523_22315674.jpg
「お願い
最近、会場の前にて業務妨害を
している人がいます。警察に通報
しますので、担当まで知らせて下さい。
(例)40回も来てるけど何も治らないし買わせ
られるから、貴方も来ない方が良いです。」と、
話しかけているそうです。
ウソは刑法二編35章233条違反です。
元気回復ハウス
サンメディオン担当
だそうです。
サンメディオンを調べると、電位治療器のメーカーで、どうもそれを体験する店でトラブルになっているようです。
その治療器の製品解説ページを見ると便秘、不眠症、肩こり、頭痛、神経痛に効果があると書かれています。

ウ~ン(´ε`;)
これってよくある製品クレーム処理を失敗しただけなんじゃないんですかね?
て言うか、上記のような症状(便秘、不眠症、肩こり、頭痛、神経痛)に効果がある!と書いちゃっている以上、改善しないと言うクレームは仕方が無いですね。だいたい、こういう効果があると言う事を書くのは薬事法的には良いんでしょうかね。

という事で調べてみますと、電位治療器に関して医療機器承認番号を受けているものは、便秘、不眠症、肩こり、頭痛の緩解が効能効果として認められるそうです。ただし緩解ですから、治るという話ではないです。軽くなる、マシになる程度です。とはいえ、それでは売れないのでまるで治ったかのような体験談を書いておいて、「効果があります」とする訳です。
この貼紙をしたところではどんな風に言ってお客さんを勧誘しているか知りませんが、こんな事例も国民生活センターに寄せられているようですから、注意することにこした事はないでしょう。

さて、最初に戻ってあの貼り紙ですが、まあ警告したいのはよくわかりますが、「ウソは刑法二編35章233条違反です。」と書いたのは勇み足でしょうね。こういう具体的な条文を書いて警告するのは、やり過ぎると脅迫罪に当らないのでしょうか?
また逆に入ろうとするお客さんに対して貼り紙に書いてあったようなことを言って入らせないようにするのも確かに偽計業務妨害に当るかも知れませんが、そうであるかを決めるのはお店の担当者ではありませんから、そういう意味でもちょっと勇み足っぽいですね。

ちゃんとしたクレーム処理で解決されればいいんですが、エスカレートしない事を願っています。
[PR]
by zukunashi | 2010-02-15 00:30 | えー?! | Comments(4)