タグ:蒲田 ( 7 ) タグの人気記事
給料日のディナー
給料日は奥様と外食で、食べるか呑むかする。

うちの場合エンゲル係数は高いと思う。外食によって作られた体だからね・・・メタボリックなんて新しい言葉がはびこる前から恰幅だけは良いのだ・・・○| ̄|_ガクーリ
それでも昔はやせてたのよ、奥様も。だいたいこう腰周りを・・・殺される前にやめておこう。

さて、こうした努力の結果を無にしてはいけない!
という事でだいたい決まって私の給料日は外食だ。今月もそうだったのだが、どこに行くかでいつも困る。新しい所を開拓するかそうではなく今までの所に顔繋ぎに・・・

夫婦二人で考えた結果、今回は前の住居地『蒲田』でよく食べに行っていた『シャンティー』さんに行くことにした。前シャンティーさんに行ったときの話はここに書いてあります。看板の字に『シャンティー』と伸ばす記号がついていた。あれ?

さて、夫婦連れで店に入ると店長のカンさんが、いつもの人懐っこい笑顔で厨房から出てきた。
「オー懐かしいね。どうしたの、遊びに来たの?」
「そうじゃないよ、カレー食べに来たんだよ」
「そうじゃなくて、蒲田には何で来たの?」
「シャンティのカレー食べに来たんだよ。」
「オー、うれしいね。ありがとう。」
とまあこんな感じの会話があって・・・。前は私一人で来たからうちの奥様は1年以上ぶり。私だって1年と3ヶ月もたっていました。でもその間に一回夫婦で来ているんだけど、その時はカンさんがいなかった。
「蒲田駅前にもお店出して。おめでとうございます。」
「ありがとうございます。」
「忙しいでしょう。」
「昼はあっちで夜はこっちにいるよ。」
とまあなんか懐かしさでお店を独り占めしてしまいました。他にもお客様いたんですけどね、すみません<(_ _)>

カレーの味は・・・なんかちょっとマイルドになったかも?厨房に立っていたのはカンさんではなく別の人でした。でも美味しかった。それにああして覚えていてくれるのがうれしいですね。
お店を出ても暫くはその嬉しさに浸っていました。

そしてまた行く事でしょう。
[PR]
by zukunashi | 2008-06-27 12:44 |
夏休みの絵日記 8/12 晴れ ものすごく暑かった
今日は以前住んでいた蒲田に行きました。
蒲田といっても私たちが住んでいたのはチョッと北西の【蓮沼】という所です。蓮沼は駅前にチョッとお店がありますが、ほとんどが住宅地であまり賑やかな所ではありません。でも、色々美味しいお店があったり、楽しいお店があったりして3年間本当にいい感じで住むことが出来ました。

今日はそんな美味しい、楽しいお店の一つ『miacis』に行きました。というのも土日限定でカレーランチを始めたというので、それは行かなければなるまいと確信したからです。

元々miacisはショットバーです。お酒を呑む所です。おつまみもそれなりにありますが、やはりメインは美味しいお酒です。私はもっぱらビールですが(そこは数少ないハートランドが生で飲める店なんで・・・)カクテルも本格的に作ってくれます。うちの奥様はそこでカクテルをチビリチビリと呑んで幸せそうな顔をします。そしてお店に来るお客さんは始めての人でも結構打ち解けて話が出来るお店です。

ところで蓮沼はお店が少ないとさっき書きましたが、カレーについては別でインド本場の味 インド料理シャンティ』『武田流古式支那そばとカレーの店 インディアンと、ローカルな有名店が二つもあります。miacis危うしです。果たして勝算はあるのでしょうか?などとレポーターのようなあおりを考えながら行って来ました。

お店は以前も書きましたが蒲田から五反田行きに乗るとすぐ次の駅が蓮沼で、下りてぐるりと180度方向転換するとすぐにあります。今日はランチでお昼だからか、お店の戸は開きっ放しで、でも中がチョッと暗いので何処にマスターがいるか分かりません。
戸をくぐると奥の奥にいました。
「こんにちは」
「あれ、びっくり!」
そうなんです。実は行く事を教えていなかったんで、まさか来るとは思っていなかったご様子。
「奥が涼しいよ。」
手前にお一人お客様がいるので、すみませんと言いながら後ろを通り奥の席へ。朝ごはんも食べずに来たのでペコペコです。早速カレーを頼みます。でもその前に・・・。
「ビール。」
夏休みですから。昼間っから呑み放題ですよもちろん。
ゴキュゴキュ (^O◇ゞ プハァー(*^Q^)c[]a0008523_2115358.jpg
てな感じです。
でカレーの前に冷たいスープが参りました。コーンスープです。甘くて冷たくて、夏にはちょうどいいスープです。ちょうどいい具合に体が冷めた頃合に、ハーイ\(^o^)とカレーが出てきました。
待ってました。腹ペコで・・・
イヤーウマそう!!a0008523_21282188.jpg
a0008523_21271779.jpg恐る恐るすくってご飯にかける。そしてほお張る。からい!辛いなぁ。
私は辛いのに弱いです。激辛なんて絶対食べない。でもカレーは好きなんでちょっとぐらい辛くても食べます。まあそれでも自分から激辛には手をつけませんが・・・。
汗をカキカキご飯を食べていきます。そう、私が辛いのに手をつけないもう一つの理由は汗かきだから。汗はすごいです。頭皮にジワッとかいた汗が髪をつたってビーズのようになるほど汗をかきます。でも今日のmiacisのカレーは『額に汗』クラスですね。ちなみに前に述べた『シャンティ』だと『額に玉の汗』クラスになります。だから普通の和風カレーから考えるとチョッと辛いぐらいの感じですね。そしてチキンの風味とトマト(?)みたいな爽やかさがあって、スウスウ食べてしまいました。
ゴチソーサマー(*^◇、^*)
その後かいた汗の分アイスコーヒーを飲んで水分補給です。

という感じでバクバクムシャムシャゴクゴクして700円+500円(最初のビール代)
満腹満腹(^o^)
これなら大丈夫。蓮沼でも人気が出ること間違いなし!今日も完売だし(ちょうど私たち夫婦で終わりでした)
グルメじゃないから説得力ないけどね(^^ゞ
[PR]
by zukunashi | 2007-08-12 21:02 |
蒲田の可愛いお店・・・蓮沼駅前【ミアキス】Shot BAR
飲食店に夫婦で行けばそれだけで目立つようで、覚えられる事が多いです。当然夫婦セットで。
そのせいでほとんどの場合「○○の旦那さん」「○○の奥さん」というように言われます。○○の中に入るのは私か奥様のどちらが先に覚えられたかによって変わってきます。

それにしても覚えられるという事はそれだけ美味しいからよく通ったせいなんで、ブログに書いているお店は全部夫婦ともに太鼓判が押せる店です。

しかしたまに面白い夫婦という括りで覚えられる場合もあります。

ミアキスという今日ご案内するお店は、女性一人でやっているお店です。しかもShotBARです。すごい事に東急池上線蓮沼駅隣接です。背中合わせです。
道順を簡単に書くと・・・蒲田で池上線に乗り一駅「蓮沼」で降ります。下りて改札を出たら目の前の道に出ずにそのまま左の路地のほうに振り返ると・・・そこにあります。
a0008523_2012698.jpg
チョッとぶれています<(_ _)>
それにしても改札を出たらすぐ後ろですから間違いようがありません。

miacis
という名前は大昔の生物の名前です。新生代第三紀と言いますから今からおよそ6500万年ほど前ぐらいでしょう。イヌネコの共通祖先の化石として見つかっています。ではなぜ昔の生き物の名前をつけたのでしょうか?
“Miacis”(ミアキス)とは、
遠い昔の地球に存在した動物で
現在の犬と猫の祖先です。
地殻変動により分断された大地で
草原に残ったもの達がやがて犬へと・・・
森に残ったもの達がやがて猫へと・・・
長い時間をかけて進化してきました。

私たちのお店も犬や猫のように
お客様に愛されるパートナーになれたらという
想いを込め“miacis”と名付けました。
これは頂いた名刺の裏に書いてあった言葉を書き写させていただきました。

さてそんな素敵な想いを込めた店“miacis”ですが、何のお店かというと、写真がぶれて見辛いですがShotBARです。(上にそう書いたっけ(^^ゞ テヘ )
いろいろなお酒が楽しめるお店です。カクテルはいろいろそろっています。ビールもいろいろな種類が置いてあります。さすがに日本酒、焼酎は今はおいてないですが・・・昔は焼酎ありました。今でも確かカクテルとしてチュウハイがあったような無かったような・・・。
そんなお店を切り盛りしているのはこの方です。
a0008523_20454252.jpgおもいっきり後姿だし・・・orz
エー可愛い女性です。
気風のいいちゃきちゃきの
お姉さんです。
笑顔絶やさずよく気が付く
そして笑うと豪快・・・^^;
レディというか姐さんというか
褒めてるのか何言っているのか分からなくなってきてしまいましたが、お酒を楽しむ事が出来る素敵なお店です。
そして何よりも写真に在るブラックボードに書かれている色々なおつまみ。これもチョッと手間をかけたり、チョッと変わったものを見つけてきたりと色々バリエーションがあって美味しいんです。まあ作っている人がお酒好きなんで、当然お酒に合うものが出てきます。

と、ほぼべた褒め状態ですが、最後にひとつだけ注意する点があるとすれば、それはお店の大きさ。

狭いです。

カウンターだけのお店ですから。10人入ろうとするとパンクします。

という事で気の合った人とお酒+アルファを楽しみたい時にどうぞ。
五反田行きは12時11分が最終です。ミアキスは12時が閉店ですから電車に乗り遅れる事はありません。安心して呑めますヨ。

お店は・・・
[PR]
by zukunashi | 2007-03-31 21:12 | お引越し!
蒲田の美味しいお店・・・蓮沼駅前【シャンティ】インドカリー
ラーメン・和食と来て次に来るのは意外やカレーです。そろそろ呑み屋さんではないかとか、あの体だから中華じゃないかとか、蒲田だから韓国焼肉だとか行進曲だとかいろいろ想像していただけましたか?

特にない?

記録として残しておきたいので、もし蒲田に来られる事があればご参考にしてください
<(_ _)>

さて、

タイトルにもございますとおりカレーやさんです。しかもインドカリーです。

実は蒲田には結構有名なカレーやさんがあります。その名も・・・
『武田流古式支那そばとカレーの店 インディアン』
というお店です。テレビなんかでも取り上げられています有名なお店のようです。実は今日紹介する店もそこのすぐそばで、私は両方とも知っています。インディアンの前を通ると日本風のカレーの匂いが香ってきます。でも仕事が終わって帰ってくると大体終わっています。

で、前の道路を渡って線路沿いの道を行くとすぐに『シャンティ』あります。
a0008523_1341294.jpg電飾がピカピカしているんで間違いありません。すりガラスの扉の上が少し透明になっているんで中にお客さんがたくさんいるかすぐ分ります。ちょっと覗いて
「どうも、おひさしぶりです。」
と入っていくと日本語が堪能なカンさん(店長さん)が
「おお、久しぶりだね。」
とお出迎えしてくれます。テーブル3つカウンターが6人ぐらいのこじんまりしたお店です。ちなみにインディアンももう少し大きいぐらいで規模に差はないです。
引越ししてからもう一ヶ月になります。本当にひさしぶりです。
ところでカンさんたぶんインドの方です。しっかり聞いたかもしれないんですが・・・忘れちゃいました<(_ _)>いつものようにBセット(サラダ+タンドリーチキン+カレー+ナンorライスで980円)を頼んで他にお客さんもいなかったんでいろいろ話をしました。

ズクナシ(以下)「カンさんは家でもカレーを作るの?」
カンさん(以下)「作らない。家では朝納豆とか食べてくるよ。」
「苦手な食べ物とかは無いの?」
「日本に来てすぐの時、会社の人にすし屋に連れて行ってもらったんだよ。そこはすごく美味しい店なんだけど、その時は刺身は全然食べられなかった。」
「今なら食べるけどね。」
「生魚はダメだったんだ。」
「あと日本だと焼き魚に醤油かけるでしょう。」
「そうだよね。後大根おろしとか。」
「私だったらそれにルーをかけるよ。」
「カレールーをかけるの?」
「そうじゃなくてルーはソースみたいなの。かけて食べると美味しいよ。」
「焼き魚好きだからいいかもね。」

時々インドかリーを食べたくなるので『MOTI』とか『サムラート』とか『ショナルバングラ』とか行っていますが、蒲田にいるときは『シャンティ』だけでOKでした。そんなに高くないし、ルーもナンも美味しい。何より近かった・・・orz 遠いなぁ(T_T)シクシク
夜9時過ぎまでたまにやってます。
カンさん曰く
「お客さんが居るうちは店を開けているよ。」
それだと深夜営業になっちゃいますよ。お酒も出すんだから。お体にお気を付けあそばせ。

でも多分今日もにぎわっている事でしょう。

さて・・・
[PR]
by zukunashi | 2007-02-15 10:32 | お引越し!
大田区西蒲田・・・チョット隠れた美味しいお店 だいにんぐ茂
a0008523_17237.jpg
二回目です。

蒲田の美味しいお店はだいたい蒲田駅前方面にある・・・と思われがちですが、意外と駅から離れている場所にも美味しいお店が点在しています。前回の「辛しや」も東急多摩川線武蔵新田駅前でした。今回紹介する「だいにんぐ茂」も東急池上線蓮沼駅からチョット歩いた商店街の外れにあります。

このお店は私たちが引っ越してきた頃にはもうあったのですが、初めて入ったのは引っ越す1ヶ月前。イヤー遅い。もっと早く知っていたら・・・。と悔やんでも後の祭りでした。

お店は小料理屋風で、お話を聞いていると大将はどうも銀座などで修行されたようで、波乱万丈な人生を歩んでいらっしゃるご様子。料理はうす味のおばんざいや焼き物、煮物、揚げ物などその日の気分で何でもござれです。何が美味しいか聞いて頼むなんて事も出来ます。

実は煮物の写真を撮った筈なんですが、失敗して小さすぎて掲載できませんでした。上の写真は入り口にある看板の明かりです。「茂」と一文字だけあります。
非常に落ち着いたいい雰囲気です。

お店の中もこじんまりとしていてカウンターと奥の座敷で20人も入れば一杯になってしまうでしょう。

このお店で一番雰囲気から外れているのは・・・もしかすると大将かも知れない。

この方、美味しい酒のあてを作ってくれるし、センスもいいと思います。一つ一つの動作もそれらしくナカナカ格好がいい・・・でも口は悪いなぁ。
よく言えば正直者。表裏なく思ったことをズバリ言う。
悪く言えば・・・考え無しに言いたい事を行ってしまうから、チョットやばい?
しかし常連さんには愛されている欠点という感じです。だから逆に一元さんとか、私みたいに気の弱い人は、怖じ気づいちゃうかも知れないですね。

閑話休題・・・
私も何人かお店のマスターや大将と仲良くなる事がありますが、なぜかみんな口が悪い。これでもかと言うぐらい口が悪い。
この蒲田シリーズはまだ何回か続きますが、その中にもう独り仲良しになった人がいて、その人が唯一の例外です。実はカクレMなのか?と疑問に思ってしまいますね。まあ言われっぱなしじゃあないんですが。

で、「だいにんぐ茂」に話を戻しますと、このお店は周りのお店から比べるとチョット高いですが、本格的な和風酒のあてが楽しめます。月一とかで楽しむのには非常に吉です。大切な友だちと呑むのにはいい場所だと思います。
大将もちゃんと人を見て対応してくれるので、誰にでも毒舌を吐くような空気読めない人じゃありませんから、安心して下さい。
呑む方は焼酎が種類豊富です。日本酒も冷蔵庫に冷えています。
無い日もありますが、【京風おばんざい】980円がお勧めです。(消費税も変わりましたから)

京料理 / 蓮沼駅矢口渡駅蒲田駅




・・・つづく (次の店は美味しい中華のお店の予定です)
[PR]
by zukunashi | 2007-01-28 21:33 | お引越し!
蒲田生活の思い出・・・美味しかったモノ達 辛しや【ラーメン】
蒲田生活わずか3年でした。

ちょうどこのブログを始める少し前に居付いた街です。

さて、蒲田といえば何でしょう。
蒲田行進曲
中小企業の町
ユザワヤ(手芸品の材料のデパート)
餃子
歓楽街
etc.
まあいろいろあることと思います。
私も住むまでは京浜東北線で通過するだけだったので、チョットいかがわしい町という印象だけだったのですが、いざ住んでみると・・・美味しい町だったんです。元々うちの奥様が食いしん坊なんで、美味しい店には目が無いんですが…
という事で美味しい街蒲田の私の知っている限りを連載して行こうと思います。

という事で今回タイトルに載せましたのは環八沿いのラーメン屋さん【辛しや】です。
初っ端に蒲田からずいぶん外れてしまっていますが、まあいいでしょう。
名前のとおり辛い・・・と思いきや普通のラーメン油そばのお店です。
ところで皆さん、油そばお好きですか?油そばとかあぶそばとか言われていますが、私は大好きです。
で、
油そばなら絶対ここというお店があるとしたら武蔵境の珍珍亭でしょう。当然ここも奥様に連れて行かれたクチです。
珍珍亭の油そばは具がシナチクとチャーシューとネギ(?)だけのシンプルで、しかし旨い。
汁ナシのどんぶりに麺がガバッと入っているだけで、後はラー油と酢を好きなようにかけて食べるだけ、しかし旨い。
ハマりました。
おかげで、たまにメニューに油そばがあると頼むのですが、具が豪華絢爛で逆にラー油を置いていない店とか、意外と汁がたっぷりある油そばとか出て来る事が多くて、私の希望とチョットずれている事が多いのです。それはそれで美味しいのですが・・・。

で、【辛しや】油そばですが、具は多めです。揚げネギ、ネギ、味玉、チャーシューがデフォルトで麺に載っています。ですがテーブルの上にある揚げ唐辛子を入れて、ぐちゃぐちゃにかき混ぜるとちょうどいい感じにhotになります。それはそれで結構グー!
またこの店のメニューには、チャーシュー油そば納豆キムチ油そばがあります。そして私がいつも頼むのは納豆キムチ油そば。もう病みつきでした。店の人にも覚えられました、いつも同じモノ頼むんで。そのせいでたまに盛りを変えてもいつもと同じ量がでてくる事が何回かありました(^^ゞ
いや別にいいんだけど。好きだし。

そんで、下の写真がその納豆キムチ油そばです。お玉の向こうの赤いのがキムチ、お玉の右が納豆、手前が揚げネギです。

私がこれを食べる時の作法は、まず味玉を先にぺロッと食べます。そして猛然とかき混ぜます。納豆が全体に満遍なくなじんだら揚げ唐辛子を小さじ半分ぐらい投入します。酢は入れません。一度入れて懲りた(ーー;)そしてまたガンガンかき混ぜます。ピビンバと同様、混ざれば混ざる方が旨くなります。
混ぜるのに飽きたら食べ始めます。その頃にはキムチもほぐされて姿が見えなくなっています。納豆も一粒一粒に分かれています。
納豆好きにはたまらない一品です。納豆とキムチの取り合わせはかなりいけます。
a0008523_22431311.jpg


ところで、上記の写真で・・・
汁の無い油そばなのになぜお玉があーるか?

答え
[PR]
by zukunashi | 2007-01-17 23:12 | お引越し!
引越し2006!from蒲田to・・・?
暮れも押し迫ってまいりました2006年暮来月。
わがズクナシ家は引越しをいたしました。
何でこの暮れの忙しい時分に引越しなんてしてるんだ?
と不審にお思いかもしれませんが、これには深ーい訳があります。

それまで住んでおりました我が家、仮にその名をズクナシグランドマンションとしておきますが、ズクナシグランドマンションには大きな欠点がございました。

建物が古いのです。

それを承知で入居したので少々のことでは困らないのですが、これだけは我慢が出来ないという事がたった一つだけありました。

水(water)です。

とりあえず(1)水圧が低い
しかしちょっと水圧が低いぐらいでしたらいいのですが、二つの蛇口から水を出すと両方ともチョボチョボしか出ないほど水圧が低いのです。だから冬は流しで洗い物をしているときに、トイレの水を流すとお湯が水になるだけではなく、洗い物が出来なくなるほど水が出なくなります。また、元々水圧が低いのでシャワーの水量を絞るとすぐ水になってしまいます。また当然お風呂のお湯をためるのに30分以上掛かります。
ついで(2)雨漏りという困った問題も起きていました。
一応築40年近くとはいえ、腐っても鉄筋コンクリートのマンションなんです。でも雨が漏るのです。多分今日(200年12月26日)も漏っていると思います。コレは入居当初から大家さんに言っていますが、屋上の防水シート張りを何回かしているのですが、改善しませんでした。
そしてコレは水というか下水の問題なんですが、(3)トイレも風呂場も排水管が臭かった。
トイレはずっと換気扇を回すことで対処しました。風呂場はパイプ洗浄剤を時々流していました。気休め程度の効果しかなかったのですが。

と、水関係にたたられたところからとうとう脱出しました。でも、水のトラブルさえなければ立地も良いし安かったし、周りに美味しい店が多かったので出来ればずっと住みたかった・・・。

という事で私たち夫婦とムスメ(メス猫)が3年間楽しく過ごした東京都大田区蒲田の思い出なんかを書いていこうかと思います。

美味しかった店とかを中心に年明けから書いていきたいと思います。

<(_ _)>
[PR]
by zukunashi | 2006-12-26 14:29 | 事件・事故