タグ:映画 ( 21 ) タグの人気記事
パコと魔法の絵本・・・久々のひろひと大王の快作
パコと魔法の絵本見た人!
(^O^)/(^O^)/ハーイハーイ

この映画の原作は芝居です。私たち夫婦が大好きな遊気舎の元座長で劇作家・演出・俳優と変なものばかりの幾つものわらじを履いている後藤ひろひと(大王)が2004年に作演出した舞台の映画化です。

一言で言えばマンガチック
よく、映画『マトリックス』がアニメ『攻殻機動隊』の影響を受けていると言われていますが、そういう意味で対応する作品というのは無いですが、ちょいと古いギャグマンガ、ストーリィマンガに影響を受けている映像じゃないでしょうか。
例えばとんでもないところにボタンがあって、押してしまうとどんなシチュエーションでも人間が飛び出てくるとか、病院なのに全然治療とかしてそうに無いところとか、絶対こんな人いない看護婦、医者、患者、サル(?)とか。
上のスキマですか?ネタばれしているからですよ。映画見てない人は見た後でどうぞ。

さて、話のあらすじは非常に単純です。しかも見ててものすごく笑うしものすごく泣きます。話は壮大なようで館の中のドタバタコメディです。劇中劇は小さな池を舞台にしたがまがえるとザリガニの話です。なのにものすごく笑うしものすごく泣きます。

なぜか?

ただハチャメチャなだけじゃない。やってることはハチャメチャだけどその人にはちゃんとそうする意味がある。脈絡はあるんです。若干一人だけ、全然周りと上手く絡まない人がいるんですが、その人も実は全然絡まないんじゃなくて、実はちゃんと絡んでいるんですが見えないだけだったのが最後に分かります。
単なるドタバタだけで終わらせるのだったら、ちょっと芝居を齧ったり、ちょっとお笑い好きだったりすれば誰にでも出来ます。問題はドタバタしててもちゃんと話の筋が動いていて、それが普通に見ていて違和感がないことと、それを演じている役者さんがものすごく大げさに、ものすごくハッチャケていることが両立している事です。
えーっ ちょっと日本映画舐めてました。すみません<(_ _)>
監督さん他全てのスタッフの皆さんと、役者の皆さん。
これは面白かった(^^)

ちなみに冒頭、いんちきハワイアンダンスの一番後ろで素っ頓狂な絶叫をしている中年男が、原作者の後藤ひろひと大王です。
彼の今所属しているPiperは今度といってももうすぐ10/8から全労済ホール/スペース・ゼロ で『ベントラーベントラーベントラー』という新作をかけますので、興味があればどうぞ。
ワタシ?高いんで(当日6800円前売り6500円)ねぇ。下北沢の駅前劇場で2000円ぐらいまでで見れた頃の遊気舎とかは喜んで行ってたんですけどね。
映画の日みたいに演劇の日とかないし・・・。
[PR]
by zukunashi | 2008-10-02 15:22 | 映画・演劇・音楽
気になっていること・・・スカイ・クロラ・・・
これ以降は間違いなくネタばれです。

まだ映画を見ていない人、またはネタばれなら見ない人は それではどうぞ をクリックしないで下さい。

映画を見た人及びネタばれでもかまわないから見たい人だけそれではどうぞ

それではどうぞ
[PR]
by zukunashi | 2008-09-03 12:58 | 映画・演劇・音楽
スカイ・クロラ
スカイ・クロラ見てきました。押井守監督の劇場映画は2回目ぐらいだったはず。一回目はまだ意識していない時に見に行ったのであまり印象が無い。(たぶんビューティフルドリーマーだったと思う)

という事で今回初と思ってもいいかも。

ところで・・・話の感想というか受けたイメージは・・・
非常に壮大な歴史叙事詩のようなものが書かれた壁画があるらしい。しかしそこは地下深くで光の一条も差し込まない暗黒の場所。懐中電灯の明かりでその壁画を見てきた。
と言うような感じ。照らしてくれた人が押井守だから、面白かったのかもしれない。

でも

チョッと不満もある。

何で主役の草薙水素と函南優一の声はあんなに棒読みなのか。
相変わらず人間が床を歩く時は床に足が着いていないように見えるのは、もう仕方が無いのだろうか。
何であんな説明的な台詞と突然2回も入れているのだろうか(草薙水素と三ツ矢碧)

それでも

何かチョッと引っかかった。それが面白いと言うのもアリだが、モヤモヤッとした不満のようなものでもある。

そうやって考えてみるとこの映画を見て色々考え、それを夫婦で話し合いながら帰りの電車に乗っていた。そういう風に考えさせられる映画なのかもしれない。

ただ気になったのは、テレビやwebの予告編で『キルドレ』とかストーリィについて色々言われてしまっているが、実際はそれらを見ないか忘れて映画を見たほうが面白いと思う。
原作を知ってそれとの違いを見るのも一つの見方だと思うが、この映画はその話を背景を詳しく知らないで、主人公と同じぐらいの情報量で見るほうが、楽しめるのではないかと思う。CM映像は興味を削いでいる様な気がしてならない。
[PR]
by zukunashi | 2008-09-02 01:42 | 映画・演劇・音楽
[映画の日]7/1は・・・ネコナデ 【一部ネタばれあり注意】
『ネコナデ』

監督 大森美香
(主役の猫を飼う部長)大杉漣 (部長の部下)青山倫子、(第二新卒の新入社員)黒川芽以、(第二新卒の新入社員)入山法子、(猫売り)もたいまさこ、(最後のリストラ社員)螢雪次朗、(部長の奥さん)原日出子、(社長)鶴見辰吾

ウィキペディアで『ネコナデ』を検索すると映画ではなくてテレビドラマの話が出てくる。なるほど、元はドラマの映画化か・・・。
でもそこを見るとなんかちょっとづつ配役や話が違う。かける物がコーヒーから味噌汁になっていたり、子供が二人いたり、会社の名前がちょっとの違いで架空の動物の名前からそれに乗って戦う兵隊にいなっていたりという所でなんか変えている。何でかな?
物とのテレビドラマはたぶん人気があったのでしょう・・・が、地方局で放映されていたようで全然知りませんでした。

さて、ストーリーはリンク先を見ていただくとして、実際見に行った感想はというと・・・びみょー(ーー;)

この映画はたぶんネコのキャラクターによって変わっていく部長を観察する映画なんだろうね。
会社では鬼の人事部長で容赦なくリストラを行い、新入社員に対しては鬼軍曹役でびっしびし鍛える。でも帰る途中でコーヒーで胃薬を飲んでそして家では家族と食卓を囲むマイホームパパ。そんな二つの顔を使い分ける生活に子猫が舞い込むと、会社と家庭の間に“愛人”ならぬ“愛子ネコ”が割り込んで・・・。
四角四面の固い人ほど子ネコでメロメロになるギャップを楽しめると思うけれど、部長の場合はそれが今一伝わってこない。オハナシをいくつも詰め込みすぎたせいだろう。
子ネコを人知れず飼おうとする部長。新入社員研修で昔リストラした社員の妹がいる。リストラさせる社長と実行役の部長の仲。部長の部下は何を考えて開発から人事に来たのか?説教たれた若造とネコの事でケンカ等等・・・
こういうのが最後の最後で綺麗に解決すれば、後味も清清しいものになったのだが、なんかすっきり解決していない。

それと、ネコを飼う醍醐味がこの映画では表現されていない。これではネコカフェにハマっているのと大差はない。都合の良いネコという感じ。部長がウブな風俗女にハマったというのとあまり差を感じない。

なんか見ていて全部中途半端だった・・・のは、テレビ版の総集編みたいな作りになっていたから?面白かったエピソードを詰め込んだような感じがする。おかげでコラージュした写真みたいになってしまった。

俳優さんとしては、部長の奥様役の原日出子さんを前回見たのは「Shall we ダンス?」の役所広司の奥様役だったと思うんですが、イメージが変わってないのにびっくり。
ただ「Shall we ダンス?」のときは浮気を疑ってドヨーンと暗くなったけど、最後に旦那の背中を押してもう一度ダンスをするように促す、という役だったと思うんですが、今回は何か疑うシーンがほんのチョッと出てくるのですが、うやむや・・・になってしまっています。ただの明るい奥様。イヤ嫌いじゃないですが・・・こんな感じでこの映画、すべてに可もなく不可もなくという・・・
1000円でよかったね、と奥様と話しながら帰りました。嫌いじゃないですけどね・・・1800円だとチョッと損した気分になるかもしれないですね。

ネコを飼う醍醐味・・・についてはまたいつか(^^ゞ
[PR]
by zukunashi | 2008-07-08 12:02 | 映画・演劇・音楽
ミュージカルをそのまま撮影・・・地下鉄(メトロ)に乗って
変な映画だった。

まず、この映画は音楽座ミュージカルという名前がついている
音楽座ミュージカルメトロに乗って
ミュージカルの舞台をフィルムに撮った、そんな映画です。
だから、撮影場所は舞台、リアルな町並みも、小道具も、人々の衣装もない。それでなくてもこの頃はSFXでありえない過去の情景を作り出すことも出来ます(ちょうど同じ映画館で紀元前1万年をやってました)だから、この映画を見ていると、この舞台装置の動きは・・・とかこれはもしかして、という感じで話の筋以外のところが気になってしまう事でしょう。そうすると映画というよりお芝居風・・・?
だとすると舞台を見ている人は違和感なく見れる・・・かというとそうでもないです。
芝居を見に行くとき、見る席は当然固定されて、同じシーンを上手から見たり下手から見たり、ズームしたり逆に引いたりして見る事はできません。
でも、これは舞台を撮った映画なんで、見る場所は様々に変わります。またズームアップして役者の顔を大写しにする事も、逆に引いて舞台全部を見渡すことも出来ます。
でもやっぱり、リアルを作る映画とは少し違う。それは圧倒的なライブ感があというところでしょう。役者は泣き、笑い、踊り、歌い、文字通り駆けずり回ります。汗をかきそれが飛び散る様までレンズは拾います。

ですからこれはあくまで私の推測ですが、この映画はまず一度「メトロに乗って」の舞台を見たほうがよいのではないでしょうか。

さて、内容については現在上映中なので描くような野暮はいたしませんが、父と子、恋人同士、母と子、兄弟、そんな繋がりについて時間を越えて描く壮大なメロドラマです。自分の身の回りから、それとなく心の琴線に触れる場面があることでしょう。
それと、最後のシーンは受け止め方は様々でしょうが、みな等しく「そうするのか!」「そうするしかないのか!」と思うことでしょう。
[PR]
by zukunashi | 2008-05-12 13:39 | 映画・演劇・音楽
映画の日 『僕のピアノコンチェルト』は面白かったよ
12/1 映画の日に今回は『僕のピアノコンチェルト』に行きました。
この映画、東京どころか関東でも銀座テアトルシネマでしか上映していません。あと名古屋の名演小劇場大阪のテアトル梅田京都の京都シネマ・・・全国で4館だけ。
惜しい!

最初webで見たときに惹かれたのはピアニストの映画で音楽が沢山流れるんだろうという所でした。映像+音楽がどう演出されているか・・・その点が私にとっての映画のツボです。なので、ミュージカルやダンス、音楽がフューチャーされている映画はとてもそそられます。ところで11/1の映画の日には『ヘアスプレー』にいきましたが、これもミュージカル風映画である意味面白かった(お母さんがジョン・トラボルタという所が特に!)のですが、積極的に推すほど良かったわけでもなく、切り捨てるほどダメと言うわけでもありませんでしたので、書きませんでした。

という事で見に行く時は音楽映画・・・と思っていたのですが、実はさにあらず。当然ミュージカルでも、一人の天才少年の苦悩の映画でもなんでもなくて、広い意味でコメディー映画。または家族の肖像。でも非常に面白かったです。普通の人を演じるヴィトス少年の一人二役のような生活が割りとサラッとか描かれて、とってもよかった。ハリウッド映画だとそこをどぎつくわざとらしく見せるだろうなぁ。そして何より普通になりたいはずのヴィトスが普通じゃない恋愛や、裏の仕事、インサイダー取引。我々が天才になりたいと同じように無い物ねだりなんだ。

メインストーリィはシンプルで、天才少年の生活の話。
高等学校(12歳なのに)では先生と衝突。家ではママがピアノのレッスンで色々口を出す。お父さんは会社で出世して自分と同じ発明家の道を勧めてくる。おじいちゃんの所にいると好きなように放っておいてくれるから、ついおじいちゃんのところに入り浸り・・・。

それからこの家族には色々な事件が起きます。事故、クビ、失恋・・・家族が団結してとか何かすごいウルトラC級の大技で危機を回避とかは一切無いですが、最後の最後で“なるようになるもんだなぁ”と何故か納得してしまいます。

大爆発とか空中でアクションとか宇宙に出るとか超能力や銃撃戦は一切ありませんが、いい線行っていると思います。面白いところは色々ありますが、ネタバレになるのでひみつです。

ところで私が見た回は前列から2列目のところで幼い(4から5歳ぐらい)の姉妹が座っていました。通路を挟んで左にはその子供の両親らしき人が座っています。私はその3列ほど後ろにいました。ところでこの映画の上映前にこれからの上映映画の紹介がありますが、その中に『人のセックスを笑うな』と『レンブラントの夜警』という映画がありまして・・・予告編を見ていただければ分かりますが、チョッと大人な映像が出てくるんですね。エエ、私だったらチョッと子供の目を隠したくなりました。結構恥ずかしがりやなんですよ。自分が一緒に見ているのが恥ずかしい(^^ゞ
それと、これは全然重要なエピソードではないんですが、家族で使っている車がお父さんの地位が上がるにつれて良くなっていくんですね。これは当たり前なんですが、やっぱり家族だなぁと思ったのはおじいちゃんの買い方も、同じようにランクアップしていくんですね。ああ血が繋がっているなぁと思いました。でもそれ買う前に屋根直せヨとも思いましたが。

この映画で主人公のヴィトス役を演じた
テオ・ゲオルギュー君の記事があったんでリンクしておきます。インタビューアーが彼を子ども扱いしているので、彼のすごい所がわかりにくいですが、映画の最後で彼が演奏しているシーンを目の当たりにすれば記事に書いてあった「“魂”を込めた演奏は、自然に出てくるものだけでは足りません。頭を使って演出します」という事の意味もよく分かります。一応この初冬のお勧めナンバーワンです。

ところで一応ネタバレを隠しておきましたので、探してみませんか?答えは・・・またいつかという事で。

[PR]
by zukunashi | 2007-12-02 16:04
ウーピー・ゴールドバーグが引退するなんて考えてみた事アル?
ウーピー・ゴールドバーグ、女優を引退 - シネマトゥデイ | 映画の情報を毎日更新
・・・前略・・・ハリウッドにはもう自分の居場所がないという。若くて、ゴージャスな女優たちが全部仕事を持っていってしまい、今となっては出演を検討してほしいと脚本が送られることもなくなったらしい。「映画市場には才能多きウーピーの居場所はないの」とコメント。・・・後略・・・
ゴースト/ニューヨークの幻 Ghost (1990)のインチキ霊能力者役で記憶に強烈に残っています。
天使にラブ・ソングを… Sister Act (1992)だと、こちらもインチキシスター?!なんかそんな役ばかりでお目にかかっていました。

歌も演技も上手いのに仕事干されてしまっているのは、ゴージャスで若い女優ばっかりがもてはやされているということなんでしょう。

ただ、ショービジネスからは引退するわけではないので、これで見納めと言うこともないでしょう。まだ50代だし、亡くなった訳ではないし、引退と言っても絶対出ないという訳でもないだろうと高を括ってみました。また銀幕かDVDでお会いできる時を待ってます。当然新作でね。

樹木希林 じゃないけどこの人しかいない!という役がまた廻ってくることでしょう。
[PR]
by zukunashi | 2007-10-11 09:57 | 小ネタ
パフューム・・・薫る映画
奥様のお陰で「パフューム ある人殺しの物語」の試写会の券が当たりました。パチパチパチパチ

喜び勇んで見に行きましたとも。ちょっと気になってましたからね。
場所はNHKホール。一般の入り口に並んだら
「お客様はこちらで・・・」といわれてなんかプレスの入り口と同じ入り口に誘導されました。
エエーッもしかしてVIP待遇?!どんな券が当たったの奥様!!
「こんな券。」
a0008523_08611.jpga0008523_08296.jpg表が金で裏に“拝啓”とか書いてあるよ。なんかすごい場違いな・・・。

で、指定席なんで3階まで行きます。
席はちょうどど真ん中。
「なんか得したね。」
でもNHKホールは椅子が狭い。一人分きっちりの幅しかないし、前はすぐそばに背もたれがある。この頃TOHOシネマとかチネチッタとか楽楽のシネコン席に慣れている私たちにはちょっと厳しい。まあそれでもお行儀良く待っていると係りの人が何か言って回っている。
「こちらの席は演出上香水がかかるかもしれませんのご注意ください。」
イヤそんな事言われたって、掛けないでよ。傘でもさすか?
なんて事をしながら待っているといよいよなんと東京フィルハーモニー交響楽団入場。バックに映像を流しながら演奏。良いねー結構良い感じだ。指揮者と司会の女性の軽妙なトークを挟んでもう一回演奏の後
「本日のスペシャルゲスト・・・昨日結婚したばかりのこの方。」
「ええ!まさか・・・!!」
「陣内智則さんです!」
ええ!!二重に裏切られた感じがするけど、結構すごいな。昨日結婚式なのに今日はルミネThe吉本で3回舞台に上がっているんだそうです。陣内智則さんもらしくいろいろトークしてましたが、割愛。
「小学校の時好きだった女の子の匂い覚えてますよ。」とか言われてちょっとシオシオ。なんか無理やりなトークだった。と思っているうちになんか香水が薫ってきた・・・。
えートップノートから結構柑橘系?甘くない感じでミドルノートでは森林浴しているかのような香りがずーっとたちこめてます。ナンやカンヤで第一部は終了。20分休憩。この匂い頭痛くなりそう。
一回ロビーに出て戻ろうとすると匂いに押し戻される。コーヒーを買って飲みながら再入場。
そうしているうちに映画が始まりました。まだ香っているよ。
ネタバレになるので大した事は書けませんが字幕が戸田奈津子なんで大丈夫かと危惧。
●過失で殺してしまった少女に欲情。そこは匂い立つような映像だった。
●最初は弓月光の「甘い生活」の主人公みたいな奴かと思っていたけど全然違っていた。
●最後の最後で愛の映画だと気が付いた。
●最後のナレーションは無い方がイメージが膨らんだのでは?
●映画は登場人物に共感する方ですが、今回は共感するより納得しながら見てました。

この映画は衝撃を受けたり世界観が変わったりはしません。でも愛してると口に出来なくて後悔しないように。ああ、あの時言っておけば・・・と、振り返ってももう遅いんですよね。

あとがき
[PR]
by zukunashi | 2007-02-19 01:02 | 映画・演劇・音楽
映画の日 『007 カジノロワイヤル』つづき・・・
昨日見た来ました。映画の日という事で1,000円×2です。あい変わらず安い時しか見に行かないケチ夫婦ですみません<(_ _)>

さて、前回の記事でも書いていたのですが[ラッキーナンバーセブン][マリーアントワネット][007カジノロワイヤル]を私がピックアップしてきて消去法ですが奥様と二人で決めたのは[007カジノロワイヤル]でした。[マリーアントワネット]はどうなんだろうと聞いてみたんですが、そんなに乗り気ではありませんでした。
実は私は[ラッキーナンバーセブン]を見に行きたかったんですが、ネットの評判ではちょっと凄惨なシーンがあるようです。まあR-15指定※1は伊達じゃないということなんでしょうか。
ということで
007/カジノ・ロワイヤル - オフィシャルサイトです。
内の奥様と以前一回だけ007映画を見に行ったことがあります。今回は何でこの映画を選んだの?ときいたら、
「意外と007好きよ。ほら、007が好きになった人の前彼が敵側の人で、発信機を着けて敵の人のところに送り込まれて・・・」
「・・・それ『Mi-2』だね・・・。」
スパイであるという所だけあってます。20点。まだまだですね。一度海馬を開いてみてみたい。
ということでこれからはネタばれ覚悟でよろしくお願いいたします。


まず雰囲気ですが、前作の『カジノロワイヤル』は全編ギャグという感じでしたが、今回は当然シリアスです。
「ジェームス・ボンドが007になるまでの物語」とあるとおり、主人公は若いちょっとやんちゃで自信過剰なジェームス・ボンドです。でも00(ダブルオー)を名乗る為には暗号解読とか体力より、あんな事が必要だったなんて・・・。007以外の00(ダブルオー)ナンバーも皆やったのかな?
全編通じて若くて溌剌としたアクション映画っぽくなっています。いつもは目玉になる秘密兵器は・・・除細動器と解毒剤(笑)
あとは身の回りのありあわせのものと拳銃です。ショーン・コネリーの『ネバーセイ・ネバーアゲイン』を見てしまうと、ギャップの激しさにめまいがすること請け合いです。

そして俳優。
ショーン・コネリー、ジョージ・レーゼンビー、ロジャー・ムーア、ティモシー・ダルトン、ピアース・ブロスナンときて初の金髪碧眼ジェームスボンドの『ダニエル・クレイグ』
公開前は欧米でアンチサイトまで出来る状態だったのが、公開されるとあのアクションと演技でシリーズ最高傑作とまで言われるようになっています。確かに初っ端から荒っぽいシーンの連続で、しかも最初の追いかけっこのシーンでは車やバイクやボートなどを一切使っていないです。(一部勝手に車にしがみついていますが、そのシーンも007臭くない)
今までに無くマッチョボンド。ティモシーダルトンもチョット肉体派っぽかったですが、ダニエル・クレイグの比じゃありませんでした。
若くて生きがいいだけじゃなくて、ちょっとシニカルでキツイジョークをいったりします。そこにまたエリートっぽい鼻持ちならない所もイイかも。行き過ぎの自信が崩れてちょっと丸くなった後半の肩の力が抜けた演技もいい感じを出していました。

さて、007といえばボンドガール。しかし身も心も彼に捧げるボンドガールは出てまいりません。マッチョでやんちゃ坊主なボンドの手に余る知性的で気の強い女性がエヴァ・グリーンです。
吸い込まれそうな瞳。カジノに現れたゴージャスな格好もいいけど、その前のスッピンで化粧を始めるシーンが一番キュート且つセクシー。多分シルクのガウンを着ているんですが、体のラインがぴっちり見えてしまい、水着よりセクシーです。女性の化粧シーンで定番の、鏡に向かって目を開いたままマスカラを塗るシーンがチョット映るんですが、心臓が高鳴りました。このままエッチシーンになだれ込んでもOK!!ていうぐらい。まあそのあとのシーンはもっと手に汗握るんですけれどね。
とまあ結構エヴァ・グリーンには入れ込んでおります。次回作要注意。

あと忘れちゃいけない今回の敵ル・シッフル役のマッツ・ミケルセン。神経質で頭脳労働担当。テロリストから金を預かり引き出し自由で利回りは無茶苦茶高い投資ファンドみたいな事をやっている。彼が一番輝いていたのはボンドを拷問していた時。切羽詰ってもうどうしようもなく頭使ってなんてやってられない・・・という感じがすごくよく出ていた。オシッコを我慢する時の1000倍ぐらい辛い感じ。正直上手い。

さて、見に行っての正直な感想ですが、1000円だと得した感じです。1800円でも元が取れます。ただしアクション好き限定。今までの007ファンは賛否分かれると思います。私は賛成のほう。私にとってダメな作品はピアース・ブロスナンの007 ワールド・イズ・ノット・イナフです。

それとジャッキー・チェンが好きな人には意外と好かれるかも。

注釈について
[PR]
by zukunashi | 2007-02-03 01:09
映画の日
a0008523_20163226.jpg

セコいズクナシです。千円で映画を見に来ました。

[ラッキーナンバーセブン][マリーアントワネット][007カジノロワイヤル]から
[007カジノロワイヤル]にしました。
では行ってきまぁす。
[PR]
by zukunashi | 2007-02-01 20:16