タグ:山口新生児ビタミンK欠乏性出血症死亡事故 ( 1 ) タグの人気記事
歴史に学ばないという斬新さに脱帽
フェイスブックで豊受クリニックというところを見たら・・・
母乳を飲む前に
ミルクですらない
こんなものを生まれて初めて
口にしておなかに入れている
赤ちゃんがほとんどです(`‐ェ‐�)
・メナテトレノン
・安息香酸ナトリウム
・クエン酸水和物
・ゴマ油・水酸化ナトリウム
・ソルビタン脂肪酸エステル
・D-ソルビトール液
・パラオキシ安息香酸エチル
・プロピレングリコール
・ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
・香料
ケイツーシロップってやつで
一番上のメナテトレノンが
ビタミンKの成分で
その下は全て添加物です。
という出だしで始まっていた。

ああ、また知ったかで添加物がぁ~と吠える保護者かなぁと思って調べてみると
・・・医者?!・・・
ぶっ飛びました。少なくとも国家資格を取る為に学んだだろうに。引用先にはこんなことも書かれていました。
出血を予防するために必要という名目で
ほぼ全員の赤ちゃんに飲まされています。
飲まなければ9割ほどの新生児が脳出血
や消化管出血を起こして死んじゃったり
後遺症が残ったりするのなら、同意なし
で勝手に飲ませてもいいと思いますが。
(本当はそれでもダメですけどね!)
この成分見て、この世に生まれて来た
我が子に初めて口にさせるべき代物だ
と思いますか?
本当に、脳出血や消化管出血を起こす
わずかな可能性を、こんなもので予防
しなければならないのか?というのは
充分考えてみた方がよいのでは?
実際山口県ではホメオパシーにかぶれてしまった助産師に、K2シロップを投与されなかった赤ちゃんが亡くなっています。そしてそれで訴訟も起きてます。山口新生児ビタミンK欠乏性出血症死亡事故2000人に1人が多いか少ないかは置いておきましょう。少なくともK2シロップを摂取させることで助かる訳です。それをしなかったとしても1999人には何ら影響が無いわけです。飲まされ損かもしれませんね。
だから要らない?え!それって助けられると分かっててそれを放棄しちゃうわけですね。
もしK2シロップに副作用があるということなら難しい話です。でも件のお医者さんは最後まで副作用の話しはなく、”人工物は毒”という教義なのでしょう。ついでに言えば自分の免疫で病気を克服(直すじゃない)するために、この先生もホメオパシー等がお好きなようです。(日本ホメオパシー医学協会提携クリニックの池尻クリニックが豊受クリニックとして移転。)自分達が推奨した「レメディー」によって幼児が亡くなったのに、その歴史を一顧だにせず同じ事を繰り返そうとするんでしょうね。

ついでにフェイスブックで甲斐 由美子さんが似たようなことをこれは1年以上前に書いてらっしゃいました。
K2シロップに関する考察
全文引用するわけにも行かないですから幾つかこりゃぁと思う所を抜き出します。
Dr.N: 自然分娩では、産道をなめて赤ちゃんは生まれてくるから、母親の腸内細菌を受け継ぐので、その後母乳で育てていれば、腸内細菌が定着し、ビタミンKは腸内細菌から供給されるからです。
O: ほお!なるほど
H: なるほど。勉強になるーー!!!
とか

Dr.U: っていうかビタミンk不足で出血、なんで不足してる子供とそうでないのがいるのか、考えればよいのでは?元々昔の方が、死産や新生児死亡が圧倒的に多かったことも考慮して。
K: なるほど、ビタミンKが不足すると出血、親の栄養状態が悪いということでしょうか? 母乳が出ないとか?ミルクで育てると欠乏するのかしら?それはないか!とにかく調べてみます!
N.K: 抗生剤の過剰投与、食事も?母乳力、母体力の弱体化?
Dr.U: 新生児は基本的にはビタミンkが不足しやすく、母乳栄養で不足しやすいのも事実です。
K: 母乳とミルクの違いを調べると、栄養的にはあまり違いがないようですが、ミルクはカルシウムが多くウンチの出が少し悪くなるようです。母乳との違いは、やはり、母乳は免疫力がつくので特に初乳は大事ですね。母乳栄養でビタミンKが不足しやすいのは、母親の健康状態による。ジャンクフードや添加物まみれの食べ物を食べていたり薬を服用していると危険性が増すということで、k2シロップを飲ませる。ということでしょうね。
とか

Dr.U: だからビタミンkを意識すればいいだけで、天然のビタミンkとればいいだけです。
O: 結局は、そういうことなんですね・・・
K: なるほど。天然のビタミンk!
N.K: 天然、自然ですね!結局は^ ^
O: 納豆、わかめ等が特に多いみたいですね~けっこう食べまくってるかも。
K: あ~ すっきりした。最初に戻ったんだけどね(笑)Mさんが言うてる。助産師さんもいうてるよ。(笑)
R: ここのひとには 必要ないってことですわね!
M: 食生活が変わった→母乳の質が変わる→栄養士の暗躍→シロップという経緯や背景がわかると、対策が打てますね。最も妊娠前から、腸の微生物が栄養を供給してくれるような体質になるといいです。これが本当の営養ですかね。
自分が納得するためにいろいろ考えてそれで理解したつもりになる。人間の体が自然の作り上げた叡智の塊だとすれば、風が吹けば桶屋が儲かる的思考で大丈夫と思えるところがある意味すごいです。

あと気になるのはDrと付いている人・・・ドクターなんですかね。一番いい加減な事を言うんですが。
産道をなめて赤ちゃんは生まれてくるから、母親の腸内細菌を受け継ぐので、
あのー、素人ツッコミですが産道は腸じゃないです。腸と同じ細菌が産道にあったらと思うとゾッとしますね。

そして最後に、自分達はジャンクフード食べないし添加物もとってないから大丈夫。そうじゃない人がビタミンk欠乏で子供が大変、という上から目線がイラヤシイですね。こう言っちゃなんですが、タマタマあげてなくても症状が出なかっただけ、というのが現実じゃないでしょうか?運が良かったね、おめでとう(棒)

フェイスブックは自分の仲間を見つけやすいので、こういう意識の高い人ばかりが集まるグループが幾つも有ります。ミクシーもそうでしたが、近頃はフェイスブックにたまってますね。

誰でも使えるようになってネットってダメに成った一例かも。
[PR]
by zukunashi | 2015-01-20 14:52 | ニセ科学…科学を詐称するモノ | Comments(2)