「ほっ」と。キャンペーン
タグ:ホメオパシー ( 4 ) タグの人気記事
京都北山のホメオパシーセンター @Ryohsuque さんとのツイートの返事
Ryohsuque まっちん · @Ryohsuque  18th Jan 2016 from Tweetlogix
近頃京都北山のホメオパシーセンターさんという方とツイートのやり取りをしている。最初は
京都北山のホメオパシーセンター
‏@Ryohsuque
あるものを体系立てて、それに対して仮説をたて、検証し、臨床に応用する。これはニセ科学!!なのか?そんなことはない!!と昔は憤っていたものです。 
5:47 - 2016年1月14日
ツイートより
に対して私が
zukunashi taro
‏@zukunashi
@Ryohsuque 結果の分析、評価が無いからニセ科学かもしれないね。
16:41 - 2016年1月14日
ツイートより
と返したのが始まりです。

ただこの時は相手の方がここまで真面目だと思っていなかったです。

そして先方はtwitlongerという長い文章をツイートするやり方でお返事がきます。それに私は長いのを幾つかのツイートに分けてお返事していたんですが、ちょっと面倒になりましてblogでお返事に切り替えました。

とまあここまでが前回までのおさらいっぽい話です。で、一番上のリンクが最新のお返事です。

幾つかは理解できますが、根本的な点で相違があります。

京都北山のホメオパシーセンターさんは仰います。
医療というものは、客観性や論理性はとても大事なものです。もちろんです。しかしそれと同じくらいに現象がありそれをある仮説に基づき体系化し、その方法論を使えば癒えるという事実があるならば使うべきなのではないでしょうか。
・・・中略・・・
まず、客観性や論理性というのはどこで担保されるのでしょう?
共通のルールに従ってだした実験でとった数々のホメオパシーがプラシーボ(とよばれているもの)よりも効果があるというデータを見て、それが科学的正しい手法で確証されているならば、ホメオパシーの原理はわからないがとにかくきくのであろうという前提に立っていただいて、同種の法則を理解していただき(あっているかどうかはさておき)、その上で希釈震蘯のこともそういうものがあるのかもしれないと頭に入れていただき、そのうえで現在のホメオパシー側の発言をかんがえて頂けなければ、それは当然何も話がつながるわけはないように思います。
・・・中略・・・
現在の私の考えは、今私の意見に異論がおありなzukunashi taro様がいらっしゃり、あなたが何故そのような意見をお持ちなのか想像しています。そして私の意見を理解していただくには、まずエビデンスを受け入れていただき、前提としてホメオパシーとは有効でこういうものであるという立場に立っていただき。その上で再度この一連の疑問に対して考えて頂きたいということです。
三つの文章をあげました。この三つ共通しているのは、レメディで効果測定できる=ホメオパシー(の同種の法則)は有効であるという前提を受け入れて欲しいという事だと思います。

ですがこれはおかしいです。レメディという砂糖の玉により効果が出ている場合があるという報告があります。しかし効果が出ていないという報告もあります。客観性や論理性より前に、科学的な手法の統計で効果が出ているのだからホメオパシーは科学的だと、もし仰りたいのだとすれば、効果が無いという結果も尊重するべきです。でなければそれは科学ではなく信仰になってしまいませんか?

通常仮説を提唱しそれを検証するための実験や観察を適切にコーディネイトしたうえで結果を分析し検証、仮説を補強もしくは棄却という手順を踏んでいきます。この一連の流れの中で必ず必要なものとしては、疑う事を保証することです。

疑う自由といってもいいかもしれません。

ですが京都北山のホメオパシーセンターさんは上記の特に三つめの文章でこうおっしゃってます。「前提としてホメオパシーとは有効でこういうものであるという立場に立っていただき。」これは科学ではなく信仰です。先ほどお話ししました通り効かないという統計結果も出ていることも同等に扱うべきです。前提としてホメオパシーの有効という話もあるが、効かないという論文もある。効果だけを取り出して話すのは科学的ではありません。

長く間が空いてしまいまして、申し訳ありませんでした。
[PR]
by zukunashi | 2016-02-01 22:01 | ニセ科学…科学を詐称するモノ | Comments(0)
違った形での医療<s>ネグレクト</s>過誤だと思う
亡くなられた赤ちゃんのご冥福をお祈りします。
「ビタミンK与えず、自然療法の錠剤」乳児死亡で助産師を提訴…山口 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)という記事が今のところ読売新聞しか報じていない。

でもこの記事をよんで、『自然療法もねぇ・・・』と思うのはちょっと待って欲しいんです。
錠剤について「植物や鉱物などを希釈した液体を小さな砂糖の玉にしみこませたもの。適合すれば自然治癒力が揺り動かされ、体が良い方向へと向かう」
「ビタミンK与えず、自然療法の錠剤」乳児死亡で助産師を提訴…山口 : 医療ニュース : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)より引用
と書かれているこの錠剤。コレはホメオパシーという代替医療が処方する錠剤(レメディー)の事です。ほぼ間違いなくこの助産師さんが所属していたのはホメオパシーの普及団体です。

ホメオパシーは西洋医学に対するアンチテーゼとして、東洋医学やカイロプラクティックなどの代替医療の一つとして近頃人気がある。リンクしたwikiにもあるとおり、ヨーロッパの方では医療としてある程度認知されていた時期もあり、日本で紹介されるときには「イギリス王室で行われている」代替医療というふうに言われることもある。どのような医療なのかはググれば、ハマった人の饒舌なブログやTwitterなどがドンドン引っかかってくるはずだ。そちらをお読みください。

ところでタイトルにも書いたように私はこの件は形は違えども医療ネグレクトの一種と思っている。
普通医療ネグレクトは保護者が子供に必要な医療を受けさせない場合に使われる言葉だが、助産師や看護師、医師等と両親が生まれたての赤ちゃんを保護する人であるのだから、その範疇に入るのではないだろうか。今回この赤ちゃんを襲ったビタミンK欠乏性出血症は4000人に1人程度の頻度で発生すると言われている。この助産師は今までも他の新生児に同じ事をして、全く問題が無かったのだろう。それはただ運が良かっただけだった。なぜなら、本当にビタミンKが必要だった新生児はレメディーは効かなかったからだ。

とはいえ一般的な医療行為でもちゃんと効くかどうかは確率の問題であり、100%はあり得ない。事実ビタミンKを服用していても出血症を完全に予防することは出来ない。同じ様にワクチンをうってもその病気に絶対罹らないわけではない。逆にワクチンが元で副作用が起きたり、ワクチンのショック症状が起きるような場合もある。なぜこんな事を書くかといえば、ホメオパシーの幾つかの団体は、一般的な医療におけるこういった副作用を大げさにいって不安になった母親等を取り込んで大きくなっているからだ。ワクチン接種に反対し、アトピーの場合はステロイド使用をやめて、レメディーを使えというわけだ。
では今回の出来事に付いて彼らはどう考えているか。ニセ科学関連で有名なkikulogにおいて、すでにこの問題は取り上げられており、そこのコメント欄に興味深い引用があった。
日本ホメオパシー医学協会の会員向けの雑誌に「出産現場におけるホメオパシーの課題」と題して、この山口県の事例(他にいろいろあるようですが)を会員向けに説明しています。
その雑誌には、この事件の後でさえ、次のような記述をしており、この団体がK2シロップの代わりにVit-Kのレメディーを与えることの罪深さを全く認識していないことがわかります。
-----
Vit- K30Cには現物質はなく、パターンしか含まれておらず、血管壁を壊すことはありえないこと、(逆にK2シロップの過剰投与は血管壁をもろくする可能性あり)、今回の原因推定としては、様々な問題が考えられること、また、両親のミネラル不足やマヤズム的問題、医原病が胎児に受け継ぐ事などもあること。
-----
後略
Taku — July 9, 2010 @11:21:22より
ここに出てきたVit-Kというのが助産師が飲ませたビタミンKの代わりの錠剤(レメディー)のことを指している。与えた錠剤(レメディー)では血管壁を壊すことは考えられない。両親が原因ではないかと指摘しているわけである。コレは全く馬鹿げだ話である。新生児のビタミンK欠乏症の原因を彼らは考えている。そうじゃなくてなぜ新生児は亡くなったのか?を考えるべきなのに。亡くなった原因は簡単である。ビタミンKを適切に補給させなかったからだ。

原因を考えて、適切に対処する。自分達に都合よく解釈して、両親のせいにするのがはたして正しい対処に繋がるのか?火を見るより明らか明らかだ。

確かに一般的な医療は万能ではないですが、一般的な医療で助けられるのにそれをせずに信念に殉ずるのなら、それは医療ではなく信仰になってしまうだろう。それでは駄目じゃないか?
[PR]
by zukunashi | 2010-07-09 21:55 | 事件・事故 | Comments(1)
ドラッグとホメオパシー 社会的な毒性はどっこいどっこいか?【追記アリ】
沢尻が大人になった理由(リアルライブ)を読むと、ドラッグは完全否定だけどホメオパシーで「落ち着いてきたし、ちょっとは社会性も出てきたんじゃないかと思う」と仰っているそうです。

まあ社会性云々は置いておくとして(つ´∀`)つ最後に取って付けたように一方ではニセ科学との声もあるようだ。と書くのがリアルライブと言うニュースのギリギリの良心なんでしょうね。その何倍もの行数を割いてホメオパシーの翼賛記事を書いてますけど。

で、ある程度正しい情報が伝えられればいいですが、それは期待出来ないです。

だいたい、ホメオパシーの紹介文もいい加減だし。

ホメオパシーが沢尻という女優を大人にしたと言うことなんでしょうが、薬(のようなもの)で大人になるのがいいことなんだろうか?いい年して落ち着きが無いから、坐禅組んだり、お茶、お花、礼儀作法のお稽古事と言うのはあるけど、薬・・・といっても砂糖玉だけど・・・を舐めて落ち着かせるって、なんかカルシウムサプリを舐めて怒りっぽいのを沈めるみたいなもんなんでしょうか。やめると元に戻るのかな?

何れにしても、セレブがハマってようと、沢尻が絶賛しようと、ヨーロッパでは『効果はない』と言われてきているものを、そういう経緯を無視して提灯記事を書くのは如何なものでしょう?

とはいえ『「政財界、芸能などの内幕情報」から「UFO目撃情報」まで網羅した ユニークな企画のニュースサイト』媒体社とユーザーをつなぐ「株式会社フェイツ」|業務内容よりというゴシップサイトなので、人気が出れば何でもありなんでしょうか。

一応ジャーナリストなのかね、この記事書いた人や、掲載を決めたデスクは。

追伸(4月24日深夜)
[PR]
by zukunashi | 2010-04-19 23:16 | えー?! | Comments(1)
ブタインフルエンザに関する検索結果 [ホメオパシー]
ブタインフルホメオパシーを含む検索結果(Firefox3.0)

日本ホメオパシー医学協会では
なお、ワクチンやクスリなどでの対処については、しっかりとご自身で情報を確認され、リスクについても認識の上、選択されることを お勧めします。
と掲載されています。

一方RAH英国本校(RAH-UK)のウェブページ左下ホメオパシー体験談豚インフルエンザが大騒ぎになってきました。免疫力を上げるのが大事でしょうが、他にも対策はありますか?には
まず免疫を低下させるワクチンを接種しないこと、急性の発熱症状などを薬剤で抑圧しないことが大切です。
となっています。
ワクチン接種は時によっては副作用が起きることは既知であり、それに絶対の信頼を置くべきとは思いませんが、公衆衛生では効果が確認されており、むやみにワクチン接種をしないと発言するのはいかがなものかと思います。また対症療法として発熱に投薬を一律に否定するのもなぜでしょう。確かにインフルエンザにアスピリンを処方することによる問題はありますが、発熱による体力消耗、脱水症状を緩和する必要がある場合は解熱することも必要になります。

ホメオパシーが効くか効かないかということは別の問題ですが、ワクチンや投薬を敵視する姿勢について言えばロイヤルアカデミーオブホメオパシー英国本校はあまり論理的ではないと思います。
[PR]
by zukunashi | 2009-04-29 14:55 | 事件・事故 | Comments(0)