タグ:ブロコ・アハスタォン ( 1 ) タグの人気記事
第34回浅草サンバカーニバル
とっても哀しいのは、演る前に1時間もパレード!!と思っていたのが終わってみると、あゝもっと叩きたかったぁorzと思っている自分です。

こんにちは、日曜の朝8時にやっと目が覚めましたズクナシです。

私たち夫婦の間で毎年恒例という行事はそう多くありません。盆、正月、あと私の父母の回向位なものでしょうか。ただし家族親族の事情的なそれらの行事とは違い、一つだけ夫婦の自主的恒例行事が有ります。
浅草サンバカーニバルです。無かった年もありますし、出れなかった年もありますが、2005年からどこかしらに関わってきました。

さて2015年の浅草サンバカーニバルは拡大版スペシャル!!

私たち夫婦の行事に義妹家族を巻き込むことに成功!!ズクナシ、ズクナシ嫁、義妹、義妹旦那、姪、甥と上は?歳から下はまだ一桁とあどけない幼児を巻き込み浅草サンバカーニバルで我ら一族が大暴れ・・・とまではいかないですがドバァっと堪能してまいりました。

今までと大きく違うのは前日浅草寺裏でアレゴリア制作を手伝ったりしなくていいことと、当日朝9時に浅草寺裏で集合して最後の追い込みをする必要がないこと。逆に10時には産業貿易センターについて音出しまでじっと我慢して待っていたこと。
産業貿易センター内はだだっ広くて各チームがビニールテープで区分けされた所に荷物をおいて出番まで待っているんです。要するに大部屋の楽屋のさらに拡大版ですね。そこでは化粧したり衣装作ったり(バイアーナというでっかいスカートでグルグル回る人たちはスカートに金属の骨を入れているのでここでそれを入れます)ご飯食べたりしているんですが、私は小学生の初林間学校みたいな妙なテンションでなんか騒ぎまくってました。うるさかったろうなまわりの人m(_ _)m

で、色々あったんですがそこら辺細かいことはすっ飛ばして、3時6分運命の時が来ました。パレードスタートの5分前にバテリア音出し開始。まずはブロコ・アハスタォンのテーマを演奏します。全部ポルトガル語なんで全然意味がわかりませんが、のんびりしたゆったりした横ノリの曲です。2015Arrastao のテーマこれの最初の曲です。そして力強くブロコを鼓舞する曲を叩き、いよいよ今年のエンヘード(パレードテーマ曲)~ Sambanana Slip-スベッて生まれ変わろう!-ここで既にアドレナリン全開になりました。マレット持っている右手を最初からブンブン振りましたとも。
・・・実は産業貿易センターでの出番待しているとき、やっぱりパレードの時の話になって最初からイッパイイッパイやっちゃうと疲れるから、雷門通りに入るまではセーブして・・・とかチョット戦略を考えていたんですが、もう頭真っ白(笑)ガンガン叩く叩く。で、曲がり角が近づき、ハッと気が付く。ヤバいチョットセーブしなきゃ。で曲がる最中に水補給して、そして隊列確認してさあ最後の直線だぁ叩くぞぉ・・・てな感じでほぼ最初から最後まで全力で叩いてました。途中10分ぐらいセーブしたかもしれない。で、フィニッシュという文字が見えてくるとそれまで真っ白になって叩いていた頭が急に動き出します。あと何分、あと何メートル叩けるんだ?100メートルもないの?えーっ!!ヤバいさっきミスったところもう一回ちゃんとキッチリズレずに叩きたい、とか演技の足の運びをもっとカッコよく、とか馬鹿な後悔から、前で踊っているハイーニャやアーラ、の人たちの踊り、後ろのPA車から流れてくるボーカル、そしてその後ろではバナナガールとTシャツ隊のダンスを焼き付けておきたい。もうこの一瞬は・・・ととてもセンチメンタルなパニックを起こしてました。沿道の人に笑いかけているはずですが、情けない顔を晒してたんだろうなぁ。

でも終了のカウントダウンは始まります。前で踊っている人はどんどんフィニッシュラインを超える。そうするともう踊っちゃいけないんです。我々バテリアは一旦フィニッシュラインの手前で脇によります。PA車が超えるとボーカルの音が無くなります。その後ろにいたバナナガールたちが周りに手を降ってフィニッシュラインを越えていきます。Tシャツ隊もブンブン手を振りながらやっぱり越えていきます。とうとう私達バテリアだけになってしまいました。もう声も聞こえない、ダンスもない。プレジデンチのクラウジオとジレトールのヒロシが腕をT字に合わせる。あゝ、もう終わり?フィナーレのパターン!!ホイッスルがカウントを始めるピー、ピー、ピー。ドッパッ・・・ドッパドパッ・・・ドン一旦音が切れる。そして小さな音からどんどん大きく、まるで地響きのように皆が自分の楽器を連打する・・・ドドドドドドドドドド。惜別の連打。クラウジオとヒロシがジャンプ・・・着地と同時にドン!!終わり、終わった!!全部終わった。銘々がフィニッシュラインを超える。お疲れさま。参加賞のジュース受け取ってください。順番で前に詰めて・・・おわった。本当に終わっちゃった。あーあっ。

色々言いたいことやり残したこと、あったかもしれない。でもこれで浅草サンバカーニバル2015は終わり。PA車の解体をチョット手伝って荷物をまとめて産業貿易センター7階を後にしました。
その晩は義妹家族と義父義母を交えて総勢8人で夕食。でもまだ手はエンヘードを覚えている。姪っ子に
「お兄ちゃんまだ叩いてるの」と言われた。

楽しかったけど苦しかったけど泣けてきたけど嬉しかった。

スペシャルサンクス
[PR]
by zukunashi | 2015-08-31 21:25 | 映画・演劇・音楽 | Comments(0)