タグ:☆☆☆ ( 5 ) タグの人気記事
映画「スタートレック イントゥーダークネス」
人気映画は絶対見るタイプじゃないですが、スター・ウォーズとかスタートレックとか、はたまたマトリックスなんかも大好きです。SF映画が大好き。アクション映画・・・カンフーとか武術系も好きだし、ダンスやスポーツ映画も好き。ダンスといえば音楽、ミュージカルも結構好き。

嫌いというより駄目なのはスプラッタラッタッタな血まみれ系。映画や芝居はすごくその世界に没入してしまうことがあるので、血まみれ系の映画を見ると大変なことになるんです。1999年の『タイタス』という映画を見た時、ちょっと綺麗に血が飛び散ってしまい、動機が激しくなって見ていられなくなって張って外に出てしまったことがありました。

という前置きで全くスプラッタラッタッタな映画とは関係なく『スタートレック イントゥーダークネス』をみてきました。この話見た後で知ったんですが、あのカーンが敵役だったんですね。見た後知った(笑)
あらかじめ予断を持ってしまってはいけないということで、常に新鮮な気分で映画を見に行っています。

さて、見に行ってどうだったかといえば、二転三転する敵、味方。味方と思ったら敵、敵と思ったら味方になるという状況が3回ぐらいはあった・・・はず。
そしてスリリングなシーン、心温まるシーンなど映画としてかなり見ごたえがあった・・・はずなんですが、どうも乗り切れないのはナゼカ!!

一つの理由は、スリリングなところもハートウォーミングなシーンも少し先読みしている自分がいました。どんな映画でも「あれ?これってもしかしてこんな風になっちゃうんじゃ・・・」と、イヤらしく先読みしてしまうことはありますが、あたりまえに何回かに一回位しかその通りにならない(って脚本とか書くのは無理だね私)けど、この映画では結構重要なシーンでその能力がほぼ当りを先読みしてしまいました。(あれ?これってこの映画の脚本家と同レベルってコトかな!!)でも、できれば裏切って欲しい!!!

というちょっとトホホな理由もさることながら、もっと重要な理由があります。
これはネタばれになるんですが・・・
カーンの手に落ちた巨大戦艦から砲撃され地球に落ちるエンタープライズ号。同時にスポック副長の機転で内部から爆発して地球に墜落する巨大戦艦。エンタープライズ号は動力を取り出すパーツがズレてそれを修正しないとエンジンがかからない。ズレているところは放射線濃度が高く、何もしないで入っていけば間違いなく死ぬ。その中に入って足でガンガン蹴ってズレを修正するカーク船長。そのおかげで直り息を吹き返すエンタープライズ号。そして死んでしまうカーク船長。
メッチャ乱暴な粗筋ですがこんな感じで間違ってないはず。
で、そのシーンまでは何とか話に入り込めていたんですが、そのシーンでスーッと音を立てて戻ってきちゃいました。

ハリウッド映画ではおなじみのこんなシーンがありませんか?
追われている主人公、敵がどんどん迫る。そこに撃ち捨てられた車。急いで乗り込みエンジンをかける。キュルルルルル。かからない。何回やってもかからない。主人公がチクショウとか何とか良いながらバンバン車を叩くと突然ドルルルルルゥンとエンジンがかかり、敵を引き離して逃げ切れる、というシーン。
あれなんですよね。車やバイクだったらまあ許します。こんな風に乱暴に扱ってエンジンがかかるなんてありえないけどね。でもね、宇宙船だよ!恒星間飛行する、ワープエンジンだよ。話的には分かるけどあれはダメだろう、足で蹴って直すって。昔の白黒テレビを空手チョップで直すのはありだけど、今のパソコンでそれやったら再起不能だよ。安直だなぁとタメ息が出ちゃうようなやり方です。これはナイヨ。
あと、感傷的なシーンなんだけど、直し方のダメップリとならんで、放射能汚染されたカーク船長が蘇生するんですが、リアル除染は?もっといえば内部被爆は?確かに外部被爆でほぼ即死だったのでしょう?その場合でも除染しなけりゃ医務室にも運べないはずなのに(スコットさん、ずれた箇所を直すのにすぐは入れないヨ放射能濃度が高すぎるって言ってたよね?)蘇生出来る時間でどうやってそこから出したんでしょう?

まあ理屈っぽく絡んでいるのは承知しています。でもね、ちょっとあんまりなシーンだったよ。

それ以外はカンバーパッチさんのタフネスっぷりとそれを追いかけて撲殺寸前までするザカリー・クイントのマッチョぶりはかなり面白かったです。

謎解きも入り組んでて見ごたえあります。トレッキー(スタートレックファン)には懐かしく思われるカーン(今回の敵役)も最後はちょっとウヤムヤになってしまっています。どうなるんでしょうね?
[PR]
by zukunashi | 2013-10-11 22:38 | 映画・演劇・音楽
なかのエンジョイ♪えんた~て~めんとVol4 中野サイド物語
今回の観劇は『なかのエンジョイ♪えんた~て~めんとVol4 中野サイド物語』要するに中野を舞台にしたお話・・・とおもいきや全然架空の場所になってましたけど(笑)

今回のお芝居の舞台である架空の中野はなんか島が真ん中にあって、そこに野人が住んでて、それ以外の土地を東野氏と西野氏で分け合っている状態。で、当然東野氏と西野氏の仲は悪い。

そして、話は題名からするとウェストサイド物語・・・と思いきや絵のとおりロミオとジュリエットです。剣を取って戦うところなんかはウェストサイド物語じゃないですね。あちらはナイフでしたから。

お芝居の粗筋は、だいたい皆様頭のなかで想像したものとそう大した差はないと思います。違うとすれば誰も死なないところでしょうか。そこら辺はむしろ少年ジャンプの影響でしょうか(笑)恋あり、愛あり、チビっと肉欲あり、東野氏と西野氏の戦い、野人との戦い、そして全編通して歌、踊り、殺陣と結構お芝居のいろいろな要素がぎゅっと詰まっています。

そしてリンク先の一番上に書いてあるとおり
なかのエンジョイ♪えんた~て~めんとは、はじめてお芝居を生で観る7才のお子様から77歳のお子様だった方まで、皆さんにエンジョイしていただける笑えて泣けて心あたたまる、歌とダンスとアクション満載のハートフルエンターテイメントです。
というとおりわかりやすく楽しめる舞台でした。

今回の舞台ではUMEとMISOに別れていくつかの役についてはダブルキャストでしたが、どちらもそんなに大きく変わっているようには見えませんでした。もちろんキャストにより役の性格がかなり違う場合もあるのですが、それが本編にはあまり影響していませんでした。私としてはそういうところはもっと違いを見せてほしかったです。せっかくのダブルキャストなんですから。

役者さんでは特に東野氏の新しい族長になるトモヤ役の寺門祐介さんは、愛、プライド、そして中野の未来について辛い立場にいる新族長の役をかなり分かりやすくしっかり演じてらっしゃいました。

歌についてはちょっと評価が分かれるかもしれません。西野氏の族長ジュンイチ役杉本崇さんとヒロインである東野族長の娘、トモヤの妹役(役名忘れましたm(_ _)m)美里悠茉さん二人の歌が多いのですが、杉本さんの歌はワザとのどをつぶしてオペラっぽく発声しているのか、それとも元々そういう歌い方をするのが普通なのかわかりませんが、台詞の時との声の差が激しく、音量もちょっと足りないように聞こえる為、あまり聞きやすくありませんでした。一方美里さんは声に張りがあり、でもやっぱりちょっと無理しているような感じもあり、若干ハスキーでしたが、歌はしっかり聞こえてきたので聴きやすかったです。

またみなさんアクションはかなりキレがあり、見ていて安心できる本当にそういう意味では安定した良いお芝居でした。

7歳から77歳までという場合、7歳にはまだちと辛いシーン・・・ちょと愛欲まみれなところとか、ベッドの上では勇者とか・・・も有ったことはありましたが、まああっという間に過ぎ去っていくので、問題ないでしょう・・・ネ?!

それ以外にも、舞台の展開や美術、大道具小道具、音楽、照明などもしっかり出来上がっている、安心できる仕上がりの舞台でした。まあ例によってこの記事を書いているときには、既に終演してしまっているのですが、次回公演も見てみたいものです。

ところで・・・
[PR]
by zukunashi | 2013-08-20 00:29 | 映画・演劇・音楽
のぼうの城 【ネタバレ有り】
本当は11月1日の映画の日にこの映画を見に行きたかったずくなしデス。

という事で、今日はお休みだったので奥様といってきました。レイトショーに行ったので、私はレイトショー料金で奥様はレディースデイ料金で格安です。

のぼうの城を見に行きたかった一番の理由は野村萬斎さんを見たかったからです。別にファンということはないんですが、原作も読んでいない私にとって、役者さんが誰かというのは非常に重要な動機なんです。

という事で、トートツですが、がっかりさん3人(近ごろマイナスの評価を下してばかりで、ヤバイなぁと思うんですが、気になるんで、仕方がなと諦めております)

3位…酒巻靱負役 成宮寛貴 正直な話あそこまで清々しく青春しちゃっているんで、そんなに気にならなかったんですが、一応3人出すとしたら、3位はこのかたでしょう。今風のチャラい兄ちゃんに丁髷結って鎧兜着せて、という感じ。でもらしい感じは出てました。

2位…柴崎和泉守役 山口智充 多分この人にダメを出す人は少ないんじゃないかなぁと思います。じゃあ何が気になったかというと、「芝居してます!!」という感じがめっちゃ出てます。多分武力のみ脳筋、猪武者、戦大好き!!という役を演って、とチョット芝居が出来る人にふれば、だいたい同じ事をしますね、私も含めて。それだけステレオタイプでわかりやすく芝居してました

1位…甲斐姫役 榮倉奈々 仏恥義理です。いやマジホント?役者さん??ってぐらい浮いてました。才色兼備ならぬ武色兼備の姫という役、秘めたる思いを持ち、そして・・・ いや全く、微かにも、片鱗も感じられませんでした。台詞もこの人だけ棒読みっぽく聞こえるし、動きも武人らしいキレも無い。私だけがそう感じているのかもしれませんが、率直にいえば台無し。優しく言えば次に期待。

あと長束正家役の平岳大さんとか、農家の嫁ちよ役の尾野真千子さんとか気になる役者さんは他にもいらっしゃいますが、アラ探しは楽しくないのでこれぐらいにして、いやこれは良いなァというところを次に書きだしてみたいと思います。

コレは狙って起用したのが当たり前なんですが、野村萬斎さんの田植唄とか猿楽とか踊り唄う所全般が面白かった。当然手慣れたものだと思うのですが、あれは素晴らしい。しかも脳内をめぐります。忘れられないです。
石田三成役の上地雄輔さんが戦に心ときめかせて、自分の知っている知識を総動員して空回りする様は、本当に策士策に溺れるを地で行くいい演技でした。居る筈のない理想の好敵手を探し、有りもしない理想の戦場を探すという、スポ根マンガみたいな役でしたが、ハマってましたね。
それと脇を固める、前田吟、佐藤浩市、西村雅彦、市川正親etcが骨組みをしっかり作ってくれていましたのですんなり話に移入できました。

日本映画に偏見を持たなくなりましたが、とはいえコレじゃあなァという感想になります。

面白いんですが・・・
[PR]
by zukunashi | 2012-11-08 01:09 | 映画・演劇・音楽
久々の観劇 きまぐれパンダ 「サンパチマイクとセレナーデ」
第2回したまち演劇祭参加作品、きまぐれパンダ「サンパチマイクとセレナーデ」を25日の木曜日に見に行ってきました。

正直なはなし、期待はしていませんでした。ただ、笑える作品であること、ボキャ天に出ていた金谷ヒデユキが出ているという事で、チョット期待して行ってきました。

で、唐突ですが結果として面白かったです。時折ドハハァと笑いの漏れる楽しい芝居でした。

とは言え幾つか腑に落ちない部分はあります。一番気になったのは実は最後のシーンです。たしかにあれでもいいんですが、終わったという感じが弱い。まだ続くのかな?と思わせておいて落とすという事なのかもしれませんが、それにしてもなんか終わったァという感じは弱かったです。

あともうひとつ付け加えるとしたら、チョット主人公の春太郎を実はイイ人に書きすぎているんじゃないか?まあそうしないとホロリという部分が出てこなくなるのですね・・・わかります。んーでもちょっといい人すぎる気がします。

と、最初にキツメに書いておいてどうだったかといえば、話のテンポはいいし、役者さんの間のとり方もgood!
ギャグもそこそこ認知されていましたし、噛んだりトチッた所をすかさずアドリブで返すようなところも結構受けました。
実は冒頭の前説が一番受けていたという気もしないでもないですが。
そして金谷ヒデユキのネタも・・・たぶん観客を見て決めたんだろうなぁと思うんですが・・・年代的にツボでした。笑うシーンについては、近頃見た芝居の中で一番できていたと思います。

ということで、今日と、明日しかもう公演日は残っていませんが、木馬亭で笑って夏を締めてはいかがでしょうか。


きまぐれパンダ

「サンパチマイクとセレナーデ」

演劇集団アーバンフォレストの穴吹一朗と大友恵理のユニット・きまぐれパンダの初陣。夫婦漫才の小石川小春・春太郎は20年来のコンビだが夫婦仲は最悪!のドタバタコメディー。最後はホロリと涙が。
日時
8.24(水)19:30−
8.25(木)15:00−/19:30−
8.26(金)19:30−
8.27(土)14:00−
8.28(日)13:00−/17:00
8.29(月)19:30−

場所
木馬亭

脚本・演出:穴吹一朗/出演:大友恵理|穴吹一朗|峯村純一|福田らん 他
前売開始:7月23日(土)/料金:前売3,000円|当日3,500円(全席自由)
※25日(木)15:00のみ前売・当日とも2,500円※区民割引:2,500円(枚数限定)
問合せ:きまぐれパンダ|Tel:080–3526–6245

上記は第2回したまち演劇祭in台東 の該当ページより引用

(追記)金谷ユキヒロ→金谷ヒデユキ 申し訳ございませんでした<(_ _)>
[PR]
by zukunashi | 2011-08-26 01:03 | 映画・演劇・音楽
演劇集団ふれる~じゅpresents projectH.A.L.F vol.2 ナラズモノ 破落戸人
一年ぶりにprojectH.A.L.Fの芝居を見に行ってきました。
演劇集団ふれる~じゅ劇団ほんしめじが中心になってやっている不定期公園なのですが、今のところ1年おきに公演しています(まだ2回目だけど)来年はやるとしても9月頃だと言っていました。定期公演にするのがそんなに嫌なのかな(笑)

というところでこの公演も明日で終了ですので、またもや全然宣伝になってないんですが、私なりいろいろ書かせていただきたいとおもいます。

今回のお芝居はどんな話なのか?チラシをチョット見てみると…
狭い一室に集められ、閉じ込められている10人

見知らぬ場所、見知らぬ人達
犯人から監視され、「役目を終える」まで
外には出られない
「役目」とは何なのか?
個性的すぎるメンバーが犯した罪とは?
そして・・・・・・
ということなんですが、一応シチュエーションコメディです。でも、犯人分かっているんですよ。何故かというと上演前に配られるチラシに載っていますから。犯人こんな感じで。で、芝居の中でもあからさまにそれと分かる格好をしていたり、状況だったりするんですが、他の役者は気が付かない。
あと、度々細かいダジャレやネタが入ってくる。しかも劇中に『フリートーク』を挟ませようとすると、舞台上の役者が「昨日ひどかったからね」等と言って、無視して先に進もうとすると演出命令で『好きな食べ物』のフリートークをする羽目になる。(ライトが地明かりになって「荏原中延駅出てすぐのところの・・・」みたいな感じで(笑))
挙句の果てには主演男優の住処をばらして、彼が「何で俺の住所言うんだよ!」とマジで怒鳴る(その後役に戻るまで若干時間が…)

確かに笑えるんですが、笑いを取るネタはストーリィーから離れてショートコントの寄せ集めみたいな感じです。
そこはあまり評価できないです。前回公演でもそうだったんですが、本公演と違う企画という事で色々やりたいんだろうと思いますが、ダジャレや楽屋落ちで笑いをとろうとする姿勢があり、客が身内だという前提で芝居を作っているように感じます。確かに大きく宣伝していないようです。チケットは役者、スタッフのつながりで流れているのが多いのでしょう(ウチもそうです)とはいえ、この公演で友達を連れて来た人が、演劇集団ふれる~じゅの本公演にも来たら… 逆に本公演でオモシロイと思った人がこのprojectH.A.L.Fを観に来たら・・・
そのギャップが芝居に幅を持たせると感じるか、何かprojectH.A.L.Fはオフザケ公演?と思うか。どうでしょう。

私は第二回公演「ナラズモノ 破落戸人」はウマくないなぁと感じました。確かに面白いんですが、ギャグを見に来たわけじゃない。コントを見に来たわけじゃない。芝居が見れると思ってきたんですが、芝居は全体の半分ぐらいだったんじゃないでしょうか。

それと、芝居自体も台本がそんなに練れていると感じませんでした。監禁されるヒト一人一人の告白が妙に軽く、なぜ監禁したのかという大きな前提につながっているように思えません。あれなら3人ぐらいでいいんじゃないか?10人も監禁したのははっきり言って役者を遊ばせておきたくないだけなんじゃないか?と勘ぐってしまいます。
それと、(ちょっとネタバレになりますが)自閉症の表現は変です。ひきこもったり、内気だったり対人恐怖症を自閉症というのではありません。自閉症は外界の認知やコミュニケーションが普通と違うのだから、内気ぽく声が小さかったり直接対話できず人形が代わりに話したり、隅っこでブツブツ話してたりするのもありですが、ただそれだけだと単に対人恐怖症のひきこもりで、自閉症ではありません。あの演技だと対人恐怖症のおばあちゃん子を自閉症というんだと誤解されても仕方が無いです。そんな人はいないだろうと思いますが。

前回同様役者さんは張り切って演技していました。演劇好きなんだなぁと羨ましくなるほどです。
その中でネットアイドル役の長尾歩さんはキレた演技で素晴らしかったとおもいます。
オカマ役の木内淳さんもステレオタイプなオカマ役として面白かったんですが、所在無げな両手や恥ずかしそうな猫背、発声にチョット引っかかってしまいました。
いつも独特の動きで楽しい及川崇治さんも、今回は空回って見えました。
中田守さんは最後の独白が、苦しい胸の内を告白というシチュエーションだったと思うのですが、脚本のせいか、演技のせいなのか?我侭な言い訳に始終しているように見えました。感情が高ぶっているのか?自分の話に酔っているのか?その涙の訳を聞きたかったです。

無理にお涙頂戴しなくてもいいとおもいます。また、無理に笑わせなくてもいいとおもいます。
シチュエーションコメティに縛られず、次回も楽しい芝居をお願いいたします。
[PR]
by zukunashi | 2010-08-01 02:23 | 映画・演劇・音楽