タグ:☆☆☆☆ ( 3 ) タグの人気記事
テッド 確かにR15+だわこれは
ヤバいね、今までもなんか見たことがある話なんだけど、変な人ばっかり出てきて笑いっぱなしだよ。

というのがテッドを見た時の第一印象。エロいといえばエロいけど、それはチョット。ほとんどは沢山変な人が出てきて変人自慢しているような感じ。

主人公はいまいち大人になりきれていない、今時ならどこにでもいる男。責任感は希薄、仕事に情熱は薄く、女好きだけど結婚・・・?それよりもっと楽しみたいなぁ・・・という感じがひしひしと銀幕から伝わってくる。自分で書いていて自分の胸に突き刺さる言葉があるなぁ。良く言えば少年の心を持っている。悪く言えば・・・アダルトチルドレン?

で、この映画ただぬいぐるみに命が宿ってエロいだけじゃない。映画・・・特にフラッシュゴードンについて、強い愛情を感じる。それといろいろな映画に対する敬意も感じる。そういう所があるので、映画好きの人には是非見てほしい。

とは言え就職してからのテッドの品行と経営者の態度を見ると・・・なんか変だぞアメリカ人(ヌイグルミ?)という気がしてこないわけでもない。主人公が彼女に愛想つかされるところからは、正統派大人に脱皮して彼女のハートを射止めよう的メロドラマになるけど、最後を綺麗にまとめようとしたらあゝするしか無かったんだろうなウンウン(゚ー゚)(。_。)(゚ー゚)(。_。)

見に行ってから一ヶ月も立って書くのでチョット薄れている所もありますが、1ヶ所だけココは変だろう!!という場面がある。

テッドが復活する最期の場面・・・純粋な少年の願いでティディベアに命が吹き込まれたはずなのに・・・コレじゃあ世の中、命を得た動いてしゃべる◯◯だらけになっちゃいそうな気がする。まあ女の涙となんとやらともうしますが、日本の映画だったらこのシーンは雨の中お百度を踏む最後の一回で気絶して倒れこむところをテッドが助け起こす・・・コレぐらいの願掛けが必要じゃないかと思うのですが、いかがでしょう。

とはいえ、成人男女には結構おすすめ。愛を考えるとか人生の意味とかを考えるより、まず人生笑って過ごしましょう(笑)
[PR]
by zukunashi | 2013-03-18 22:33 | 映画・演劇・音楽 | Comments(0)
ママ ジャングルベル・シアター6月4日シアターグリーン(池袋)
芝居を見るのも演るのも好きですが、もう演る方は出来ないzukunashiです。

見るのもこの頃は年に数本という有様ですからね。あまり熱心とはいえないかも。

さて、今回見に行ってきたお芝居は、既に一ヶ月前です。中々書けない。書こうと思うと空回る。という事で一ヶ月かかりました。時間をかけた割には冴えない感想ですが、読んでやって下さい。

ところで、ジャングルベル・シアターと言う劇団はご存知でしょうか?うちの奥様の今一押しの劇団です。元は違う劇団のお芝居を見に行って、そこの役者さんが客演する舞台を見に行ったら、ジャングルベル・シアターのお芝居だったわけです。その芝居は奥様と友達が見に行ったので、私は見に行けなかったのですが「悟らずの空」というお芝居でした。私はその次の特別公演「続々・おとぎ夜話~寿~」を観ました。そこで、私もこの劇団に興味を持ったわけです。そして今回、再演ということだったのですが「ママ…」を観てきたました。

率直な感想はメロドラマだなぁ、というものでした。笑う場面あり、泣く場面あり、人情味のあるラストで最後を締める。晴れやかな気分で劇場を後に出来る。そんな芝居でした。一つに収束してほっと出来る台本でした。はらはらドキドキするんですが、後味の良い終わりになる予感のある、そんな舞台でした。

大学の頃、芝居を始めてまもなくの頃は、逆にそういうものは馴れ合っている感じがして、できるだけ観ないように、遭わないように務めていました。そいういう芝居は観に行かず、先輩や知り合いがやっているアングラ色の強い舞台を良い舞台だと思っていました。たぶん今でもそう思っている事でしょう。

年月が変えたのでしょうか?面白い芝居ならそこまでこだわる気がなくなりました。18年前に遊気舎のとかげ親父を見た時に舞台上を圧倒する快気と怪奇。ひっくり返るかと思った結末。そしてごく普通に爆笑を織り込んだエンターテインメントを観てから、こだわっていたことがバカバカしくなったのかもしれません。東京に出てきて細々と芝居を見てきましたが、もう面白い芝居はないか・・・と思っても、東京のどこかでやっぱり面白い芝居は演られているんですね。

という訳で、一ヶ月前に終わってしまっていますが、この「ママ」と言うお芝居、そしてそれを上演したジャングルベル・シアターは良い芝居で且つ良い劇団です。

これからも見ていきたいと思います。

ちなみに私が見た時、一番良かった役者さんはポチ役の本多照長さんと金倉役の大塚大作さんでした。

次回は9月22日から、続々・おとぎ夜話と同じギャラリー公演ですが、コレも期待できます。なんたって安いし(笑)

では。
[PR]
by zukunashi | 2012-07-04 09:56 | 映画・演劇・音楽 | Comments(0)
『僕らのミライヘ逆回転』 映画の日だよ
『僕らのミライヘ逆回転』
日本版公式サイトは・・・こちら
アメリカ版公式サイトは・・・こちら

ドッチが面白い?絶対アメリカ版のほうが面白いと思うんですよ。

という事でこの映画、見てみると分かるんですが、ハートウォーミングなコメディでも、コピー品に対する知的な風刺でもありません。

“嘘も方便”

これに尽きると思います。結局嘘に振り回される話です。でもそれが最後にちゃんと落ちのついた良い終わり方に繋がります。

“終わり良ければ全て良し”

この映画を見てから思ったのは、次の日はどうなるんだろうと言う事でした。

でも、自分で作ったものがちゃんと評価されれば嬉しいですよね。明日はきっと胸を張って違う仕事を探している事でしょう。

チョッとやる気を起こさせてくれる映画です。チョッとですよ、チョッと。

それと・・・

自分でなんか作ったり、書いたり、描いたり、演奏したり、撮ったりしたくなります。無性に。

私は、音楽と、小説と、芝居をやっていた自分をチョッと思い出しました。

まだあと1週間ぐらいはやっていると思います。東京近郊の方ならEN博2を見て『僕らのミライヘ逆回転』を日比谷に見に行くなんていかがでしょう。

私たちは今日は日比谷のシャンテシネで見てきました。
連休中、たまにはハリウッドの大作映画以外の変な映画はいかが?
[PR]
by zukunashi | 2008-11-01 23:42 | 映画・演劇・音楽 | Comments(3)