「ほっ」と。キャンペーン
タグ:☆☆☆☆☆ ( 3 ) タグの人気記事
DOGのBLUES ジャングルベルシアター 2016/12/4 18:00より
ジャングルベルシアター冬公演 「DOGのBLUES」観劇

どんな情景なのかというと・・・港町に住む野良犬や家犬たちの話だ。まだおおらかだった昭和50年代のころの話と、チラシで主宰の浅野泰徳さんが書いている。

その頃って…今のように空き地があってもすぐコインパーキングにするようなこともなく、ドラえもんの世界のように土管がそのまま積んであったり、野良犬がいたり、お母さんは買い物かごをもって、割烹着を着て八百屋さんや魚屋さん、肉屋さんを回って買い物したり、家の中でお父さんがタバコをバンバン吸って、リビングが紫煙で臭くなってたり、トラックから真っ黒な排気ガス、交差点では時々息苦しくて、夏には光化学スモッグが何回も何回も起きる、そんな時代だった。
主人公はタイトルにもあるBLUES。ボクサー犬だけど、演じる俳優さんは二宮康さん。長身イケメン鍛えている腹筋の好男子。ちなみにアクションシーンでちょっと背中やお腹が・・・。鍛えてますね、さすがに。
話の中での彼はぶっきら棒、お人良し(お犬良し?)、強い。彼が話の中心の筈が、お人良し(お犬良し?)のせいか、他人(他犬)のエゴであっち行ったりこっち行ったり。優柔不断とも取れる。彼は何にもしない。周りが勝手に彼に期待したり、頼ったり、世話を焼く。
ヒロイン役はメンフィスという愛玩犬(犬種忘れたぁ)演じる俳優さんは稲垣希さん。(主人公から見たら)チンチクリンで可愛らしい。そして声も通るし表情もクルクル変わる。
でもちょっと影がある、劣等感がある。そして飼い犬なのに自由で元気。なんかアンビバレンツなところを持ったヒロイン。いろいろしがらみがあるけど、まんざらここも悪くないっていう感じ。キレたら怖いね、きっと。
二人のボスのうち老獪な裕次郎は地元の顔役だ。演じる俳優さんは篠崎大輝さん。正義感が強いとか真面目っぽい役が多かった気がするんですが、今回は一癖ある老犬の役。
でも温厚だけでは人(犬)を締めることはできない。硬軟織り交ぜてこの街を支配している。強くはないけど、人(犬)を見るタイプですね。そして意外と締めが甘い。そのせいでこの界隈はギスギスしてないのだろう。ただ、昔は強かった…のだろう。
そしてこの話の陰の主役ともいえる新興勢力のボスジャッキー。演じるのは福津健創さん。ジャングルベルシアターでは変わった役(外人とか)が多い。今回も犬だよと思ったけどみんな出演者は犬だった。そう考えると一番普通の役かも。ただそれを普通にやったりはしない…。
彼は雑種でも野良の誇りでのし上がってきた苦労人(犬)。人(犬)たらし。以前BLUESとやりあって負けたからか、仲間を作って戻ってきた。昭和な肉体系お父つぁんだね。
その右腕、キレる頭脳、意外と腕力もいけるダルメシアン。ロック役は金澤洋之さん。所属は劇団熱血天使の座長さんでいらっしゃいます。熱血天使さんのプロフィールでは和服に刀な感じなのです。
しかし、彼はジャッキーの右腕としてそして二頭の手下を従えて策を巡らし縄張りを広げる。でもジャッキーとロックの思惑はいつも一緒…?
そしてジャッキーの左腕モモコは谷口明日菜さん。初かと思いましたがどうもカプセル兵団の『ゾンビ×幽霊×宇宙人 オール恐怖大行進!!』に出てらっしゃいましたね。でもあの芝居、私の中では評価低いんですよ…ごめんなさい。
だが、彼女はボスの左腕…っていうか鼻とか食欲系のところ担当。でも野良犬だからご飯のありかを見つけられるこういう特技は超重要でしょうね。あと嘘がつけない犬の役なのでそこを付け込まれたりしますけど、基本はいい人(犬)です。
そして超天然犬、ビートルズは西村太一さん。いろいろな顔がある怖い役者さんです。ただ器用なだけじゃなく、観客に強く刺さる芝居もします。
そんな彼の役は超天然。ビートルズとつけた飼い主も天然だろうからその影響か?裕次郎や仲間に呼ばれるときはふくすけ。まあ、名は体を表す…ぼけた名前だとぼけた性格に育つということか?でも恋女房のためなら…。
そして変わり身の早いペロは大中小さん。どこかでお会いしているような気が若干します。
だれでもお腹を見せちゃいます。降参とか撫でてとか…どちらにしても平和主義。そのせいで欲しいものは指をくわえて見ているタイプです。また、芸もないです。どうする?!

あと松宮かんなさんのC-05…別に未来からやってきたサイボーグじゃないです。…その子供ノゾミ役の都築知沙さん、メンフィスのお母さんミニーの長尾歩さん、アイドル、キャンディー役の天野耶依さん…焦ってたんかな、歌が…その旦那犬アンソニー役千葉太陽さん…たぶんあれだけ上手なアムロの「ぶったね…」とその次の完璧なタイミングで繰り出された「2回も…」は素晴らしい…そして、ロックの手下ロッソ氏平充信さんと力王の青木隼さん。
べ、べつに脇役だからはしょったとか、そんなに話にかんでないからとか、セリフが少ないからとか、そんな理由で十羽一絡げにした訳じゃないんですよ。ただ単純に…長くなってきて疲れただけです。すみません。

ちょっと気になったのはさいしょにBLUESが発したセリフ。なんかいわくありげだ。とはいえ話としてはとてもシンプルだ。狭い町の中で生き残るために戦ったり仲間になったりする普通の冒険譚だ。詳しくは書かないが、いろいろ謎が解けてくると最後は大団円になる。ジャングルベルシアターらしい楽しく見れる芝居だ。

で、日曜日の夜の回を見てああよかったなぁと思ったのは終了間近、ロックとジャッキーのやりあうシーン。それまでは水面下で徐々に網を張って、そして一気呵成に決めるロック。そしてその標的には自分のボスジャッキーも入っていた。純血種と雑種、プライドと誇り、トップとナンバー2。思惑は交差し生きるか死ぬかの死闘になる。どっちが勝っても面白い話、結末になっていたと思う。あの芝居の中で唯一緊迫した場面。アクションでは出せない緊張感が心地よかった。そしてラストシーンの弛緩。

どのシーンを切り取ってもその前後との関わり、話の筋立てに無理がなく足りないところを補うように謎が明かされる。大きなタペストリーを編み上げるように完結した今回の芝居は、次の芝居リヒテンゲールからの招待状」とどう関わるのかワクワクしている。
[PR]
by zukunashi | 2016-12-07 19:00 | 映画・演劇・音楽 | Comments(0)
IQ5000 [Big Bell] 中野ウェストエンドスタジオ
本当にお久しぶりです、と呼びかけても私は一ファンだった。

惑星ピスタチオは1990年代で一、二を争う大好きな劇団だ。ちなみに争っていた相手は同じ関西の劇団『遊気舎』でその頃はまだ私も芝居の制作をしたりと右足の膝ぐらいまで演劇に突っ込んでいた頃だった。

腹筋善之介はその『惑星ピスタチオ』で座長で役者だ。座付き作家として西田シャトナーと言う人がいて、SFちっくな芝居を『パワーマイム』という独特の演技で顕在化させるお芝居は、斬新で人気もありそして・・・直ぐに良い劇場で芝居をするようになり、料金も一気に高くなっていった。

とは言え、それは喜ぶべき事であったはずなのだが、惜しまれつつ2000年に解散してしまった。以前ブログの端に、『惑星ピスタチオ』の主要なCASTであり私も大好きだった平和堂ミラノが亡くなられていた話を書きいたが、解散後は皆それぞれの仕事をして、例えば佐々木蔵之介はテレビや映画に引っ張りだこの人気俳優だし、保村大和は色々な演出家さんと沢山の舞台に出ている。座長だった腹筋善之介は劇団を旗揚げした。そしてその劇団の芝居を見に行ったのだ。

そう、だから冒頭の呼びかけになったのだ。

今でも一ファンにすぎない。制作経験や役者経験があるんだから、団員になってしまえばという考えも無きにしも非ず。いややっぱりそれは無いなぁ。

という事で、先日3月8日午後7時腹筋善之介一人芝居『Big Bell』を見に行ったのだった。

で、お約束通り、10日にはこの公演も終わっている。という事で、全く劇団にとっては宣伝にならない記事なのだm(_ _)m

パワーマイムは一人芝居向きだけど、役者殺しだと改めて実感。正味2時間。すべての状況を一人で表現することが出来るから、一人で常に動きまわらなければいけない。だから一人芝居でパワーマイムは諸刃の剣なのだ。どんな感じだったかはこの動画を見て貰いたい。今回の一人芝居でも前説は腹筋善之介が行った。そしてその後本編に雪崩れ込んでいく。細かい地名だとか状況だとか違いはあるが、大体同じだった。

お話は非常にわかりやすい。善と悪、その2つが交差する小さな島のお話。最後はきっと大団円を迎えるんだろうなぁという希望で終わる。
今このブログを書きながら、どんな話だったか思い出していたら、もしかしてこの『Big Bell』と言う話は、腹筋善之介の自分の話なんじゃないか?と思えてきた。いや、別に根拠はない。
お芝居が終わり、エンドロールが流れ、これからの劇団の予定などが告知される。(そこもパワーマイムで表現している)そしてそれらも全部が終わった時拍手もなく、舞台と席はしんと静まっていた。私は あゝ終わった、と思った瞬間小さく拍手をした。ただし最前列だったのでその音はちゃんと腹筋善之介に聞こえていた。
「小さな拍手を頂いたので」と一言言ってアンコールのショートショート芝居を始める。自分にGJと思った。
それも終わった時、今度はよく聞こえるように拍手をしたら、席の皆も拍手をした。腹筋善之介は私の方をチラッと見てサムアップすると、またもやアンコールのショートショート芝居を始めた。

今手元にIQ5000超四次元芝居『Mr.VeryGoodMan』の超豪華パンフレットが有る。これを読んでいると見たくなるが、芝居は終わってしまった。又いつか再演するだろうか。今度はきっと見に行こう。

そして、また今年もたくさん芝居を見れることが嬉しい。
[PR]
by zukunashi | 2013-03-18 11:07 | 映画・演劇・音楽 | Comments(0)
久々の映画の日『宇宙ショーへようこそ』
ミクシー内で大学の後輩がべた褒めしていたので、興味が湧いた映画です。
『宇宙ショーへようこそ』

いろんな要素が詰め込まれた、贅沢なアニメだなぁというのが見た後の正直な感想。インディ・ジョーンズやスターウォーズ、ナルニア国のようなファンタジーっぽくもあり、虫プロのアニメやディズニー、もちろん宮崎アニメやコジツケれば999みたいなシーンもあったような・・・。

とはいえ基本は冒険映画。同じアニメで評判が良かった『サマーウォーズ』が電脳世界で大冒険だとすれば、『宇宙ショーへようこそ』は宇宙で大冒険する映画です。

夏に冒険というのは定番中の定番ですが、今回の冒険は自分から未知の場所に行く冒険ではなくなんか知らない間に冒険してたというタイプです。例えば『15少年漂流記』とか、アーサー・ランサムの『海に出るつもりじゃなかった』のような受身の冒険です。
とはいえ『宇宙ショーへようこそ』では最初は自分たちが希望した旅だったはずです。(まあ出来るだけ遠くと言って宇宙に行くって思ってもみなかったんじゃないかな)それが徐々に変な方変な方に変わっていってしまい…いつの間にかこんなところまで来てしまった…とまあ、普通なら途方に暮れるよね。でもそんな困難を自分たちの力と、周りのエイリアンたちの力でなんとかねじ伏せて無事帰宅します。で、最後にチョット成長したところを見せて・・・終わり!チャンチャン♪

でね、子どもっぽいロマンスやチューがあったり仲直りしたり、ヒーロー(ヒロイン?)になったり、自暴自棄になったり、バイトしたり、子守したり、荷物運びしたり、器物損壊で借金こさえたり、幻の植物を売って大金持ちになったりとほんとうに色々色々有り過ぎるぐらいエピソードがあります。でも、それらはしっかり大きな筋に絡んでいて、引きっ放しの伏線が殆ど無い、ある意味正統派の子供向け、冒険、映画でした。

さて、ちょっとネタバレ気味に気に入ったところを書くと、最初にも書きましたけど、私のコジツケかもしれないですが、いろんな映画のシーンが出ているような気がします。エイリアンが山ほど出てくるシーンなんかは、スターウォーズエピソード4の砂漠の宇宙港でハン・ソロと初めて会うシーンのようだし、劇中劇の『宇宙ショー』のシーンは昔見たアニメ・・・虫プロやMGMやディズニー・・・のような気がします。

そして主人公の五人の少年少女たちは、こういう話では当たり前ですが、役柄が際立っています。
最年長はグループのリーダーで、頼られる清君。周りの大人からも信頼され、自分もそれに応えようとする真っ正直な所が・・・ね。常識的な判断は任せて。
逆に信頼感とかそういうものはないけど、どんなに言われても自分の夢をしっかり持っている夏紀さん。チャランポランだけどムードメーカー。考えるよりまず動く!行動派!
ある意味真っ当な普通少女は倫子さん。アイドルになりたい。カワイイもの大好き。清君も好き。カワイイ物を見つけたら携帯を取り出して写メります。ほんとアニメに絵に描いた様な普通の女の子。
宇宙博士になりたいと言っているのは康二君。黒ぶちメガネでチョット子供メタボ体型で好奇心旺盛。ある意味ステレオタイプな思考派。
周ちゃんは見た目よりしっかりしていて、同居する従姉妹の夏紀さんより少し大人?でも背伸びしていると色々大変だね。皆の中で唯一ロマンスを体験する感性が鋭い感覚派。
夢を見るのをたしなめたり、逆に無謀でもヤる時はヤらないと!となったりこの五人の性格がうまく話を引っ張っていきます。

全体的にはチョットした謎(ズガーンで何をしようと?ていうか生ワ◯ビをなぜ何時も持ってる?何で一旦地元に戻らないと地球に帰れなかったの?)とか、コレはないでしょう(笑)(宇宙人女性もやっぱりオッパイがある!最初ポチは反射的にボールを咥えたよね、犬だから?)とかありますが、絵もきれいで話も破綻がなく、何よりもJAXAのハヤブサのように夢がある。

最後に冒険をしたのは、何時ですか?20年以上前なら、一度このアニメでを補充したら?冒険を。
[PR]
by zukunashi | 2010-07-03 00:12 | 映画・演劇・音楽 | Comments(0)