タグ:☆☆★ ( 5 ) タグの人気記事
ジャングルベル・シアター2015年春公演 ~20周年記念~「おとぎ夜話~特別編~」
ジャングルベル・シアター2015年春公演 ~20周年記念~「おとぎ夜話~特別編~」

4月18日土曜日の【福禄寿・寿老人】の回を見てまいりました。
実際これはもっと小さいギャラリー公演という五十人入れば一杯になってしまうような所でやっていたものを再演したものです。一幕物で一つの話なんですが、その主たる話しを三つの小芝居で説明するようなそんな筋立てになっています。一つ一つの小芝居に出てくる人は三人ぐらいで、あまり関連ないなぁと思っているそれらの小芝居が最後にちゃんと関係しているのがわかるという、なかなかスカッとする終りで芝居を初めて見るような人にはわかりやすくオススメできます…が、今日の六時が最後になります。ですから次見に行きたい劇団にリストアップしてみるのをおすすめします。

とまあ特に感想というわけでもなく色々書いていたのですが、今回一つだけ非常に残念だったことが有ります。ギャラリー公演で見た時と今回で特に演出もセリフも、舞台装置や衣装、大道具、小道具等変化がなかったということ。

フォローするとすれば、ギャラリー公演でかなり完成されてしまった脚本、演出だったということなんだと思います。細かいことを言えば脚本だって今に合わせて台詞が変わってますし、装置や衣装なんかも変わっているんですが、大きなイメージとしての芝居にほぼ変化がなかった。
なので、前回見た人(私を含め)はちょっと物足りなかったのではないでしょうか。

もっと踏み込んで言えばギャラリー公演と本公演の値段差に納得がいかない。

とは言え非常に楽しかったです。前回と当然キャストが違うのですが(同じ人もいました)演技の質や話を伝えるエネルギーはたしかに今回のほうが上回っているでしょう。それでも前回のギャラリー公演とだぶるように感じました。それは個々の役者さんのスキルの問題ではなく、もしかすると無難な演出を選んだ演出家の問題なのかもしれません。

あと強いて小さい問題点を上げるとすれば、お客様がかなり身内の方が多かったのではないかという点です。確かにクスっとくる所でしたが、明らかに笑い声が上がっていたシーンが二、三箇所有りました。お客様が知っているなぁという空気を感じました。

そして逆にとても気に入った所は、やっぱり細かいマイムや動き、雰囲気を作るモブシーンは素晴らしい。始まって直ぐ、居酒屋の店内の雑然とした雰囲気を醸し出す場面や、教授を待つときの本を読む仕草、何も無い所に石像を置いてそれを見ながらあーでもないこーでもないと話す場面。本当にジャングルベル・シアターはそういう所に手を抜かずキッチリお芝居してくれます。
そして最後の最後にすべての話がジグゾウパズルのようにきっちり嵌る場面では、既にこうなる事を知っているにもかかわらず鮮やかさに喜びを感じました。

ただ、それらがあったとしてもやはり残念では有ります。今回のジャングルベル・シアター2015年春公演 ~20周年記念~「おとぎ夜話~特別編~」 に喜びはたくさんありました。でも驚きはあまり有りませんでした。私が見に行ったのはシアターグリーンのベースシアターで歌舞伎座や明治座では有りません。なのでそこは一考して頂きたいと強く感じました。
[PR]
by zukunashi | 2015-04-20 17:31 | 映画・演劇・音楽
エビビモpro 第8回公演『産声サンスクリット』
池袋のシアターグリーンは歴史のある小劇場ですが、劇団制作をしていた時もそんなに通ったことがない『いつか上演したい劇場』でした。制作を辞め何だかんだで10年以上ただ観る側にいると、もう3回目です。でも、ここで上演する劇団は、下北沢のスズナリとかも同じなんですが、ある程度お客様が見込めないと使えないですから、制作費で頭を痛めるだろうなぁ・・・とヒトゴトなんで勝手に想像しています。
さてシアターグリーンは、3つの劇場が一つのビルの中にあり、いつも色々な芝居が上演されています。今回タイトルに書いた エビビモpro 第8回公演『産声サンスクリット』 はシアターグリーンBOX in BOX THEATERは5階にある中位の大きさの劇場で100人から入る客席と4間半ほどの間口と奥行きのあるのびのびとした劇場です。

私が行ったのは27日の初日。そして31日に千秋楽を迎えますので、いつものとおり宣伝にはならない劇感想をつらつらっと書き連ねて行きたいと思います。

自分の名前や何処から来たのかわからない男が一人目を覚ます所から話が始まります。彼が少しずつ状況を理解してそして話が進行します。最後に主人公の二人はしっかりと握手をして別々の道を進んでいく・・・と書いていくとカッコイイのですがちょっとナンノコッチャという所もあります。

主人公ソラの姉ウミは、妹のソラと違い女の子女の子しているのですが遺伝子疾患で子供が出来ない(というような設定だったと思う)子供が出来るけど性同一性障害で自分を男と思う妹と、子供が出来ないのに人一倍女の子の姉。姉は当然妹を疎ましく思う。アンタなんかキライ!と言う。普段は女らしい女で、手のかからない長女なので人の良い笑顔でいるけど、その顔の裏側には・・・という2面性を持った役なんです。が、なんか足りない。張り付いた笑顔と妹に対した時の罵声を浴びせる顔・・・なんですがただ怒鳴っているだけのように聞こえる。ただ怒っているだけ・・・姉妹の間のどうしようもない運命のようなものが見えてこない。

それは姉妹の母であるダイチにも言える。
ダイチの場合は最後の方でソラの悩みにも気がついていた・・・と言うシーンがある。今度は私が守らないと、とソラに言う。でも、なんか後悔しているようにも、悩んでいたようにも聞こえない。言い訳をしている、アッケラカァンと言い放って、あはははぁと笑って終わりにしちゃう、そんな脳天気さが後から付いてきそうでドキドキしたけど、さすがにそこまで突き抜けた人物にはしなかったようだ。そう、ソラもそうなんだけど、ほんとうに悩んだ?!泣いて怒ったり、喧嘩したり、なじったり、逃げ出したりしたのかなぁ、この親子は。

人物がチョット薄いような気がしました。そしてそれが芝居を見た後の満足感に大きな影を落としているような気がしました。

さて、役者さんでは主演のソラ役鎌田みさきさんは面倒な役をしっかり演じていましたが、どうも男を演じるという事が少々ぶっきらぼうに演じることっぽく見えてしまったのが残念です。踊りは切れもありカッコ良かった。
ウミ役でく田ともみさんは上に書いたように面倒な役でした。背中に寒いものが走るぐらいの暗さを見せて欲しかったですが、普段の笑顔の仮面はそれだけでも十分怖いお姉ちゃんでした。ダイチ役の平島茜さんは何故か天真爛漫な母親になってしまいましたが、声や動きは聴き応え、見応えがあって結構好きなんです。主人公もう一人のタカ役山増圭さんは動きがひょうきんで飄々と軽い役がハマっていました。しかも最後までワカランチンな役でしたね。ルビー役の熊坂四歩さんの美声は中々なものです。しかし歌詞がチョット説教節だったのは、しかたがないところなのでしょうか。シュウとマイのお二人。動と静、ソウとウツ、外向と内向、ペシミストとオプチミスト、涙と笑顔。ミズノとミズホはいつも一緒。トリックスター役の有田一章さんは多才だ。ただ友だちらしき人が、彼が舞台に出てくるとちょっとした事ですぐ笑っていたのは逆効果。通販番組の桜じゃないんだから。とはいえ彼のような役者さんは大好きです。

全体としてはもう一回見てみたい劇団。ただ題名の意味不明さも含めてチョットアマチュアっぽいところがマイナス。あまり意味を考えてないか、考えすぎてヒネり過ぎて意味が無くなったかどちらかのような気がするんです。
[PR]
by zukunashi | 2013-04-01 02:11 | 映画・演劇・音楽
演劇集団ふれる~じゅ 20周年記念本公演『Triangle』
うちの奥様に連れられて、またまた久しぶりに芝居を見に行きました。

この間は浅草でしたが、今回はさほど遠くない両国です。両国には有名な劇場『シアターΧ(カイ)』があります。そこに行きました。

劇団はこのごろ奥様ご贔屓の演劇集団ふれる~じゅ。今回は年下の友達で、やっぱり芝居をやっている女の子も連れて、3人で観劇でした。

今回のお芝居はシアターΧの公演案内を御覧下さい。
シアターΧ公演案内より演劇集団ふれる~じゅ
『TryAngle-トライアングル-』


見てのとおりです。既に公演は終わってしまっています。という事で多少ネタバレを含みながら公演の感想などを書き綴りたいと思います。

1幕もので舞台には手前に喫茶店のような椅子と机が2組、下手側奥には白い壁に囲まれたベットがあり、上手手前には喫茶店やバーのような、カウンターと厨房がある。上手野奥は目隠しされていて、そこから人が出入りできるようになっていた。

話の中では今の話と昔の思い出が入れ代わり立ち代わり出てくる。故郷を捨てて都会に出て、何かを成し遂げようとした主人公が、どこかのお話のように成功して故郷に戻るなんてことはなく、忸怩たる思いを抱いたまま生きている。切っ掛けを得て故郷に帰る。そこで昔の仲間が集まって歓迎、諍い、和解、そして大団円・・・。

こう書くとちょっとクサイ話に感じますね。で、実際観た第一印象はやはり「ちょっとクサイ話だなぁ」というものでした。チョット青春を引き摺った大人たちの何年振の同窓会的なノリです。
その中でも不満に思ったのは、2つあります。
諍いの元でもあり、主人公が帰る切っ掛けにもなった、幼なじみの病。
そして、主人公の元カノ役の演技です。

一つ目の『幼なじみの病。』は非常に重要なエピソードで、彼が倒れてすぐに主人公が帰ってこなかった事が、諍いの原因になっているのですが、どんな事があって何が元で、そして今はどうなのか、ほとんど明かされませんでした。強い薬を使って体は回復しているが、何故か意識が回復しない。という程度のことしかわかりません。事故による怪我なのか、病気なのか、深刻でもしかしたら死ぬのか、そうじゃなくただ意識が回復しないだけなのか。舞台を見ているだけではそれもよくわかりませんでした。
元カノが「遅いじゃないのよ!!」と泣きながら主人公の胸を叩くとかそんなステレオタイプの芝居を欲しているわけではありませんが、分からなくて気持ち悪い、あそこで寝ている人は死体なのか生者なのか、なんか宙ぶらりんな感じでした。

二つ目は元カノ役の演技についてですが、この女優さんは外部からの客演がおおい演劇集団ふれる~じゅのなかでも、多分今回が初めての人です。鵜飼真帆さんという方です。ブログ経歴を見ると映画主演もしていますし、いろいろな舞台も踏んでらっしゃいます。経験はあるのでしょう。しかしどうもあの劇場の中で一人だけ光を浴びていない気がしました。長い髪で、内気でうつむき加減の演技が多かったから、顔が真っ黒になってしまったからかもしれません。内気なのでわざと間を外したように吃ったりするせいかもしれません。
どうも違和感が拭えません。なにかチョット話の中から体1/4ぐらいはみ出してしまっているような、ズーッとそんな感じでした。

気になることを除けば楽しめたかといえば、最後まで芝居にハマることが出来ませんでした。最初のボタンの掛け違いが最期まで響いたように、感情を揺り動かされる何かがなく、閃くような素晴らしい瞬間にも出会うことが出来ませんでした。

近頃芝居もとんとお見限りなのでこちらも鈍ってきているのでしょう。

またリハビリがてら幾つかお芝居を見に行きたいのですが、どこか無料でチケットを頂けないでしょうかね(笑)

次回に期待します。演劇集団ふれる~じゅの役者さんは個性的で面白い人が多いので、期待は出来ます。
[PR]
by zukunashi | 2011-09-16 17:04 | 映画・演劇・音楽
芸術の秋といえば・・・演劇だね!!
日一日と秋の深まりを感じる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
秋は気温、湿度の変動が激しく体調を崩しやすいですので、インフルエンザA(H1N1)などにかからぬようにお願いします。

さて、秋といえば食欲の秋。天高く馬肥ゆる秋。という事でこの週末、私zukunashiは秋を楽しむ第一弾としてケミチョさんの芝居を見に行く事にしました!!前段と後段に繋がりが無いのはいつもの事。さくっと無視してやってください。

義経記・・・源義経のお話ですね。
ケミチョさんは敵方平家の棟梁平清盛と、清盛亡き後の平氏をまとめ、義経と戦い最後まで平氏再興を願った悲運の武将平知盛の二役!!スゲー!!と思っていたら、ほとんどの役者さんが二役以上をやっていました(^^ゞ 

で、芝居はブログにも載っていましたがパラレルワールド風の時代背景無視の歴史物です。時間通り話が進まないときが気じゃないような方にはあまりお勧め出来ませんが、単純に楽しめる方には逆にお勧めです。
それに日本史の中でも特に有名な源義経。当時の戦の常識を壊し、向かうところ敵無しの強さを誇り、なのに身内の争いで倒れた悲運の武将・・・でも実はその後モンゴルに渡りジンギスカンに・・・?など幾多の伝説を持つ魅力あふれるキャラクターの話です。
そんな感じでたぶん皆さん予備知識はあるので非常にとっつきやすいかもしれません。でもこのお芝居は、そんな自分の予備知識がアダとなり、え!なに!!なんで?!ああ!なるほど!!と言う類の話になる事は間違いないでしょう。
あと義経を支える武蔵坊弁慶、伊勢の三郎、佐藤継信忠信、静御前などと敵役になる平清盛知盛、北条政子や源頼朝、木曽義仲、梶原景時など性格描写が出来上がっているのでそこの所で引っかかることはないでしょう。マア梶原景時萌なんであの描写は許せないというような事はあるかもしれませんが・・・。

あと、役者さんはとても気さくな演技でとっつきやすいです。芝居っぽく演出しているシーンも当然ありますが、そこらへんにいる兄ちゃん姉ちゃんがそのまま・・・という感じの演技が普通のように出てきます。だから居住まいを正してみるような堅苦しさとは縁がありません。なので話の筋も分かりやすいです。

ただし一つ気をつけて欲しいのは、このお芝居。長いです。2時間半ほどかかります。途中5分休憩が入ります。今時の映画でも2時間を越えると“長い!”とフィルムを編集されるそうです。(契約によりますが)ですが座ってみたところはそんなに長くは感じませんでした。トントン拍子に話が進み、休む暇もありません。おちゃらけて笑っているシーンや、感動的なシーン、音楽バリバリ踊っちゃうシーンなど飽きさせない演出も凝っています。
でも2時間半はちゃぁんと時間が経っています。ええ、疲れます。特にある程度年齢がいった方は。ご注意ください。

あと、もう一点。ケミチョさんの事です。
かれは結構かっこいい役柄です。なんと義経のライバルにもなります。マア結局引き立て役ですが。
でもそんなケミチョさんを見て母性本能くすぐられたり、たくましい男を感じてキュンとしたり、滴り落ちる汗をものともせず声を張り演技する彼を見てドキドキしたりするかも知れません。
でもそれは芝居の上の事です。マンガの主人公に恋するようなものです。やめておきなさい、と私からは忠告させていただきます。

という事で、たまには映画や絵画とは違った芸術に触れて見ませんか?

何と言ってもせっかくの秋だし、せっかくのケミチョさんの芝居なんだから。

場所:シアター風姿花伝 地図上の桜の花をクリックすると、ウェブサイトに飛びます。


[9/12]言壺さんにトラックバック・・・先に観劇されてました(^^ゞ

.
[PR]
by zukunashi | 2009-09-13 00:03 | 映画・演劇・音楽
[映画の日]7/1は・・・ネコナデ 【一部ネタばれあり注意】
『ネコナデ』

監督 大森美香
(主役の猫を飼う部長)大杉漣 (部長の部下)青山倫子、(第二新卒の新入社員)黒川芽以、(第二新卒の新入社員)入山法子、(猫売り)もたいまさこ、(最後のリストラ社員)螢雪次朗、(部長の奥さん)原日出子、(社長)鶴見辰吾

ウィキペディアで『ネコナデ』を検索すると映画ではなくてテレビドラマの話が出てくる。なるほど、元はドラマの映画化か・・・。
でもそこを見るとなんかちょっとづつ配役や話が違う。かける物がコーヒーから味噌汁になっていたり、子供が二人いたり、会社の名前がちょっとの違いで架空の動物の名前からそれに乗って戦う兵隊にいなっていたりという所でなんか変えている。何でかな?
物とのテレビドラマはたぶん人気があったのでしょう・・・が、地方局で放映されていたようで全然知りませんでした。

さて、ストーリーはリンク先を見ていただくとして、実際見に行った感想はというと・・・びみょー(ーー;)

この映画はたぶんネコのキャラクターによって変わっていく部長を観察する映画なんだろうね。
会社では鬼の人事部長で容赦なくリストラを行い、新入社員に対しては鬼軍曹役でびっしびし鍛える。でも帰る途中でコーヒーで胃薬を飲んでそして家では家族と食卓を囲むマイホームパパ。そんな二つの顔を使い分ける生活に子猫が舞い込むと、会社と家庭の間に“愛人”ならぬ“愛子ネコ”が割り込んで・・・。
四角四面の固い人ほど子ネコでメロメロになるギャップを楽しめると思うけれど、部長の場合はそれが今一伝わってこない。オハナシをいくつも詰め込みすぎたせいだろう。
子ネコを人知れず飼おうとする部長。新入社員研修で昔リストラした社員の妹がいる。リストラさせる社長と実行役の部長の仲。部長の部下は何を考えて開発から人事に来たのか?説教たれた若造とネコの事でケンカ等等・・・
こういうのが最後の最後で綺麗に解決すれば、後味も清清しいものになったのだが、なんかすっきり解決していない。

それと、ネコを飼う醍醐味がこの映画では表現されていない。これではネコカフェにハマっているのと大差はない。都合の良いネコという感じ。部長がウブな風俗女にハマったというのとあまり差を感じない。

なんか見ていて全部中途半端だった・・・のは、テレビ版の総集編みたいな作りになっていたから?面白かったエピソードを詰め込んだような感じがする。おかげでコラージュした写真みたいになってしまった。

俳優さんとしては、部長の奥様役の原日出子さんを前回見たのは「Shall we ダンス?」の役所広司の奥様役だったと思うんですが、イメージが変わってないのにびっくり。
ただ「Shall we ダンス?」のときは浮気を疑ってドヨーンと暗くなったけど、最後に旦那の背中を押してもう一度ダンスをするように促す、という役だったと思うんですが、今回は何か疑うシーンがほんのチョッと出てくるのですが、うやむや・・・になってしまっています。ただの明るい奥様。イヤ嫌いじゃないですが・・・こんな感じでこの映画、すべてに可もなく不可もなくという・・・
1000円でよかったね、と奥様と話しながら帰りました。嫌いじゃないですけどね・・・1800円だとチョッと損した気分になるかもしれないですね。

ネコを飼う醍醐味・・・についてはまたいつか(^^ゞ
[PR]
by zukunashi | 2008-07-08 12:02 | 映画・演劇・音楽