<   2015年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
なんか自己矛盾を抱えている気がする弘兼憲史
まあ、たしかに嫌いなんですよ、この夫婦は。弘兼憲史さんと柴門ふみさんは。
たまに読みます。で、やっぱ俺駄目だ、この話ということで1から2年ぐらい間が開いて、また読むの繰り返し。

こんかいはNEWS ポストセブンというwebの記事。
『島耕作』作者・弘兼憲史氏「育児に熱心な男は出世しない」│NEWSポストセブン
まあこれを読んでまあそうだなと思う人が大多数だと思います。私はその大多数には入らないですけどね。ついでに言えばその大多数の考え方で今まで日本は来て、こんなふうになっているわけなんですが。

タイトルに書いてある矛盾って思ったのは下記の所。
 たとえば僕が上司の立場だとして、急遽、重要な案件が発生して緊急会議になるから残ってくれ、と部下に頼んだとします。その返答が「すみません、今日は子供の誕生日なので帰らせてください」だったとしたら、僕はその部下を仕事から外しますね。

 たとえ子供の誕生日だとしても会社の重要案件となれば、給料をもらっている以上、やっぱり会社を優先すべきです。子供の誕生日、あるいは子供の運動会程度のことで会議をすっぽかすな、とは言いたい。

・・・中略・・・

 なにより問題なのは、多くのパパたちがイクメンになったからといって、イクメンではないけれど仕事に打ち込んでいる父親への、ある種の批判的な意見が当然のように存在する、ということです。本来、どちらが正しい、こうあるべきだという話ではないはずです。
中略より上は育児より仕事を優先せよという意見。今まではだいたいこういう考えですね。今もそうだと思いますが。中略より下は、こんな事有るのかなと思うのですが、イクメン(育児する男)じゃない男に対する批判的な意見があると仰る。正直どんな意見なのか聞きたいですが、イクメンに対する意見(批判?)は書いてありますが逆の意見(批判?)は書いてないので、彼が言うイクメンじゃない男に対する批判って本当?という疑問が残りますし、自分の体験でも、イクメンやママさんパートタイマーに対しては、弘兼氏が仰っているような意見が大多数でした。イクメンじゃない男に対する批判って有ってもすごく少ないんじゃない?精々主婦専業のお母さんが子供に、「お父さんみたいな人と結婚しちゃ駄目よ。」とか「家でゴロゴロしないで!」と日曜のお父さんを叱りつけるとか、その程度じゃないのかな?仕事上では批判は起きてないと思う。

ところで問題は一番最後の文章。本来、どちらが正しい、こうあるべきだという話ではないはずです。うん、そうね。だったらイクメンであってもいいはずだよね。仕事をする以上家庭は二の次であるべきと主張されたはずが、何故か急に両方共尊重されるのは変な話です。多分イクメンじゃない男に対する批判をいなそうとして、こういう中途半端な言い方をしているんでしょうが、前半が狭量さからみて後半は本心じゃないなぁ、バランスを取ろうとしているのかな?と感じます。

まあ週刊誌のこんなコラムなんで引っかかるほうがバカバカしいんですが、これが日本で一番売れているサラリーマン漫画を書いていた人だとすれば、アップルやグーグルが日本で育たない理由も自ずとわかりますね。イノベーションに対しては潰す方に潰す方に動くわけです。ま、仕方ないですね。彼の中では初芝のような製造業が先端企業なのでしょう。
[PR]
by zukunashi | 2015-01-27 20:12 | 小ネタ
やっと重い腰を・・・
タイトルを見てどんな事が書いてあるか分かった人はすごいと思います。

というのも、全然何も決まってないけどまあそろそろ何とかしよう、という決意表明なだけで、とっても優柔不断ということは今までと同じで変わってないからです。

10月末で業務請負契約を狩猟してもらい3ヶ月経ちますね。

当初はちょっと腹が立ってたこともあって、なかなか前向きに次を考えることが出来なかったのですが、そろそろそうも言ってられないと思います。

とはいえ、新しく就職ができるかといえば、本人のやる気や資格、年齢なども鑑みればそれ相応に難しいのは確かです。なんて言いながらもいくつかあたってみようかなという会社が無いわけでもありません。

あっち行ったりこっち行ったり、器用貧乏という言葉かピッタリの人生です。なんかしら世の中を渡って来れちゃったのが変な自信(?)につながっているのかもしれません。

ということでやっと重い腰を上げても就職が決まったわけでもなんでもありません。

この3ヶ月は・・・ホント今までの人生で一番遊んだかもしれません。家でゲーム、外でバテリアの練習。あと芝居、映画、ライブも一回見に行ったり、嫁実家に2日も泊まっていつもと違うそしてこんな事もう出来ないんじゃないかなと思うような世界にいました。

じゃあ2月からどうするか?

仕事もまだ決まってないですが、いくつか決意表明(笑)しておきます、

まず主夫業・・・今もやってますよwwこれにまず本腰入れよう。掃除洗濯炊事とかも有るんですが、経済的なことも含めてしっかりやっていこうと、まあこのように考えてみました。
じゃあ収入はといえば、奥様の収入とプラスまず幾つか物を売ろうかと思っています。具体的にはナイショですが(決まってないんだからねまだ!)昔も一時期やってたオークション販売からもう一度やってみます。まあバテリア練習の月謝ぐらいは自分で稼がないとww

うちの奥様は色々アイデアウーマンであれってどうかな?これってどう?みたいに色々やりたい事を探してきてくれます。全部やりたいんですけどねお金的に難しいことが多いんで、実現できたらいいな、と思っています。これはあまり決意という感じじゃないですね、意思表示ぐらい?

3ヶ月から6ヶ月ぐらいで売りについては何か形にしたいです。どういう形になるかはやってみないとわからないですが。

とまあ、3ヶ月の節目が近くなったので取り急ぎ、自分を鼓舞するという意味も込めて。
[PR]
by zukunashi | 2015-01-27 15:17 | 観察日記
歴史に学ばないという斬新さに脱帽
フェイスブックで豊受クリニックというところを見たら・・・
母乳を飲む前に
ミルクですらない
こんなものを生まれて初めて
口にしておなかに入れている
赤ちゃんがほとんどです(`‐ェ‐�)
・メナテトレノン
・安息香酸ナトリウム
・クエン酸水和物
・ゴマ油・水酸化ナトリウム
・ソルビタン脂肪酸エステル
・D-ソルビトール液
・パラオキシ安息香酸エチル
・プロピレングリコール
・ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油
・香料
ケイツーシロップってやつで
一番上のメナテトレノンが
ビタミンKの成分で
その下は全て添加物です。
という出だしで始まっていた。

ああ、また知ったかで添加物がぁ~と吠える保護者かなぁと思って調べてみると
・・・医者?!・・・
ぶっ飛びました。少なくとも国家資格を取る為に学んだだろうに。引用先にはこんなことも書かれていました。
出血を予防するために必要という名目で
ほぼ全員の赤ちゃんに飲まされています。
飲まなければ9割ほどの新生児が脳出血
や消化管出血を起こして死んじゃったり
後遺症が残ったりするのなら、同意なし
で勝手に飲ませてもいいと思いますが。
(本当はそれでもダメですけどね!)
この成分見て、この世に生まれて来た
我が子に初めて口にさせるべき代物だ
と思いますか?
本当に、脳出血や消化管出血を起こす
わずかな可能性を、こんなもので予防
しなければならないのか?というのは
充分考えてみた方がよいのでは?
実際山口県ではホメオパシーにかぶれてしまった助産師に、K2シロップを投与されなかった赤ちゃんが亡くなっています。そしてそれで訴訟も起きてます。山口新生児ビタミンK欠乏性出血症死亡事故2000人に1人が多いか少ないかは置いておきましょう。少なくともK2シロップを摂取させることで助かる訳です。それをしなかったとしても1999人には何ら影響が無いわけです。飲まされ損かもしれませんね。
だから要らない?え!それって助けられると分かっててそれを放棄しちゃうわけですね。
もしK2シロップに副作用があるということなら難しい話です。でも件のお医者さんは最後まで副作用の話しはなく、”人工物は毒”という教義なのでしょう。ついでに言えば自分の免疫で病気を克服(直すじゃない)するために、この先生もホメオパシー等がお好きなようです。(日本ホメオパシー医学協会提携クリニックの池尻クリニックが豊受クリニックとして移転。)自分達が推奨した「レメディー」によって幼児が亡くなったのに、その歴史を一顧だにせず同じ事を繰り返そうとするんでしょうね。

ついでにフェイスブックで甲斐 由美子さんが似たようなことをこれは1年以上前に書いてらっしゃいました。
K2シロップに関する考察
全文引用するわけにも行かないですから幾つかこりゃぁと思う所を抜き出します。
Dr.N: 自然分娩では、産道をなめて赤ちゃんは生まれてくるから、母親の腸内細菌を受け継ぐので、その後母乳で育てていれば、腸内細菌が定着し、ビタミンKは腸内細菌から供給されるからです。
O: ほお!なるほど
H: なるほど。勉強になるーー!!!
とか

Dr.U: っていうかビタミンk不足で出血、なんで不足してる子供とそうでないのがいるのか、考えればよいのでは?元々昔の方が、死産や新生児死亡が圧倒的に多かったことも考慮して。
K: なるほど、ビタミンKが不足すると出血、親の栄養状態が悪いということでしょうか? 母乳が出ないとか?ミルクで育てると欠乏するのかしら?それはないか!とにかく調べてみます!
N.K: 抗生剤の過剰投与、食事も?母乳力、母体力の弱体化?
Dr.U: 新生児は基本的にはビタミンkが不足しやすく、母乳栄養で不足しやすいのも事実です。
K: 母乳とミルクの違いを調べると、栄養的にはあまり違いがないようですが、ミルクはカルシウムが多くウンチの出が少し悪くなるようです。母乳との違いは、やはり、母乳は免疫力がつくので特に初乳は大事ですね。母乳栄養でビタミンKが不足しやすいのは、母親の健康状態による。ジャンクフードや添加物まみれの食べ物を食べていたり薬を服用していると危険性が増すということで、k2シロップを飲ませる。ということでしょうね。
とか

Dr.U: だからビタミンkを意識すればいいだけで、天然のビタミンkとればいいだけです。
O: 結局は、そういうことなんですね・・・
K: なるほど。天然のビタミンk!
N.K: 天然、自然ですね!結局は^ ^
O: 納豆、わかめ等が特に多いみたいですね~けっこう食べまくってるかも。
K: あ~ すっきりした。最初に戻ったんだけどね(笑)Mさんが言うてる。助産師さんもいうてるよ。(笑)
R: ここのひとには 必要ないってことですわね!
M: 食生活が変わった→母乳の質が変わる→栄養士の暗躍→シロップという経緯や背景がわかると、対策が打てますね。最も妊娠前から、腸の微生物が栄養を供給してくれるような体質になるといいです。これが本当の営養ですかね。
自分が納得するためにいろいろ考えてそれで理解したつもりになる。人間の体が自然の作り上げた叡智の塊だとすれば、風が吹けば桶屋が儲かる的思考で大丈夫と思えるところがある意味すごいです。

あと気になるのはDrと付いている人・・・ドクターなんですかね。一番いい加減な事を言うんですが。
産道をなめて赤ちゃんは生まれてくるから、母親の腸内細菌を受け継ぐので、
あのー、素人ツッコミですが産道は腸じゃないです。腸と同じ細菌が産道にあったらと思うとゾッとしますね。

そして最後に、自分達はジャンクフード食べないし添加物もとってないから大丈夫。そうじゃない人がビタミンk欠乏で子供が大変、という上から目線がイラヤシイですね。こう言っちゃなんですが、タマタマあげてなくても症状が出なかっただけ、というのが現実じゃないでしょうか?運が良かったね、おめでとう(棒)

フェイスブックは自分の仲間を見つけやすいので、こういう意識の高い人ばかりが集まるグループが幾つも有ります。ミクシーもそうでしたが、近頃はフェイスブックにたまってますね。

誰でも使えるようになってネットってダメに成った一例かも。
[PR]
by zukunashi | 2015-01-20 14:52 | ニセ科学…科学を詐称するモノ
劇団鹿殺し ランドスライドワールド 【ネタバレ有り】
2015年最初の芝居は評判はチョクチョク聞いていた劇団鹿殺しの演出がカナダ留学から戻って最初ということで、行ってまいりました『ランドスライドワールド』

元は2008年の『ベルゼブブ兄弟』を下敷きにしたものということですが、粗筋やなんかを見るとだいたい同じっぽいんです。しかし元を知らない私達にとっては完全新作と同様ですから、まあそこら辺は気にせずに観劇してまいりました。

それにしてもホント久しぶりの本多劇場。前に行ったのは寿歌のときでしたね。しかも下北沢の駅が地下に埋まっちゃっているもんだから、出口を探して若干迷走したり、直前に食べた銀座天龍の餃子が沢山過ぎて、芝居後の恒例の呑みをやらずに帰ってきたりと散々(?)でした。

と、芝居に関係ない周辺の話はこれぐらいに・・・あと風がすごくてめっちゃ寒かった・・・しておいて、実際のお芝居の話しに参りまししょう。

粗筋やなんかは直接劇団のウェブページを、見て頂くことにしてざっくり感想を書きます。

年初にこれを見ると今年の芝居の感想が全部から口になってしまいそうで怖い…と思うぐらい面白かった。

このお芝居、4人の兄弟が主人公です、と書き始めてふと気が付いたのが、芝居の中で一番影響力があったのは亡くなった父親だ。そして4人兄弟が空想で(妄想で)怯えるのはハエだ。こっちが主人公かな。まあどちらでもいいでしょう。で、兄弟4人そして父、母、性格がしっかりしてて話の流れに淀みがない。BGM、ライブで流れる音楽などが楽しい、わかりやすい、明快。話の筋書きもシンプルです。父が死んだ葬儀の1日に起きた話。エゴ丸出しの家庭内戦争。現実と妄想が行き交う話。

でも、舞台はくるくる変わっていき、妄想の世界なのか現実の話なのか?わかりにくくなる。どうでも良くなるといってもいいかも。死んだ父はしょっちゅう生き返るし、妄想の副人格と思っていた人はその人以外にもちゃんと見えているみたいだし。

そう、いくつかの並行世界、もしかしたらそうなっていたかもしれない歴史、望みの所が見え隠れして次第にそれらが葬式の夜を揺さぶっているように見え始めると、急に・・・台風の目に入ったように・・・真相が語られる。真相っていつも陳腐ですよ。そんなこったろうと思った、とほっと一息ついた時、ほんとそんな気の抜けた一瞬を狙って現実が牙を剥く。

あゝ、纏まりのない、よく分けの分からない、締まりのない文章になってしまいました。

私がオモシロイと思ったのは、いくつかの並行世界のような場面が最後にバチッと音を立てて一つの世界に収まった・・・収束したようにみえる演出が脚本がとっても面白かった。当然それを演じた役者、音楽・・・そう特に音楽はものすごく重要でベルゼブブなんかいなくても問題ないけど音楽はなければ始まらない。照明も舞台装置も衣装も小道具も・・・勇者サンタマリアは笑っちゃいましたが・・・出来栄えは素晴らしかった。

2014年の最後の芝居は・・・まだ書いていませんが正直な話期待はずれでした。そして2015年年初が盛り上がったので今年もまた面白い芝居を見たい!!という意欲が湧いてきました。

さて芝居を見るためにもお金を稼がないと稼がないと・・・

スケジュール
[PR]
by zukunashi | 2015-01-18 14:50 | 映画・演劇・音楽
結局自立心とはなんだろう?
映画が2本、芝居が1本の自分なりの評価を書きたいと思ってなかなか書けず、どうしようかな~といろいろ彷徨ってみた。

近頃は徘徊するwebサイトもあまり変えることがなく、ちょっとマンネリだなぁと思っていた。TwitterやFacebookの記事を見るとは無しに見ていると、自分と同じ(というとおこがましい。近頃はバイカー、ライダーと名乗れずドライバーに成り果ててしまっているが)バイク乗りのブログがピックアップ(Facebook風に言えばシェア)されていた。

「オトナ」って、なんだろな……というこの記事はそれ以前に書かれた作る人、壊す人。捨てられた自尊心とトリオになっていて順番は作る人、壊す人。 捨てられた自尊心 「オトナ」って、なんだろな……になります。

書いてある事によれば、このモトクロススポーツ少年団の少年達が実際に行動して河川敷を使えるようになったらしい。どこの河川敷とは書いてないが許可を取るって大人でも面倒な事だ。それは大人の力を借りただろうが。こんなに自立した少年たちはそうそういないぞ。やりたい事をやるために回りくどくてもちゃんと許可を取ってやるまえに、面倒で止めるか、無許可で勝手にやるか。無許可でやれば怒られ周りから責められ悪い子のレッテルを貼られる。やめれば無気力だやる気がないだと言われる。

そうやって得た場所を無責任かつ無法に使う四駆、他のモトクロッサー、バーベキュー愛好者、ゴミ捨て人。
どっちが自立した社会性の有るオトナだ?
[PR]
by zukunashi | 2015-01-17 18:26 | クルマ・バイク