<   2014年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
超天晴!福島旅行 第19次笑の内閣 福島第一原発舞台化計画―黎明編―
終わった芝居についてアレコレを書く、近頃恒例の「終わっちゃったら好き放題」劇評のコーナーです。パフパフ。

今回は急遽『超天晴!福島旅行 第19次笑の内閣 福島第一原発舞台化計画―黎明編―』の東京公演を見ようと画策しました。なぜか?いつもなら知り合いが出ているという知り合いのツテで見に行くんですが、今回はツイッター繋がりです。早野龍五先生のツイッターにこの劇団『笑の内閣』の方からのツイートが入ってましてそれをみて決心しました。

タイトル通り福島第一原発についてなんですが、いや全くこれがもう緊迫感ゼロ・・・最後に少し有りましたね。まあほんのチョットですが。

話の筋は・・・
● あらすじ
滋賀県大津市にある私立高校、鷹真学園高校は3代目理事長が就任した20年前以来、管理職は必ず学園OB が勤め、外様派は冷遇されていた。しかし、2年前近隣に出来た西園寺大学附属守山高校に志願者をとられている現状に危機感を覚えた校長猿田博士は、大手予備校世阿弥ゼミナールの名物講師だった間久部録郎をヘッドハンティングし教頭に抜擢、歴代校長は必ず教頭から昇格するため、間久部が初の外様校長になるのは確実視されていた。
 しかし、急進的な間久部の改革姿勢に、猿田をはじめとするOB派は反発失脚を狙う。間久部は失脚を免れるためには、理事会の支持が不可欠であった。
 そんな中、学園では修学旅行の旅行先を決める会議が行なわれようとしていた。学園は、毎年北海道に行っていたが、行程中ずっとスキーをする旅行はたいへん不評で、生徒自ら行き先を選べる西園寺に志願者が流れる原因となっていた。ここで、魅力的なプランを出せば理事会の支持が得られる、そう踏んだ外様派が出した案は「福島」であった。
 果たして間久部の狙いは、政争の具なのか、真に被災地に寄り添うためなのか?
 笑の内閣新作は、福島に観光に行く意義を、遠い滋賀を舞台に問う学園政治劇!
とまあ結構まともです。あ、あらすじに一点間違いが有ります。間久部録郎は教頭じゃなくて副校長でした。教頭は別の人がやってました。さて、じゃあチョット気になる所を書いていきましょう。

※OB派校長猿田博士
小心者で汲々としている感じが良く出ていましたし、普通に威厳のあるところは校長先生にぴったり。声も滑舌もとても安心して聞いていられました。

※OB派教頭青居邦彦
やっぱり小心者でなんかオタオタしている感じ。ああ、教頭って校長の金魚の糞、太鼓持ちって感じでぴったり。彼の一番見せ所、トカゲの尻尾として切り捨てられるときの土下座退職の弁は本当に悔しそうでいかったです。

※一応OBの金丸大和先生
高校の演劇部の顧問らしい。一番笑いを取っていました。笑いを取る時の容赦無い掛け合いは息もぴったり。役どころは重要ではないですが、話の潤滑油。面白いように受けてました。

※一応OBの馬渕速魚先生
お金持ちの世間知らずなお嬢様的先生。修学旅行先に第三の目的地を出すが全く反映されない。ただ金丸先生とセットで動くことが多いので、金丸先生に食われて今一記憶に残り難い。

◎外様派副校長間久部録郎
自分の能力を過信してしまうきらいが有り、イマイチ好きになれないだろうなぁと思われるキャラで且つ策士。しかも策士策に溺れる。チョット気になったのがこの方の表情。メッチャ硬い。無理に笑っている感がたっぷりある。筋肉で笑っているっていう感じ。チョットぎこちない感じ。逆にそれが今回の役にはマッチしていたかも。

◎外様派坂東卓 後の教頭先生
この人は頭の切れる探偵?!ですね。ええ、裏を読んで動くところもそうですが、結構ビシビシ予想して当てちゃってます。名探偵です。でもって、冷たい感じもあり、そうでないところもある。会議の席でも議長は校長先生がしているはずなんですが、いつの間にかこの先生がしきってたりします。笑いは取りませんがいい味が有ります。

◎外様派江田珠美
今回の福島旅行について一番推進していたのはこの先生。一応福島県出身の方です(役の上で)。この次の山野辺先生と付き合ってたんですが、副校長に乗り換え。でも副校長は別に本命がいる・・・という恋愛に振り回される役。で、普通にぎこちない元恋人同士という感じがピッタリあっているんですが、最後のどんでん返しの時に、彼女の吹っ切れたような目が色っぽいです。

◎外様派山野辺雅人
今回の一応主人公らしい。が、喋りが不安定。キーポイントとしては元恋人江田先生となんとなくしゃべりづらい感じがいいなぁと思って聞いていると、怒っている時にもそんな感じが出てしまっている。理路整然との時もそんな感じが若干ある。あれ?もしかして・・・地?

※新日本トラベル社員 十和田玲於奈
ダメ社員を熱演!!めっちゃ良いです。金丸先生とのコンビがとてもハマってました。こういうダメな奴・・・いますね。握手したかった。

◎DDT社員 牧村奈々
・・・最初に謝っておきます。ゴメンナサイm(_ _)m 滑舌も発声も話の間も声に関しては全然評価できない。この芝居に出演した人の中で唯一笑えなかった。上手い下手ではなく練習不足?表情とか動きの張りとか颯爽としているんですがしゃべるとオヤ?となってしまっていた。風邪でも引いていたか練習不足か・・・。

◇学校法人鷹真学園理事 城之内時子
ヒステリーババァです。ええ、本当に居そう(笑)ただ一本調子でただ怒って帰っちゃったので印象薄い。でもネットでもああいう人がいるなぁと思い出せるので、そこのところは何かうまくはまっていました。

作演出の高間響さんは役者として出てないですが、幕が開く前と閉幕後に出てきて楽しくおしゃべりしてました。レンタカーの事故は面倒ですね(笑)お金集まるといいですね。あと、論文のためにアンケートお願いしますと言われていましたが、書けませんでした、申し訳ない。

脚本、上手くハメました。偶然を装って策を張り巡らせた、そんな気にすらなるような脚本です。音楽、途中に挿入される動画、照明。特に眼を見張るようなものはなく、しっかり話に調和していたように思います。

何度か役者さんがセリフとかんでしまったところはご愛嬌ですが、話の進行上仕方が無い山野辺先生の放射能講座はもうチョット何とかなった気がする。雰囲気がすごくタルンでしまったように感じました。

とはいえ、非常に面白い試みでした。これで終わりじゃなくて火の鳥みたいに黎明編の次にヤマト編とか未来編とか宇宙編とか出来る事を期待しまてます。接触編と発動篇でもいいですけどね。
[PR]
by zukunashi | 2014-12-15 18:52 | 映画・演劇・音楽
書いて描いて発表するならちゃんとやって欲しい事
☆砂糖の害について☆ ( ブログバトン ) - ブログ - Yahoo!ブログというブログに行き当たった。

描いてある事に賛否は当然在る。病気が腐敗した腸内環境と血で起こるだとか、さとうが風邪、鬱、アルツハイマー、発達障害から癌まで万病の元だとかというところは首を傾げざるを得ません。医療業界と食品業界の陰謀にまで持って行くところでは眉唾を通り越して新興宗教?と感じてしまうのは私だけでしょうか?(リチャード・コシミズ氏との親和性も感じますが)

とは言え、こういう情報発信が出来るというのがブログというか今の情報化社会の長所であり短所でも有ります。

色々突っ込みがあり、それに対して返信ありとなっていくのが良いところ・・・なんですが、残念ながらコメント欄が閉じてしまっています。前は開いていたんですけどね。

さて、じゃあタイトルに有るちゃんとやって欲しい事ってコメント欄を開くという事?といえばそうでもありますが、ちょっと違う。情報発信をする上での心構えみたいなものです。

この方のブログはタイトルもそのままズバリ『ブログ』ですしその下には『☆ まだまだ勉強中の為、最終判断はご自身で調べてからお願いします ☆』と書かれています。そして、上記リンクの一番最後には下のようなことが書かれています。
 前略~
元々はただの母親が、わが子の為にと本やネットから学んだ事を、親族にも伝えたくて描いたものです。
「なるほど!」と思って下さった方も、是非色々ご自身で色々調べてみて下さいね!^^ やっぱりそうなんだ、という事もあれば、ここは違うな、という発見もあると思います。人任せではなく、「自分達の事は、自分で調べ、自分で考え、自分で決める」という事が子供の為にも一番大事な事だと、私は思っています^^

何事も、自分で実際に研究し自分の目で見た訳でなければ、真実は分からないし、どんな論文に書いてあった内容でも、権威ある人が発信している情報でも、どこかの偉い人が科学的に証明してくれている事であっても、それを見たところで結局はただの聞きかじりでしかないんだ思います。
それでも、これだけ情報が溢れている中、より良い生活を目指し、自分が納得の行くものを、自分の感覚を頼りに選んで行くしかない。そう思っています。
☆砂糖の害について☆ ( ブログバトン ) - ブログ - Yahoo!ブログより引用。太字はzukunashiがしました。
「砂糖の害について」というマンガが最初の記事であり、ブログタイトルもそのままブログとなっている所などを見れば初心者かまだブログには慣れていないし、親族に見せるために描いたというのも信じられます。(☆砂糖の害について☆の冒頭に書かれています。)
しかしオヤ?と思ったのは太字にした所。ある意味こういう情報発信する人にはありがちな事が書かれています。経験本位主義とでも言えばいいでしょうか。そして何よりも重要な言葉は『真実』です。

ニセ科学とか変な医療とか水伝とかそういった物を読んでいると、それらを信頼している人の口から出てくる言葉の中に『真実』は多く含まれています。が、『事実』という言葉は多くはない。似た言葉ですから、意味も似ているんですが、どうもそういう方には『事実』は好まれず『真実』を好む傾向に有ります。そしてそういう方々は正しい事というような意味で『真実』をよくお使いになる。そこには価値判断が含まれているのです。そうです『事実』には価値判断は付随しない。正しい事ではなくても起きた事というような意味合いが含まれているようです。そうやって考えて太字の所前後を読むと感慨深いですね。

このブログの方にとっては科学的であるかどうかはあまり重要ではなく、感覚をたよりに納得の行くものを選ぶことが大事なことになるようです。とはいえ、そうそう非科学に走るというわけではなくそこはバランスをとっているようです。

ですが、この経験本位主義は行き過ぎると非常に怖い。今回の事で言えば何でもかんでも砂糖のせいにしてしまったり
『世の中には
何千という個別の
病気があるのではなく、
全ては腐敗した
腸内環境、そして
それによって汚れた
血液によって引き
起こされます』
『』内は☆砂糖の害について☆- ブログ - Yahoo!ブログより引用。
なんて描いてあるのを見ると、非常に不安です。腸内環境を整え、血をキレイにすれば病気が必ず治るかといえば(血の汚れっていうのがどういう状態なのか不明なのですが)そんな事はない。
そして☆砂糖の害について☆- ブログ - Yahoo!ブログの次に書いた「砂糖の害について」の漫画を描いてというポストでは、こんなことも書かれています。
オマケの独り言。
「嘘書くな!」といったお叱りも頂きましたが、
こういった情報と全く違う常識の中で生きてらっしゃる
&それで健康を保ってる方もいらっしゃるって事ですよね?。
私の周りで聞こえて来るのは今回書いてる様な事が多いですが、
まだまだ知らない世界があるんですね。
「嘘書くな!」というのがどのコメントについてなのかは、コメント欄が閉じられているので詮索してもしょうがないです。が、こういうふうに書いてしまって、要するに世界が違う、常識が違う、というふうに断絶してしまう事は良い事でしょうか?私はこの記事を書いた一番言いたかったことはココです。
砂糖の害について自分で知り得た真実を書いたこの方は、『人任せではなく、「自分達の事は、自分で調べ、自分で考え、自分で決める」』という事を今まで実践してらっしゃったはずです。元々は謙虚に色々調べて周り賛否両論見たはずです。このマンガを見て『やっぱりそうなんだ、という事もあれば、ここは違うな、という発見もあると思います。』というふうにきっかけにして欲しい、という考えがあったはずです。(『』内は☆砂糖の害について☆- ブログ - Yahoo!ブログより引用。)なのに次の記事で自分と違う常識の人を切り捨ててしまう。砂糖の害という『真実』にたどり着いてしまったこの筆者の人にとっては、もう納得してしまった事なので、新しい情報を探す必要もないのでしょうか?

情報発信者が気をつけなければいけない事は、コダワリです。ある事柄にコダワッていくのは重要な事です。今回の事で言えば砂糖についてコダワッていく事は重要です。それによってこのブログの筆者は『砂糖の害』に辿り着いたわけですから。でもいろいろな情報を取捨選択していく過程で一度『真実』と思った事が覆される情報があったとしたら?又は覆されるかもしれない話があったら・・・多分そこでその情報を確認してまた判断できるか?耳を塞ぎ目を閉じてしまうか?の違いでしょう。ここで、一度見つけたと思った『真実』にコダワッてしまうと、誤る可能性が高くなっていきます。都合の良い物しか見なくなる。

コダワリを持たないと問題に気が付かないかもしれません。でもコダワリすぎれば・・・過ぎたるは猶及ばざるが如しと言いますからね。

出来ればこのブログを書いているmamamamamamiさんは過ぎる事も足りない事もなく程々にコダワッて情報発信していただきたい。
[PR]
by zukunashi | 2014-12-15 12:59 | 小ネタ
『夜行万葉禄・辰』 ジャングルベル・シアター 2014年秋・ギャラリー公演
終わった芝居についてアレコレを書く、近頃恒例の「終わっちゃったら好き放題」劇評のコーナーです。パフパフ。

先日パーカッションのワークショップで先生から「しばらく遊んだほうがいいよ。」と言われました。さすがブラジル人は違うなぁと生徒の癖に妙な感心をしてしまいました。ですからチョット前から仕事を辞めてから家で次を考えながら遊んでいます。

家の事はやるようにしているんですが、なかなか捗りません。わたしの段取りが悪いせいも有るんですが、なにか一つ・・・例えば洗濯とか、掃除とか・・・やるとこれが結構億劫で、次をやる前に一度気合を入れ直さなければいけないので、タッタと家事を終わらせられません。慣れですかね、それともコツですかね。どっちもまだない私はチョット四苦八苦・・・

大幅に話が逸れました。

さて、好きな劇団ベスト10に必ずノミネートされている・・・って10個も劇団知ってたっけ?・・・ベスト3に必ず入っているジャングルベル・シアターの劇場でやる定期公演じゃなくギャラリーを借りて行うこじんまりとした方の公演を観に行ってまいりました。えー、いつものとおり公演は11月29日に終わっております(笑)これを見て今から行こうったってそうはいかない・・・スミマセンm(__)m

まあ大体書く気になるのが見たから2,3日後なんでこんな感じになってまいります。

で、今までもジャングルベル・シアターはギャラリー公演をしおりましたが、それは「おとぎ夜話」シリーズになっていて民俗学をテーマにした三題噺形式の芝居で、3つ見ると話の筋がわかるという構成になっていました。

今回は「夜行万葉録」というタイトルで、百鬼夜行を題材にとっていました。だから妖怪なんかが出てくる話なんですが、そんなにオドロオドロしいものではなく、むしろドライ。ですが、チョット人間?いや社会のダークな面を取り上げた話になっていました。

それでは例の通りざっと役者さんについて書いていきたいと思います。

メインは3人
 久々の福津健創さん。今までのギャラリー公演では外人役ばかりで変な訛りで喋っていたので、普通に喋っているのを見て若干違和感がありましたが、これは私の問題。ですが、私が見た金曜日の会ではセリフを噛みまくっていたように感じました。他の日はそんなことはなかったと思いますが、何かテンションが変な方に向いてしまっていたんでしょうかね?それを除けばハマり過ぎの役柄でした。もし、ほんとうに細かい事を気にしていいなら、グラスはもうチョット丁寧に扱ったほうがよろしいかと思います。
 浅野泰徳さん。言わずと知れたジャングルベル・シアターの座長+作演出。自分が作った話とはいえこの役は難しかったんじゃないかと思いました。一番最後に明かされた悲劇をそれまで隠さなければいけない。悲劇と書きましたが多かれ少なかれこういう事は普通の日常でも起きています。別れた恋人。喧嘩した親子、兄弟。元の絆が強ければ強いほど悲劇の度合いは深まるでしょう。敢えて大げさな事件を採用したのだと思いますがギャラリー公演では荷が重くなりそうな話でした。またそれを演じきった浅野さんも素晴らしい。
 松宮かんなさん。役として人形になるということじゃなくて、今回は声優っぽい感じでしたが、その人形、怖いですね(笑)いや声がうまく合っている上に松宮さんの表情や動きが後ろで見えているので、ある意味人形にそれが投影されてしまう感じで、うまくマッチしていました。今回の芝居で多分ココが一番難しかったんだと思います。役としては浅野さんの役は難しいと思いましたが、松宮さんの役は・・・というかやり方は足手まとい(人形)がある分面倒ですが、それをうまく逆手に取っていたように思います。ギャラリーが狭かったので出来ませんでしたが、握手するなら松宮さん・・・ていうか人形と握手したかったです。

『第一話 付喪神』
 大塚大作さん。えー安定の大塚さんです。マジ笑顔がいいですね。芝居の上手い下手とかではなく全身を遍く満たす雰囲気がいい感じです。極々少数の人にしかわからないと思いますが、遊気舎の『ぎこちない笑い』のあの役者さんを思い出しました。清々しい。
 都築知沙さん。子供子供していました。オママゴトで泥団子(ピカピカに光らせたやつ)を食べろと強要していた女の子を思い出しました。小学校低学年ぐらいだったと思いますが「◯◯君大好き。だから食べて。」という感じで迫るその女の子をフラッシュバックしました。でも迫られたのは私じゃないですが。無邪気に怖い感じが良かったです。
 岡教寛さん。敵役最高です。多分第一話のベストキャラです。濃いキャラクターばかりの第一話で一番どうしようもない濃さで芝居してました(笑)

『第二話 呪いの人形』
 升田智美さん。怖いっす。ステレオタイプな取りつかれ役なんですが、特に裏から人形が出て来た時の怖さと言ったら、秋口に怪談はヤバイですね。寒気なのか風邪の悪寒なのかわかりませんよ。
 竹内俊樹さん。あのビビりっぷりは素ではないか?と思うぐらいビビりっぷりが良かったですよ。ていうか升田さん怖すぎです(笑)今だから(笑)とか付けれますが、第二話の間はエクソシストで首が後ろを向くシーンを見るぐらい怖かったですから。そしてその彼氏役は・・・なんかお祓いしてもらった方がいいんじゃないですか、ぐらい熱演でした。
 篠崎大輝さん。カッコイイ霊能者さんは一瞬しか出番がありませんでした。でもね、まあ、あれですよ、呪われちゃったわけですからね。仕方が無いです。

『第三話 幻』
 おこさん。幅広い年齢をよく演じていました。チョット高年齢の演じ分けが弱い気がします。人形を買ってもらう時が一番キリッとしてました。
 本多照長さん。おこさんと同じく幅広く年齢を演じていましたが最初の父親役と後の婚約者役では父親役の方が良かったです。
ただ、最後の話はこの後のエンディングに直接繋がっていく絡みもあって印象は弱い。この話が終わった後に全体の話の落ちがあったので、そういう意味では非常にあっさりとしたエピソードになってしまっています。

舞台装置、衣装、小道具他はギャラリー公演で舞台装置はいつもと同じひな壇に黒い布を垂らしたもの、メインの3人以外上下黒の揃いの服、小道具はなし。

照明もほぼ決まったライトがずっと付いているぐらい。音響は邪魔にならない程度の音。とてもシンプルです。

ザーッと書いてきましたが、今回の話には、すべての謎が最後に解けるというものではありませんでした。しかし驚愕の事実が姿を表しました。

教訓なんかどうでもいいんです。全部妖怪のせいって事にしておけばいいのです。観終わった時に清々しくART SPOT LADOを後にしました。ただ、ビルの狭間の狭い所とか、なんか小さな鳥居とか、多分観終わったあとには、そんな所を探したくなります。そしてまた小さな幸せから育んでいけるようになった主人公に、乾杯をしたい気にもなりました。

そんなお芝居でした。
[PR]
by zukunashi | 2014-12-04 17:07 | 映画・演劇・音楽