<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧
ハグワイベルシアター第2回公演「Dear・・・私様」 その2
グワィニャオン、ハグハグ共和国、ジャングルベル・シアターの皆様お疲れ様でした。
本日私も見に行きました「Dear・・・私様」千秋楽を迎え無事終わったようです。(ツイッターで確認リンク

という事でその2を書くことにします。
とはいえ今までは2回に分けて書くようなことはなかったので、その2は何を書くかといえば、ネタバレしても大丈夫なことを書きます。
ついこの間その1を書いた時に気がついたのですが、今までは上演中に書き切ることが出来なかった芝居の感想。何故だと考えてみると、大体書いているうちにネタバレに気が付き、あれも書けないこれも書けない・・・ならいっそ終わってから書くか。と言う事になっていたようなきが・・・、まあそういう事です。

で、今回のお芝居で素晴しいと感じたのは、見易い、テンポある演出というところです。
オープニングの1人佇む主人公のシーンから一転して女達の喧騒の中に引き釣りだされ、宣誓しまるで裁判のような話かと思わせて俳優紹介になるというドラマチックな場面から、一転して昭和30年代頃の田舎のお祭りになる。そこで主人公の過去が・・・とテンポよく進む演出が、細いシーンの継ぎ接ぎになりそうなストーリーを淀みなく流していく。中年から青年そして少年と3人の主人公秀生によって小さい頃からの成長ストーリーが舞台上で表現される。ウソマコトという人がその成長の話をあるときは修正しある時は矢継ぎ早に先に進めたりする。

話を全部書いてもしかたがないので、ここまでにしておきます。

話の流れを上手く制御しているのは演出のお手柄でしょう。とは言え、役者さんがそれをしっかり理解しないと、どんなに素晴らしい演出プランでも絵に描いた餅です。そして今回は一人ほぼ一役で出演する役者さんが多い。それでこのクウォリティですから、演出も役者もブラボーです。

そこで、ひとりひとりの役者さんについてコメントするのは難しいので、気になった人だけを何人かコメントします。最初に断っておきますが、超個人的な趣味なので男優より女優さん中心になってしまいますが、勘弁して下さいね。

まず暴走族ヘッド3人のうち蛇年の朝緒さんと寺山くん。特殊な役です(笑)最初はちょっと違和感があった蛇年の朝緒さんは独特なロボットダンスのようなカクカクした動きと一見普通っぽく見せて実はサイコな役柄というというギャップで強烈でした。寺山くんは・・・あれって寺山修司?でも白塗りって・・・暗黒舞踏??キレやすさは蛇年の朝雄さんとどっこいどっこいでしたが、無表情さで怖いww
そしてレディースのヘッドさんはそんなに印象がなかったのですが、やたら青年秀生が気にしていたんですが、もしかして幼稚園で一緒に遊んでた女の子のその後でしょうかね?でもあまり動いていないという印象しか無い。

3人の秀生で一番と思ったのは青年でも中年でもなく少年。彼は(役者さんは女性ですが)一つ一つのシーンをほぼ同じテンションで演じきっていました。そう、私にはずっと少年に見えていました。青年秀生は中年に中年秀生は初老へと時間の経過が感じられてよかったのですが、少年秀生はずっと少年で、そして最後にポツリと放ったセリフ
「僕が忘れていたんだね」(だったかな?そんなふうなセリフ)
が印象的です。記憶の扉がギィィィぃと重い軋みを響かせて開いた感じがしました。本にブラボーです。

ちょっとクサいエピソードはマルが死んでしまうところでしょう。体育座りが妙にマッチしていました。一人暮らしすると言い出したときに捨てられた子犬のような目で青年秀生を見ているところ、週に一度月に一度年に一度・・・と言っている時の恋する乙女チックな仕草に惚れてしまいそうでした。ブラボー( ゚Д゚ノノ☆パチパチパチパチ

定時制高校の先生のアクションシーンはキレもよく、スラっと伸びた足がかっこよく、小さなカラダでバキバキ男をやっつけちゃうところは恐ろしく、そして最期のウェディングドレスのアクションはカリオストロの城の姫様のように可憐でした。

ジョニーさん、ブルース・リー、ジャッキー・チェンときたなら、次は何でしょうね。

45歳以下のすべての出演者の方、お疲れ様でした。7分間頑張った証を下に残しておきます。一番下の縦長の写真は、これからボコられる青年秀生が静止している途中でキャップを開けてもらい水をのもうとしているところです。ずるい(笑)
a0008523_2242593.jpga0008523_22432128.jpga0008523_22434568.jpga0008523_2244656.jpga0008523_22442692.jpga0008523_224447100.jpga0008523_22431441.jpg


このお芝居、謎が溶けた爽快感は当然ありますが、それがスゴイということもない。確かに涙あり笑いありアクション有りですが、適度にという感じで、突き抜けた笑いや悲しみを表現しているわけでもないです。
ですが非常に満足しましたし、たぶん今年最初に見たこの芝居が、今年の基準になりそうです。何がそんなに私を満足させたのか?
それは今はわかりません。でも、と言うか、だからまた生で芝居を見に行きたくなるのでしょう。
グワィニャオンやハグハグ共和国の芝居も見に行こうかなぁ?まだ未見なんで。

それではm(_ _)m
[PR]
by zukunashi | 2014-02-17 00:46 | 映画・演劇・音楽
高学歴だからといって正しい科学知識を持っているとは限らない3
さて、こんなに時間を掛けて長い記事を書くつもりはなかったんですが、勢いというものは恐ろしい物で、なんかその3まで書いております。

別にイヤイヤ書いているのではないのですが、芝居の記事のようにノリノリで書いているわけでもありません。
とはいえ、あんまり長々書くこともないので、まず今回のパックス・ジャポニカへの道(その1)「続・『トリチウム汚染水が消える日』 検証実験の実施が決定されるについては今回で終わりにします。

さて、前回は一段落めで終わってしまいました。残りについて書きましょう。

とはいえ、残りのところについては一言で片付けることも出来るのです。
ここで書かれていることは妄想だ。

何故妄想なのか?

まず続・「福島原発から、トリチウム汚染水が消える日」 実証実験の実施日、変更されるの記事からちょっと引用します。

「原田武夫とその研究所は、この技術を開発しているA社と資本関係にあるか、契約関係にある。自らの金銭的な利益のために、煽り立てているに過ぎない」
「『元素転換』などという技術は存在しない。そうしたSF小説のような絵空事を書き立てて、売名行為を行おうとすることは許せない」
「仮に最新技術でトリチウム汚染水の問題が処理できるとしても、それは原発推進に使われる危険性がある。そうした危険な傾向を助長するスクープを行うこと自体、認められない」
続・「福島原発から、トリチウム汚染水が消える日」 実証実験の実施日、変更されるより
それともう一つ
「元素転換などというものがこの世に存在しないのは科学界では常識だ」
「トリチウム汚染水の無害化など出来るわけがない」
「質量計を見た上で議論しているのか。現実には絶対にあり得ないことを憶測で書かないで欲しい」
「カトリック教会から弾圧され、自説を曲げざるを得なかったが『それでも地球は動いている』と地動説を信じてやまなかったガリレオ・ガリレイと、A社のインチキな技術を比べること自体がおこがましい」
パックス・ジャポニカへの道(その1)「続・『トリチウム汚染水が消える日』 検証実験の実施が決定されるより
この2つの引用にでてくカギカッコの中は、原田氏に寄せられたネットからの罵詈雑言、事実無根の誹謗中傷だそうだ。前者の場合はツイッターから寄せられたものらしいのです。で、検索したのですが、そのものズバリの文章には行き当たりませんでした。後者のものはどこに出ていたのか書いてありませんでしたので、もしかしたらメールできたものなのかもしれませんが、ここで引用した文章の後にリンクを示しているものがありそれはちゃんとブログにつながっていました。
中にはご丁寧に亀の甲の化学式を並べて、高校の化学の授業よろしく「解説」してくれるサイトまで登場した。よくよく暇な「専門家」がいたものだと失笑せざるをえなかった。
と書いているところのリンクです。このページを見てベンゼン環…俗に亀の甲と呼ばれる…が出てきているかといえばどこにもありません。たぶん化学式を見ると全部亀の甲に見えるのでしょう。

引用部分とリンクを読んで理解した事、それは彼が他人の書いた文章を勝手に要約して…これはもしかすると改ざんかもしれない…罵詈雑言、事実無根の誹謗中傷だと騒いでいる。こう言ってはなんだが理解力が疑わしいとしか言えない。原田氏が亀の甲の化学式云々と書いたリンクにこんな事が書いてあります。
常温核融合を信じている研究者は現在でもいて、論文もたまに出ているようです。科学的手法に正しくしたがっているのであれば、常温核融合の研究をすることに対して何の問題もありません。その成果について発表することも問題ありません。ただ、信憑性が低いデータや無関係の実験結果を基にして、あたかもその現象が事実であるかのような言説は許されないのです。
トリチウム水から完全無害な水素ガスを作り出す?より
ここに原田氏とA社についての問題が端的に書かれています。要するに信用されるやり方で証明しましょう。ということです。原田氏には理解できなかったようです。

こう言ってはなんですが、ちゃんと出典を明かさずにしかも勝手に要約した文章を元に、自分達が非難されていると仰るのは情報リテラシーが不足しているとしか思えない。ちゃんと出典を明記して要約せずに元の文章を引用するか、少なくともリンクを出しましょう。失笑するのは勝手ですが、ちゃんと読んで理解しましょう。亀の甲何かどこにも書かれていない所もそうですが、少なくとも何に失笑したのかぐらいは書きましょう。自分が理解できなくて自分に失笑したのではと勘ぐりたくなります。

そして、「割烹着のリケジョ」などという言葉を出してしまうところを見れば、原田氏はご自身が科学に興味がなく、イノベーションだけを追い求め、小保方晴子氏を認めた「ネイチャー」や「ハーバード大学」とは真逆に向いている事に未だ気がついていない。ネイチャーは厳しい査読をパスした論文が掲載される。出版部数を増やすためにインパクトを追い求める週刊誌などとは違う事に気がついているだろうか?

これらの例からわかるように、原田武夫氏は自分に都合のいい事実のみを選択して批判されているといい、相手を失笑し、都合のいいニュースの都合のいいところだけつまみ食いして、自分の主張の正当性を声高に叫ぶが、中身が何一つ無い。ネイチャーやハーバード大学は彼が言うようにイノベーションが欲しいから小保方氏の論文を掲載したのか?答えはノーである。論文が純粋にその部門の専門家に評価されたからだ。掲載する価値があると認められたからだ。それがイノベーションに繋がるかもしれないが、そういう下心で論文審査をすることが出来るのか?外交官もしていた原田氏がそんな事も分からないなら、独立系シンクタンクの所長という方の情報リテラシー、科学リテラシーは確かに足りない。これは日本にとってかなり厳しい話だ。これが日本のトップの情報リテラシー、科学リテラシーだと海外に思われるのだとしたら、そのダメージは計り知れない。

もしかすると誰も原田氏を批判していないかもしれない。批判されていると言う前に誰がどんな批判をしたのかしっかり確認してみるといいのではないだろうか?被害妄想とは言わないが、彼の話には決定的に事実が足りない。批判されているかどうかもそだが、A社の技術云々についてもそうだ。紳士協定がどのような内容なのか分かりかねるが、イノベーションより先に科学的事実の観察が決定的に足りない。自分達をガリレオや小保方氏になぞらえるのはいいが、彼らと決定的に違う事に気がつく必要がある。それに気が付かないならば失笑されるのは原田氏とA社になってしまう。日本を救うとかパックスジャポニカとか言う前に、査読に耐えうる一本の論文の方がいかに大事か!彼らはまだ気がついていない。
[PR]
by zukunashi | 2014-02-16 01:09 | ニセ科学…科学を詐称するモノ
高学歴だからといって正しい科学知識を持っているとは限らない2
時々思い出しては、ネタ帳のように非公開記事を書いているzukunashiです。
いつか記事になる日を夢見て・・・ナイナイナイm(__)m(誰に対して謝っているのか・・・)

さて、タイトルは一ヶ月前に書いた記事・・・そこから一本も上がってないんですが・・・の続編です。

前回は東洋経済オンラインで原田武夫氏が書いたコラムについて言及しました。今回は同じ原田氏が原田武夫国際戦略情報研究所公式ブログという自分のブログに書いた記事を元にしています。元記事のリンクは下記↓
パックス・ジャポニカへの道(その1)「続・『トリチウム汚染水が消える日』 検証実験の実施が決定される

前回は荒唐無稽な実験結果を「元素転換」と決めつけたいなら、普通に論文書けよ、というふうに纏めていいかと思います。と言うか、そういう意味で書きました。

今回のパックス・ジャポニカへの道(その1)「続・『トリチウム汚染水が消える日』 検証実験の実施が決定されるの冒頭「A社の元素転換技術に対する「検証実験」の実施が遂に決定された」と見出しがついています。読んでみると・・・
そのような中、1月30日、某有名国立大学のイノヴェーション・リーダーたちによるA社に対する現場視察が行われ、私もその現場に立ち会い、その全てをこの目で見る機会に恵まれた。
結論を言うならば、その直後に同大学におけるこの技術に対する「検証実験の実施」が決定された。正にA社技術・経営陣による苦労の賜物といった展開であり、このことが持つ意味合いは計りし得ないほど大きい。なぜならば「検証実験」が正規の研究機関によって正規の手続きによって行われるということは、A社の技術がまがいものなどでは決してなく、それに値するものであるということが専門家の見地からもまずは確認されたということを意味しているからである。(太字はzukunashiが入れています)
パックス・ジャポニカへの道(その1)「続・『トリチウム汚染水が消える日』 検証実験の実施が決定される
長々と引用しましたが、多分いくつか分けの分からない用語と、なんか勘違いがあります。特に太字にしたところは、全然正規の手続きでも何でも無い。某有名国立大学のニュートラルな環境が実験にどう影響をおよぼすのかを知りたいだけかもしれない。本来正規の手続きとは論文発表になります。
さて、ちょっとイヂワルな言い方をお許し頂きたい。

前回の記事では原田氏が「権力とアカデミズムの住人」を全く信用していない事を指摘した。それが事を複雑にして、こんがらがっている原因かもしれない。今回は某有名国立大学のイノベーションリーダー(?)を全面的に信頼している様子だ。なんだろうこの違和感?イノベーションリーダーという人物自体胡散臭いのは仕方がないとして、名前を出せない機関や人がわんさと出てくるこの方の文章で、何故この人は権威があり持ち上げられているのだろう?いづれ名前が出るかもしれないが、申し訳ないが畑違いの人ではないかと推測する。
とはいえ、権威に対してなんか反発したくなるのは、トラウマか。はたまた何か別の理由かそれはわかりませんが、権威に対して全て反発するならわかるのですが選択的反発だとダブルスタンダードです。某有名国立大学が「権威とアカデミズム」から独立な存在なら良いのですが、とてもそうとは思えない。前の記事でも引用しましたが
ありとあらゆる公的研究機関や有名大学の研究室でこの技術の有意さについて声を枯らしながら訴えても、権力とアカデミズムの住人たちは、これを一切無視してきたのだという。
と書いています。某有名国立大学は有名大学ですよね。自分たちの技術に目を向けてくれる権威は持ち上げ、それ以外は駄目というのは如何なものでしょう。

あとイノベーションリーダーという言葉。基礎物理、化学の関係者でしょうか?工学系の方でしょうか?まあこれは憶測ばかりなのでこれ以上は突っ込みませんが、イノベーションという原田氏の大変好きそうな言葉を纏った某有名国立大学の関係者の方が、技術を正しく進ませる方向から横道に誘導しているように感じます。

さて、先ほどの長い引用の太字部分。
A社の技術がまがいものなどでは決してなく
もおかしい話です。実証実験をするのが決まった、という事はまだ実証されて・・・いないわけです。実証実験をする価値があると認定されたと言って、それがマガイモノではないとは決まっていない。それは次の太字部分
専門家の見地からもまずは確認されたということを意味している
で、専門家と書いてらっしゃいますが、どう見ても科学音痴である原田氏が、イノベーションリーダー氏を専門家するのは眉に唾して読むのが正しいと感じます。肝心の情報は紳士協定という一言で蓋をして他人には教えないなら、彼の書く事も同様にまず疑ってかかるぐらいがバランスが取れるというものです。

と、最初の段落だけでこんなに書いてしまった。その後の文章についてはまたあとで書かせていただこうと思います。
[PR]
by zukunashi | 2014-02-14 22:10 | ニセ科学…科学を詐称するモノ
ハグワイベルシアター第2回公演「Dear・・・私様」 その1
現在進行形で今やっている芝居の情報をブログでお届けする、zukunashi初の試み。

今回は
グワィニャオンPresents 3団体コラボ公演ハグワィベル・シアター PART2
グリーンフェスタ2014 参加作品
『Dear...私様』
に、行ってまいりましたぁ。

ということで、いつも芝居が公演終了してから「良かったよ」とか書いているので、いい芝居を見に行く手助けを全くしていなかったのですが、今回は間に合ってくれると信じて今こうしてキーを叩いております。

この芝居、グワィニャオンジャングルベル・シアターハグハグ共和国の3団体が協力して一つの芝居を作っています。その中でわたしが知っているのはジャングルベル・シアターなのですが、今回のお芝居ではジャングルベル・シアター色はあまり強くない。見に行ったことがない2団体のどちらか、又は両方の色が強くでているのでしょう。
粗筋は下の公演情報というリンクをクリックしていただくと出てきますが、記憶をたどる話です。非常に地味っぽい話ですが、演出は派手です。そして劇中の音楽やライト、小道具(バイク、昭和風ベンチ、etc)装置(昭和風駄菓子屋、昭和風あばら家、昭和風・・・)まで結構な完成度でした。そして多分さかのぼった記憶が私より多少昔ですがそんなに変わらない年代の話が結構多くてそういう意味では非常に分かりやすかった(笑)

そして、非常に完成したメロドラマです。芝居の中で泣いて笑って怒ってと忙しいのですが、見ている私達も笑って泣いてと非常に忙しい話しでした。そう、泣ける芝居なんです。そして笑える芝居なんです。最後はリリカルな気分になるかもしれません。でも多分スッキリして(泣いてスッキリか、笑ってスッキリかはその人それぞれでしょうが)シアターグリーンを後にすることでしょう。

明日、明後日のチケットはもう残り少ないとは思いますが、今日チョコをもらってお返しをしたいそこのアナタ!!

この芝居に彼女を誘えば・・・
「すごぉい、いろいろ知っているんですね。お芝居っておもしろぉい」
となって、俄然貴方の株が上がる事まちがいなし。どうです!!4000円で安い!!と太鼓判が押せます。高揚した気分のまま、池袋の美味しい飲み屋に入りその後は・・・完璧!

私も今日が雪でなければ、絶対呑み屋で酒飲んで帰ってきたので当日にこんな記事を書き上げることはなかったでしょう。美味しい酒が一回減ってしまったことはちょっと不満でありますが。

でも書き上げてから美味しい酒を飲もうと思います。さあ皆さんも騙されたと思っていかがですか!(騙してない騙してない(;¬д¬)ノ゛))チャウチャウ)

公演情報
[PR]
by zukunashi | 2014-02-14 20:25 | 映画・演劇・音楽