<   2013年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
レ・ミゼラブル 映画じゃなくて帝劇に見に行きました
6500円でミュージカルを見るのは高いか安いか!!

映画だと2回見てポップコーンが食べれます。

東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパンだとワンデーパスがだいたいその値段。

歌舞伎座では3階B席がだいたいそれぐらいのお値段。

そうやって考えると、芝居・・・特に帝劇や日生劇場などでみるミュージカル、演劇、オペラ等はは高い。

たしかに素晴らしい演技を素晴らしい劇場で見るというのは、何にも代えがたい時間です。そして一回一回が真剣勝負でその時を逃したらもう見られないかもしれないライブ感。何よりも役者同士の生の掛け合いの中で、アクシデントのように起きる素晴らしい一瞬は、映画のように記録されたものでは起こり得ないですから、それも観劇の見どころ、醍醐味といえるでしょう。

でもディズニーランドやUSJだと一日いられるのが、ミュージカル、演劇、オペラだと長くても3時間。そしてそれらは独特の喋り、独特の歌唱、そして外国語など敷居が高いと感じてしまうことでしょう。

今回見に行ったのは映画で大ヒットを飛ばしている「レ・ミゼラブル」。新解釈版の舞台をそのまま映画化したものなんですが、その元になった舞台を見に行って来ました。正直な話結構前の方の席でしたし(端の方でしたが)音響、大道具、照明、そして何よりもキャストの歌が生で聞けるのはとても嬉しい
。さてところで今回は女の子からデートのお誘いということで、ルンルンで(死語)まだ俺も捨てたもんじゃないなぁとか思ってたわけ・・・じゃあ無いんです。誘ってくれた女の子は舞台女優さんで元々(女優になる前から)知り合いだったんですが、ある日女優さんになったという逸材で当然彼女が出ている舞台はほとんど・・・でもないけど見に行っています。まだ若くて可愛くて腹筋割れてて・・・(ry
ところで映画を見る前から原作は読んでいましたが、かなり前だったので(小学生か中学生)しかも多分子供用だったので映画を見た時既に話の筋にかなり違和感を覚えていました。で、映画の後に舞台を見たらどうかというと、これがまた見事に映画とそっくりで、舞台転換もほぼ同じ。要するに見に行った舞台を俯瞰で見たりアップにしたりすると映画になるという感じ。キャストは下に書いておきましたが、しゃべる言葉は全て日本語ですから、歌も日本語です。英語の歌詞と日本語の歌詞だと、やっぱり受けるイメージが違うので、舞台の大きな違いはそこになるでしょう。

演出や音響舞台装置は言うに及ばず、キャストの歌など私が論評するレベルではありません。素晴しいのヒトコトでいいでしょう。ただ、場所により聴きづらかったのかもしれませんが、ソプラノぐらいのハイトーンになると聞き取り辛い場合もありました。しかし、映画を見ているため筋がわかっているのでさほど苦にはならないのですが、一緒に見に行った彼女は映画を見てないので、結構辛かったようです。
あと、場面の転換が結構素早いのです。大道具、そして舞台監督の手腕によるところが大でしょう。しかし、筋が分かっていないと転換した場面が何なのかわからないんじゃないかな、と思いました。一つ一つのシーンは非常に印象的で、きっちり完結しそして次のシーンへと転換して行きます。ジャンバルジャンが改心して、逃亡する場面が終わり、すぐ次に成功したジャンバルジャンが名前を変えて市長になっているシーンは、遠くから見ていると、誰がジャンバルジャンなのかわかりません。声でわかるほど耳もよくなければ、あのシーンはなんなんだろう?となってしまいそうです。またコゼットを養父母から金で取り戻すシーンの次は、革命の機運が高まるパリで、大人になったコゼットと、血気盛んな学生のマリウスが一目惚れをするシーンですが、時間の流れを把握してないと登場人物をも把握しそこねてしまいそうです。

と、いうことで予備知識無しで見に行くのはチョット危険です。少なくとも話の筋は抑えていったほうが楽しめます。

そしてストーリーも重要ですが、歌をたっぷり聞いてきて下さい。歌謡曲や演歌なんかとはまた違った西洋の歌が音楽ではなく台詞として上手くマッチする様を体験して欲しいと思います。まあ日本語だと多少そこがずれてしまうんですが。

さて、例のごとく帝劇では今『レ・ミゼラブル』はかかっていませんが、また11月に再演されますので、もし暇がおありでしたらどうぞ。ジャンバルジャン役のキム・ジュンヒョンは出ないですがそれ以外の人は出ています。名作を一度舞台で見て下さい。

でわぁ。

More
[PR]
by zukunashi | 2013-07-23 14:26 | 映画・演劇・音楽
7月10日菅直人元首相がツイートで福島第一原発事故の話を始めた
それは突然始まった。菅直人元首相はもしかすると、吉田所長の訃報を聞いて始めたのかもしれないが、ソレは単なる私の憶測である。
a0008523_13184475.jpg
当初から罵倒する人、言い募る人、様々だが、話をきこうとする人がちゃんといて、やり取りにもなっているところがある。なにより菅直人元首相は遣り取りをするつもりのようである。

多分後日誰かが(私も含めるけど私はやれそうにない)まとめサイトを作るでしょう。自分の思惑などが絡んで、菅直人元首相よりのものや反民主党的なもの等色々できることでしょう。

私は別に中立じゃない。常々自民党には懐疑的かつ否定的だし、リベラルであると思っていますから。
ところで下に出したツイート主の方には申し訳ないですが、この人を批判したいわけじゃない。
a0008523_13413679.jpg
「言い訳をするな!」的なツイートが結構ありました。私はこれではツイッターの意味が無いと感じました。
ツイッターはある意味誰でも言い訳を書いていいシステムです。その点で言えば非常に非日本的です。日本では『言い訳をするな』とよく言われますし、言い訳を聞かない人、上司なども多いです。言った方が良い言い訳悪い言い訳がもしあるとしても、結果論としてしか違いを区別できない場合が多いのではないでしょうか?
私は言い訳をどんどん言って欲しいと思っています。言い訳ばかりを考える人もいます。本当になぜこうなったのかわからないけど自分の身の回りに起こった事をただ言ってくれる場合もあります。聞いてから判断しましょう。
私は聞く自由もあるし言う自由も有る。言い訳をするな!といえばその人からもう2度と失敗の報告が上がらなくなる。成功の報告も重要ですが、なぜ失敗したかを考えることのほうが重要です。
単なる言い逃れなのか、それとも事実を述べているのか、ちゃんと聞いてちゃんと判断しませんかね?

もうどうしようもないのは『売国奴』とか『北朝鮮献金云々』とかの中傷、罵倒。これは聞く必要なし。
[PR]
by zukunashi | 2013-07-10 14:03 | えー?!
インプロ ミニ フェスティバルvol12 6月28日 プーク人形劇場
こんばんわぁ(今一応夜12時なんで) えー、年を感じる年齢になりました、20代後半のzukunashiです。
まあ年齢のことは置いといて(つ´∀`)つ  

実は2週連続でインプロ・ジャパンの催しに行ってきたのでした。インプロ ミニ フェスティバル vol12。6月の最終週の28,29,30の3日間開催され、のべ何千人というお客様が来場されたらいいなぁ、というものでした。

まあ冗談も交えてですが、結構面白かったので残しておきたいのでした。

所でインプロはインプロビゼーションの略で訳すと即興でしょう。今回もインプロ・ジャパンの主催するイベントでした。

インプロミニフェスをみるとインプロビゼーションについてこんなふうに書いてます。
インプロとは、Improvisation (インプロヴィゼーション=即興)の略で、台本や打ち合わせが無く、すべて即興で創られるエンターティメントです。
役者たちは、お客様の目の前で初めてタイトル(お題)を聞き、一切の打ち合わせをせずに、その場に生まれたものから芝居を作っていきます。
とまあこのとおりです。今回は「マエストロ」というショウ形式の舞台でしたのでミニお芝居を沢山見てきました。

まず、キャストは9人。皆ゼッケンを付けます。1番かくさん 2番きより 3番げんよう 4番ケンジ 5番カイ 6番なお 7番すえ 8番しのぶ 9番タカ 。2番6番は女性ほかは男性でした。
そしてMCとして、高橋里枝。この方、中々面白おかしい。盛り上げるのにはうってつけの人材でした。

そして、「マエストロ」というショウは得点を争いトップの人がマエストロ・・・巨匠・・・となれるわけです。そして点をつけるわけですから、小さなお芝居が沢山見れるわけです。その採点方法は昔なじみの拍手です。1点から5点までで多いほうがいいのですが、その時の芝居を見て何点に相当するかをお客様に聞いて自分は3点と思ったら、「3点と思う方拍手」と言われた時に拍手をするのです。

という訳で観客も一緒に盛り上げるわけですから、ただのんべんだらりと見ていてはいけません。真剣勝負です。

ところでお題はどうやって出すかといえば、芝居が始まる前にカードを渡されます。そこには[好きな単語][行きたい場所][挑戦したい趣味][架空の物語のタイトル][短い台詞]等を書いてくださいとありますので、それらを書いてかかりに渡しますと、それがインプロビゼーションのお題になったり、途中で使われたりするわけです。

さて開幕・・・いったいどんなふうになるんでしょうとワクワクしています。

まず最初はお題が「海底火山」3番げんよう5番カイ7番すえの3人で途中ディレクターがビデオみたいに[停止]とか[逆回し]とか茶々を入れてその通り演技するというもの。最初の最初なのでこれを基準に考えることになりそうで、しっかりと見ていましたが、話の筋を変えない程度に端折ったりしていましたが、ディレクターさんの逆回しが意外とツボを外している感があり、あまり面白く出来たとは思えなかったですが、無茶ぶりに対してちゃんと逆回転ぽい声を出したりと芸が細かく、結構面白かった。先程も言ったとおり基準点なので3点で拍手。
2つ目は実は私のカイたものが採用されました、ヒャッホーヽ(=´▽`=)ノ
[架空の物語のタイトルを考えて下さい。]という項目に書いた「帰ってくるのは正義の味方ばかりではない」はい、下敷きにしたのは「帰ってきたウルトラマン」ですね。私あれが大好きですから。1番かくさん8番しのぶ9番タカの3人ですが、いきなりかくさん夕食を作っている奥様です。そこに正義の味方が空を飛んで帰ってきます。いきなり題名無視(笑)まあひねり過ぎで360度回ったようなもんですね。「帰ってくるのは正義の味方ばかりではない…けど今回は正義の味方(笑)」となったようで。いちおう正義の味方は旦那らしいと思わせといて、実は本当の旦那が帰ってくるというはっちゃけぶり。そして一旦気を逸らせておいた正義の味方が、やっぱり戻ってきて、ドタバタと終幕。ウーン、自分のお題だったけど2点。
3つ目は日本の名作、海外の名作、世界の名作・・・だったかなそんな感じで題名を3っつ挙げてもらってそれを1分で演じるというもの。日本は「ももたろう」海外の名作はなぜか「7人の侍」でもう一つは「シンデレラ」。童話映画童話となんかバランスが・・・バラバラ?2番きより4番ケンジ6番なお女性2人一気に登場です。最初はももたろうをどうしたっけ?忘れちゃった。きよりが川で洗濯しているとケンジが流れてきてももたろうが誕生。なおがおじいさんなんだけどほとんど何もなく犬、猿、雉がお供になって鬼ヶ島に行って鬼を瞬殺財宝ガッポリ。いやぁ分かり易い(笑)そしてシンデレラはホラーでという事で、きよりがシンデレラでケンジが継母、なおが義姉でいじめているとなんかきよりが義姉殺してパーティーに乗り込み王子を探して刃物を振り回す。そしてなんかしらんけど殺される。暗転前にケンジか誰かが死んだきよりを指して「しんでれらぁ」ウワァそれ言っちゃったんだァ。そして、7人の侍はミュージカルバージョン。なんかわからないけど、ちょっと音痴っぽく唄う村人きより、助太刀の武士はケンジでなんかオペラっぽい唄い方。野盗のなおは最初から腰が引けててチョット演歌っぽい。やっつけて大団円チャンチャン。上手く纏めて私は4点をつけました。

と、こんな感じで、3人とか4人とかでグループ分けしてそこで得た得点で勝敗を決するんですが、自分だけ頑張るんじゃ駄目で周りと連携をしないと勝負にならない。見る人も、私のように上手くまとめるのと、バラけて終わるんじゃ前者のほうを高得点付ける人もいるし、笑える方を高得点付ける人もいるでしょう。ただ、笑える方が高得点付き易いのは確か。

覚えている限りどんなお題でどうだったかを書くのもいいのですが、最後に行くほど連携がうまく行き終わりから3つの話は私全部5点をつけてしまいました。その中でも特に面白かったのはところどころ穴が開いている滝に住む家族の話という題できより すえ げんようで演った話。ディレクターが現在と過去を行き来させるんですが、現在→1年前→現在の前の日→1万年前→現在と結構派手の時間軸を変えるんですが、3人がうまくそれに乗り、最後はちゃんと落ちをつけてしまいました。これはビックリ。なんか適当にハメたジグゾウパズルがぴったり出来上がったような、そんな驚き。

そして、マエストロはきよりさんでした。たしかに誰と組んでもそれなりに上手くこなし役も外れがない。特にこの役は秀逸と思ったのは「メガネとひげと女の子」というキャラですえ きより なおで演じた時。女の子役をすえがさっさと持って行き、メガネ役はなお。ひげをどうやって演るかなと思ったらきよりは猫を演じるという離れ業。これは上手かった。まあ標準語、英語、方言と切り替えて演じるという所ではなおが一番度胸があって上手く演じていましたが、キャラの創造性できよりが光っていたのは確かです。

おめでとうございます。

私的なマエストロを決めるとすると、妙に場馴れしててキャラの使い分けも上手かったなお、すえ。個人的にはケンジにマエストロをあげたいんですが、7人の侍以降は役が今一生きない状態でチョット絡みが上手くできていなかったのが惜しいところでした。なおさんは男の子キャラが好きそうなんですが、肉感的な悪の女幹部(都会から来た敏腕警部と警察映画オタクの地方警部が悪と対決する話)のような役とのギャップが見える時は面白いんですが、妙に甘ったれた声色はアニメに出てくる実在しない少年のような感じで現実感が希薄です。そこがチョット気になった所。
すえさんは爺役が妙にハマっていたんですが、鯉太郎とか最後の方に光ってきてて、前半はあまり覚えていない。スロースターターなんでしょうか。最初からガンガン行ってたらもっといいところまでいけたんではないでしょうか。

とまあ、結構堪能しました。面白かった。でも既に終わっているのでこれを読んだ人・・・まだまだこれからあともありますからね。見に行って下さい。 

では(^O^)/
[PR]
by zukunashi | 2013-07-04 00:58 | 映画・演劇・音楽