<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
雁屋哲はオオカミ少年になった
意外と挑発するようなタイトルは好きなんです。

でも議論は下手なんでやるだけ無意味なんですが。

さて、タイトルだけ見ても何のコッチャ?となります。何のマンガの事かといえば、現在スピリッツで復活連載中の『美味しんぼ』(作:雁屋哲 画:花咲アキラ)の事だ。いま環境問題編が書かれており、2010年5月17日発売号がその最終話だった。そこで環境問題に付いて登場人物達が色々言っているのだが、その中で海原雄山はこんな事を言っている。
話の筋としては、ネオニコチノイドが危険と言う医師と科学者に話があり、受動喫煙は子供の脳に大きな影響を与えると言う話になり、科学者が『ニコチンとネオニコチノイドは化学式の上でも非常に似ている』というところを受けての発言です。

海原雄山「ニコチンとの類似性から、子供の脳に影響を与える可能性があるというのは、理にかなっている」

なるほどね。海原雄山を通して雁屋哲はそう言いたかった訳だ・・・と合点が行く。雁屋哲は環境問題において自分の考えを押し付けてしまった。彼の考えが正しいなら良いじゃないか!というのもたしかにある。けれど、一寸真面目に考えてみよう。

海原雄山は(美味しんぼという話の中では)何者か?陶芸家?美食家?精々そんなところだ。美の大家かもしれないが、環境や化学といった科学の大家ではない。あのセリフ
「ニコチンとの類似性から、子供の脳に影響を与える可能性があるというのは、理にかなっている」
を読めば分かる。ニコチンと、ネオニコチノイドの化学式が似ているという話は化学式を図形としてみた場合の話しだ。化学を知っている・・・特に有機化学・・・人にとって、化学式が似ているから性質が似るとは限らないし、同じ化学式でも異性体では性質が大きく異なるものもある。似ていれば同じ性質を持つという一般論が化学で通用するのかは大きく疑問なのだ。
そして、もう一つ問題なのは彼(=海原雄山=雁屋哲)が可能性があるという言い方をしている点である。可能性・・・言い切っているわけじゃない。でも否定はしていない。
 ◯ネオニコチノイドはニコチンのように子供の脳に悪影響がある!というのを100として
 ●ネオニコチノイドはニコチンと違うから子供の脳に悪影響がない!というのを0としよう。
彼の言い方だと99~1までという事になる。これならだれだって言える。そんな事を「理にかなっている」って・・・理(ことわり)ってこの場合なんだ?むしろ理がないんじゃないか?

実際ネオニコチノイドの昆虫に対する毒性については、しっかりとしたルポルタージュもありますが、疫学的、科学的な検証はまだ多くはないが、今までの農薬などと同じ様にまだ時間がかかるでしょう。もしかすると彼(=海原雄山=雁屋哲)の言うとおりネオニコチノイドに子供の脳に対する毒性が検証されるかもしれません。だとしても、彼(=海原雄山=雁屋哲)のマンガはこの問題にいちはやく警鐘を鳴らしたとは思いません。むしろ雁屋哲はオオカミ少年だと思っています。

雁屋哲は原作者として頑張ったかもしれませんが、あまり科学的、実証的ではなく、ニセ科学的な心情論としての環境問題の大家です。
[PR]
by zukunashi | 2010-05-20 23:55 | マンガ(新しい)
最初で最後の歌舞伎座 御名残木挽闇爭と熊谷陣屋
既に歌舞伎座は閉鎖されて、周りは幕に覆われて中には入れないようになっていますが、実は4月某日に最初で最後の歌舞伎座観劇に行ってまいりました。

歌舞伎座では一幕だけをみることができるので、それを買いましたが、私達が行ったときは既に終了1ヶ月を切っていた時期だった為、それすらものすごい行列!!なんとか買えましたがチョット遅かったら4時間後の第2部にされるところでした。

演目はタイトルにもしましたが御名残木挽闇爭と熊谷陣屋です。御名残木挽闇爭というのは今回の歌舞伎座建て替えに合わせての演目のようです。
御名残木挽闇爭
悪七兵衛景清 三津五郎
典侍の局 芝雀
工藤祐経 染五郎
曽我十郎 菊之助
曽我五郎 海老蔵
小林朝比奈 勘太郎
片貝姫 七之助
鬼王新左衛門 獅童
秩父庄司重忠 松緑
大磯の虎 孝太郎
小林舞鶴 時蔵

かたや熊谷陣屋は
熊谷陣屋
熊谷直実  吉右衛門
白毫弥蛇六  富十郎
藤の方  魁春
亀井六郎  友右衛門
片岡八郎  錦之助
伊勢三郎  松江
駿河次郎  佳三
梶原平次景高  由次郎
堤軍次  歌昇
源義經  梅玉
相模  藤十郎
という配役です。知っている役者さんはいますが、歌舞伎はテレビでしか見たことが無いですから化粧してしまえば何が何だかww

ところで、歌舞伎では途中で『中村屋!』とか『成駒屋!』という屋号を叫ぶ人がいますが、私達が立ち見していたところのすぐ横にそれを生業にしている人がいました。芝居が始まる前に
「私ここで大きな声で屋号を申しますが、驚かないで頂けますでしょうか。」
と丁寧に挨拶されました。話を聞くと8年ほどやっているそうで、まだまだヒヨッコだそうです。10年以上やっている大先輩がやっぱり客席の方々に散らばっていて、皆さん独自に間をとって自分がぴったりと思ったタイミングで声を掛けるのだそうです。確かに聞いていると、この人しか言わない時もありますし周りみんなが一斉に声を掛けるときもあります。
あと、やはり芝居の仕草、台詞は全部入っているのでしょう。ここで声を掛けるという瞬間をじーっと舞台を凝視して待っています。(舞台を観ずに何を見ている俺ww)で、当然今回の演目に付いても色々知っていて、特に後でやる熊谷陣屋には、相模を演ずる坂田藤十郎と白毫弥蛇六を演ずる中村富十郎の二人の人間国宝が出ていて、これは滅多に無い豪華な配役ですよ、などと細かく教えてくれる。精通しているわけではないので、聞いても今イチピンと来ないんですが、それでも芝居をみればたしかに動きには張りがあるし声もしっかりしています。

今までアングラの芝居や新劇ばかりを見てきて、どちらかと言えば歌舞伎は私の趣味の埒外にありました。
でも今回見に行って分かりました。食わず嫌いはイカンぞ・・・と。
逆にこういう大きな歌舞伎座だから仕方が無いのかもしれませんが、幕が上がっても客席は多少ざわざわしており、携帯電話はたまに鳴ってましたし、遅れて平気で入ってくる人もいました。アングラの芝居、小劇場の芝居と熱気、テンションという意味では冷めて、低い感じがします。

立て替えて新しいのはビルになっちゃうそうですが、それでも新しくなったら見に行きたいね。
[PR]
by zukunashi | 2010-05-18 00:07 | 映画・演劇・音楽
キャンプ
a0008523_2035265.jpg

深々と夜も更けてきました。
気温も既に一桁台まで下がってきました。
[PR]
by zukunashi | 2010-05-02 20:35 | 未分類