<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
演劇集団ふれる~じゅ 「Virtual Age」壊れていくこの世界で 劇評
4月は結構演劇や芸能に触れる機会の多い月でした。
演劇集団ふれる~じゅ-a public Performance-toward the 20th Anniversary vol.1 と銘打ってVirtual Age 壊れていくこの世界でという芝居を見に行ってまいりました。まあ例によって例のごとく既に終わっているお芝居なんです。

で、まず単刀直入に言えば面白かったです。今年見た芝居(少ないですけどね)の中でも一番面白かったです。

で、何が面白かったかといえば 1.破綻しなかった台本 2.必要なマイムをしっかり入れる 3.声 じゃなかったかと思います。

1番は大切ですよね。話の筋道は途中で 工エエェェ(´д`)ェェエエ工工って言われたらおしまいだと思います。SF的題材の場合は特にそうです。空想科学だから、ファンタジーだからという事でいい加減なプロットを出してくれば、いい加減さをごまかす為にさらに素っ頓狂な話になりかねません。まあそれを売りにするのもひとつの手ですが…。

2は具体的に言えばちゃんと扉があってそれを開ける仕草や靴を履く、物をしまう、電気をつけるなど日常の動きがしっかり入っていたこと。あまり重要視されないことが多いんですが、マイムがきっちり出来ていない人の動きは、無駄な動きとが多いし、逆に必要な動作・・・例えば部屋に入って扉を閉めるとき、どこのドアノブを握っているか、ごはんのシーンで近くの醤油を取る時にお茶碗をどう置くか・・・が端折られてて、芝居が無神経に見えたりします。

3については、普通小さな小屋でやる劇団の声が後ろまで届かないことってあり得ないんですが、時たまあります。私は基本的に最前線で見るのが好きなんですが、舞台袖でうつむいて話すようなシーンで、たまに聞こえない役者さんがいます。発声がしっかりしてなくて、声が聞き取りにくいと言うこともママあります。怒鳴る声、小声、猫なで声。どんな声でもちゃんと聞こえてなんぼです。

と書いていくと、これって当たり前の事なんだと思うんですが、逆にこれらがしっかりしていると安心して身を委ねられます。

今回この芝居で面倒な役をやったのは教授役中田守(劇団ほんしめじ)とワタナベ役麥倉和充のお二人ではないでしょうか。他の役はハイテンションで泣き笑い怒るのですが、この二人はその激情の世界からチョット外れた所にいつもいます。また、始まりと最後で全然イメージが変わった役としてヒロインの同僚役をした大橋公之でしょう。最初は軽薄で表裏のある嫌な性格だなあと思わせておいて、最後には素直で几帳面な役に見えてきました。また、芝居が終り外で帰るお客様と談笑している姿を見て驚いたのは、アンジョウコウタ役の蛯原崇です。熱血漢というイメージが強かったせいも有って、腰の低い愛想笑いを見てビビりました。あと、叶わない恋に身を焦がすカワムラハルカ役の末永みやこは、突拍子も無いテンションをしっかり維持して、バカっぽい役を本当にバカっぽく演じていました。

良い話をありがとう。補足ですが、連れて行った女の子(役者)とうちの奥様が最前列で盛大に泣き笑いしていました。
[PR]
by zukunashi | 2010-04-25 20:05 | 映画・演劇・音楽 | Comments(0)
4月の映画の日『フィリップ、君を愛してる!』『Dr.パルナサスの鏡』2本立て!
久しぶりに映画の日に映画を見に行ってきました。2ヶ月ほどいいのが無くて見に行ってなかったんで。

ということで、早速・・・

まずお昼に見たのが『フィリップ、君を愛してる!』
ジム・キャリーとユアン・マクレガーの<想像を超える驚愕の実話を基にした脱獄ラブ・エンタテインメント>
なるほど想像を超えてました(笑)何がって?全編エロですよ。まず初っ端からゲイを隠して夜の夫婦生活をしている場面があり(リンクをクリックすると出てくる予告編にも出てくる)その後髭面の男との浮気場面が画面いっぱいにデーンと・・・_| ̄|○・・・はうぅ・・・セリフもそこで「俺の〇〇に出せ!」 R15指定(15歳未満禁止)も当たり前かと。
そんな感じでまずハードに始まったこの映画、何がすごいって主人公が好き勝手に生きるそのパワーが凄い。瀕死の事故のあと「自分に正直に生きる!!」と決めたのはイイけど、自分に正直=欲しいモノ(男)は手に入れる、ですね。そしてその生活の為に金が必要。ココら辺はなんていうかよくありそうな話し。男を女に変えれば、そこら中に転がっている。そしてその金は普通の生活じゃ手に入らないから…詐欺をして手に入れる。この最後のところが分からない。ていうか、詐欺をしているという意識がないんじゃないかな、とすら思う。
で、映画の中では全く触れられていないんだけど、主人公のスティーブン(ジム・キャリー)はIQが非常に高いらしい。そのせいか詐欺で人を騙すときも、結構大胆かつ何回もやったうえで、結局刑務所送りに。でも刑務所の中で彼は法律を勉強して、おかげで偽弁護士になれるほどの知識を獲得。そしてそこで最愛のフィリップ・モリス(ユアン・マクレガー)と出会うのだ。ところでフィリップもチョットどころかモノ凄く普通から外れている。ていうかスティーブンの横にいると常識人に見えるけど、実はこの人も結構な非常識(笑)と言うかかなりの天然ボケである。
ここからしばらくネタバレ
という事で、インモラルが受け入れられて、ゲイの性生活に多少ナリと興味があれば二重丸◎インモラルが受け入れられれば丸◯、そう言うのはチョット…という人はやっぱり丸◯。自分じゃ絶対体験出来ない事を見るのもいい経験ですぞ。

さて、2本目は『Dr.パルナサスの鏡』私の大好きなテリー・ギリアム監督の最新作。ヒース・レジャーの遺作として有名になってしまいましたが、彼の役柄は非常に重要なんですが、彼も詐欺師役です。詐欺の映画を一日2本見たことになります。
さて話しの筋書きは省略します。分かり難いんで。
まず、予告編を見て映画をみるとガッカリすることがあります。ヒース・レジャーの役はもっとイカレています。あんな颯爽としていないです。そして予告編では彼がまるでナイト役でヒロインを助けるために鏡に!という感じですが、それも違います。なのでもう今言っても始まりませんがあの映画の予告編は見ちゃダメです(笑)
それを前提に話すと、映画の中の世界は混沌と秩序のゲームです。どちらも決定的ではなく、持ちつ持たれつです。秩序を神、混沌を悪魔と呼び変えてもいいですが、逆かもしれません。どちらにしても人の世は秩序も混沌もどちらか一方ではなく、両方とも必要です。そんな寓話です。

こんなふうに言うと詰まらなかったのかと思われそうですが、実は結構この話は好きです。ただ正直な話、ヒース・レジャーが亡くなって、ソコがクローズアップされたせいで、この映画の本当に面白いところが霞んでしまったんじゃないかと思います。そしてあの予告編に騙されてみた人が…(笑)
傑作というのではないです。『バロン』『12モンキーズ』などが好きな人はこの映画も好きになれるのではないでしょうか。私がそうですから。

2000円で2本。4月1日なのに嘘を吐来ませんでしたが、代わりに嘘つきが出てくる映画を見て幸せになりました。

.
[PR]
by zukunashi | 2010-04-22 13:48 | 映画・演劇・音楽 | Comments(0)
甲羅干し
a0008523_10223870.jpg

こちらは仕事待ち。

児童公園でのんびり。
でもこの児童公園は児童はいなくて老人と中年ばかり。

この亀も幾つだろうか。
[PR]
by zukunashi | 2010-04-21 10:22 | 未分類 | Comments(1)
ドラッグとホメオパシー 社会的な毒性はどっこいどっこいか?【追記アリ】
沢尻が大人になった理由(リアルライブ)を読むと、ドラッグは完全否定だけどホメオパシーで「落ち着いてきたし、ちょっとは社会性も出てきたんじゃないかと思う」と仰っているそうです。

まあ社会性云々は置いておくとして(つ´∀`)つ最後に取って付けたように一方ではニセ科学との声もあるようだ。と書くのがリアルライブと言うニュースのギリギリの良心なんでしょうね。その何倍もの行数を割いてホメオパシーの翼賛記事を書いてますけど。

で、ある程度正しい情報が伝えられればいいですが、それは期待出来ないです。

だいたい、ホメオパシーの紹介文もいい加減だし。

ホメオパシーが沢尻という女優を大人にしたと言うことなんでしょうが、薬(のようなもの)で大人になるのがいいことなんだろうか?いい年して落ち着きが無いから、坐禅組んだり、お茶、お花、礼儀作法のお稽古事と言うのはあるけど、薬・・・といっても砂糖玉だけど・・・を舐めて落ち着かせるって、なんかカルシウムサプリを舐めて怒りっぽいのを沈めるみたいなもんなんでしょうか。やめると元に戻るのかな?

何れにしても、セレブがハマってようと、沢尻が絶賛しようと、ヨーロッパでは『効果はない』と言われてきているものを、そういう経緯を無視して提灯記事を書くのは如何なものでしょう?

とはいえ『「政財界、芸能などの内幕情報」から「UFO目撃情報」まで網羅した ユニークな企画のニュースサイト』媒体社とユーザーをつなぐ「株式会社フェイツ」|業務内容よりというゴシップサイトなので、人気が出れば何でもありなんでしょうか。

一応ジャーナリストなのかね、この記事書いた人や、掲載を決めたデスクは。

追伸(4月24日深夜)
[PR]
by zukunashi | 2010-04-19 23:16 | えー?! | Comments(1)
そろそろ春?
a0008523_117673.jpg

[PR]
by zukunashi | 2010-04-07 11:07 | 未分類 | Comments(0)
きっと何か意図があるんです
a0008523_1047077.jpg

でも『バカサカ』としか読めない…(>_<)
[PR]
by zukunashi | 2010-04-07 10:47 | 未分類 | Comments(0)