<   2010年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
iPadにするか…
タイトルを読むと、iPadをすぐ買うかのようですが、実はそのつもりはありません(笑)

家にはアップル製品が3つしかない(初期のiMacとシェル型iBook、初代iPod nano)ですが、実はアップルファンです。新製品が出る度に、アップルストアーを見てため息をついています。その中でもiPhoneは実に欲しかった。3GSが出てきた事で、今の携帯解約して・・・と思いつめた時期もありました。

ですが、近ごろは多少冷めてきて今回のiPadも「( ´_ゝ`)フーン」とクールにスルーしています。何故そうなってきたか・・・

理由は大体3つあります。

1つは価格的な問題。
全体的にアップル製品は高額というのが通り相場ですが、Mac miniや今回のiPadなどは低価格の方になるでしょう。とはいえWifiモデル(無線LANだけ)で499ドルからですから安いと言ってもたかが知れていますね。5万円が最低価格ということです。
威張るわけじゃないですが、5万円も携帯やそれに類するもの、またはパソコン本体に金をかけたのは何年か前に奥さん向けパソコンを20万円で自作したのが最後で、一昨年のネットブック、今年のvisutaノートパソコンの中古も5万を切っています。

2つ目は機能について。
たぶん私がこういうポータブル機器を使うときに一番したいことは、このブログを更新すること。だとすると、周辺機器がない上にカメラが付いていないiPadでは・・・。
かといっていまだに電子出版なんて携帯のマンガか小説ぐらいしか無い日本の現状では、どうみてもでかくて高いiPhoneにしかならない様に思います。もしiPhoneと同じだとしたら、それでもセカイカメラが出来るのならチョット惹かれたかもしれないんですが、カメラすらないので。それにだいたい日本の出版業界は紙媒体での出版にこだわっていまだにネットインフラを軽視している・・・は別の話題なので置いといて(つ´∀`)つ・・・・・・

最後は機能に近い話しなのですが、今興味があって実際触ってみたいのは、クラウドコンピューティングです。リンク先のWikipediaや@ITの記事をご確認いただければ幸いです。これに一番近いのはGoogleのChrome OSとその搭載ネットブックになるでしょう。
それでも今のところGmailやグーグルドキュメントなどを使っているのでそれなりに使っているとは言えますが、OSはWindowsですから、クラウドコンピューティングのソフトが搭載されているWindowsを使っている訳で、もっと純粋なクラウドコンピューティングは、どのようなものになるのか?という興味が非常に大きく且つ長続きしています。
その点で見るとiPadはソフトをダウンロードして使う従来のインターネット端末です。

という事で、長々と書いてきましたがほしい物リストを今考えると、iPadは…ベスト10には入っています。とは言っても一番欲しいものだって買えない現状ではねぇ(笑)

一応今年中(始まったばかりだけど)にはChrome OSはリリースされるでしょうから、それをうちのネットブックにインストールして、車で移動中もネット接続が出来るようにして楽しく旅行が出来るようになれば良いなということで〆です。
アップル製品はまたそのうち余裕ができたらね…
[PR]
by zukunashi | 2010-01-30 18:40 | PC・web | Comments(0)
お祭り企画PaiPaiPai公演 『隙間から見えるもの』
ふぇいく。のkemichoさんが出演しているお祭り企画PaiPaiPai公演 『隙間から見えるもの』 を見てきました。

例の通り楽日のソワレでネタバレも出来るけど、これを見てもその公演はもうやっていないというひどいレヴューです。次回公演を見るかどうかの判断材料にして下さい。

場所は高田馬場プロトシアターで、昔から名前を知っている所だったんですが、足を踏み入れるのも初めて。バイクの後ろにいた奥様が見つけてくれなかったら、そのまま通り過ぎていたかもしれないほど地味な芝居小屋です。

お芝居の内容は…チョット遅刻したんですがそれでもすぐに分かるほどシンプルです。
男二人女一人という仲良しグループ。チョット神経質で内向的な天美(ベルヨシダ)と鷹揚で社交的な(藤丸亮)そしてかつて見かけた星を探している好奇心旺盛で明るい(中佐真梨香)。
天美の親の織姫(大菅宏子)のお店に酔っぱらいの宙太(溝口ケンジ)がやって来て、織姫に恋をして猛烈にアタックをし始めたことで、3人の仲はすこしずつ変わっていく。大人の恋愛がまだ幼い3人を強烈に揺さぶっていく。
そして亀裂が入ったとき、探していた星が空の前に姿を表す。
空はいなくなり天美と翔は空のいるところに行くために星を探す。そうして空の所に行けたとき、天美は気が付いてしまい、皆の所に帰れなくなる。そしてしばらくして、彼の元に翔、空、宙太がやってきて天美は空に告白。もう一度みんなの元に帰る。
『おかえりなさい』久しぶりの世界で聞いた言葉は聞き慣れた挨拶だった。

キャストは上記の5人にプラス宙太の妻陽子(伊東安美)とストーカーな娘月夜(池崎恵美子)を加えた7人でした。
そして舞台に立った全員が、ちゃんと役柄を割り当てられ(本当は当たり前ですが)完結する。これがちゃんと出来ていたのが良かったです。

溝口ケンジさんは主宰と言う事もあり、風格のある素晴らしい演技でしたヘ(^▽^ヘ) ヨイショ
大喜利でも客の受けを独り占めする素晴らしいネタを披露してくれましたヘ(^▽^ヘ) ヨイショ
突然のアドリブにも、戸惑いを見せずしっかりとした技で応えてくれましたヘ(^▽^ヘ) ヨイショ

とまあこんな具合で…まあ冗談ですが(^▽^) でも冗談抜きにして、芝居を楽しめました。

役者さんで気になったのは溝口ケンジさんは当然として ヘ(^▽^ヘ) ヨイショ 織姫役の大菅さんと陽子役の伊東さんの女性二人。
一番変な役なのに、劇中のセリフじゃないですが正直に偽らない感じが出ていた大菅さん…

と、女らしさをとことん追求してみました的なキツイ悪魔的美女役の伊東さん。

織姫は自分に素直になったおかげで変態呼ばわりされるのですが、素直にああ、そうなのね。と思わせる純朴さがありました。もともとこういう人なんかなぁと思いつつ、芝居が終わってから話してみようかと思って忘れていました。

陽子は最後の最後の泣かせるセリフにモノ凄く実感がこもっていました。アレを受けて宙太役の溝口さんのセリフも泣かせるものがありましたが、万感の思いをかけて言い切った伊東さんの方が、カッコイイ女として記憶されたのではないでしょうか。会場にはある筈のない蠱惑的なフレグランスすら漂っていたような気がします。

いつわらざる思いとして、もう一回見てみたいなぁ、と思いました。今度はシリアスな悲劇とか、逆にコテコテのシチュエーションコメディとか。
[PR]
by zukunashi | 2010-01-24 22:05 | 映画・演劇・音楽 | Comments(1)
旅立ち
ああ、お前ってそんなに私の中で大きな存在だったんだなぁ、と感じた次第です。

大学時代の友人が昨日亡くなった。

昨日…私はセッションで叩く曲の事で頭が一杯で、23時にセッションが終わって、あー楽しかった、あー疲れたと思っていた時、彼は逝ってしまっていたんだなぁと、今更のように思う。

去年の秋に会いに行きその状態に愕然として、彼の手を取り、力なく握り返されたその感触が、彼との最後の邂逅になってしまった。

彼の手を握り、学生時代を思い、そして未来を語り、再会を約した筈が、二度と会うことなかった。

諸君、微塵にも後悔したくなければ、友を作らず、責任ある職に就かず、人を愛さず、何も求めず、期待してはいけない。

私達は後悔する生き物なのだ。

後悔して、その痛みを見に刻んでも尚、友を作り、人を愛し、求め、期待し、生きて逝きたい。

彼の死も、病による理不尽な死では無く、1つの人格の尊厳を持った終りであったと願い、急に思い出した言葉を記して、この混乱した文章も終りにしたい。
a0008523_23202118.jpg「人間は歳をとるにつれて、その視界は拡大される。生活の可能性は、しかしいよいよ小さくなってゆくのです。おしまいに残るのは、ふと瞳をあげ、ほっと最期の一息をつく。それだけのことなのです。その瞬間おそらく人間は、その全生涯への展望をもつことでしょう。最初にして ---最後の展望を」
(『増補版 カフカとの対話』グスタフ・ヤーノホ 著 吉田仙太郎 訳 筑摩書房 1994)

[PR]
by zukunashi | 2010-01-24 14:23 | | Comments(0)
日本伝統芸能の隠された一面
a0008523_1313819.jpg


ただ単に歌舞伎座の傍のビルが建て替えで壊されて、今まで見えなかった歌舞伎座の一部が見えただけなんですけどね。
[PR]
by zukunashi | 2010-01-23 13:13 | | Comments(0)
ゴッドファーザーを思い出す
a0008523_10193637.jpg

[PR]
by zukunashi | 2010-01-12 10:19 | 未分類 | Comments(0)
や…そう言われても…
a0008523_16103781.jpg

パスタにステーキをのせてスゴイボリュームなんだけど、この店、名前は釣り?マジ!?

食べてみたいけど、何かナチュラルに拒絶されている気がする。
[PR]
by zukunashi | 2010-01-06 16:10 | 未分類 | Comments(4)
例えばこんな新年
a0008523_2132147.jpg

[PR]
by zukunashi | 2010-01-01 02:13 | 未分類 | Comments(9)