<   2009年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧
クモノス(XMONOS)旗揚げ公演 『雨、月に舞い散る花』
えー久々の演劇です。芝居です。舞台です。

自分が出演するわけじゃないのにワクワクです(笑)

しかしこの頃自分で調べて見に行く芝居が減って、知り合いが出ているからという理由が増えました。イカンです。先日調べていたらイシダトウショウさんの舞台があったのですが、気がついたら終わっていました。遺憾です。

さて、今回の芝居もご多分にもれず知り合いが出ていました。劇団名は変わりましたが以前見に行った芝居と作演出が同じなので、同じ劇団として良いかと思います。前回の芝居は芝居見てきました・・・「対角線に浮かぶソネット」でした。しかし今回は旗揚げ公演です。新たな展開を見せてもらえることと思います。

さて、今回の芝居はSF仕立ての世紀末物です。
というと実は前回の「対角線に浮かぶソネット」もそうでした。
この2作品『『雨、月に舞い散る花』と『対角線に浮かぶソネット』は非常にプロットが似通っています。
◎SF仕立てであること。
◎世紀末的な話であること。
◎大量にヒトが死んでいること。
○劇中でもヒトが死ぬこと。
○最後に何かが残ること。
●パリは映像を撮ること。
●一回は明かりを持って踊ること。
●エリートよりヤンキーの方が強いこと。
等々・・・・・・

●はプロットとは関連が無いですが、まあ似ているという事で書きました。
類似点が多いせいか二作品目なのにちょっと食傷気味です。
しかもそこに非常に単純な二項対立が軸になり話が進みます。 『雨、月に舞い散る花』ですぐに分かるものだけでも【行く人と待つ人】【熱く夢を語る兄と冷めて今を楽しむ弟】【エリートとオチコボレ】【希望と絶望】で、これらは形は違えども両作品に出てきています。この脚本を書いた乃木太郎氏の癖なのかそれとも意図しているのかわかりませんが、これらの事を話に織り込んでいく事で肝心の筋書きは単調になっていきます。
というのもその対立がこちらの予想の範囲内で収まっていくからです。例えば熱く夢を語る兄はそのせいで死に、冷めて今を楽しむ弟は生き残る。エリートはひ弱でオチコボレはしぶとい。絶望が支配する世界に希望が最後に花を咲かせる(文字通りの意味で)等々・・・・・・。
サスペンスドラマのよな意外性がすべての芝居に必要とは思いませんが、ありきたりの「どこかで見たことのあるような」話になってしまえば、何か別の面白さを期待したくなります。

ということで今回のクモノス旗揚げ公演については残念としか言えません。今後彼らの劇団がどんな自分らしさを発揮して、その結果どんなふうに変わっていくのか・・・興味はあります。

さて細かく見て行きましょう。(ここから敬称略で書いていきます)
石川幸造は科学者の役でした。一番印象に残ったのは彼でした。
非常に重苦しい雰囲気を纏い、背中には陰謀のオーラが噴出していました。キーになる役どころをしっかり演じたのですが、あえて一言付け加えるとすれば、次はもっと強烈な芝居を見たいなぁと思います。もはや千秋楽も終わりネタバレ云々をいうことも無いので、最後に毒をあおって死ぬシーンだけト書きに『瓶を取り出して飲む』と書いてあったから飲んだように見えました。他の演技とはそこだけ違っていました。
山崎洋介は艦長の役でした。
彼は必死で演じているように見えました。演技をしている!という風情がありました。艦長を演じているのではなく演技をしていたんじゃないかな?と。臆病で神経質な演技をしていたのできっと『彼が思う神経質で臆病なヒトはああなんだろうなぁ』という事は分かりましたがあまり芝居に馴染んでいるようには感じませんでした。
赤見康夫はエリート科学者で宇宙船のクルーの役でした。
違和感なくオチコボレと反目していましたが、彼もそういう演技をしているなぁと感じてしまった一人です。
藤井靖はパリというあだ名で、映像作家として宇宙船に乗り込んでいる役でした。
パリはたぶん(作演出の)乃木太郎が拘っている役どころなんだろうと思います。彼が出てくることで無用に話が盛り上がったり、盛り上がりに水を差したりするある調整役であり、話の重要な部分をさらっと一言で言ってしまうような便利な役です。天真爛漫で非常識、自分勝手、自己中なキャラクターです。
彼はこの役を無難に演じたのではないかと思います。ただあまり心には残らなかった。最後にあれだけ熱く語ってしまうとね、なんかそれまでのキャラは猫かぶってたの?という疑問が残ります。
乃木太郎は宇宙船クルーの【熱く夢を語る兄】と地上でラジオパーソナリティをする【冷めて今を楽しむ弟】の二役でした。彼は作、演出も兼ねています。
話の中で多く出てくる二項対立は彼の役(双子の兄弟)が元になっていると言っても良いのではないでしょうか。そして最後の最後の弟の台詞を使いたいが為にこの芝居を作ったのではないでしょうか?と深読みしてしまいます。とはいえちょっとキツイ言い方をすれば、どれも(脚本、演出、役者)中途半端という気がします。意欲は買います。
木ノ下鈴は科学者の夫(石川幸造)を持つ妻で自身も科学者の役で出ていました。
研究でも家庭でも若干ギクシャクしている、という役だったのでしょう。シーンシーンを思い出すと印象が強いのですが、その間はどうしていたのかあまり思い出せません。ある意味女優としてしっかり自分を出していたと思うのですが、脚本のせいなのかそれとも・・・あまり話にしっかり絡んでいたとは思えなかったのは残念です。
島村彩也香は謎のクルーで実はテロリスト(自称)という役でした。
ウ~ン。不思議ちゃんで何を考えているのかよく分からないけど、激昂するとものすごく弁が立つ。重要っぽく期待を裏切らない役です。
た・だ・しアロッタファジャイナの頃から何故か彼女は同じような役ばかりを演じています。違う劇団の芝居を見たときはそんな事はなかったのですが。また、今回の芝居ではこの役に上手くはまっていたのかといえばそうは見えませんでした。二面性を持った役なのに、その切替が上手く行ってないように感じました。
滝野裕美は地上に残って婚約者の帰りを待つ花屋の店長の役でした。
古典的な待って耐える女という役で、最後まで生き残る数少ない役です。地上に残った弟を兄と比較して拒絶するというある意味一番やっちゃいけない事を平気でしてしまう無神経なキャラですが、ソコソコ強く、ソコソコ儚く、ソコソコ弁も立ち、ソコソコ明るい。可もなく不可もなく、悲劇のヒロインでもなければ自立した女でも無い。今風といえなくも無いが、古臭いともいえる。舞台上で魅力あるキャラクターでした。女性では多分彼女が一番分り易く、説得力のある演技だったです。とはいえ話の中にはしっかり埋没してしまって、芝居全体では印象が薄くなってしまったのも確かです。
坂井里会はオチコボレ代表でエリート科学者のクルー(赤見康夫)と死ぬまで対立する役でした。
ヤンキー言葉で男勝りで姉御肌。クルーの中で唯一月に降り立った役(?)です。弱い所を垣間見せる台詞もあるのですが・・・なんか取って付けたような感じがしたのは残念です。話では首尾一貫してエリートと対立して、オチコボレの生命力を見せつけて舞台を去ります。

最後に、理系的な目で見るといろいろ疑問点はあります。まあ一般の人の科学観、科学をどう捉えているかという事に、細かくダメ出しをする事があまり意味の有ることじゃないと思っているのでそこは華麗にスルーします(同じようにサマーウォーズもスルーしました)。とはいえどんな芝居をしたいのか、どんな楽しさ、どんな感動、どんな共感が得られるのか、今のところ全く未知です。未知数です。はっきりしろ!と言いたいジレンマがあります。はっきりしないのがうちらなんだ!と言われたらそれまでなんですが。

で、最後の最後にちょっと経済的な話します。
あの上演場所であのキャパであのチケット代はどうだろうかと思う。足が出てしまうような公演を打ちたくないとは思うが、上を見てこれから劇団を有名にして、役者を有名にして、大きな箱で芝居をしたいという価格設定にして欲しいと思った。具体的に言えば前売り2500円当日2800円(ほとんど前売りと優待で当日は少ないと思うが)は高い。友人知人ならいざ知らず、そのまた友人知人を呼ぼうとすればためらわれる額だ。ファンを増やし次の芝居の方が多い観客の前で芝居を打ちたいなら額を落とすべきだ。その額も具体的に言えば1500円から1800円(映画と同じぐらい)4人で来て1万円でもお釣りが来る額に設定すべきだ。お釣りで近くの喫茶店や居酒屋やバーに入って面白かったねーと盛り上がれる位にしておいた方が良いのではないか?次に見に来たいと思える芝居をすることが重要だが、ある程度気軽に楽しめる価格設定も重要だ。

これについては私事で恐縮ですが、大昔に遊気舎の芝居に足繁く通いました。その頃遊気舎は一公演1000円台で下北沢の駅前劇場でした。彼女(今の奥様)と見に来てその後下北で飲んで芝居の感想に花を咲かすというのがいつものパターンでした。すべての人がそうだとは言いませんが、面白い芝居を見てその話を一緒に行った人とする、または芝居好きな人として次の芝居への期待が膨らむと思います。今は遊気舎やPiperも高いし大きなところでしかやらないのでまず滅多に見に行かなくなりましたが、芝居情報を見て安かったら行こうかと思っています。そんなもんじゃないでしょうか。確かにペイ出来ない状態で役者に負担が行くのは辛いですが、もっと大きな小屋でもっと評判をとって、もっと言い演技をしたいのなら、今もう少し切り詰めて考えてみるべきじゃないでしょうか。物販も良いでしょう。脚本を売ったりCDを売って次に繋げるのも良いと思います。が、シビアな言い方をすれば脚本を売るよりもう少しいい舞台装置を設置したらどうでしょう?CDの売上でもう少し照明を吊るした方が良かったんじゃないでしょうか?芝居にかける工夫の余地がまだまだあるように感じました。演出にも役者にも。
[PR]
by zukunashi | 2009-12-29 00:38 | 映画・演劇・音楽
まじめっちゃ…
a0008523_1321421.jpg

いい天気!

でも今日は実は仕事…何だけどめっちゃヒマ(笑)
休みゃァよかった。

とはいえポカポカ陽気は気持ちいいです(^-^)v
[PR]
by zukunashi | 2009-12-23 13:21 |
久しぶりに忙しい週末
明日からなんやかんやでバタバタと忙しくなっている。

まず明日は知り合いの居酒屋の大将(マスター?)の誕生日だからということで、そこに飲みに行く。

明後日は錦糸町でセッション。でも今回は曲のエントリーをしていないので、叩かないか、人がやらない曲で知っているのだけ。

明後日は野球チームの今年最終戦(朝7時30分から)その後買出しにコストコまで。

明明後日は名も無き宴。

月曜日からは普通のスケジュール・・・のはず。これ以上何かあっても、できません。ひ弱なんだから。
[PR]
by zukunashi | 2009-12-09 23:50 | 小ネタ
ほとぼりが醒めた頃に更新・・・今度は従業員から提訴されて

社員ら7人、一澤帆布を提訴 京都地裁に 賃金支払いなど求め

12月1日20時39分配信 京都新聞
 京都の人気かばん店「一澤帆布工業」(京都市東山区)の社員ら7人が1日、遺言書をめぐる兄弟間の争いの末に最高裁で三男の経営権が確定した直後の7月、会社から理由なく自宅待機を命じられ、賃金を4割カットされたなどとして、同社に全額支給や地位確認を求める訴えを京都地裁に起こした。
 訴状によると、7人は女性で28~44歳。最高裁判決の2週間後の7月7日、経営者の交代した同社は全従業員約30人に自宅待機を命じ、休業した。社員6人は9月から給与を4割カットされ、契約社員の1人は雇い止めにされたという。
 7人は「退職を勧められたが、納得いかない」、弁護団は「前経営者の長男が採用した従業員は使いたくないという発想だ」と主張する。
 三男の一澤信三郎取締役(60)は「離れていた間に一澤帆布の物づくりは変わっており、再開のめどが立たない。退職金支払いも含め誠実に対応してきたつもりなので残念」とコメントした。

最終更新:12月1日21時59分 
とのこと。
他の新聞では「全従業員7人(読売新聞)」と書かれているところもありますが、もといた30人余りの社員の内残った7人ということなんでしょうか?とはいえ新たな訴訟です。

さて、こういう形で代替わりをすることが一般の会社ではあまりないことですが、争っていた相手に変わってしまった場合でも、その従業員を馘首にする事が出来るかといえば非常にう疑わしい。(法人として会社と契約しているから)
また従業員の退職が前提で一澤帆布を休業していたのだとすると、一澤帆布は廃業するのかそれとも新たな従業員を雇い直すのかどちらかという事になります。もし後者だとすればニュース記事の弁護士の言い分は当たらずとも遠からずという事になります。1年しか仕事してないのに退職金というのもおいしい話だとは思いますが。とはいえ退職金を払えば安易に馘首にできると思っていたのだとすれば、ちょっとおかしい常識だと思います。

前にも一澤問題で書いた覚えがあるのですが、こういう訴訟だとか労使問題などについての相談相手はいないのでしょうかね。傍から見ていると何で?と首を傾げたくなる体たらくです。京都なので武家の商法というより公家の商法なのかもしれませんが。

私の中では、一連の騒動の一つのキッカケとして、一澤信三郎氏サイドの脇の甘さも問題なのではないかと思い始めています。
[PR]
by zukunashi | 2009-12-06 17:57 | 事件・事故
友人の病気に関する覚書
結局9月から3ヶ月悩んで書く事にした。

彼とは、学部学科や違うが大学の同期入学で、中退して出る時も同じだったと言う稀有な友人だ。私は遊びすぎて学校に行っておらず、7年間も大学にいたくせに4年時の取得単位は2だったほどの劣等生だったが、彼はなぜ卒業できなかったのか、その理由は知らなかった。彼は民青同盟に居たり、吹奏楽でピッコロを吹いたり、私の居たSFアンドmystery研究会では小説を書いたり宴会芸を披露したりとある種多芸多才なところがあり、私のようなただ何もしなくて良い学生時代を何もしないで過ごしていたのとは違っていた。きっと学業以外に熱心になってしまって卒業を逃したのだろう。そう思っていたし、それについては今でも理由を聞いたことがない。問題は中退した理由ではなく、入学と中退が同じだったという妙な相関があったということだ。

ただそれだけで私は彼のことが多少他の同期や後輩や先輩より違うと感じていた。そして折にふれて彼は今どうしているのかを考えていた。ただし本当に彼の動静を知りたければ、やろうと思えば方法はいくらでもありそうだったが、ただそう思うことで月日は過ぎていった。

ある時、私は自分の妻と妻の友人と一緒に夜のアメ横界隈を歩いていた。一緒に遊んでさあ帰ろうかという道すがらだった。偶然彼に会った。本当に驚いて夜中人気のないアメ横でガッチリ握手をして再会を喜び合った。彼はまだ長野県にいて何かの仕事をしているような話をした気がするがよく覚えていない。私にも連れがいたし彼にも居たのでそう長くは話して入れなかったが、私の奥様を紹介してまた合おうという話をして別れたと思う。しかし実際それっきりだった。だいたいその時に電話番号でも聞いておけば良いのに、電話番号はおろか住所も聞かず別れたのだから、そう安々と再会出来る筈が無い。

それからしばらくしてmixiをやることになった。元はバンドの連絡用として登録したのだが、次第に縁が増え大学のサークルの後輩達にもバレるところとなった。

mixiにはサークルのコミュが出来ていて、そこに彼の入院のトピが立っていた。驚いた事に入院は私とアメ横であった半年も前の話だった。あの時はしっかり歩いていたし全然普通に見えたので大した事はないんだろうと思った。しかし彼から長く音沙汰がなく、訝しく思い始めていた矢先に後輩が自分に来たメールをそのトピに書き込んだ。内容は携帯の機種変でmixiには入れなくなっている事と、病気が進行したためメールも打てないという話だ。前者は良いとして病期の進行??どういう事だ?あの時はピンピンしていたのだが・・・。

それからしばらく彼の事が頭の隅に引っかかっていた。病気について特に何も書かれていなかったのでどんな病気かわからない。それにも増して病気でメールが打てない・・・?

分からないという事は不安になる。分からない状態で色々考えると不安が増加する。とはいえ理由もなく彼の家に行けるほど余裕はないので、奥様の実家に行く時に寄ろうと考えた。彼が今住んでいるところが意外と近くだったのだ。そしてその時がきた。

9月に奥様の実家で法事があり丁度いい機会だったので彼に会うことにした。

行く2週間ほど前に一度電話を入れたが、留守電だった。メールも送ってみたが返事はなかった。

突然訪問することになる。意外とシャイなのでそういうのは苦手なのだが、仕方がない。

それ以外にも誤算はあった。車で行くはずだったが車が壊れてしまった。(それからおよそ3ヶ月かかって今日直って帰ってきたよ)久しぶりに新幹線で行くことになり、時間に余裕が出来たので行きに私だけ寄り道をすることにした。

当日お昼ごろに奥様と別れて新幹線から普通の鈍行に乗り換えて大体20分で駅に着いた。彼の家はその駅から直ぐの所にあるはずだ。とはいえ土地勘が無い場所を歩いているので大回りしたが、やっと彼の家の前着いた。普通の2階屋の民家だった。呼び鈴を押すと老女が玄関の戸を開けてくれた。

大学の友人で名前は・・・と告げると、老女は一旦奥の部屋に入り玄関の私にも聞こえるぐらいの声で用件を話した。中に入ってもらって良いの?というと良いよという懐かしい声が聞こえてきた。老女は戻ってくるとどうぞと中に招き入れてくれた。

玄関を上がり直ぐ横の居間を抜けると応接間らしい和室があり、そこには介護用のベットが置かれていた。その傍にラジカセが置いてあって何かCDを鳴らしている。そしてベットの脇に車椅子に座って彼がいた。

彼の様子は、最後に合った時から一変していた。
首から下は殆ど動いていなかった。足は細くなり、一見して数ヶ月歩いていない事が見て取れた。それでも首から上は例の人懐っこい笑顔をたたえた彼の顔貌はまだふっくらしており、体だけ妙に病気になってしまっているようで…異様だった。a0008523_23202118.jpg

実際彼は以前入院した時とはまた別の病に罹っていた。その病気がこの記事をあげることを躊躇した原因の一つかもしれない。筋萎縮性側索硬化症。彼にそれとなく病名を聞いた時、彼の口から出てきたその病名は私にとってかなり衝撃的だった。しかしそういう時にとぼけたふりをする知恵を年齢は与えてくれる。もしかしてスティーヴン・ホーキングと同じじゃん?というようなとぼけ方をしたような気がする。それが上手かったか不味かったかは分からない。それ以外にも昔の話や今申請をしてパソコンを買おうと思っているが申請が通るか分からないというような話をした。そしてことわって彼の手を握らせてもらった。力が抜けたその手はそれでもまだ体で意思で動かせる数少ない場所の一つなのだ。じっとり汗ばみそのせいでひんやり冷たかった。男の手をこれほどいとおしく握ったことはこれまで一度もなかった。2時間ほどそこには居たと思う。彼は疲れやすく、しかもなかなか回復しないと言っていた。あまり長居はいけないだろうと思ったが、なんやかんや言いながら、彼の居室の窓から夕焼けが赤赤と空を焼き始めるのが見えるようになるまで、結局そこにいた。また来るからと、声をかけて、またねと再会を約束して部屋を出た。

部屋を出て、彼の住まいを出て、駅に向かって歩きながら大学の頃の彼の事を思い出していた。私も年を取った。腰は痛くなり肩もうまく上がらない。老眼になって近くのものはメガネを外してみないと見えないし、白髪も大幅に増えてきた。あの頃とは違う。でも、やろうと思えばまだ北海道のツーリングは出来るだろう。芝居で役者をやったり脚立に登って照明を設置してゼラを取り替えて角度を変えたり、効果音を録音したりそれを操作したりすることも出来るだろう。酒を飲んで馬鹿話に興じ、キャンプをして夜中の流れ星を数えたりすることも出来るだろう。
しかし彼はあの頃の彼と同じ事は出来ない。彼は・・・新しい彼に変わってしまった。それは私のような老化ではない。病による進化なんだ。そう思った。そう思うしかなかった。だからまた会いに行こう、と。

その夜、奥様の実家で同期の一人にmixiメッセージを送った。彼に合った時の事を、簡単にだけれど要点は残さず書いた。もちろん病名も書いた。

送信して考える。何が彼の為になるのだろうか、と。答えは無い。
[PR]
by zukunashi | 2009-12-05 23:36 | えっ・・・