<   2009年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
一澤帆布に関する新しい最高裁判決について
2009年6月23日 22時01分
<一澤帆布相続訴訟>三男側の勝訴が確定
を見てこちらにお越し頂いたかと思います。

一澤信三郎氏の奥様による訴訟の最高裁判決が出ました。長男と四男からの上告を棄却するという判決が出ています。「(憲法違反や判例違反などの)上告理由がない」という事ですとほぼ門前払いです。

この判決に関して一澤信三郎帆布ではNewsにてこのような記事が上がっています。
ありがとうございました2009/06/25

 最高裁第三小法廷(藤田宙靖裁判長) で、6月23日、「長男信太郎が預かったとする遺言書は、偽物」と言う我々の訴えを認めていただき、逆転勝訴が確定しました。それに加えて、2005年に私達が解任された臨時株主総会の決議も取り消され、兄信太郎等三人の取締役の地位がなくなり、私達が代表取締役に返り咲くこととなりました。
 私達は職人と共に、25年以上に渡って「一澤帆布製」のかばんを作ってきましたが、2005年に代表取締役を解任されてから約3年半の間、一澤帆布に関わることのできない状態が続きました。その間に「一澤帆布製」のかばんが、どのような素材、どのような縫製になっているのかも全くわからずに、今日に至っています。今後さまざまな手続き上のこともあり、どのような対応をするか、今しばらく時間がかかりそうです。その時には、改めて皆様にお知らせいたします。
 社員、職人の頑張りと、皆様の応援のお陰で、この嬉しい結果となりました。本当にありがとうございました。
 今後とも、一澤信三郎帆布をよろしくお願い申し上げます。

                               平成21年6月25日

                                一澤  信三郎
                                     恵美

一澤信三郎帆布ウェブページのNewsより6月25日
一方、今のところ一澤帆布のウェブサイトには、この事に関する告知は一切出ていない。

2回の最高裁判決(最初は2004年11月)で最初は本物とされていた遺言状が偽者と判定された。そのことについては日経ビジネスオンラインの記事から引用させて頂こう。
大阪高裁で逆転勝訴となった大きな要因は筆跡鑑定のやり直しである。今回、信三郎夫妻側は数多くの事件で筆跡鑑定を手がけた神戸大学の魚住和晃教授などの協力を仰いだ。
 その結果、第2の遺言書の中で信夫氏本人の筆癖とは異なる文字が発見された。例えば、ひらがなの「さ」は従来と書き順が異なっていた。信太郎氏は、第2の遺言書を書いた当時の信夫氏は要介護状態にあり、筆癖の違いも変動し得る範囲内にあると主張したが認められなかった。
骨肉の争いが形勢逆転、「筆跡」巡り割れた最高裁判決老舗かばんメーカー「一澤帆布」を舞台に長男と三男が対決 日経ビジネスオンライン
非常に厳しい言い方をすれば最初の判決のときは、そこまでのデータを揃えられなかった信三郎氏のエラーが原因だった。当然だが“偽”である事を証明するのは、偽であると訴えた側がしなければならない。

今後一澤帆布の取締役がどうなり、どういう風に体制を作り既にある一澤信三郎帆布とどう協調して行くのか。それとも一方を潰してひとつだけにするのか?それに信太郎氏が提起した訴訟がまだまだたくさんあるが、それらはどうなるのか?何れにしても時計の針は元には戻らない。覆水は盆に帰らない。日経ビジネスオンラインの記事の最後はこう締めくくられている。
 信太郎氏は2006年当時、条件さえ整えば信三郎氏と和解する考えがあることを本誌に語っていた。

 それは父である信夫氏が、毛利元就の「3本の矢」と同じように、3兄弟がともに力を合わせることを望んでいたからだ。だが、大阪高裁の和解勧告を信太郎氏は拒否した。信太郎氏は既に、共同戦線を張っていたはずの喜久夫氏とも関係が悪化している。

 草葉の陰から見守っている信夫氏は今、何を思うだろうか。
骨肉の争いが形勢逆転、「筆跡」巡り割れた最高裁判決老舗かばんメーカー「一澤帆布」を舞台に長男と三男が対決 日経ビジネスオンライン
なぜ和解しなかったのだろうか?出来ない事情があったとしか思えないが、それによって引き起こされたこの顛末の尻拭いは、当然兄弟3人が行わなければいけない。
もし本当に信太郎氏が和解を望んでいるのなら、信三郎氏の下に就くことも厭わないのではないか。もしまだ自身の正当性を主張するのなら、今度は正しい遺言状である事を信太郎氏が証明しなければならないがそれは無理だ。

結局どんなに泥仕合でも誰かが“負けた”と言わない限り終わらない。

次のラウンドはどうなるのだろう。

私としては、二つのすばらしいブランドとして切磋琢磨してほしいとは思う。アディダスとプーマの逸話はよく引き合いに出されている。ああなってほしくないような、でも・・・。
[PR]
by zukunashi | 2009-06-26 17:57 | 事件・事故
確かにオリオン座だけれどね・・・
[CNN]オリオン座のベテルギウス、15年で15%縮小と 米研究者の魚拓
CNNの記事を読んでいてそこに付いている写真がなぜかオリオン大星雲の写真だった件について。

オリオン繋がりではあるけれど、ベテルギウスは星雲じゃないから。オリオン座で一番明るい上に肉眼確認できる変光星だし、何よりも赤色巨星として小学生に星の話をするときに非常に重宝する、喰い付きのいい話のねたになる星です。

通常この星は太陽系に置き換えると木星の軌道まで膨れ上がった赤色超巨星と言われていました。地球どころか火星や小惑星の軌道もすっぽり飲み込まれているものすごくデカイ星であると。ところが現在は金星の軌道程度まで・・・だから地球は飲み込まれていない・・・小さくなっているという事です。なのに明るさはほとんど変わっていません。確か半規則変光星の場合も収縮すると明るくなり膨張すると暗くなると聞いたのですが。

ニュースにも出ていましたが、もしかするとこのまま爆発するのではないか・・・とするとカニ星雲が出来たときと同じ、地球上から肉眼観測できる超新星になるのではと思われています。まあ爆発するとは決まっていません。分からない事が多すぎますから。

もし超新星となればカニ星雲の距離より1/10という至近距離(それでも640光年・・・光が到達するのに640年かかる)でのものになりますが、どうなんでしょう。これ以後の観測結果が待たれます。

もし超新星爆発ともなれば1054年のカニ星雲の超新星爆発のときと同様に、昼間でも肉眼で観測することが出来るのではないでしょうか。チョッとわくわくします。

そういえば昔星野之宣の「超新星メギド」という漫画でシリウスのそばに赤色超巨星が隠れており、それが超新星爆発を起こし、地球に壊滅的な打撃を与える話が出ていました。ニュートリノ、ガンマ線、衝撃波、そして最後に破片(だったと思います・・・)シリウスが8.7光年と非常に近いのでこういうことが起きるという設定なんですが、もしベテルギウスだったら・・・。

想像は尽きません。

という事で、真っ暗な夜空がありえない東京でも、なんとか見える数少ない星の話でした。
[PR]
by zukunashi | 2009-06-14 06:11 | 小ネタ
備忘録・・・スパムの通報の為・・・だったけど。
Seesaaサービス サポートのご案内
お問合せ
■通報種別:トラックバックスパム
■お問い合わせをされている方の名義:
■メールアドレス:返信不要の場合は未記入で結構です
■Seesaaサービスのアカウント:
取得済み(会員)
未取得(非会員)
■トラックバックスパムを行ったサイト名:
■トラックバックスパムを行ったサイトのURL:

■被害にあわれたサイト名:
■被害にあわれたサイトURL:
■申立内容:被害の状況等詳しくご記載ください。

Livedoorブログ お問い合わせ

fc2 TB・コメントスパム・不適切ブログ報告フォーム

ロリポップお問い合わせフォーム



さすがにこのごろはコメント、トラックバックスパムも来なくなって。
以前は来たら全部通報していたっけ。そのために非公開で上のような記事を上げていて、来たらすぐそれぞれのWebサービスに連絡できるように。
という事で、これももうお役御免ぽいので記事として公開。

今でもアフィリエイトビジネスは安泰のようですが、ソフトウェアでの自動コメント、トラックバックについては精度も上がって、アフィリエイター以外に流れ弾が着弾することも減ってきたようです。まあそんな流れ弾のおかげでリンクしたブログも多少あるにはあるんですけれどもね。

さぁて今日は何をしよう(仕事探せよ!!)
[PR]
by zukunashi | 2009-06-13 09:36 | 小ネタ
開発者でもなんでもないけれど・・・
Googleが横浜で大きいお友達1500人以上に無料でAndroidケータイの実機を配った話 - VENTURE VIEWより

Androidケータイの実機を無料配布したんだったら行きたかった(笑)
ヤフオクで売ったりせずに大事に使いますよ。見せびらかし用という噂もありますけど(笑)

にしてもグーグルは今後どんな会社になっていくんだろう。

ふとアップルの事を思い出した。
アップルは(まだ名前がアップルコンピュータだった)販売店で売り子さんしていた頃は純粋なコンピュータメーカで、バカな事に1台につき2万円ぐらいのボーナスを購入した人に配るというめちゃくちゃ無謀な販売をして、おかげで(なのかどうかはしりませんが)ぶっ倒れかけていました。(スカリー、スピンドラー、アメリオさんがCEOだった頃)
ジョブズが暫定CEO復帰してiMacを発売した頃まではパソコンメーカでしたが(もうその頃は販売店には居なかった)2001年のiPod発売の頃から徐々にパソコンメーカ色が薄れてきてデジタルオーディオも音楽販売もするソフトウェア重視の会社に変容して、そして今の(アップルコンピュータからコンピュータを抜いた)アップルとしてものすごい発展をしています。
でも1995年頃にサンマイクロシステムズ(オラクルに買収予定)やキャノン、ゼロックス、IBM、AT&T、イーストマンコダック、果てはフィリップスまでと会社売却交渉をしていたとはもうだれも思わないでしょう。

グーグルはソフトウェアというより検索サービスの会社でweb上のさまざまなコンテンツをどうやって見つけるのかを広告と連動させて、いまだにそれが収益の大部分を占めていると聞いています。でも、普段使うソフトやサービスとしてブラウザ(chrome)動画配信(YOUTUBE)地図(Google Map,Google Earth)や家のパソコンではOutlookの代わりにGmailですし、写真はPicasaで公開してます。
そこで携帯です。正確に言えば携帯用基本ソフト『Android』です。
ハードウェアメーカではないですが、大きくハードウェアに依存するシステムです。
大きな会社が新しく今までと違うことをするとなると、リスクを考えて買収したり勝てなさそうなことはしないのが普通ですが、Symbian、iPhone、Windows Mobileという先達がいる中に参入していくんで、並大抵の事じゃないですよね。

勝算はあるんでしょうか。

でもそんな事とは別に私もHT03A・・・欲しかった。
[PR]
by zukunashi | 2009-06-12 13:39 | えー?!
科学は人間を不幸にする・・・?
発信箱:むなしい科学=元村有希子(科学環境部) - 毎日jp(毎日新聞)という記事が書かれたらしい。残念ながらうちは新聞を取っていないので分からないが、コラムとしてこういう記事が載ったのだろう。
いったいどういう紙面にどういう形で載ったのか分からないのですが、まあこういう記事が載ったということのみで話を続けていきます。

ところで、科学者たち(と一括りされていますが)は自らの研究成果が戦争の道具になり、その結果多くの人命が損なわれているという事について全く想像したことが無いでしょうか?多分この記者は研究中にその事に気が付き、科学者の責任でそうならない様にすべきだとでも思ったのでしょう。

言い旧された台詞なのですが、科学ではなく、それを使う人間の責任なのではないでしょうか。科学は技術と密接に結び付き、新しい知見は生活を豊かにもしますし人命を奪いもします。そんな事をご存じだと思うのですが。
では何故急にこのようなコラムをこの記者は書いたのでしょうか?
“ 人間はこの60年間、同じことを繰り返してきた。政治家が科学者を利用し、科学者は無邪気に目標を追いかけ、多くの命を奪い、地球を汚し、誰ひとり幸せにしなかった。どう考えても、これ以上むなしい営みはない。”

そういえばたまにこういう風に断定的に物事を言い切っちゃう人がいらっしゃいますが、その言葉が正しかったためしはありません。ソラからの伝言然り、活性水素水、マイナスイオン、波動などのニセ科学然り、911の真相究明をはじめとした『政府の自作自演』陰謀論然り。
たまに知り合いと話していて、「俺は(私は)話を聞けば、真実が分かるから」的な前振りを聞くとかなりゲンナリしますが、そういう事を言う人はものすごく真面目に自分のその能力を信じています。『俺は(私は)分かる!』いえ、分かっていただいてもいいんですが、それが真実だという保証も何も無いのだから、言ったモン勝ちですね。
そうやって言い切ることが出来る人を羨ましいと思いますが、その人のようになりたいとは思いません。人間は事実に近づくことは出来ると思います。もし科学的な事実を『真実』と呼ぶのだとしても、科学には断定的に“こうだ!!”と決定付けることは未だに出来てはいないです。人間も同様ではないでしょうか。

元村有希子記者にとっては『科学者は無邪気に目標を追いかけ、多くの命を奪い、地球を汚し、誰ひとり幸せにしなかった。』のでしょう。何故彼女がそういう結論に達したのかは分かりませんが。唯一つ言える事は、誰一人幸せにしなかったのだとしても、それが科学及び科学者のせいだとは私は思わないのです。彼女と同様に理由はありませんが。

いずれにしても、元村有希子記者のコラムでは小学生時代の読書感想文程度の感傷に浸ることはできるかもしれないですが、そんなに人を幸せにしなかった事でしょう。ただ一人、元村有希子記者は除きますが。

.
[PR]
by zukunashi | 2009-06-11 21:47 | 小ネタ
天使と悪魔 そして スタートレック
1週間で2本の映画を見に行ってきた。一つはベストセラー作家のシリーズ2作目の映画化となる『天使と悪魔』
もう一つはあの偉大なSFテレビドラマであり、映画でもある宇宙大作戦のクルーの若いときのエピソード(だと思っていたのは私だけ?じゃ無いよね!)『スタートレック』

そのどちらにも共通しているのがサイエンス(科学)を扱っていること。ただし前者はどちらかといえばリアルな現実的な科学で、後者はSF(サイエンスフィクション)としてなので、その取り扱いや話に占める比重はぜんぜん違うんですが。

『天使と悪魔』では科学は宗教・・・特にキリスト教・・・と対立しているものとして描かれていて、話の中ではキッカケのような存在です。ステレオタイプな宗教と科学の対立の話が出てくるのですが、ストーリィにはあまり関係がありません。むしろ真犯人について何回もこちらの期待を裏切ろうとする伏線が張られ、非常にハラハラドキドキしました。
ただしサイエンスの取り扱いについては中華の食材を始めて料理する和食の料理人のような感じで、(たぶん原作もそうなんでしょうが)使い切れていないというか、話のリアリティをむしろ薄めてしまってご都合主義的な感じをそこだけ強く感じてしまいました。でも科学的なところ(中華食材)以外のものはさすがに慣れているので、ストーリィとしては面白かったです。(むしろ科学的なところに厳しすぎる私がいけないんだろうと思いますが)あそこの部分だけチョット残念です。

方や『スタートレック』は元々SFとしては非常に定評のある、しかも熱烈な信者もいるドラマシリーズなので、中途半端なことをすればそれだけで非難囂囂。大変な事になるのは目に見えています。それだけに期待と不安が合い半ばだったのですが、SFを大胆に使って設定から歴史まで変えてしまったんですが、でもきっちりシリーズとして辻褄を合わせてきたのは拍手物でした。
それはちょうど中華料理人が使い慣れた香辛料や食材を使って四川料理を作るように、激辛なんですけど旨いという感じです。但し苦手な人はいるので全然だめという人もいますが、もともと辛い料理が好きな人(SFファン)なら結構いけるハズの映画です。

で、私としては『スタートレック』は今年見た映画のトップに来るぐらいのいい映画だったと思っています。いい映画というと芸術性だとかいろいろあるんですが、スタートレックについては文句無く楽しめるエンターテイメントで且つ昔のシリーズとの親和性も高い所がその理由です。
カークは決断力と思い切りと統率力の片鱗を見せ、スポックは地球人とバルカン人のハーフとして悩み、スールー(カトー)は控えめながらも地上に派遣される重要な任務では常に信頼にこたえる頼もしい部下であるし(予断ですが、彼が一番テレビシリーズと似てない気がする)、ウフーラ(テレビ版だとウラとかウーラ中尉だったような気が・・・)は情熱的で知的(で若くてセクシー)。でもドクターマッコイはカークとの友情に篤いのですがあのしかめっ面と毒舌がかなり弱かったような。スコットも職人的な感じが弱くオタクっぽい感じがしました。(でも細かい仕草とか雰囲気は一番似ていた!)チェコフはひ弱な文型少年的な感じよりなんかやっぱりオタクっぽい気が・・・。
いやいやなんか私はトレッカーじゃないのにいろいろごちゃごちゃ細かく書いちゃいましたけど、とっても満足でした。

サスペンス好きなら『天使と悪魔』SFとアクションが好きなら『スタートレック』はお勧めです。
『天使と悪魔』☆☆☆
『スタートレック』☆☆☆☆☆


追記:スタートレックのリンクは英語版を使っています。日本語版のwebサイトだとトップにカーク、ウフーラ、スポックの3人しか出ていないんですけど、英語版だとチェコフ、スールー、スコット、マッコイも出ているのでやっぱりみんな集合していないとダメでしょう。何で日本語版のwebページは3人なんでしょうね。
[PR]
by zukunashi | 2009-06-01 22:50 | 映画・演劇・音楽
3回分の給油記録
ために貯めてしまいました。カングーの給油記録。
言い訳させていただきますと・・・4月末にやっちゃったオイルパン破損の時に、その直前に給油したときのレシートを日よけバイザーにはさんだままにしてしまい、まずそこでチョットインターバルをおく羽目になってしまい、その後ちょいと記事を上げる気力が抜けてしまって・・・ズルズルズルズルっと。

という事で、3回分まとめて給油記録。


a0008523_19352893.jpg
4月3日
三井のプラズマNEXTを117円/Lでいれて・・・
(69714-69299)/40.50=10.24
おお、10km/L復帰。
そこからしばらく乗らなかったんですが、4月末の事故で1ヶ月近くお休み・・・orz


a0008523_1947898.jpg
5月22日
4月3日のときと同じガソリンスタンドで同じガソリンを112円/Lで・・・
(70100-69714)/38.00=10.15
実はまだタイヤがスタッドレスです(笑)
修理で帰ってきて換える暇がありませんでした。


a0008523_19555260.jpg5月31日
三度同じガソリンスタンドで同じガソリンなのに125円/L orz・・・
(70835-70100)/36.50=20.13
でた~!!待ってたよ20km/L!!
といいたいところですが、途中一回義父のカードで給油してます<(_ _)>アリガトウゴザイマス
なので本当は・・・
(70835-70100)/(36.50+26.50)=11.66
それでも11km/Lですね。まあ奥様の実家往復で稼ぎましたね。

さて、そろそろ次の給油ですが、今月はあまり乗っていません。お金ないしね(職も無いし)。但し月末にまた奥様の実家に行きますので、その前に一回給油して、7月はキャンプもあるようです(無職のままか?)なぁんか人生ヤバくなってきた今日この頃ですが、皆様も健やかにお過ごしくださいね(^o^)
[PR]
by zukunashi | 2009-06-01 08:17 | クルマ・バイク