<   2008年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧
という事で・・・・
諸般の事情により、一時ブログ更新をストップいたします。

<(_ _)>

いま明日映画の日に見に行く映画を考えていますけど、一応けじめのようなものが必要だと感じたましたので、そういう決断に至りました。

そうでもしないと朝から晩までパソコンにびったり張り付いていそうなんで(笑)

とはいえ、一応コメント、BTについてはスパム業者さんがいるので定期的に見ています。

私のブログは私の中ではかなり成功しました。今まで長く続いた事が無かった日記の様に日々綴る類の物を、定期的とは言いがたいですがここまで続けて来られたのも、読んでコメントやトラバをしてくれた諸君のおかげです。事情が許せばまたこの『廃園の秋』からもう一度ブログを再開する日まで、一時このブログを中止します。
[PR]
by zukunashi | 2008-11-30 23:58 | えー?!
一澤帆布問題・・・信三郎氏側の勝訴
お間抜けな話で、昨日一昨日と私のブログにかなり(平日の6倍)の人が見に来ていたんで、驚いていたら、横にいた奥様に<一澤帆布>前会長の遺言「偽物」…三男側が高裁で逆転勝訴のニュースを教えてもらった。
イヤー昨日一昨日は仕事が忙しくて(昨日で会社が無くなったので残務整理)会社にいるときにネットを全然見ていなかったし。

という事で、完全に乗り遅れましたハイ<(_ _)>

で、ウィキペディアで一澤帆布工業見ればでてきますが長らく現社長の父(3代目)が亡くなってから遺言状に端を発した遺産相続問題が起きております。(2001年頃から)

今回はその遺言状の真贋ではなく、遺言の無効確認の裁判を三男信夫氏の奥様が起こしたわけです。一審の地裁判決は長男の出した遺言を有効と認めていましたが、控訴審の大阪高等裁判所では無効と判断された模様。

真贋はよっぽど決定的な証拠を出さないとダメでしょうが、有効無効の場合はそれが書かれた状況や個人の状態なども加味されるようです。
とはいえ、いまだに商標権侵害の訴訟などもあり、ざわついている一澤家の問題ですが、一石を投じた判決になるのは間違いないでしょう。

という事で、長男信太郎氏はすぐさま上告するだろうと思いますが、判決文が分からないので詳細は不明ですが、遺言書が書かれた時の状態が不自然である事が、理由の一部となっているようです。ニュースを読むとそうでています。

とはいえ最高裁判所まで上がって、もし新しい事実などが特に無ければ高等裁判書の判断が追認されてしまう可能性も高いです。

一澤信太郎氏側の出方が注目されますね。

記事は・・・
[PR]
by zukunashi | 2008-11-29 16:07 | 事件・事故
ベテランは違う・・・
もうかなり前の話になってしまうのですが、今月の初めに友達のところに車で遊びに行ってきました。昔私が猫を紹介した大学の後輩です。

彼は大学の時からチョッと変わった男で、ある意味凝り性。自分の好きなものに関しては結構深く掘り下げていく。その上口が悪い(笑)私も大概の人に口が悪いといわれるが、私をして彼は結構毒舌で、普通の人には煙たがられるけど、変な兄ちゃん連中には好かれていた。

で、何故会いに行ったかといえば、車を見せに行った。
そう、彼は車にも一家言を持っている。メカニック的なところも、運転技術の面でも。もっと昔に戻ると車の前はバイクだった。元々私と彼のつながりはバイクといっても過言ではない。でも私はどちらかと言えばバイクのメカはそこそこ、テクニック面でもなんちゃってライダーだったからバイクの不調の時は彼に頼っていた。
そう。こと車の面では師匠筋に当たるかもしれない。メカ、テクニックの師匠。車遊びとか車販売筋の師匠も一人いるし、真面目かつ不器用で私より長い経験と知恵を持っている筋の師匠も一人いるし・・・私の回りのコト車に関しては師匠はたくさんいる。

という事で彼にカングーを見せに行ったのだ。
「結構いい車じゃん。」
こんな風に師匠筋から言われれば、悪い気はしない。ほとんど感覚で買った車だけど、買ってよかった\(^o^)/

ところで彼の家ではもう一つ、ぜひともやっておきたい事がある。彼の車を借りて運転をすることだ。なぜか?今では珍しい「マニュアル車」の運転をしたいからだ。そう私の免許はマニュアル免許だけど、買った車はオートマチックだ。でもマニュアルでの操縦感覚を忘れたくは無い・・・。無理を言って彼の愛車を運転させてもらった。

交差点で前に車が止まっているすぐ後で車を止めた。すると彼が
「前の車が全部見える?」
「いまだとチョッと見えないね」
「この車だと、前の車が全部見えるところで止まれば、何かあってもハンドルを切れば避けられるから、必ずその間隔とって。」

オオッ!!ここは重要だぞ!!ソコッ m9(=_=) ちゃんとノートとって!!

ウーン、正直それは考えたこと無かった。教習所でもそう言われた事は無かった。ただ、一人のベテラン教官が停止時の車間距離について
「そんなに前に出ない。何かあったら困るから。」
といっていた事があったけど、もしかしたらそういう事だったのか?

という事で、一々尤も且つ勉強になったよ。まだ若いから色々勉強しなきゃね、俺!

今回の燃費(^o^)丿
[PR]
by zukunashi | 2008-11-23 20:41 | クルマ・バイク
【観劇】梵天ギルド 『夜叉狩斬十郎~鬼哭逢魔ヶ淵ノ章~』
実は昨日で千秋楽だった知人出演の芝居を見に行ってきました。

『夜叉狩斬十郎~鬼哭逢魔ヶ淵ノ章~』
11月16日千秋楽でした。ゆえに今はやっていません<(_ _)>
初日に行って「面白いよ、見に行けば!」というブログを書くべきなんでしょうが、平日初日だとちょっとね(^^ゞ

と言う事で、感想をバリバリ書いちゃうんですが、その前に一つ・・・
梵天ギルドの公式ページのリンクをクリックすると出てくるのがこのページ何も無いですヤン。どういうこと?

でもYOUTUBEには画像が出ている。


ウェブでお知らせしたいならちょっと考えた方がいいなぁ、制作さん。

と言う事で実際の芝居はと言えば…
[PR]
by zukunashi | 2008-11-21 11:10 | 映画・演劇・音楽
菌類のふしぎ展 落書き帖
国立科学博物館 菌類のふしぎ展で『もやしもん』作者の石川雅之氏が書いた落書きを撮ってきたんですが、暗かったのにフラッシュ焚かなかったもんでひどくブレブレです。
という事でご鑑賞に堪えられる代物じゃないんですが、お遊びという事で・・・<(_ _)>
菌類のふしぎ展 落書き帖
[PR]
by zukunashi | 2008-11-18 10:30
国立科学博物館 菌類のふしぎ展
先週は土曜日にEN博2に行ってちょいとリフレッシュ。これを作れる人ってどんな頭をしているんだろう・・・と思って見てました(笑)
で、日曜日は義妹夫婦+姪っ子とうち夫婦5人で上野の国立科学博物館に菌類のふしぎ展を見に行きました。で、同じ疑問・・・

こいつ等(菌類)はどうやってこんなにキレイな形を作るんだろう??

謎は尽きませんね。当然ですが(ーー;)

さて、菌類のふしぎを見に行ったはずなんですが、今話題のマンガ『もやしもん』とタイアップして、そのマンガの中のキャラクターを使って展示をしているんですが、それだけじゃない。

展示用の台や衝立、柱などがダンボールで出来ているので、『もやしもん』の作者石川雅之さんが会場のあちこちにラクガキをしているんです。もともと余り関心の無いカビやきのこの展示+人気のマンガのキャラクターということで、普通にキノコの展示をしただけではありえない人手だったんじゃないかと思います。しかも作者のラクガキがそこかしこにあるという事と、館内撮影自由(アリエナーイ)という状況でみんなカメラを手に展示台の下とか柱の裏側とか撮影しています(私も)こんなに写真を取り捲った科学展示は初めてでした。なのにカビやキノコの写真はチラホラ・・・<(_ _)>

でもまあ何と言いますか・・・アトムじゃないですが、私は科学の子なんだなぁと再認識。今度は一般展示で恐竜を見に行きたいですね。

写真は後日アップします。<(_ _)>お楽しみに。
[PR]
by zukunashi | 2008-11-11 11:20
EN博
a0008523_1520244.jpg

よかったぁ( ̄▽ ̄)

鉄線を曲げて作ったネコのレリーフみたいな作品が、かわいくてo(^-^)o

奥様と二人で
「欲しいねぇ」
って眺めていたんですが…残念ながら売約済(^^ゞ
かわいいもんね。ほかにもいいなぁと感じるモノ沢山。
ヤバい!(-_-;)
衝動買いの予感!
という所でした(謎)

十日までだから、お早めに( ̄▽ ̄)
[PR]
by zukunashi | 2008-11-08 15:20 |
夜の銀嶺祭
a0008523_18385077.jpg

酒とつまみの店がまだガムバってらっしゃいます。
でも昔より大人しめ。

芝生で酔っ払って寝込んでいる輩はいないし。
[PR]
by zukunashi | 2008-11-02 18:38 |
『僕らのミライヘ逆回転』 映画の日だよ
『僕らのミライヘ逆回転』
日本版公式サイトは・・・こちら
アメリカ版公式サイトは・・・こちら

ドッチが面白い?絶対アメリカ版のほうが面白いと思うんですよ。

という事でこの映画、見てみると分かるんですが、ハートウォーミングなコメディでも、コピー品に対する知的な風刺でもありません。

“嘘も方便”

これに尽きると思います。結局嘘に振り回される話です。でもそれが最後にちゃんと落ちのついた良い終わり方に繋がります。

“終わり良ければ全て良し”

この映画を見てから思ったのは、次の日はどうなるんだろうと言う事でした。

でも、自分で作ったものがちゃんと評価されれば嬉しいですよね。明日はきっと胸を張って違う仕事を探している事でしょう。

チョッとやる気を起こさせてくれる映画です。チョッとですよ、チョッと。

それと・・・

自分でなんか作ったり、書いたり、描いたり、演奏したり、撮ったりしたくなります。無性に。

私は、音楽と、小説と、芝居をやっていた自分をチョッと思い出しました。

まだあと1週間ぐらいはやっていると思います。東京近郊の方ならEN博2を見て『僕らのミライヘ逆回転』を日比谷に見に行くなんていかがでしょう。

私たちは今日は日比谷のシャンテシネで見てきました。
連休中、たまにはハリウッドの大作映画以外の変な映画はいかが?
[PR]
by zukunashi | 2008-11-01 23:42 | 映画・演劇・音楽
入院
カングー 初入院!
という事で、昨日の夜から突然エンジンがかからなくなってしまいました。セルは回るしガスもある。火花が飛んでないかガソリンが供給されていない。どちらにしてもこれはわたしの手に余る・・・という事で、保険会社に頼んでディーラーまで運んでいただきました。一応サービスで。

ご多分に漏れずすぐには治らず見積もりは連休明け火曜日という事で。

という事で松本へは電車で行きます(笑)

今回の燃費は
[PR]
by zukunashi | 2008-11-01 23:10 | クルマ・バイク