<   2008年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧
クルマは何がいいの?
という事で、実は先週の土曜日に無事地元の自動車教習所を卒業しました。普通車マニュアル免許です。

実は・・・今までも書いてましたとおり、19歳からずーっと○年間バイク一筋でした。しかし近頃チョッとクルマの方が楽かなぁ・・・。

すみません正直に言えば歳のせいです。もっと言えば周りの環境が変わったせいです。という事で免許取りました。

大学からの友人と奥さんは『クルマ何にするの?』と頻繁にメールをよこします。確かにバイクのときは免許を手にすると同時にバイクも納車されて、当日立ちゴケて、当日中古車にするという快挙を成し遂げましたが、クルマの場合はそれより高価だし、毎週自動車教習所に通っていたのでクルマを何にするかなんて免許とってからと思っていました。

という事で、じゃあいったい我が家ではどんな車がほしかったかーっ!!
<こんなクルマ!・・・1>
ジラソーレ
形は奥様機能は私が好きなんですこれ!というのもだいたい私は電気自動車に乗りたいんですよ。
アーそこそこ、引かない引かない・・・
燃費もさることながら、新物好き!ギミック好き!メカ好き!には結構堪らないっす。
うちの奥様はこのかわいらしい実物を見て好きになったようです。
欠点・・・二人乗り、航続距離が100キロ、イタ車は雨漏りするよ(友人談)ナドナド

そのご、友達なども交えていろいろ話をすると、軽ならダイハツタント(サイドピラーが無くて入り口がめちゃ広い)がいいのではという話になって、私の中でも小さい車=可愛いからいいかも・・・と思っていたら、4人乗りという所で意外な落とし穴。
というのも、実際東京近辺で使う場合うちの家族2人&義妹家族3人が使う事になる。当たり前だけど一緒に使う事もある(夏の海水浴とか旅行とかショッピングモールで買出しとか)そのときに5人が乗れないと困るという事実・・・そっかぁそうだよね・・・orz

という事で軽はダメなんじゃないかという事になりまして、振り出しに戻ってしまったわけです。

では、どんな条件なのかというと、整理するとおよそ三つ・・・
1...最大5人が乗れる
2...時たま長距離を走ることがある(本州の中から遠距離は出来る限り車で移動することに)
3...スライドドアの方が楽(家の車庫が狭い為)
これ以外にも、3年ぐらいしたら乗り換える可能性が高い(マジに電気自動車に乗りたいので)とか、新車にしようと思っていたんですが、そこはケチって中古にしようか?という状況です。まあ新車のバイクを1時間で中古にしてしまった私ですから・・・orz

クルマ好きの友人にお勧めを聞いたら、ダイハツブーンとトヨタのポルテ、マツダデミオを勧められたんですが、機能的に面白かったトヨタのポルテにだいぶ心が傾いています。一番無難なのはデミオとかではないかなぁと思うんですが、全然心が動きません(笑)ダイハツブーンはX4という凶悪なグレードを友人は欲しがっているんで、こっちが買って悔しがらせようかと思いもしたんですが、免許取立ての若葉が・・・しかもチョッと年をとった・・・使う車じゃなさそうなんでパスです。ちなみに後パスは2回出来ます。

今の状況はポルテにする?そうねそうしようか?という感じになっているんですが・・・実は昨日あたりから別の車のページばかり調べています。ポルテを調べていたら、偶然見つけたブログで出会ったんですが、はっきり言って昨日は仕事そっちのけでその車を調べていました《社長すんません<(_ _)>》
中古車選びのWebサイトからメーカーページまで出来る限る端から端までくまなく見て回りましたが、イイと言う人とダメだこんな車!と言う人がきっちり分かれて・・・面白いです。
そのクルマは・・・
ルノー カングー
フランスからの刺客です・・・・気になるなぁ。
今のところ価格が問題です。あと外車だからサービスはとか、修理はとかもあるでしょうが、逆にあまり気にしてませんね。

皆さんはクルマ買う時に何を基準に考えているんでしょう?
[PR]
by zukunashi | 2008-07-29 13:37 | 小ネタ
意外な発見・・・でも良い物ばかりじゃない…orz
他の人のサイトを見ていてそこからリンクをたどるって、ブログ本来の使い方だと思うんですよ。結構面白いものを見つけたり、タメになる物を見つけたり、いつも同じところをグルグル巡ってしまいがちなインターネット生活に、ちょっとした変化を与えてくれるリンクやトラックバックはそういう意味で非常に重要です。

なんか隠居した爺さんの散歩道について考えている風にも読める話ですが、似たようなものかも(^^ゞ

で、リンク先が【可愛い】とか【綺麗】とか【美味しい】って記事だとしても、あんまりそれをトラバしたり引っ張ってきたりする事はないです、ハイ。
だいたい諍いがあると首をつっこんだり鼻を突っ込んだりします。自分の記事も含めて燃えている記事は結構好きヨ(笑)という事で今回も見つけてしまいました。

ナナメ135度の風。: 自由の奪い合い

プロフィールでご自分のハンドルネームを『杖無き隠者』と称しているこのブログ主。どこから見つけたかといえば・・・
忘却からの帰還:神様のせいで怪我したといって教会を訴えた男のコメント欄を読んでいて地下に眠るMさんのブログを訪問。そのブログのトップが地下生活者の手遊び:なにものよりも おのれ自身に擬する銃口をだったというわけです。

ところで杖無き隠者さんのナナメ135度の風。というブログもそうですが、何かネットの世界で[右翼][左翼][在日]というレッテル貼りがはやっている。チョッと前からですけどね。
しかし掲示板でもその手の話題が出てきたら、まるで血栓が出来たように議論がストップしてそのまま脳梗塞状態です。それで議論は死んだも同然です。
それを喜んでいる罵倒好きな人もいますが、ROM専は離れていきますよね、居たたまれなくなって、すくなくとも私は離れていきます。
だいたい血液型占いじゃあるまいし、右翼だから、左翼だから、在日だから・・・・・・どうだって言うんだ?右翼や左翼というものが、それぞれどういう思想信条を持っているのかというのは、経験的にあるいはググッてみれば分かるが、在日(つまり在日韓国、朝鮮人)は思想で繋がっているわけではない。それをレッテル貼りしてしまうのは単なる手抜きだ。
そしてレッテルを貼った後は在日とされた人のコメント等には『帰れ』『出て行け』『日本にいなくていいですから』など、まあ小学生の仲間はずれレベルの言い方です。結局は議論で負けそうなときとか、まともに言い返せないときとか、理屈以外のパワーが欲しいときに手を出してしまう・・・のですかね?私は全く分からないですが(ーー;)

杖無き隠者さんは、最後の締めのところで[在日]レッテル貼りですから、それまでの話も(特にたいした事を言っている訳ではないのですが)最後の生理的嫌悪感を前面に出した言いっぷりで全部ご破算です。

結局こういうレッテル貼りをする事で議論を事実上拒否しているわけです。
レッテル貼りをすることは感情的な罵り合いやお前のカーちゃんでべその言い合い・・・etc、とそんなに差は無いでしょう。

それで良いなら・・・最初からそんなコト書かなければいいし、議論をしたいならそんな事は書くべきではないね。

それと、今回のように他人の議論を俯瞰してあーでもないこーでもないと口を出すのは(今回の私の記事も含めて)ブログではよくある風景だけど、第三者だからと言って客観的でも理性的でもない、ということが彼の記事でよく理解できます。しかもアレだけ書いて、ただそれだけの価値しか無いんですけれどね。
[PR]
by zukunashi | 2008-07-24 14:54 | セキュリティ
名はシンクロ率を表す・・・・かも
新世紀エヴァンゲリオンはご存知ですかぁ?

新しくまた映画になっていますけど、1995年に放映された、何を言いたいのかよく分からないアニメでしたが面白かった・・・

キャラクター(包帯グルグルの綾波レイとかワンピースの総流アスカラングレーのフィギュアはいまだに人気だし)や汎用ヒト型決戦兵器 人造人間エヴァンゲリオンの造形(それまではマッチョな逆三角のフォルムだったロボットが、これを機にスレンダーな線の細いスタイルになってきた)も人気でしたが、やはり主人公碇シンジがエヴァンゲリオンに乗ったときに、シンクロしすぎて消えちゃったり、エヴァンゲリオンがガツガツと使徒を食っちゃったり結構色々てってくれます。そんな所が意外と面白かった原因じゃないかな・・・などと思っていますが。

さて、そんなエヴァンゲリオンですが、もし乗れたら俺だったら・・・ちゃんとシンクロするかなぁ?年が14じゃないとか精神的に何か暗いモノが無いとか、クローンじゃ無いとかを抜きにして、実は俺ってシンクロしていけるんじゃねぇ?とか勝手に妄想してしまったりしているのは私だけ??

思い起こせば30年前のガンダムの時は『俺ってニュータイプの素養が在る?』とか勝手に思っていた世代ですから、当然私と同年代は心の奥底で『きっと俺なら最初からシンクロ率400%でエヴァンゲリオンに取り込まれていたね』とか思っているはずです。

そんなあなたの為に
エヴァチェッカー

やってみましたよ、本当の名前の漢字ひらがなカタカナからズクナシ、ずくなし、ズクナシ、zukunashi・・・etc
結局本当の名前は全滅です。ぜんぜんシンクロ率上がりません。
でもズクナシになるといけます。という事で
試した結果発表!!
まず1位!!・・・zukunashi(英語全角小文字のみはh付きバージョン)
次いで2位!・・・ずくなし(ひらがなバージョン)
そして3位・・・zukunasi(英語半角小文字のみはh無しバージョン)

ダメだった中でもチョッとよかったのは半角カタカナのズクナシ(PCによって半角カナは出ないので全角で書いています)ミサトさんの言葉が優しい・・・。一番下の画像です。

画像はこちら
[PR]
by zukunashi | 2008-07-18 22:35 | マンガ(懐かしい)
暑い夏がやってきた・・・??
別に夏の全国高校野球選手権大会のキャッチフレーズとかではないです。
単なる実感です。7月です。既に夏です。梅雨が明けてないからそれに輪をかけて蒸します。蒸篭の中のシュウマイみたいになってしまっています。

そんな夏をもっと暑くしてやろうという企画が・・・トラバでボケましょう 2008 夏です。ご存知の方も多いとは思いますが、知らない人のために・・・簡単にいってしまえばお題に対して何かボケる記事を書いてもらいそれもお題にトラバする(簡単過ぎ?!)という事でその中からチャンプを決めて今度はそのチャンプがお題を出して・・・(以下同文)

さてそんなトラバボケも今回は2008年初!しかも既に終了!!私は書かずじまい!!!
【ボケトラ】 トラバでボケましょう 2008 夏 締切!
仕方ねーべ・・・orz

という事で締め切られてから思い出したのが
そういやぁ昔どうやってボケるかって話が話題になってたなぁ・・・
という事で記憶の糸をたどりつつ探してきましたバントさんのブログから。
【穴掘り人生】

【MS.POKERFACE】

【Mein Tagebuch】

【僕は君の太陽だ】

【B級ブログ】

【上清水一三六のがき〜んどよよん。】

【後悔先に立たず】

【ブログ試用記】

【はい こちらサポセン。】

【ダーサの遊園地】

【近海マグロに焼きをいれる】

【やみくもバナナメロン】

【老婦人の夏】

【しんぞうのおんな】

今はもう書いていない人なんかもいらっしゃいますし、昔のブログ名の人もいます(わたしもそうです)ああ懐かしいなぁと振り返ってしまうのは年寄りの悪い癖ですが、これらを見て創作するときの足しになればチョッとうれしいかも。
[PR]
by zukunashi | 2008-07-09 13:36 | トラバボケ関係
[映画の日]7/1は・・・ネコナデ 【一部ネタばれあり注意】
『ネコナデ』

監督 大森美香
(主役の猫を飼う部長)大杉漣 (部長の部下)青山倫子、(第二新卒の新入社員)黒川芽以、(第二新卒の新入社員)入山法子、(猫売り)もたいまさこ、(最後のリストラ社員)螢雪次朗、(部長の奥さん)原日出子、(社長)鶴見辰吾

ウィキペディアで『ネコナデ』を検索すると映画ではなくてテレビドラマの話が出てくる。なるほど、元はドラマの映画化か・・・。
でもそこを見るとなんかちょっとづつ配役や話が違う。かける物がコーヒーから味噌汁になっていたり、子供が二人いたり、会社の名前がちょっとの違いで架空の動物の名前からそれに乗って戦う兵隊にいなっていたりという所でなんか変えている。何でかな?
物とのテレビドラマはたぶん人気があったのでしょう・・・が、地方局で放映されていたようで全然知りませんでした。

さて、ストーリーはリンク先を見ていただくとして、実際見に行った感想はというと・・・びみょー(ーー;)

この映画はたぶんネコのキャラクターによって変わっていく部長を観察する映画なんだろうね。
会社では鬼の人事部長で容赦なくリストラを行い、新入社員に対しては鬼軍曹役でびっしびし鍛える。でも帰る途中でコーヒーで胃薬を飲んでそして家では家族と食卓を囲むマイホームパパ。そんな二つの顔を使い分ける生活に子猫が舞い込むと、会社と家庭の間に“愛人”ならぬ“愛子ネコ”が割り込んで・・・。
四角四面の固い人ほど子ネコでメロメロになるギャップを楽しめると思うけれど、部長の場合はそれが今一伝わってこない。オハナシをいくつも詰め込みすぎたせいだろう。
子ネコを人知れず飼おうとする部長。新入社員研修で昔リストラした社員の妹がいる。リストラさせる社長と実行役の部長の仲。部長の部下は何を考えて開発から人事に来たのか?説教たれた若造とネコの事でケンカ等等・・・
こういうのが最後の最後で綺麗に解決すれば、後味も清清しいものになったのだが、なんかすっきり解決していない。

それと、ネコを飼う醍醐味がこの映画では表現されていない。これではネコカフェにハマっているのと大差はない。都合の良いネコという感じ。部長がウブな風俗女にハマったというのとあまり差を感じない。

なんか見ていて全部中途半端だった・・・のは、テレビ版の総集編みたいな作りになっていたから?面白かったエピソードを詰め込んだような感じがする。おかげでコラージュした写真みたいになってしまった。

俳優さんとしては、部長の奥様役の原日出子さんを前回見たのは「Shall we ダンス?」の役所広司の奥様役だったと思うんですが、イメージが変わってないのにびっくり。
ただ「Shall we ダンス?」のときは浮気を疑ってドヨーンと暗くなったけど、最後に旦那の背中を押してもう一度ダンスをするように促す、という役だったと思うんですが、今回は何か疑うシーンがほんのチョッと出てくるのですが、うやむや・・・になってしまっています。ただの明るい奥様。イヤ嫌いじゃないですが・・・こんな感じでこの映画、すべてに可もなく不可もなくという・・・
1000円でよかったね、と奥様と話しながら帰りました。嫌いじゃないですけどね・・・1800円だとチョッと損した気分になるかもしれないですね。

ネコを飼う醍醐味・・・についてはまたいつか(^^ゞ
[PR]
by zukunashi | 2008-07-08 12:02 | 映画・演劇・音楽
ワイルドセブンだぁ!
a0008523_19504119.jpg

望月三起也先生!
カッコイイ!

でも……

曲がった道は許さないって、捕まえる相手は道路公団ですか?
[PR]
by zukunashi | 2008-07-04 19:50
おそるおそる
アブ先生のブログをおそるおそる覗く。
きっとみんな書き込んでいる事だろう。
いろいろ考えている事を書き込むことだろう。

でも・・・

みんなそこでちょっと考えてくれ。

アブ先生は必ず返事をする人なんだ。
そう、ほぼ100%(見ている限りは)
みんながコメントを書けば、彼女はそれに必ず返事を書くんだぞ・・・。

私のようにトラバするのがいいというわけじゃない。トラバ先にコメントを残す事もあるから。
(今回の私のところのように・・・とほほ)

だから・・・

そっとしておこう。励ますとか、癒すように出来るならそれがいいけど、医療に関する自分の意見とか書くと、彼女は真面目に自分の立場から答えてしまうんだ。

なぁ・・・
そっと見守るのは、星明子みたいでイヤかも知れないけれど、埋め尽くされているコメント欄を見るのも辛いものがある。

ブログを持っている人はコメントではなく自分のブログにその事を書かないか?
アブ先生のブログのコメント欄だと、アブ先生のブログを読まないと分からないけど、ご自分のブログに書けばそのブログからたどってアブ先生のブログを読み、それをまた自分のブログに書いて・・・そうしてこの酷い話が少しでも世間に広まれば、もしかしたら何かの変化が起きるかもしれない。

自分はそういう種類のブログじゃない・・・という人も、よかったら自分のブログに書いてみないか?

チェーントラックバック(献血とか、迷子探しとか・・・あまり良いイメージがないけれど)してこういう現状があることを知らしめる事で、少しはabsinth先生を手助けできるのではないかと思った今日この頃・・・。
[PR]
by zukunashi | 2008-07-01 14:00 | えー?!