<   2007年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧
年の瀬のアラシ
a0008523_1444140.jpg

十一時四十五分までは晴れていたのに十二時十五分にはみぞれが降るめちゃくちゃな天気です。
今頃やっと雨があがってもオセーヨ。
いまだすごく寒いし洗濯物は乾かないし。
[PR]
by zukunashi | 2007-12-30 14:04 |
サンタクロース日本上陸!!
NORADでのサンタクロース追跡プログラムについては、前回のポストで書いた通りなんですが、これまでと違って軌跡表示がGoogle Earthで確認が出来ることでしょうね。NORADのGoogle MAPだと大雑把な場所ぐらいしか分からないんです。Google Earthだと、サンタクロースがその近辺の町を飛び回っているのが良く分かりました(^o^)丿
ところで日本上陸は12月24日夜遅く10時ごろではなかったかと思います。
最初の上陸地点はなんと大方の予想を覆す・・・神戸でした。a0008523_701429.jpg
これはNORADのページに出てきたGoogle MAPなんですが、ちょっと拡大しすぎていますが、今まさに進入しようとしている場面です。この下の家の子供達は・・・いったい何をもらったんでしょうね(*^_^*)
a0008523_703915.jpg
そして次に出現したときには(5分おきに表示されるので瞬間移動したように見えますが・・・)なんとそこから東に400キロ、静岡県富士市付近に出現しました。画面はちょっと拡大しすぎてしまい、どこなのか分からなくなってしまいましたが、富士市内のようです。ここでは新幹線と併走して追い抜いていくところが目撃されていますが、この時間新幹線が・・・しかもJR西日本ののぞみ500系が・・・走っていたのか・・・未確認です。a0008523_711525.jpgちょっとづつ東に移動しているのでもしかしたら・・・という期待通り次の出現地点は東京。しかも中央区築地付近。あの体でらっしゃいますから、美味しいものに目がないとか。それとも銀座あたりでいちゃつくカップルに祝福?Google Earthを見ていると埼玉の方に行ったり千葉の松戸に行ったり横浜に・・・と結構アグレッシブに飛び回っていました。
a0008523_713438.jpgそして残念ながら日本最後の地は青森でした。北海道まで・・・というか今回、北海道はおろか四国九州、当然沖縄などはぜーんぶ蚊帳の外でした。でもヤンボルさんと熊夫さんはかわいそうじゃないですか!
(ぱっと思いついたのがヤンボルさんでしたのでリンクしました。<(_ _)>)
a0008523_13491615.jpgところで、サンタクロースの飛行の軌跡を見ると、一人のサンタが北へ南へジグザグ飛行をして全世界が夜の間に全部のプレゼントを渡しているようです。それにしてもすさまじい体力。見習いたいっす。

最後に、Google Earthを持っている人はNORAD TRACKS SANTA 2007からサンタ追跡コンテンツを開くをクリックすればGoogle Earthでサンタさんがどこをどういうふうに飛び回ったのか見ることが出来ます。
[PR]
by zukunashi | 2007-12-25 07:02 | 小ネタ
明日はサンタをgoogle Earthで追跡!!
NORADがサンタを追跡するようになってなんと52年。
もともとは子供の間違いでんわがNORADの前身中央防衛空軍基地(CONAD)に継ったのが切っ掛けだったらしい。それについてはここに書いてありました。
サンタ追跡は1955年、新聞広告の「サンタ・ホットライン」に、NORADの前身にあたる中央防衛空軍基地(CONAD)ホットラインの番号が誤って掲載されたのがきっかけ。子供の電話を受けたハリー・シャウプ大佐が機転をきかせて「サンタは北極点から南に向かったらしい」と答え、恒例行事になった。 1958年に設立されたNORADが引き継いで現在に至っている。
グーグル・アースでサンタを追跡 | WIRED VISION より
新聞公告も杜撰ですがそれにしてもちゃんと機転をきかせて受け答えしたシャウプ大佐が、この52年の歴史を作ったといえます。

今年は、google Earthでサンタの移動している筋道を見れます。

どんな風に表示されるかちょっとわくわくしています。

あとちょうど24時間後から追跡が始まります。
ところで日本上空にサンタクロースが来るのはいつごろなんでしょう。アメリカに行く前?行った後?
[PR]
by zukunashi | 2007-12-23 16:38
自分の町を作ってみた
近頃はとんとゲームをやらなくなった・・・と思いきや、実はまだやっているzukunashiです。家に帰ってPCつけたときにまず起動するのはブラウザとGNO(ガンダムネットワークオンライン)だったりします。

で、自分町を作るサービスが下記のリンクzukunacity - MyMiniCityこれは試しに創った私の町ですが、そこに来た人数によって町の発展が決まるそうです。また、一日のうちに何回行っても一カウントにしかなりません。

毎日草花に水をやるような、そんなゲームなんですが、一つ難点があります。

ランキングがあって自分のランキングの一つ下の人ってどうなのかなぁ・・・見に行くと私が行ったとこでランキングが上がってしまいます。敵に塩を送ってしまう・・という事で人の街を見にいけない(^_^;)

盆栽みたいにここを刈って、枝振りが・・・とか出来そうにないんですが、何もしなくても勝手に変わっていくという所が気に入っています。

面倒くさがり屋なんですよ。なんてったってずくなしですから。
a0008523_11453011.jpg

[PR]
by zukunashi | 2007-12-21 11:46 | ゲーム
アーサー・C・クラーク卿 90歳おめでとう(^o^)/
SF作家のビックスリーでまだ存命でいらっしゃるアーサー・C・クラーク卿が90歳になったそうです。

おめでとうございます!!

という事で、今住んでらっしゃるのがスリランカのコロンボという町で、スリランカ天文学会の書記長という方が作ったバースディブログのリンクはこちらです。
Sir Arthur C Clarke's 90th Birth day

今でも執筆をしているというのだから・・・脳細胞はまだまだお元気ですね。

一度SETI関連でチョッと舞い上がった事がありましたが、色々なさっているようです。

ところでいつ誕生日だろうか・・・(ブログを読んでいます)・・・シマッタ(-_-;)
12月16日が誕生日だった。なんと今日はその二日後だ・・・

90歳と2日目おめでとうございます!

何とまぁ間抜けな話だろう。 <(_ _)> スミマセンデス
[PR]
by zukunashi | 2007-12-18 22:01 | 小ネタ
そりゃないぜ・・・普通のカートリッジが欲しい!!
今どこのご家庭でも結構あるだろうなぁと思うのが浄水器とか浄水ポットのような、水をきれいにするもの。
確かにこの頃、蛇口から水をジャーっと出してコップに注いで、それをゴクゴク飲むような事がなくなったなぁと、気が付きます。私が住んできた家も特に今の前のマンションは水の出が悪いのとサビっぽい味がするので、蛇口に浄水気をつけていました。本当に3ヶ月ぐらいで色が変わるんですね、鉄のさびっぽい色に。
でもこの頃は水道水も美味しくなったと言います。マンションの貯水槽や水道管も新しくなったり定期的に清掃されて改善されているといいますが、ペットボトルで水を買うのが普通になっていますね。

ところで我が家で使っている浄水製品はPURというアメリカの浄水ポット。コストコで安く売っていたので一番人気のブリタではなくあえてPURを選んだのですが・・・この間フィルターを買いにいコストコにいったら・・・無いんですよ、フィルターが。で、本体は売っているのでその事で話している店員とお客さんの会話をそれとなく聞いていたら・・・なんと販売止めちゃったんですって。  ○| ̄|_ ナンテコト!
でもフィルター無いとただのプラスチックの安い水差しになってしまうんで、ネットで探しました。

でもないんです。日本では売ってません。アメリカのAmazonとかでは売ってますが・・・フィルターをちょっと輸入するなんて・・・何十ケースとかだといいかもしれないですが、3本入り一箱を送ってもらう・・・○| ̄|_ ナンテコト!

一応Yahoo!オークションを見ると1980から2980円ぐらいで取り扱っている人がいますが・・・

などと思っていたところにこんなニュースが。


この記事の最後にある写真は紛れもなく私が使っている浄水ポットのメーカーPUR!
フレーバーとか香りを付ける前にさ、他にやることない?たとえばさぁ、日本に販売代理店置かない?コストコさんが先走って取り扱って、先走って撤退しちゃったせいで困っているんですよ。それともウォール真木さんでもいいっす。
お願いします<(_ _)>
[PR]
by zukunashi | 2007-12-14 14:25 | 小ネタ
青木弟組公演『地下室の労働者』

これまでも映画、演劇の類を見て、色々思うところを書いてきました。
私自身の映画、演劇経験はホンの些細ですがあります。まあ本当に些細なんですが(^^ゞ

今日も今日とて、知り合いが出ている芝居を見に行きました。

アロッタファジャイナ番外公演『クリスマス、愛の演劇祭』
a0008523_0314175.jpg

クリスマスだから愛に関する演劇をするのか、クリスマスを愛しているのか、愛がすきなのか。色々考えさせる題名ではありますが、45分ほどの短い演劇を一日に一挙6公演してしまうという実験公演。公演会場のギャラリールデコは雑居ビルを全部ギャラリーにしたような大雑把なつくりのところで、その一室は天井も低く、太い柱も立ってて劇場とするにはチョッと辛い構造ですが、渋谷駅にも近いし、今回はそんなに集客するつもりは無かったようで、手ごろな何でもスペースといったおもむきです。中はコンクリむき出しのままで、天井はブティックなどに使われるキセノンライトあたりを照明にして、普通のステレオを音響、工事現場の足場を背景や大道具として使っています。ライトは専門の物ではないし、口径も小さいので、スポットには役に立たない為なのか、ただ暗転と明るさを多少コントロールするだけの単純なものでした。

会場について今から始まる芝居について、ワクワクは二つありました。
一つは知り合いが出ているということ。
二つは公園前に配られたパンフに、この弟組演出家のすごい一言が載っていたからです。
「日本語を使わない」
役者達は見な、そんな私の第一声に案の定とまどい、懐疑し、たくさんの質問をぶつけてきました。 ・・・中略・・・ この芝居のコンセプトは《現在の、映画やドラマにおける物語の力がドラマの最大の力、というものとは反対に、人間の力がドラマの力、演劇の力である事をモットーとしてゆきたい。》というものでした。
その意気やヨシ!なので、当然期待して開演を待っていました。

ただ、当然疑問がいくつかありました。上記のパンフレットにある「日本語を使わない」というコンセプトはさほど目新しいものではありません。もともとバレエには台詞がありませんし、本場のミュージカル、オペラなどは日本語はありません。また、日本でも歌舞伎や狂言で役者が発する言葉は、慣れれば分かりますが、初めて見に行って全部が分かるものではありません。しゃべる事が重要とはいえもともと演劇はしゃべることも含めた身体表現の芸術です。日本人が日本語を使わないと言うのは面白いとはいえそんなに斬新でもありません。
一方アンダーグラウンドの芝居でもあえて演劇的な発声をしない、ごく普通の日常のようにしゃべり振舞う、体の動きと台詞を全く分ける、舞踏のような身体表現などの演出は既に試されています。声と体は芝居の根底に横たわっている普遍的なことなんでしょう。
ただ、このパンフレットでは日本語が物語を作るとされているのは多少違和感があります。またそれに対する人間の力と言うものがどういうものなのかも良く分かりません。
  • 『物語の力』対『人間の力』
  • 物語の力=日本語で書かれたストーリィ
  • 人間の力=???
いづれにしてもパンフレットで触れられた事は芝居を見れば理解できるだろうと思います。

まず見たあとの雑感:非常に面白い芝居だといえます。
ストーリィは非常にシンプルでこれなら日本語など無くても分かるだろうというぐらい。
それと日本語で紡がれたストーリィが無いと思っていた私にとって、管理者の二人が普通に日本語で芝居をしていると、パンフレットで語られたコンセプトに対する違和感と言うよりはぐらかされ、中途半端に黙殺されているような気が強くしました。
また、彼ら二人がこの芝居にとって非常にマッチしているかといえば、人物描写は非常に平板で、怒鳴って威圧する上司と、板ばさみの中間管理職というありふれた・・・でも今そんな人どこにいるの?という疑問がわいてきます。
いそうな人ほどいない・・・昔友人と芝居をしていた時に、ふとそんな事を話した覚えがあります。世間的によく言われるステレオタイプな人間像を演ると、安易に観客を共感させれるが、芝居が続くにつれギャップが出てくる。なぜなら、そんな平均的な人間はいないんだから・・・。
考えてみればその通りです。ステレオタイプな人間像はみんなの思いのパッチワークキルトで出来たフランケンシュタインです。現実からは離れた夢の存在です。

逆に虐げられているという労働者4人は、日本語を喋らない異国人という設定なのでしょう。彼らなりに意思を疎通していますし、でたらめの日本の歌とか歌います。彼らはアメリカやヨーロッパではない、アフリカやアジア、南米などの匂いがします。オーバーなジェスチャー、派手な喜怒哀楽、そして口々に喋る声も大きめなところなど・・・。実際彼らはどこの国の人なのか分かりません。現実的な管理職である日本人達と同じく、夢の存在のように現実感がありません。
ある意味ここには演出家の感じる日本人と外人が表現されているのでしょうか。それとも劇団員全員で考えているのでしょうか。



それ以外にも細かい突込みが幾つかあります。

小道具が思ったところに発見できず、慌てているのがモロバレになってしまっていたり、自転車を止めている二本の棒のうち一本が外れてしまったので、労働者が簡単に直してしまったり、(その後自転車のメンテナンスが出来ていない!と上司に怒られる中間管理職眼鏡男のシーンがあるのに?)キレまくって乱暴に女労働者の身体検査をしていくうちに強姦まがいになっていく・・・ように見えず、単にボディータッチをして甘えているでかい子供みたいに見えるところとか。

労働者として軟禁状態の4人は日本語を話さないという設定による所もありそうですが、つらそうな場面、嬉しい場面、悲しい場面、怒る場面と非常に分かりやすい感情の起伏があり、特に中間管理職に強引に身体検査をされ強姦されかかるような場面で、それをやめさせようとしてキれた労働者が連れて行かれたあと、強姦されかかった女がもう一人残された男に嫌悪感を感じるほどの怒りや悲しみをぶつけた場面は、非常に心の迫るモノがありました。薄っぺらい生半可なものではなく、口調に断固とした激があり、火を噴くかと思う迫力が感じられました。

ただ、これは芝居のコンセプトにある人間の力がドラマの力、演劇の力である事であったとしても、ここだけでした。人間の力が何なのか未だに不明ですが、意味不明の台詞が意味を持ち芝居全体を支配した瞬間はここだけでした。

それは感情の爆発、大いなる悲しみが劇場を支配した瞬間でした。芝居のような生の演技を見る場合、均一な演技を期待される映画やテレビなどと違って、こういった瞬間を目の当たりに出来る期待があります。
そういう期待をして見に行く人にとっては意外と当たりかもしれません。
しかし、全体的に通俗的な芝居の流れになっていることもまた正直な感想です。
また感情に訴えられる場合が多いので疲れる芝居ということも出来ます。

ひどい喩えかもしれませんが、レシピの無い料理を食べてみて、もしかしたらすごく貴方にあっているかもしれません、でもひどく口に合わないかもしれません。どうですか食べてみませんか?という芝居です。

わたし?わたしデスか?
私はひどい悪食なんで、たいていの物(芝居)は食べてしまいますよ。だから私を基準に判断するのはお勧めしませんが・・・。
アロッタファジャイナ番外公演
クリスマス、愛の演劇祭
2007年12月11日火曜日~12月16日日曜日まで
ギャラリールデコにて

[PR]
by zukunashi | 2007-12-13 01:26 | 映画・演劇・音楽
名も無き宴に集った名の在るブロガー達
眠い、猛烈に眠い。

本日ばんとさんと楽しい仲間達が集った『名も無き宴 Vol.01』に私夫婦も集ってまいりました。

諸般の事情で遅れて着いたんですけどね。それでも午後3時30分頃ですから、まだお昼なんですよね。で、部屋に入ってすぐ渡されたのはビール。それを全然疑うことなくプシュッと開けて飲んでいるうちの奥様・・・すばらしい順応力!
入り口が分からなくて一回りしてしまったのですが、竹下通りとブラームスの小径に挟まれたビルの3階・・・ブラームスの小径が異様に混んでいて、曲がり角を通り過ぎてしまった・・・普通の事務所みたいな扉を開けると既に十数人が入り口を睨む組事務所・・・じゃなくて集会場でした。でもそこはかとなく漂うカレーの匂いと見慣れた顔がチラホラ・・・アーーッ!!足草さん!!
本当に久しぶりです。私も出席率が悪いせいもあるんですが、それでも初回のオフ会に集ったメンバーのうち何人もの顔が見れるのは、不思議な感慨深いものがあります。そのなかでも『今日も足が臭い』の通称“足草さん”にぴったりのTシャツを見つけて、いつか渡してやろうと手薬煉引いて待っているんですが・・・持って来ればよかった。

ここまでは何とか当日書いたんですが、本当に眠くなって寝ました。リンクとかは翌日につけました。

カレーとパスタに舌鼓を打ち、酒がぶがぶ呑んで帰ったため、翌日の体調・・・それでも意外と良かったですね。
さてゲームが沢山あるのにあんまりやりませんでした。DSで星のガービィとスーパーファミコン(!)でマリオカートやりました。マリオカートでなっちょこさんに勝ったのが今日の一番嬉しかった事です(ああ、怒られそうだ)
ところで私はどうせ広い所なんだからと思って発泡スチロール製のラジコン飛行機ヘリを持ち込みました。でも、人が結構増えてきてあちこちで航空事故が頻発してしまい、飛行自粛措置がとられました。燃素さん、なっちょこさん他ゲームやっている人のところとか突っ込んでいってスミマセンでした。
あとバントさんの頭の上にヘリを着陸させれたらあげるとかいったせいでバントさんスミマセンでした。周りをヘリがブンブン飛んでうるさかったでしょう。a0008523_0123531.jpg
結局3時30分から10時頃までいました。なんと6時間30分!帰り際に外のビルに反射した姿を名残惜しげに撮ってみました。

当日初めてあった方々、もしかして2回目ぐらいかもしれないですが始めましてではない方々、全然挨拶とかもしないでなんか勝手にラジコンやってました。また何かの折にお会いしたらその時は始めましてからご挨拶させていただきます。

どうもありがとうございました。

P.S.

A3ファイル
さん美味しいパンどうもありがとうございました。朝ごはんに軽くアブって食べました。酔って物凄くテンション高かったですが無事お帰りになったようで何よりです。
ちなみにうちの奥様が輸入した石鹸を食べませんよ、もったいない(笑)
[PR]
by zukunashi | 2007-12-09 23:57 |
年寄りの冷や水・・・年齢によって変わる冬の過ごし方
冬になるとわっくわっくしていたのは大学時代。
夏は夏で北海道にツーリング。冬は信州の山奥大学だったので当然スキー
バイクもそうだしスキーもそうだったけど基本的に全部我流で学校行ったのは自動車学校ぐらい。
スキーは高校卒業のときに始めてやって3日でボーゲンまで行ったのは、中級コースの頂上に置き去りにしてくれた友達の優しい愛の鞭のおかげです。理屈が分かれば体が動いた若い頃ならではの教え方ですね。今は無理。

さて、大学に入って普通の人よりチョッと長く居たせいもあって、大学周りのスキー場は一通り滑ってみたのですが、その頃からちょくちょく見るようになったのが『スノーボード』今から・・・ン十年前の話です。当時のスキーとスノーボードの関係は険悪で(今はどうなんですか?)ちょくちょく衝突事故なども遭ってスキーヤーからは蛇蝎の如く嫌われていましたね。
私もその頃はまだスキーオンリーで、スノーボーダーがバックサイドターン直後にニアミスして、ものすごく怖い目に会った事が数回ありました。
そんな私が実はそのあとスノーボーダーに転向したのは、当時の友人の一言でした。
今スノーボードやっとくと、絶対お得。女の子にもウケる。
コマさん。このブログ見ていないと思うけど、あなたは正しかったよ(笑)
女の子ウケは正直分からなかったけど、スノーボードやっていると意外と職場でも受けがよかったのは、その後スポーツショップに就職したせいかもしれないけれどね。
で、当然日本のスキーメーカーはスノーボードの板やバインディングを製造していないので、道具は全部外国製になります。その当時の長野県の大学生は一冬スキー場でバイトしたり、一夏ペンションでバイトして何十万も稼ぐ事は出来ましたが、私はその冬と夏を遊んで暮らすキリギリスだったので、金がありません。ということは道具は・・・指を咥えて見ているか、友達のお古を貰うしかない。まあその当時は優しい友達がいまして、すでに就職していたので私にお古の板とかくれる訳です。でも友達だってお金持ちじゃないので、よく分からないメーカーの板で大丈夫かこれ?というような華奢なバインディングが付いていました。
じゃあどんなのがほしかったかといえば当然ですよ。バートン。当時から一番人気でしたね。あと覚えているのがSmithぐらいで、後は日本のMOSS(ハンバーガーじゃない!)とかNITRO(ニトロとよんでいたら実はナイトロが正しいと訂正された)は聞いた事あるなぁ程度。
難にせよ断然バートンが欲しかった。でも買えなかった・・・orz

月日は流れ、いまやもう10年はスキー場に行っていないです。もっとかな?でも冬になると雪が降る北のほうが懐かしい・・・東京は面白いし美味しいんですが、山がない。冬になると中央アルプスが真っ白になる景色が懐かしい。などと思っていて何の気なしにググって見たらバートンのページってちゃんとまだありました。しかも昔と変わらないあのイカレタ色使いのギア類ととダブッとしたウェア、かっこいい板、システマチックなバインディング。東京と大阪に直営店と岐阜の土岐プレミアムアウトレットにはアウトレットショップがありました。スゲー!いつの間にこんなに大きくなったの?

あの当時はバートン製品を買うには、スキーショップやアウトドアショップの売り場で並行輸入されてきた板やグッズを買うしかなかったので、カタログとかを見ることも「これと別の色ないですか?」なんて聞くことも出来ませんでした。そこにあるものしか売ってないんだもん。ショップの店員の趣味で買い付けてくるから、ものすごくビビットな色使いのものが多くて(だいたいその当時のスノーボーダーは反主流派で、そのぶん変人も多かった)当時の私の趣味にあんまり合わなかったんだけど、それでもバートンは欲しかった。

BURTON ONLINE STORE見ると、昔よりはるかにスタイリッシュでテクニカルな面も格段の差があって、そして何より買い易くなっている。いいなぁ、と指を咥えて見ているワタシだけが変わらないのだ(笑)
スノーボードをもう一度我が物に・・・するためにはひざと緩んだ下半身を鍛えないと・・・
[PR]
by zukunashi | 2007-12-08 10:56 |
Apple福袋発売中!?・・・(゚Д゚)ハァ?
The Apple Store (Japan) - アップル福袋 2008が12/6から12/25までの20日間、1日10個限定で売り出されます。もちろんお届け日は1月2日ですが。

あの寒い中並ばなくても手に入るんですよ奥様!!
これは買いじゃありませんコト!!

一行目のリンクをクリックすると福袋の販売ページに行きますのであなたも
レッツ GO!!
あっ・・・・・・品切れ   orz

ちなみに1月2日にApple Storeで福袋が販売されるのは例年通りのようです。

ついでに、福袋ばかりじゃなくて、数量限定セールとか整備済み製品などもあるので、この際だからジックリ他もご覧下さい。
[PR]
by zukunashi | 2007-12-06 17:33 | えー?!