カテゴリ:えー?!( 31 )
ブログポストを削除するとき
そんなに差があるとすればそれは動画のせいでしょう?のコメント乱に鍵コメント(通称鍵コメ)で書き込んでいらっしゃる方がいます。その方は私が問題にしたブログの関係者かもしれません。どうなのかは解りません。但し鍵コメで書き込まれるので、ちょっと難渋しています。イチイチこれはこうでああでと書くと、せっかく鍵コメにしている意味が無いからです。何か都合があって鍵コメにしているのでしょう。

なので、細かい対応が出来かねますので、このブログポストを借りて記事を削除する場合について書いておこうと思います。

大前提
基本的にブログにあげた記事は削除しません。

よく“間違えたら消せば良いよ”という人がいますが、私は消さないほうが良いと思っています。
間違えたら恥ずかしいからとか間違えたら迷惑が掛かるからとか理由は色々あるでしょう。ですが私は消しません。横線引いたりして見苦しくなるかもしれませんが、削除はしません。

まず、自分のブログは無謬であるとは誰だって思わないでしょう?私もそうです。何かしら間違っていることでしょう。指摘されれば変更します。間違っているとわかれば訂正します。考え方の問題の場合は自分の考え方を主張します。(まあそんなことあまり無いですが)消してしまうと一巻の終わりです。自分の頭を絞って考えたことも全部無しです。
まあ間違っている事って恥ずかしいですけどね。

・・・他人から削除依頼が来た場合

まあ今回はこのケースなんですが、まず話し合いができそうかどうかが焦点になります。話し合いができる方でしたら話します。その上で判断します。変更するとか、もしかしたら全削除も考えるでしょう。

言い換えればその人がちゃんとコミュニケーションを取れるかどうか?ということです。

とは言え私だってコミュニケーションの専門家ではないですからすごい判断基準があるわけじゃないです。少なくともただ闇雲に削除を迫る人や、削除しないと◯◯になる、というような脅迫紛いのやり方は正常なコミュニケーションじゃないことぐらいはわかります。
あと、自分を被害者ぶる方はあまり真っ当な会話ができないことは経験済みです。
ついでに言えば議員先生は最後に直接事務所に来いっていう人が多いのでこれも同様です。何の為のネットだ?
えーっと、だいたいこんな感じでしょうか?
ツイッターの場合はこれに返事が遅いって怒る人が付け加わります。そう入っても私だって仕事してますからね。昼休みとか、休憩とか、朝の一時とか帰ってきての団欒の時とかに返事するわけですよ。

コミュニケーションって一言で言っちゃってますが、話す、聞くという単純な事がとっても難しい。自分語りばかりやっちゃう方もそうですが、大体一方通行になりますね。コミュニケーションって言うと難しい気がするんで遣り取りっていうのしっくりきますね。

切り取り線------------------------------------切り取り線

さて、こんなことをツラツラ書いていましたら、私の元記事が閲覧禁止にされていました。まあ早速再掲載してしまっているんですが、Excite運営もいい加減だなあと思うのはこちらへの通告文がまあひどい(笑)
2014年08月22日
【投稿記事 非公開処理のお知らせ】
こんにちは。エキサイトブログ管理者です。
エキサイトブログでは、規約に反する内容は投稿できません。
ブログ利用規約をご確認いただき、該当記事http://pine.exblog.jp/20123423/ を削除いただくか、
内容を修正のうえ新規の記事にて再度ご投稿いただけますよう
お願いいたします。
今どき具体的な事は言わないのがスタンダートなんですかね。まあ何があったか大体わかりますが、こういうやり方でやっていると、ちょっとした事でも誇大に言い立てて、ブログを書く人を萎縮させる事が出来てしまいますね。

ふ~ん( ´_ゝ`) て感じです。

話し合いができなければ何も進みません。どんなに面白い事を言える口でも、独り善がりは禁物ですよね。

追記が・・・あるかもね。
[PR]
by zukunashi | 2014-08-22 23:34 | えー?!
7月10日菅直人元首相がツイートで福島第一原発事故の話を始めた
それは突然始まった。菅直人元首相はもしかすると、吉田所長の訃報を聞いて始めたのかもしれないが、ソレは単なる私の憶測である。
a0008523_13184475.jpg
当初から罵倒する人、言い募る人、様々だが、話をきこうとする人がちゃんといて、やり取りにもなっているところがある。なにより菅直人元首相は遣り取りをするつもりのようである。

多分後日誰かが(私も含めるけど私はやれそうにない)まとめサイトを作るでしょう。自分の思惑などが絡んで、菅直人元首相よりのものや反民主党的なもの等色々できることでしょう。

私は別に中立じゃない。常々自民党には懐疑的かつ否定的だし、リベラルであると思っていますから。
ところで下に出したツイート主の方には申し訳ないですが、この人を批判したいわけじゃない。
a0008523_13413679.jpg
「言い訳をするな!」的なツイートが結構ありました。私はこれではツイッターの意味が無いと感じました。
ツイッターはある意味誰でも言い訳を書いていいシステムです。その点で言えば非常に非日本的です。日本では『言い訳をするな』とよく言われますし、言い訳を聞かない人、上司なども多いです。言った方が良い言い訳悪い言い訳がもしあるとしても、結果論としてしか違いを区別できない場合が多いのではないでしょうか?
私は言い訳をどんどん言って欲しいと思っています。言い訳ばかりを考える人もいます。本当になぜこうなったのかわからないけど自分の身の回りに起こった事をただ言ってくれる場合もあります。聞いてから判断しましょう。
私は聞く自由もあるし言う自由も有る。言い訳をするな!といえばその人からもう2度と失敗の報告が上がらなくなる。成功の報告も重要ですが、なぜ失敗したかを考えることのほうが重要です。
単なる言い逃れなのか、それとも事実を述べているのか、ちゃんと聞いてちゃんと判断しませんかね?

もうどうしようもないのは『売国奴』とか『北朝鮮献金云々』とかの中傷、罵倒。これは聞く必要なし。
[PR]
by zukunashi | 2013-07-10 14:03 | えー?!
自分の周りで無かっただけじゃない?
妻と猫はいますが、子供はいないzukunashiです。とはいえ姪っ子と甥っ子が計4人いますので、ん年後の正月にいくらふんだくられるのか今から((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

さて、めったに読まない・・・というか一年に一回、病院の待合室で読むものがないときに手にするのが【女性◯×】系の雑誌です。マンガもあるんですが全然面白くないですし、ゴシップも性別によってこんなに興味をそそられないものなのですね。という事で無人島に絶対持っていかない物TOP10に必ず入ってくるものが私にとっての女性週刊誌です。

とはいえ今回はそれ関係のお話です。女性セブン〈小学館〉の7月14日号に載っている80を超えた現役助産師の話です。以下リンクをお読みください。
NEWSポストセブン|最高齢助産師「出産時の痛みはセックス以上の究極の快感」
快感だとかは(つ´∀`)つ置いといて…

色々と突込みどころはあります。とはいえ子供のいない私が言うのも・・・ね^^; という事で一箇所だけ突っ込ませていただきます。
お産で死ぬことは絶対ないから、なんにも心配いらん。
NEWSポストセブン|最高齢助産師「出産時の痛みはセックス以上の究極の快感」より引用
うわーこれって自分の周りだけを見ていっているんじゃないでしょうかね。お産で子どもが亡くなったり、母親が亡くなったりすることが今より昔のほうが多かったんじゃ?この方のウィキペディアから引用しますと
助産師の仕事をはじめて66年余。取り上げた子どもの数は4000人近い。
ウィキペディア 坂本フジヱより引用
ということなので、終戦直後から助産師をされていると思いますが、その頃から坂本さんが取り上げる子供は一人として亡くならなかったとすれば、まさに神の手です。

しかし、実際は不幸にも亡くなられることがあります。よしんば100歩ゆずって、坂本さんが関わったケースでは誰一人亡くならなかったとしても、それを以てお産で死ぬことは絶対ないから、なんにも心配いらん。と言い切ってしまったならば、目が曇っているのか、知りたく無い事から目を逸らしているのか、はたまた私が思っている『お産』と坂本さんが仰る『お産』は全然別物なのでしょう。

お産で死ぬことがないと彼女に保証されたとしても、亡くなる人はいます。
これもマスコミの問題なのでしょうか?それとも助産師など医療側の問題なのでしょうか?

女性セブンは2011年1月から3月の印刷証明付き発行部数は42万5千部で女性週刊誌ではトップです。
これからお産を迎える人に変な期待と、間違った認識が残らないことを祈ります。
[PR]
by zukunashi | 2011-06-30 13:03 | えー?!
ドラッグとホメオパシー 社会的な毒性はどっこいどっこいか?【追記アリ】
沢尻が大人になった理由(リアルライブ)を読むと、ドラッグは完全否定だけどホメオパシーで「落ち着いてきたし、ちょっとは社会性も出てきたんじゃないかと思う」と仰っているそうです。

まあ社会性云々は置いておくとして(つ´∀`)つ最後に取って付けたように一方ではニセ科学との声もあるようだ。と書くのがリアルライブと言うニュースのギリギリの良心なんでしょうね。その何倍もの行数を割いてホメオパシーの翼賛記事を書いてますけど。

で、ある程度正しい情報が伝えられればいいですが、それは期待出来ないです。

だいたい、ホメオパシーの紹介文もいい加減だし。

ホメオパシーが沢尻という女優を大人にしたと言うことなんでしょうが、薬(のようなもの)で大人になるのがいいことなんだろうか?いい年して落ち着きが無いから、坐禅組んだり、お茶、お花、礼儀作法のお稽古事と言うのはあるけど、薬・・・といっても砂糖玉だけど・・・を舐めて落ち着かせるって、なんかカルシウムサプリを舐めて怒りっぽいのを沈めるみたいなもんなんでしょうか。やめると元に戻るのかな?

何れにしても、セレブがハマってようと、沢尻が絶賛しようと、ヨーロッパでは『効果はない』と言われてきているものを、そういう経緯を無視して提灯記事を書くのは如何なものでしょう?

とはいえ『「政財界、芸能などの内幕情報」から「UFO目撃情報」まで網羅した ユニークな企画のニュースサイト』媒体社とユーザーをつなぐ「株式会社フェイツ」|業務内容よりというゴシップサイトなので、人気が出れば何でもありなんでしょうか。

一応ジャーナリストなのかね、この記事書いた人や、掲載を決めたデスクは。

追伸(4月24日深夜)
[PR]
by zukunashi | 2010-04-19 23:16 | えー?!
マスコミがお先棒を担ぐ
天漢日乗の記事は非常に刺激的で、またいろいろな話しをネタにしてくれるので、読む方もいろいろWebで資料を漁りながら読まなければいけないありがたいブログだ。

元々は大淀病院の話しの時にいろいろ漁っていた時に他のブログでトラックバックされていて、その時見つけた医療系ブログのRSSと一緒にしていたが、医療以外の話しの方も多いので近ごろは普通の巡回経路に入っている。
そこで先日「マスコミたらい回し」とは?(その155) 何を今更毎日新聞岡田功記者「アメリカと比べて良質で安価な日本の医療崩壊を止めたい」しかも大阪発の記事でという非常に皮肉っぽい題名の記事が書かれていた。大阪の毎日新聞と言えば大淀病院の報道では結構な量の誤報と見紛う記事が量産され、挙句の果てには新聞労連から第11回ジャーナリスト大賞の特別賞受賞という快挙も成し遂げたところである。嘘も言い続ければ真、という良い例である。
という事で私もその記事の中で引用されていた毎日新聞大阪本社のコラムを読んでみた。憂楽帳:米国の医療 - 毎日jp(毎日新聞)

岡田記者は身を以って(正確には奥様が)体験したせいもあるが、彼が医療崩壊は食い止めたいと思っていることは間違いないだろう。とは言え、これについては天漢日乗の中の人が指摘している
医療スタッフによる奴隷労働体制を温存し、医療にかかる経費は、なるたけ節約したいがために、「医療崩壊は食い止めたい」
については激しく同意する。

それとは別に、非常に些細な事かもしれないが一つ疑問がある。

岡田記者(の奥様)が体験したアメリカの医療は一般的な医療から見たらどのあたりなのだろうか?高度な医療を売りにしている金持ち向けの病院?それとも普通の救急病院?どちらかというと貧困層がメインの病院?その時受けた医療はどのレベルなのだろう?金額は保険から払われているということだが、そのどんな医療に対してどれぐらいの金額が請求されていたなどは全くチェックしなかったのだろうか?
文中には
海外留学保険のキャッシュレスサービスを利用したので知るすべもない
と書かれているが、本当に知る術はないのだろうか。代わりに点滴一本3000ドルかかった知人の例を出しているが、彼の書き方を見るとそれもどれほど信頼がおける数字なのかと思われてくる。

往々にしてこれを元にアメリカと日本の医療の違いを誤解する人が出てくるのではないかと思う。逆にERを見てアメリカの救急医療はすごい!!それに比べて昔自分が救急車に乗ったときは…と考える人も同様だ。

気を付けなければいけないのは、たった一度の経験で分かったつもりになってはいけない。経験したことで安易に社会問題を理解したつもりになってはいけない。貴方のたった一度の経験だけで理解が出来るほど問題は単純ではないのだから。
だからといって経験は大切であり、貴重なものである事には変わりはない。しかし経験というのは非常に狭いところで起きることであり、それだけでは社会の本当にごく僅かな一点に過ぎない事に気を付けねばいけない。それは丁度パソコンや携帯の画面の中の一個の点だけを見て、この画面に写っている私の記事の全文を推測するようなものだ。
一個の経験をキッカケに、様々な情報を集めて全体像に迫っていくならば素晴らしいことだ。もしこの記事がキッカケなのだとすれば、それは大いに結構である。しっかりとした成果につながって欲しいとは思う。毎日新聞でそれが可能かどうか、岡田記者で可能なのかどうかは別の問題であるが。

大切な事だからもういっかい。
たった一度の経験で分かったつもりになってはいけない。経験したことで安易に社会問題を理解したつもりになってはいけない。貴方のたった一度の経験だけで理解が出来るほど問題は単純ではないのだから。
[PR]
by zukunashi | 2010-02-23 21:47 | えー?!
「印付き」商品はあんまり気持ちの良いものじゃない
巡回サイトの中で、価格や新しいトレンドを確認するために見ているサイトが有る。とは言ってもファッションではなくデジタルガジェットに付いてだけれど。そんなサイトの中でも大手さんのアキバで見かける激安の「未使用品」、新品と何が違う? - デジタル - 日経トレンディネットこの記事を読んだとき、1つの事象を深く掘り下げた記事はこのサイトにふさわしくないからこんなもんだろうと思いつつ、チョット気になったので勝手に補足の文章を書かせていただこうと思う。

今回の記事では未使用品『印付き』『わけあり品』『修理上がり品』『アウトレット』に分類して書いていた。未使用に修理上がり品が入るのかな?とチョット疑問だが、中古以上新品以下という意味では未使用品に分類すべきなのかもしれない。

それぞれについて結構丁寧に解説を付けているが、最初に出ていた印付きについては、ポイント還元サービスでポイントの現金化を手っ取り早くするため、というような例が出ていたが、それだと1万円程度の低額商品の例でしかならない。[保証書印付き]でぐぐってみると、パソコンやビデオカメラが保証書印付きで売られていた結果が出てくることが多い。
これらをポイントのみで買ったとするのは非常に考え難い。価格comや各種質問サイトなどの回答を見ると、ドット抜け等のB級品という回答もある。メーカは液晶のドット抜けについては基本的に保証対象外として新品交換は行わないため、販売店がそれを新品交換して・・・という話しだが、それだと未使用には当たらないし、包装などを見れば一目瞭然で、印付きの解説としてはやっぱり不十分である。

という事で昔話をチョットお聞き頂きたい。

今から10数年前の事だ。

当時私は秋葉原の◯×無線に勤めていた。若干老舗で、名前の通り無線や携帯、パソコンハードソフト、白物家電、音響機器他と秋葉原では平均的な電気屋さんで、今はないが本社ビルというのも存在していた。
そこでアップルフロアにいてパソコンの売り子さんしていたのだ。
当時のアップルはアメリオCEOの元、カッコ悪い製品を作っては「キャッシュバックセール」でカスタマーを釣って販売数だけを伸ばしている、はっきり言ってダメダメなメーカだった。だからソコに来る人も何を買うかというよりいつまでに申し込みをすれば幾ら帰ってくるかばかり気にしているような学生とか会社員ばかりで、売り子さんとしては全然楽しくない職場であった。時折デザイン事務所やお医者さんといういかにもという業界から注文が来ると、フロアマネージャーが見積を出して、注文してそれを納品・・・下っ端にはそんな大口が回ってくることはまずなかった。
ある日、背広を来た男二人‥・まあ見るからに金融会社という小さなサイドバックを二人とも持って・・・とおじいさんがご来店された。おじいさんはしわくちゃのブルゾンに毛糸の帽子をかぶり、作業ズボンには繕いの跡が幾つもあるという風情で、正直パソコンには興味が無い部類の人だった。
三人は一通りフロアを見回して、背広の年配の男が私の前に来ると、おもむろにこう切り出した。
「大体五十万円予算でパソコン一式頂きたいんだが。」
入店の時点でピンと着ていたんですが、これはまあ間違いなく「ローン換金」業者だと。

「ローン換金」は今だと「カード換金」の事です。
街角に貼ってある広告とかを見たことがありませんか?
『クレジットカードのショッピング枠を現金化いたします!』
『カードでお金。』
『クレジットカードショッピング枠を有効活用!』
こんなやつです。
ローンもクレジットカードも原理は一緒です。ローン(クレジットカード)で物を買います。買取屋がそれを買取ります。ローン申し込みをした人はローンの支払と、それより少ない現金が手に入ります。

買う人はそのおじいさんで、当然現金で買うわけもなく当然ローンでの購入です。おじいさんは律儀にも銀行印なんかも全部持ってきているようです。書きながらバツの悪そうに笑って、目の前にいる私に向かって・・・
「これからの農家もパソコンが出来んと・・・な」
いや、聞いてもいない事を言わなくてもね、うんうんそりゃあそうだけど、今日は違う理由で買いに来たんでしょう?とは言い出せなかったです。そのうち書きあがったローン申込用紙を信販会社にFAXします。そして信販会社にFAXが届いたかどうかを確認する電話を入れますが、その時に担当者にそっと耳打ちします。
「この案件は買取りだと思います。」
「ハイ分かりました。」
ほとんどの場合、買取業者にわたるローンは却下されます。ですが、今回は無情にもローン成約のFAXが。最後は銀行での自動支払い用紙と、お客様控えを封筒に入れてお渡しして、パソコン、ディスプレイ、プリンターの三点を台車に乗せてエレベーターに四人で乗って、でかい車のトランクに載せます。
「ありがとうございました。」
おじいさんと二人の男を載せたその3ナンバーのでかい乗用車に向かってお辞儀する事の虚しいことといったら・・・。

そのパソコンには当然店の印を保証書に押します。たまに入れないでと言われる事がありますが、決まり何でということで全部押してました。押した方が安く買取られるんでおじいさんにはかわいそうですが。

しかしこうでもしないと金融業者がうちの会社でどんどん買取りをします。するとうちの会社の信用が無くなって信販会社がクレームを付けてきます。そうすると普通にローンで買おうとする人の審査も通らなくなってしまうんで困ります。

実はその2,3年後に某テレビ局の番組でその当時の所属会社が出ていました。カード換金に関するルポで、会社名は出てないですが、当時の制服のセンスの無いブレザー(真っ黄っ黄)と、店員の声が知り合いだったので一発で分かりました。その時は通らなかったので未遂だったんですが、やっぱり換金業者はうちをターゲットにしていたんだなぁと思いました。
そのテレビが放映されたときは転勤して違う支店に居たんですけどね。

もうお分かりかもしれませんが、印付きの全てとは言いませんが、数パーセントは間違いなくカード買取業者から流れています。買い取り業者が販売店に卸すのもルートがあって、いまだとオークション業者なんかにも流れていることでしょう。

確かに印付きは新品同様で価格も2から3割安でお得ですが、不正規流通品の場合があることも事実です。
あと、そんな例としては『修理上がり品』では、メーカー戻しでチェックして販売すれば、送料分無駄になると考えれば、不具合品が溜まってくると、ニコイチにしてしまうという話もありました。そうすれば一個はアウトレットで安く売ることも可能です。一個はメーカに返品して交換ないしは別のものを仕入れる原資にする。
言葉の響きも『修理上がり』だと中古ですが、『アウトレット』は新品です。売れ行きは当然アウトレットの方が上です。
全ての販売店がそうしているわけではありません。行き詰まって来て在庫がままならなくなると悪魔が囁く事が無いとは言えないという事です。

逆に正常品を訳ありにして出荷することもあります。某メーカにいたときはワザワザ箱をつぶしてB級品にして卸していました。理由は簡単で他の販売店との差別化のために値下げ合戦になるのを回避する為です。某大手ネットショップ向けのものだけ外装破損の訳あり品として出荷していました。

これは逆にB級品と思って買ったお客様から見れば、普通の新品と同じということでお得かもしれませんが、それ以外の販売店で同じものと何パーセントか高く買っているお客様もいる訳で、メーカ都合でそうしている事にはわだかまりがありました。当然B級にしても利益が取れるだけの利幅があってやっている事で、なんかなぁという思いが強く在りました。

という訳で、自分の経験だけで全てを決めるわけじゃないですが、全てがあの記事のように分かりやすくクリーンな物ではない事の、ほんのチョッとだけでも知ってていただければ幸いです。
[PR]
by zukunashi | 2010-02-19 18:53 | えー?!
嘘は刑法によって罰せられます・・・か??
昨日酔っ払って見つけた張り紙。

a0008523_22315674.jpg
「お願い
最近、会場の前にて業務妨害を
している人がいます。警察に通報
しますので、担当まで知らせて下さい。
(例)40回も来てるけど何も治らないし買わせ
られるから、貴方も来ない方が良いです。」と、
話しかけているそうです。
ウソは刑法二編35章233条違反です。
元気回復ハウス
サンメディオン担当
だそうです。
サンメディオンを調べると、電位治療器のメーカーで、どうもそれを体験する店でトラブルになっているようです。
その治療器の製品解説ページを見ると便秘、不眠症、肩こり、頭痛、神経痛に効果があると書かれています。

ウ~ン(´ε`;)
これってよくある製品クレーム処理を失敗しただけなんじゃないんですかね?
て言うか、上記のような症状(便秘、不眠症、肩こり、頭痛、神経痛)に効果がある!と書いちゃっている以上、改善しないと言うクレームは仕方が無いですね。だいたい、こういう効果があると言う事を書くのは薬事法的には良いんでしょうかね。

という事で調べてみますと、電位治療器に関して医療機器承認番号を受けているものは、便秘、不眠症、肩こり、頭痛の緩解が効能効果として認められるそうです。ただし緩解ですから、治るという話ではないです。軽くなる、マシになる程度です。とはいえ、それでは売れないのでまるで治ったかのような体験談を書いておいて、「効果があります」とする訳です。
この貼紙をしたところではどんな風に言ってお客さんを勧誘しているか知りませんが、こんな事例も国民生活センターに寄せられているようですから、注意することにこした事はないでしょう。

さて、最初に戻ってあの貼り紙ですが、まあ警告したいのはよくわかりますが、「ウソは刑法二編35章233条違反です。」と書いたのは勇み足でしょうね。こういう具体的な条文を書いて警告するのは、やり過ぎると脅迫罪に当らないのでしょうか?
また逆に入ろうとするお客さんに対して貼り紙に書いてあったようなことを言って入らせないようにするのも確かに偽計業務妨害に当るかも知れませんが、そうであるかを決めるのはお店の担当者ではありませんから、そういう意味でもちょっと勇み足っぽいですね。

ちゃんとしたクレーム処理で解決されればいいんですが、エスカレートしない事を願っています。
[PR]
by zukunashi | 2010-02-15 00:30 | えー?!
開発者でもなんでもないけれど・・・
Googleが横浜で大きいお友達1500人以上に無料でAndroidケータイの実機を配った話 - VENTURE VIEWより

Androidケータイの実機を無料配布したんだったら行きたかった(笑)
ヤフオクで売ったりせずに大事に使いますよ。見せびらかし用という噂もありますけど(笑)

にしてもグーグルは今後どんな会社になっていくんだろう。

ふとアップルの事を思い出した。
アップルは(まだ名前がアップルコンピュータだった)販売店で売り子さんしていた頃は純粋なコンピュータメーカで、バカな事に1台につき2万円ぐらいのボーナスを購入した人に配るというめちゃくちゃ無謀な販売をして、おかげで(なのかどうかはしりませんが)ぶっ倒れかけていました。(スカリー、スピンドラー、アメリオさんがCEOだった頃)
ジョブズが暫定CEO復帰してiMacを発売した頃まではパソコンメーカでしたが(もうその頃は販売店には居なかった)2001年のiPod発売の頃から徐々にパソコンメーカ色が薄れてきてデジタルオーディオも音楽販売もするソフトウェア重視の会社に変容して、そして今の(アップルコンピュータからコンピュータを抜いた)アップルとしてものすごい発展をしています。
でも1995年頃にサンマイクロシステムズ(オラクルに買収予定)やキャノン、ゼロックス、IBM、AT&T、イーストマンコダック、果てはフィリップスまでと会社売却交渉をしていたとはもうだれも思わないでしょう。

グーグルはソフトウェアというより検索サービスの会社でweb上のさまざまなコンテンツをどうやって見つけるのかを広告と連動させて、いまだにそれが収益の大部分を占めていると聞いています。でも、普段使うソフトやサービスとしてブラウザ(chrome)動画配信(YOUTUBE)地図(Google Map,Google Earth)や家のパソコンではOutlookの代わりにGmailですし、写真はPicasaで公開してます。
そこで携帯です。正確に言えば携帯用基本ソフト『Android』です。
ハードウェアメーカではないですが、大きくハードウェアに依存するシステムです。
大きな会社が新しく今までと違うことをするとなると、リスクを考えて買収したり勝てなさそうなことはしないのが普通ですが、Symbian、iPhone、Windows Mobileという先達がいる中に参入していくんで、並大抵の事じゃないですよね。

勝算はあるんでしょうか。

でもそんな事とは別に私もHT03A・・・欲しかった。
[PR]
by zukunashi | 2009-06-12 13:39 | えー?!
こんな事は絶対止めて!!
人から人への感染も確認されて、新たな段階に入ったインフルエンザA(H1N1)感染ですが、海外ニュースでこんなニュースを見かけた方。
感染目的パーティーやめて 新型インフルで米当局

 【ワシントン10日共同】新型インフルエンザの感染が拡大している米国で、わざと感染して免疫をつけようという「感染パーティー」が話題になり、米保健当局が10日までに「本人や周りの子どもらを危険にさらす」と警告する事態になった。

 専門家によると、こうした方法は感染第2波に対する免疫がつく確証がない上、個人の健康状態によっては重症化したり、家族や同僚に感染を広げたりする恐れがあるという。

 ニューヨーク・タイムズ紙などによると、この種のパーティーは近所で水ぼうそうなどに感染した子どもが出た際、ワクチン接種を嫌う親が子どもに免疫をつけさせるためにわざと感染させる集会で「チキンポックス(水ぼうそう)パーティー」などと呼ばれる。
<略>
2009/05/11 10:40 【共同通信】
元々はニュースにもありますように水疱瘡などを子供のときに罹っておけば一生涯免疫がつくから、ということなんですが、感染症について何でもかんでも同じ発想で早いうちに罹れば大丈夫という風に考えちゃうんでしょうね。
確かオーストラリアでも同じようなニュースがありましたが、ちょっと探しきれませんでした。

まさか日本でこれをやる人いないだろうなぁとおもいますが、もしお近くで
「早く罹っといた方がいいんじゃない?」
「今のほうが症状軽いみたいだし。」
みたいな話があったとしても、止めておいたほうが無難ですね。

歴史に学ぶならば、スペイン風邪で有名な1918年の流行のときは3回の流行があったそうですが、今回のインフルエンザが同じように2回3回と流行した場合、最初の感染で出来た抗体がその後の感染のときに有効なのかはだれも知りません。それぐらいウィルスが非常に変異するのですから。
通常のインフルエンザでも毎年ワクチンを打つのは、抗体が3ヶ月ほどしか持たないといわれていますし、接種により完全にインフルエンザに罹らないわけではありません。しかし症状を抑える効果は十分あります。
なので今インフルエンザA(H1N1)に罹ったからといって、秋口に来ると予想されるインフルエンザ流行の第2波に効果があるのか、誰にも分かりません。もしかしたら症状が軽くすむかもしれませんが、ならワザワザ最初に罹らなくてもいいんじゃないでしょうか。
なぜなら、あなたが感染することによって周りの人に感染させるリスクがまず増えるし。その中にハイリスク群と言われる
* 65歳以上の高齢者、
* 妊娠28週以降の妊婦、
* 慢性肺疾患(肺気腫、気管支喘息、肺線維症、肺結核など)、
* 心疾患(僧帽弁膜症・鬱血性心不全など)、
* 腎疾患(慢性賢不全・血液透析患者・腎移植患者など)、
* 代謝異常(糖尿病・アジソン病など)、
* 免疫不全状態の患者
ハイリスク群とは?:インフルエンザ情報サービス(中外製薬webページ)より
という人が混じっていないとも限らない。自分さへ助かればいいのなら何回でも罹っていいですが、周りの人も危険にさらすのですからあまり良い感染予防法とはいえないでしょう。

という事でパーティーはほどほどにというお話  ちゃうやろぅ (。_°☆\(- - ) バシっ!
[PR]
by zukunashi | 2009-05-18 11:38 | えー?!
まあ仕方が無いけどね・・・
ありとあらゆるアニメ、特撮がパチンコ、パチスロ機に変貌した今、あえてこれを言ってもしゃぁない・・・けどね。


よく出来ていると思う。ギレンぽいし。絵もきれいだし。

でもねぇ。なんかさびしいっす。ガンダムファンとしては。ましてやパチンコパチスロしないし。

まだ鳥肌実のパロディの方がいいなぁ。Youtubeに上がっていたのはさすがに削除されたけど(バンダイじゃなくて鳥肌側からの依頼だったらしい)今でも探すと出てくるね。

いいっす、まあ。それだけですから。はい<(_ _)>
[PR]
by zukunashi | 2009-05-16 15:50 | えー?!