9月1日映画の日『ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式』
すっかりこの頃書くのを忘れています。映画の日の映画
今月の(といってももう来月の映画の日が明日なんですけど)映画は『ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式』奥様のご要望により行って来ました。

監督がフランク・オズというところに引かれました。『セサミストリート』のクッキーモンスターや『スターウォーズ』のヨーダを操演していた人・・・というのは有名ですが、それよりわたしは『ブルースブラザーズ』の刑務官役の方がよく覚えています。という事で監督をしているとは知りませんでした<(_ _)>

映画の方はイギリス版『お葬式』(伊丹十三監督の出世作)か?とも思ったんですが、全然違いました。プロットぐらい・・・と思っていましたが、それもなさそうでした。粗筋は公式サイトで見て頂くとして、この映画はコメディなので最後に少しホロリときます。その時に『葬式ってそういう良いもんなんだ』と思ったら負けです。

まじめな話2回ほど喪主をしてもうコリゴリと思いました。これ以後誰が亡くなっても絶対やらないゾ・・・と、固く心に誓いました。
結局自分が悲しみに浸っていられなくて、終わってみるとなんだったんだろう・・・ああ、親父が亡くなったんだ、お袋が亡くなったんだ、という感じで既に過去の出来事です。もう少し感傷的になりたかったなぁ。

とはいえ、故人を偲ぶ、残された人が支えあうというのはどこの国でも同じで、それと言わなきゃいけない事はちゃんと言うという、非常に単純な事が出来ないが為に、本当に悲喜交交。自分が死んだ時にパソコンに保存したH画像をどうしようかとか、人に言えない秘密のサイトの会員ナンバーがバレたらどうしようとか、そういう取り越し苦労をしないように、日常から何とかしないと・・・ネ!

映画の中で、ピーターに衝撃的な写真を見せられたダニエルが、今いる亡き父の書斎に飾られている絵画彫刻の意味が分かってしまったシーン・・・ああいうベタな演出は結構つぼにはまると一気に笑っちゃいます。古い人間なんで(^^ゞ

お勧め・・・って!!東京では既に上映していませんでした<(_ _)>
今後は名古屋 札幌 大阪 福岡と順次公開の予定です。

楽しめます。お墨付き(^O^)/
[PR]
by zukunashi | 2009-09-30 17:30 | 映画・演劇・音楽 | Comments(0)


<< 10月の映画の日 『サマーウォ... “はなうた”を呑みながら・・・ >>