めちゃくちゃ遅れてますけど7月の映画の日は・・・人生に乾杯!
(^o^)丿
毎月映画の日には映画を見に行っているケチケチ映画マニアのzukunashiです。
お財布にも精神的にもダメージを少なく映画を見る事に努力しております。DVDは駄目です。家にテレビもDVDプレーヤーもないですから。パソコンの画面で映画を見たいとは思いません。

と言う事で既に3週間も前の話ですが7月1日にも映画に行って参りました。
人生に乾杯!です。
正直言ってこの映画、もしかしたら大失敗、でも、ウマくすれば大満足のどちらかしかないと思って見に行きました。場所はシネスイッチ銀座です。昔でいう名画座のような映画館ですが、新しい面白そうな映画をよく上映しています。

結論から言えば満足でした。非常にのんびりマッタリとして危機感の無い映画です。あらすじを読めばお分かりのとおりロードムービー風でしかも犯罪もあり、愛と絆、生と死。重くなりそうなんですがそんなに重い話にはなっていません。

それにしても老人はいいなぁとおもいました。映画の中でも被害者だった郵便局員(一番最初の強盗のときに対応した局員)も犯人を思いやるような事をテレビのインタビューでいいます。世間では老人福祉政策の被害者としてヒーロー扱いです。そして最後は・・・

エンディングまで見て正直に言えば、上手い事やったな、おめでとう!と拍手したい気分でした
別に人生の最後ぐらい享楽的に生きようとか、犯罪をしてでも生活を守る方がいいんだとかそんなステレオタイプな教訓(?)ではなく、上手に立ち回らなくてもいいから、わがままを言って、そして言われて、かっこ悪くてもいいからドタバタ走り回って楽しいと思うように生きてみたい、と思わされました。
♪幸せは、歩いてこない。
だから歩いてゆくんだね。♪
端的にいえばこんな感じ。

さて来月は『劇場版ムーミン パペット・アニメーション~ムーミン谷の夏祭り』に行きたいな。



黒星ひとつ入っているのは、初っ端のシーンと、途中に出てくるアミーゴについて今一わかりづらかったところ。
あと最後の最後にネタをばらさない方が面白かったと思う。またはもう少し婉曲に分かりづらくしてほしかった。あまりにもあっけらかんとネタばらしされてしまったのはチョット興を削がれた。
[PR]
by zukunashi | 2009-07-24 15:13 | 映画・演劇・音楽


<< インフルエンザについてトンと聞... この花何の花? >>