仮処分申請・・・あれ?4男喜久夫氏はどこへ??
すんなりと終わる・・・とは思っていなかったですが、やっぱり来ましたね信太郎氏の攻撃が。
なぜかweb上のニュースを見ると産経新聞しか検索に引っかからないので(エキサイトのニュースはいつもの通り・・・ブログ用に使いたいけどねぇ・・・ふう( -。-) =3)
一澤帆布長男、対抗措置の仮処分を申請 兄弟間の争い継続へを読んで幾つか疑問があるのでまあそれについてつらつらと・・・。
長男側は1日、同社の代表取締役を一時的に中立的な第三者から選任することや、自身を取締役に選ぶことなどを求める仮処分を京都地裁に申し立てた。
うーん、これって信三郎氏の弁護士さんも仰っていますけど、ついさっきまで社長だったんだから・・・という事が元だと思うのですが、言えるんですかね。専門家にお聞きしたいところです。まあ申し立てることが出来ると仮定すると・・・それでも何でこんな事するんでしょうね?現時点で株式が無い状態に戻るわけです。というのも今回否定された遺言状では確かに信太郎氏と喜久夫氏併せて62%の株式を握れるんですけどもともとの正しい遺言状では
信夫が保有していた会社の株式(発行済み株式10万株のうち約6万2000株)のうち、67%を社長(当時)の三男・信三郎の夫妻に、33%を四男・喜久夫に、銀行預金のほとんどなどを長男・信太郎に相続させるというものであった。
ウィキペディア一澤帆布工業ヨリ
だとすると信太郎氏には一枚も株式は回ってこない。まあその分現金が来るのでしょう。でも仮処分が通ったとして取締役になっていても、株主総会があれば間違いなく取締役はクビです。確かに一澤帆布から一澤信三郎帆布に向けて幾つかの訴訟をしているためこのままならその訴訟すべてが全く無駄になるのも痛いでしょう。それを回避するには少なくとも株主にならないといけないのですが・・・株を勝手に増やすとか?何とかするための時間稼ぎでしょうか。
あとそれに加えて
 申立書によると、長男は、一時的な代表取締役の職務執行者を第三者から選ぶとともに、長男と長男の子を一時的に取締役職務執行者に選ぶよう求めている。
というところなんですが、何で長男の子供を取締役職務執行者に?そこは喜久夫氏じゃないんですか?といらぬ突込みを入れてしまいたくなりますね。確かに表立った活動からすれば信太郎氏がこの事業も訴訟もガシガシ引っ張っているのですが、喜久夫氏は実は裏で兄を操って・・・という感じでもなさそうですが。どうなるんでしょう。
 長男は産経新聞の取材に「現在いる30人の従業員の地位を守りたい。そして、丈夫で長持ちするかばんをいつまでもお客さまに提供したい」と話した。
という事を信太郎氏は仰っているんですが、従業員の地位保全については信三郎氏が今の従業員の雇用について何も言っていないので、これについてはさっさと信三郎氏が何らかの意思表示をすべきだと思います。前回の敗訴した訴訟と同様ここでもまた相手のペースにはまっているように感じます。

結局攻める信太郎氏受ける信三郎氏というパターンは変わっておらず、信三郎氏にとってはこのままこのペースでずーっと引っ掻き回されるのがオチだと思うのは私だけでしょうか。

兄弟だというのが信三郎氏の目を曇らせているのでしょうか。何か次の一歩が踏み出せないまままた無駄に時間が過ぎていくような気がします。
それとついでに言うならば、信太郎氏は前々から「長男が家を継ぐ」という事を仰っているので、今回信太郎氏の長男が仮処分に出てきていますが、このまま今度は信三郎氏は甥っ子も相手にしないといけない状況に立たされているわけです。きっちりけじめをつけれるよにしないと世代を超えてずるずるといってしまう恐れが強くなってきました。本当にプーマとアディダスのようになってしまうのでしょうかね。



http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090702/trl0907020726000-n1.htm

一澤帆布長男、対抗措置の仮処分を申請 兄弟間の争い継続へ
2009.7.2 07:25
 京都市の手作りかばん店「一澤帆布工業」の相続をめぐり、先代会長の三男で前社長の一澤信三郎氏(60)側が長男の信太郎氏(63)らを相手取り、三男の相続を否定する内容の「前会長の遺言書は偽造」として無効確認を求めた訴訟で三男側勝訴が最高裁で確定したことを受け、長男側は1日、同社の代表取締役を一時的に中立的な第三者から選任することや、自身を取締役に選ぶことなどを求める仮処分を京都地裁に申し立てた。
 三男側の勝訴確定で、長男と四男だけに株を相続させるとした先代会長の遺言書と、これに基づく平成17年の株主総会での三男解任決議が無効となり、三男の取締役としての地位が復活する一方、長男の取締役の地位は消滅した。仮処分申請は長男側の対抗措置で、兄弟間で分裂した人気かばん店をめぐる争いが、さらに続くこととなった。
 申立書によると、長男は、一時的な代表取締役の職務執行者を第三者から選ぶとともに、長男と長男の子を一時的に取締役職務執行者に選ぶよう求めている。
 長男は産経新聞の取材に「現在いる30人の従業員の地位を守りたい。そして、丈夫で長持ちするかばんをいつまでもお客さまに提供したい」と話した。
 一方、三男の代理人弁護士は「何をもってそのような権利を主張するのかよくわからない。申立書をよく見たうえで、法的な対応をしたい」としている。
[PR]
by zukunashi | 2009-07-03 13:49 | 事件・事故


<< 休業だって・・・[追記あり] 古稀のお祝い(上) >>