スラムドック$ミリオネア
映画の日でーす。
今回はあのスラムドック$ミリオネアに行ってきました。

イヤー面白かった。うん、納得。何でアカデミー賞の8部門取れたのか。ダニーボイル監督のトレインスポッティングとか28日後・・・(だったっけ?)のような荒廃した世界・・・じゃ無くて生き生きとしたスラム(?)がバンバン出てきます。やっぱり好きなんだなぁ、こういうところが・・・。

見所はなぜ彼が問題の答えを知っていたか・・・ではありません。日本風に言えば小指の先の赤い糸・・・風が吹いたら切れそうなその赤い糸を切れないよう細心の注意を払って手繰り寄せていく話しです。

運命的に出会ったといってよろしいのではないかと思います。ワザとらしくなく、素直に運命だねと思えました。

ところで、インド映画の醍醐味といえばあの音楽とダンス。映画の最後にはそれがちゃあんと用意されています。

そういえばインドの俳優さんのキスシーンを見たのは初めてじゃないかな?

[PR]
by zukunashi | 2009-05-02 02:38 | 映画・演劇・音楽 | Comments(2)
Commented by snowdrop99 at 2009-05-03 22:20
うまく演出されてましたね。原作はもっときつい表現もあるらしく、映画は若干マイルドになってるそうです。
TBさせてもらいますね。
Commented by zukunashi at 2009-05-03 23:11
原作を読もうというずくが無いので、映画で完結しそうですが・・・ちょっと本屋に行ってみようかな・・・という気にはさせてくれる映画でした。

こちらからもトラバさせていただきました。


<< Love me tender ... (笑)立派な開き直り >>