【追記あり】kemichoさんのインプロビゼーションLIVE
本当は【告知】4月10日(金)インプロ発表会!【即興パフォーマンス】のことです。なんかタイトルを見ると1人でやっているように思ったかもしれませんが、そうではありませんでした。

男ばかり9人(?だったと思う?)がステージに揃って開幕したインプロジャパンのアドバンスクラス発表会。
出てくる人がどの程度の技量を持っているのかわからないので、ワクワクしていました。
で、始まってみてのまず最初の感想は・・・い、痛い!
申し訳ないですが、あがってしまったのか、実はマジに助けを求めてもがいているのか見分けが付きませんでしたが、口ごもる台詞、止まるしぐさ、困る出演者。当惑する役者さんを見て痛くなりました心臓の横が・・・(笑)
でも、旨く絡める人と絡み難い人、絡める話絡み辛い話、色々なシチュエーションをこなすうちにだんだんイケてきました。
と、ここで・・・・・・すみませんが偉そうにkemichoさんにだめだし。
話を作ろうとする意識が先走るせいか、説明的な台詞がちょっと気になります。チャンネルのゲームではそれが生きていたと思います。逆に最初と最後のゲームではそれが仇になっていたように感じました。
あと声の大きさ、動きの流れは役者だナァと感心させられました。
というところで全体的に気になった点を二つほど・・・。
シチュエーションの中で自分が何をするのか考えすぎ。
というのも、幾つかのゲームでは最初に出てきた人が延々と話を作っていたので。というのも、見ているとその場面での主役をやりたくないんじゃないかとすら思えるほど、出るのを躊躇っている様に見えました。目立つのを避ける、日本人気質なんでしょうか?
もう一つは・・・喜怒哀楽が乏しい。
これはテレとか慣れとかもあるとは思うんですが、感情が分かりにくかったです。ステレオタイプなものでもよかったと思うんですが、演技がのっぺらーな感じがしました。

とまあ苦言ばかり最初に言っておいてですが、マジ面白かったです。最後の方はけっこう役者さんの動きも発想もこなれてきて、話がポンポン飛ぶのにちゃんと落ちていました。今回のインプロで一番好きだったのは中ごろでkemichoさんも出ていた「チャンネル」です。特にあのダークな直江兼続は絶品です。

久々に抱腹絶倒でした。また行きます。

【つ・い・き】
一番肝心な事を忘れてました。
kemichoさん。
お誕生日おめでとうございます<(_ _)>
何かプレゼントを持っていこうとして、時間が無くて忘れた挙句、kemichoさんのLIVEで楽しくなって帰ってきた・・・お誕生日なのに・・・orz。逆じゃん(-_-;)

逃げるようにして帰ろうとしたのは、そのせいというわけではありません。単に気恥ずかしかっただけです。
[PR]
by zukunashi | 2009-04-11 00:36 | 映画・演劇・音楽 | Comments(2)
Commented by kemicho at 2009-04-14 10:29
ご来場ありがとうございました!&的確なダメ出しありがとうございます!
なかなか初見の方にダメ出しをもらう機会がないので、とてもありがたいです。
今後の参考にさせていただきます。


それはともかく、楽しんでいただけたなら良かったです。
また機会があったら、ぜひ観にいらしてください!
Commented by zukunashi at 2009-04-16 22:39
けみちょさん

偉そうにダメだしいたしました<(_ _)>
全体的に引っ込み思案な雰囲気があったのがちょっと・・・(^^ゞ

でも面白かったですね。


<< ハローワークにて・・・ 運転はくれぐれもご用心 >>