『僕らのミライヘ逆回転』 映画の日だよ
『僕らのミライヘ逆回転』
日本版公式サイトは・・・こちら
アメリカ版公式サイトは・・・こちら

ドッチが面白い?絶対アメリカ版のほうが面白いと思うんですよ。

という事でこの映画、見てみると分かるんですが、ハートウォーミングなコメディでも、コピー品に対する知的な風刺でもありません。

“嘘も方便”

これに尽きると思います。結局嘘に振り回される話です。でもそれが最後にちゃんと落ちのついた良い終わり方に繋がります。

“終わり良ければ全て良し”

この映画を見てから思ったのは、次の日はどうなるんだろうと言う事でした。

でも、自分で作ったものがちゃんと評価されれば嬉しいですよね。明日はきっと胸を張って違う仕事を探している事でしょう。

チョッとやる気を起こさせてくれる映画です。チョッとですよ、チョッと。

それと・・・

自分でなんか作ったり、書いたり、描いたり、演奏したり、撮ったりしたくなります。無性に。

私は、音楽と、小説と、芝居をやっていた自分をチョッと思い出しました。

まだあと1週間ぐらいはやっていると思います。東京近郊の方ならEN博2を見て『僕らのミライヘ逆回転』を日比谷に見に行くなんていかがでしょう。

私たちは今日は日比谷のシャンテシネで見てきました。
連休中、たまにはハリウッドの大作映画以外の変な映画はいかが?
[PR]
by zukunashi | 2008-11-01 23:42 | 映画・演劇・音楽 | Comments(3)
Commented by snowdrop99 at 2008-11-11 13:56
これ、もっとドタバタしてるかと思ったら、意外とヒューマン系でしたね。
TBさせてもらいますね。
Commented by zukunashi at 2008-11-12 18:37
ジャックブラックだとやっぱり・・・スクールオブロックの暴れっぷりが印象的ですが、もともと存在感があって、妙な説得力がある役にいい感じではまっているように思いますね。

結構お気に入りです、この映画は。
Commented by 服部喜宏 at 2009-03-15 14:50 x
嘘も方便、そのとおりだと感じました。


<< 夜の銀嶺祭 入院 >>