ナルニア国物語…カスピアン王子の角笛…アナ・ポップウェル…Jeff Okabayashi
今日封切りの【ナルニア国物語 カスピアン王子の角笛】を見に行ってきました。夜の部で。

ご飯2杯半ぐらいいけますね。楽しかったです。

でも

【ナルニア国物語】もそうでしたが、戦いのシーンがクローズアップされる事で、あの話の大切な所がチョッと薄まってしまうような、原作の持っている冒険小説的なワクワク感が薄れてしまうようなそんな気がしました。
安易に教訓を引き出そうとするのは大人の悪い所ですが、やる気、意欲、ずくを補充させてもらったような気がします。

ところで、前作でも気になっていたAnna PopplewellですがInternetMovieDatabaseのPhoto Galleryを見ると、前作と今回のスチルが出ています。
あの魅惑の“タラコくちびる”は健在で・・・いや、以前にも増して魅力的で、以前より女らしくなったぶんそのくちびるの吸引力も1割り増しぐらいに感じます。
ネタバレになるんですが…最後のキスシーンは…やややりすぎな気もしますが、カスピアン王子が彼女のくちびるの魅力に負けるのは仕方が無いでしょう(^^ゞ

さて、タイトルの最後「Jeff Okabayashi」はナルニア国物語カスピアン王子の角笛のエンドタイトルで出てきた名前です。second assistant directorでした。日系なのか詳しい事はまったくわかりませんが、昔の友人の忠告を忠実に守っていると、たまにタイトルロールなどでこういう面白い言葉に当たります。「Jeff Okabayashi」氏もそのうちの一人です。
チョッと調べてみると1988年ごろから色々な映画に係わってきている事がわかります。「Jeff Okabayashi」など参考に。

全体としては楽しめました。それにしてもアスランは何でいつもギリギリのいい所で現れるのですかね。そういう話だからというのは無しにしても、本当にヒーロー体質なライオンです。うらやましい。

a0008523_055334.jpg
トーホーシネマの売店で、買ったスペシャルポップコーンセット。プラスティックの入れ物なんで持って帰ってきました。





そういえば・・・

蛙男商会の鷹の爪団がTOHOシネマでマナービデオになってました。
笑いと涙の感動マナービデオでした。

でも、あのアニメってアニメーションのクセに動きがないですね。口しか動かないし。
☆☆☆☆
[PR]
by zukunashi | 2008-05-22 01:03 | 映画・演劇・音楽


<< 電車の中 今日も >>