d-倉庫水難の続報
なんか久々に短期集中掲載・・・これもプーだから出来る技(もしかしたら今週末に作業が入るかもしれないので今の内に・・・)

という事でd-倉庫の事故の件あれからも関係者のブログやツイートを見ているとちょこちょこと書き込みが有ります。まずは主宰のブログNO ACT★NO LIFEより5日目終了。
・・・前略・・・
言いたい方はどうぞご自由に。
きっと観て頂ければ分かって頂けるとは思いますが、残念です。

ただ、それなりの覚悟は持って下さいね。

僕達は、小劇場で生きている河原乞食ではありますが、河原乞食なりのプライドはありますよ。

覚悟は持って下さいね。

今回の作品に携わっている音響さん、照明さん、映像さん、制作さん、受付さん、劇場さん、キャスト、みんな心は一つです。
大きな塊です。

良いお芝居を沢山のお客様に。

それだけを胸に、明日からまた、褌締め直して命削ってやっていきます。

そして、このブログをもって、僕は件の日暮里水事件(笑)の書き込みを終わります。

御心配、ご迷惑おかけした皆様、ごめんなさい。

僕はまだまだ大丈夫です(笑)。

今回は個別にツッコミましょう。
  • 観て頂ければ分かって頂けるとは思います
  • 一連の騒動がどういう経緯でどんな経過をたどっているのか全く気にしてらっしゃらないですね。芝居の出来不出来は劇団皆さんの一番気にすることだと思いますが、問題はそこじゃない。信用問題になっていることに気がついていない。
  • 覚悟は持ってくださいね。と2回念押し(重要だからか?)
  • 死を賭した覚悟ですか?どんな覚悟だろう?イメージで語ろうとする人に多いんですが、単語に意味を込めすぎで全く伝わらない。具体的にどんな覚悟が必要なんだろうか?
  • 僕達は、小劇場で生きている河原乞食ではありますが
  • 何で自己卑下?っていうか河原乞食って懐かしいが、一寸の虫にも五分の魂?窮鼠猫を噛む?何れにしてもレトリックが陳腐。
  • 僕は件の日暮里水事件(笑)の書き込みを終わります。
  • いや、初めて事件と認識していたことを書いてらっしゃいますが、それにしても(笑)を付けるっていうのが笑えない。最後まで事故なく終わりあゝよかった、というところで付けるなら分かるんですけどね。二日前に大丈夫だと書いてましたが、それでも尚且つもし事故が起きたら、(笑)を付けたことがどんだけマイナスになるか・・・orz。同じ日のブログで”舞台やってる以上、100%の安全なんてありません。”と仰ってましたが、役者やスタッフの安全もさることながらお客様の安全が最重要です。もし・・・?!という事を考えればこんな事を書くほうがおかしい。
  • 僕はまだまだ大丈夫です(笑)。
  • 貴方は自分のことよりスタッフやお客様のことを考えて下さいね。(笑)とか言っている余裕が有るならね。
とまあ若干感情的になってしまいました。前の時もその楽観に首を傾げましたが、多分主宰の小川信太郎さんは何が問題なのか理解していません。まあ演出者はそうでなくちゃという気はしますけどね。息抜き的に書いてらっしゃるようなので、私みたいに情報集めてブログやるのとぜんぜん違うんでしょう。ということでツッコミを入れますが重要じゃないです。彼にとっては対岸の火事(Twitter小火)ですから。

さてお次旗揚げメンバーIKUYO MAGICよりお問い合わせありがとうございます【訂正】
・・・前略・・・
確かに、仕込み日にアクシデントは発生しましたが、演出の変更と劇場との打ち合わせを重ねてからの仕込み直し、安全対策をして無事に幕を開けております。
そこからトラブルは無く、公演期間中も公演外の舞台スタッフが見に来て確認、アドバイスをもらって公演を円滑に進める努力を重ねる日々です。

ご納得下さった上で、お時間がございましたら、是非お越し下さいませ。
お問い合わせいただき、ありがとうございます。
・・・後略・・・

ここで重要なのは
  1. 仕込中に事故発生(場当たりだからまあ仕込みですね)
  2. 演出の変更
  3. 劇場との打ち合わせを重ねてからの仕込み直し
ちょっと一段突っ込んだ話が書いてあります。仕込み直したんだと。演出も変えたんだと。ただ演出については最初の1tの水を降らすのをやめた時点で演出変更といえば変更です。また仕込み直したんだということは、告発者さんのツイートでは事故が起きた時点で終電だったので帰宅され、翌日も行くと言って拒否られたということなので夜のうちに仕込み直したか、翌日朝から開演までの間にしたかどちらかでしょうね。突貫だったんでしょうね。

2つに共通するのは情報の扱いです。上からの情報伝達に慣れてしまっているのではないでしょうか。昨日のブログを書くときも感じていたんですが、ニーズを拾い上げるようなそういう作業は苦手のようです。上意下達が徹底している組織内だったらその方法が効果を上げるのですが、今回の出来事のように不特定多数に向けて広報する場合は全く伝わらない場合も起きてしまいますね。しかもブログやTwitterのような双方向メディアを一方方向のみに使うというやり方はやっぱり昭和の香りがしてきます。

あと照明担当のツイートが上がってました。連続で行きます。
FictiF ‏@FictiF_syoumei 18:33 - 2015年7月7日
劇団BOOGIE★WOOGIE 公演について

当公演の水の使用の件で、SNSの騒動により皆様にご心配をお掛けしてしまっております。大変申し訳ありません。
対応や現状の報告につきましては、劇団が発表している通りです。事故なく日々本番を終えています。(続)
FictiF ‏@FictiF_syoumei 18:34 - 2015年7月7日
演出においても、一部の情報にあるような危険なものは行っておりません。
お客様には、ぜひ安心してご観劇いただければと思います。

また私がスタッフとして出来る事は、千秋楽まで引き続き関係者様及びお客様の安全を確保しながら、より良い作品を作っていく事だと考えております。(続)
FictiF ‏@FictiF_syoumei 18:34 - 2015年7月7日
私の作業に快く協力してくださるキャスト・スタッフの皆様へ深く深く感謝し、お客様のご来場を心よりお待ちしています。

最後に、私からのご報告が遅くなってしまったことをお詫び申し上げます。
今後共、どうぞよろしくお願い申し上げます。

FictiF 志佐知香
この人を最後にしたのは単純な理由です。外部スタッフだからということと、特に前お二人より突っ込んだ記述がないからです。そういう意味では最後に仰っている報告が無いことを詫びなくていいでしょう。既に他の人で言われていることの焼き直しですし、広報担当ではないのですから。

さて、最後にちょっと自分の経験から話します。芝居の経験は極短期なので主に仕事での経験です。

今回のような告発によってあるグループに対して不利な情報が流れている場合、そのグループが取るべきことは何か。他の炎上案件でもそうですが、まずすみやかに告発者とコンタクトをとり、状況確認、そして問題かどうか判断する前に状況を把握していることをこちらから発信せねばなりません。事故の認識が無いと判断されるのが一番問題を拗らせるからです。そして重大な問題ならば対処をして、そのことを発表するわけです。重大な問題ではなかった場合でも、何故そう判断したのかということを添えて発表します。

今回は初日の前日に起きた事故だったので即座にというのが難しかったとは思いますが、未だに公式の発表もなく劇団員各々や外部スタッフはては劇場がバラバラに対応しているという、まず考えられない状況になっています。ですから情報も錯綜し、誰が責任持って対処しているのか、またそれを発表するのか、外部からは全く分かりません。主宰が全権者だとしても、あの体たらくですから。

役者さんは皆演劇さへできればいい・・・ど思うのでしょうね。演出もそうかもしれない。でも役者が演じ、音響が音を出し、照明が灯りをつけ、美術は絵を、大道具、小道具、衣装は物を作り、脚本家が本を書き、演出が芝居を構成する。制作がチケットを売り、広告を打ち、一を集めお金を払ったり回収する。じゃあ、そういうみんなの努力を無駄にしないように注意するのは誰かといえば、それが舞台監督です。

穿った見方としてこれが解散公演だからと言う人もいます。私はそんなことはないと思っています(根拠はないですが)。偶発的に起きたことだろうと。でもそうだとすれば今まで大過なく過ごしてこれたのは、日頃の行いがいいからではなく、凄腕の大道具がいたからでもなく、単に運だったわけです。今まで運が良かったんじゃないんです。最後の最後にこんなことがあるんですから運が悪いんです。でもその悪運もちゃんとした舞台監督がいれば避けれた話です。

ところで事件事故って身に降り掛かってこないのが自分の能力と勘違いするんですよね。俺のやり方が正しいから何も起きてないんだって。そんなことはない単に運ですよ。ホント、能力で避けれるなんてマンガや芝居の中の話です。現実の神は貴方よりもっと狡猾でかつ冷酷ですよ。

ご安全に。
[PR]
by zukunashi | 2015-07-08 11:06 | 映画・演劇・音楽 | Comments(4)
Commented by 通りすがり at 2015-07-09 08:34 x
一部の意見に、
「まだ事故が発生していないから」というものがあります。
炎上している、とはいえツイッターの一部。
信用問題、とはいえ、仕込み、準備段階のトラブルであり本番までに対処している。
つまり、告発がなければ、不安を煽ることはなかったこと、とも言えるのでは、と。

もしそう考えているんだとすれば、これは単なる風評被害でしかない、と捉えているのかもしれません。
Commented by zukunashi at 2015-07-09 09:57
通りすがり様コメント有難うございます。

仰るとおりですね。風評被害というのに当たるかどうか分かりませんが、お客様に対する被害の有る無しで言えば今はないです。
ただ公演中に事故が起きなければOKというのはおかしいでしょうね。ハインリッヒの法則に照らせばヒヤリハットの事例です。自分達が上手くやっていると思い込んでいるだけだろうと私は思います。事故が起きないと気が付かないタイプですね。悲しい事に。
Commented by 名無しの演劇好き at 2015-07-10 22:19 x
はじめまして。
7月8日の朝に件の劇団主宰さんのブログに、
事故内容の検証と、改善点の開示を求めるコメントを書いたのですが、
承認されなかったようでコメント欄に反映されませんでした。(今もなおです)

きっと私のような方が他にもいらっしゃって、やむを得ず公演中のおかしなタイミングで、劇団サイトのトップ画面に公式コメントを出すに至ったのかと推測しています。

劇団主宰さんのブログに書いても取り上げてもらえないようなので、行き場のない思いをこちらのコメント欄に書いてしまうことをお許しください。
Commented by zukunashi at 2015-07-11 20:35
名無しの演劇好き様コメントありがとうございます。
独断と偏見ですがアメブロは双方向メディアとしてのブログらしくない単なる日記帳ですから、気に入らない人のコメントを表示しないのが当たり前なんでしょうね。
拙ブログでも書きましたが、(笑)とか書いちゃったり覚悟しろと脅したりとナカナカどうして炎上商法に長けた方ですから。もしよろしければどんどん書いちゃって下さい。告発者の方のメッセージも着てますから。そういう場として使ってくださいね。ではm(_ _)m


<< ど根性ガエルの裏側~事実はマン... 【長文注意】d-倉庫水難事故に... >>