思い出したようにやってくる『ソラからの伝言』信者の方々へ・・・
ご来場どうもありがとうございました。

ソラからの伝言の信者の方々もお手伝いいただいたおかげで閲覧者2万人突破!
始めてから1年4ヶ月目の達成は早い方ではないと思いますが、遅いわけでもないのでしょうか?よくわかりませんが。
ともすれば1週間ぐらい平気でほうりっぱなしにして、更進が滞ったり、進路に悩み1ヶ月なにもしなかったりと色々ございましたが、これも皆様のおかげと日本人風に挨拶には必ず周囲の方々の協力に感謝する所など、年をとったなぁと思います。加齢を気にするのは何もそういった態度だけではなく、むしろ自分のお腹の方が顕著なのですけれどもね。

さて、天災は忘れた頃にやってくる。地震や台風じゃないですが、時たまやってくる白木妙子親衛隊の方々は良くぞ私のblogを覚えていてくださいました。あなた方とて大切なお客様でございますので、それなりの歓迎はさせていただきます。

思い起こせば、私が最初に書いた『ソラ・・・』関係の記事は 2005年02月24日スマトラ沖地震についてのシロキカヨコ女史(当時)のお知らせというチャネリング記録に対して、つたない解釈と道義的な批判を行った所、書いた当初から2ヶ月少々は全く何も反応がございませんでした。

最初に帰ってきた『ソラ・・・』関係者からの反応は5月9日の“わらびもち”さんからのコメントでした。その後リラさん、縊死神退散!!さん、平和ボケですか?さん、はじめてさん、 通りすがりさん、疑問符さん、とを含めて8人のコメントが5月22日まで賑わしてくれました。とはいえこの遅れてやってきたブームの原因はというと、『イシキ』という言葉の使い方が間違っているという事だったようです。ただ親衛隊の方々は書いてある内容は無条件で正しいという認識のようで、それについての私の批判は鼻にも引っ掛けてくれませんでした。

その後6月の22日にはまたもや“わらびもち”さんより、まだ削除していないんですか?という頓珍漢なコメントが入っています。
そしてだいたい一ヶ月の期間をおいて先日7月25日に帷子タマオさんと、これは私はひどいと思うは ないさんよりまたなにやらコメントが入っています。下記の通りです。
Commented by 帷子タマオ at 2005-07-25 16:40 x
要はあなたのイシキの問題です。イシキが逆のケースでは、さぁー大変、今までの太平(?)の世がくずれてしまうということでしょうな。
 ちなみに反論なりをカヨコ女史にメールしてみてください。 そうすればあなたのイシキの程度、種類(いわゆる良い系統かいなかが)などが
たちどころにわかりますよ。
悪かったらば、真剣に祈れば良いものにシフトするとか(?)

最後にカヨコ女史がいたおかげで、2005年の今でも生きていることを
ニンシキしてみてください。 ソラからの伝言は7月25日現在、全文検索
可能ですよ。
というような降伏勧告?とも取れるコメントが入っていました。俺は誰からの手助けもいらな~いというほど尊大な人間ではありませんが、白木妙子女史のおかげで生きていられたと思うほど落ちぶれてもおりません。悪しからず<(_ _)>

ついでに揚げ足を取らせていただきます。帷子タマオさん。シロキカヨコ女史は名前を7月19日に変更されてらっしゃるご様子ですね。こういったところで間違えていらぬ揚げ足を取られないようにしていたことが、思わず役に立ってしまいました。

またこれは私はひどいと思うは ないさんからのコメントは、全く意味がわかりませんでした。反論も反省も出来ませんね。

さてここでシロキカヨコ改め白木妙子女史の2005年7月25日(月)
石老山、ムーの巫女、ビジョン、桃、輪の穀物模様、地球の未来、追記【桃の種】・・・という【お知らせ】から引用しておきます。パレスチナユダヤ同祖説ともいえる内容ですが、たぶんお知り合いの方々は『全く疑問を持たずに』鵜呑みにされる事でしょう。学校教育もこうだったら、先生は楽でしょうね。
ダビデの星は大昔のユダヤ人のシンボルですが、パレスチナ人は祖国に残ったユダヤ人で、権力者がイスラム教に変わったために、皆イスラム教に転向し、名前をパレスチナ人と名づけられただけ。


パレス=城、チナ=小さな、小さな城=岩のドーム=イシカミを守る人。

祖国に残った同じユダヤ人であるパレスチナ人と仲良くして欲しいと、ソラの者達は守っているのです。

今の地球の争いの多くは、イスラム対キリスト教のように、宗教の違いの争いが主ですので、原点のパレスチナが平和に解決して欲しいと願っています。

http://sora.ishikami.jp/stories/you.html

真実というものが、世の中の中心にあり絶対的なものだという認識を私は持ち合わせていません。絶対的な真理があるのか無いのかという根源的な問いにも答える事が出来ません。
ただし親衛隊隊士の諸君のように『安易に盲従』する気は毛頭ございませんので、あなた方は間違っていると言い続けるでしょうが、私のこの姿勢は変りません。

悪しからずご了承くださいませ<(_ _)>
[PR]
by zukunashi | 2005-07-27 00:17


<< 誠に漢らしい食材・・・購入編 延べ2万人お越しいただきありが... >>