自身をアイヌの権威か何かと勘違いしてない?金子やすゆき市議さんは?
「辞職勧告」可決確実! 9月22日本会議で採決か: 札幌市議会 金子やすゆき ホームページなどと自分の事を他人事のように書いているのはイロイロ複雑な心の中があるのでしょう。

とはいえ、書いて有る事を読み進めるとなんか面白い。

タイトルで書いたとおり、アイヌのことについては金子やすゆき氏が決めないといけないらしい。
私がいないといったのは、アイヌ「民族」です。
「民族」とは言葉や宗教、文化、生活習慣などを共有し独自の権利を求める集団を指す言葉です。
「民族」には「紛争」「対立」ということばがつきもの。
おとなりの中国ではチベット族やウイグル族への弾圧が問題となっていますが、
日本でアイヌ族への弾圧などあるでしょうか?
「辞職勧告」可決確実! 9月22日本会議で採決か: 札幌市議会 金子やすゆき ホームページより
いやぁ民族って戦わないとダメなんだ(笑)『「民族」には「紛争」「対立」ということばがつきもの。』なんか歪んでるなぁ。

そして
アイヌ文化が生まれたのは13世紀と言われていますが、12世紀に建てられた神社が道内にあり、
既にこの地域では和人が先に住んでいたことを示すものです。
和人とアイヌは混住していたのであり、アイヌが先住民族だとの主張は学術的根拠がありません。
だからこそ、政府はアイヌの先住性をずっと否定していたのです。
「辞職勧告」可決確実! 9月22日本会議で採決か: 札幌市議会 金子やすゆき ホームページより
いやぁ、アイヌ文化が生まれたのが13世紀って初耳だわぁ。アイヌには文字がないから、アイヌの歴史は和人が残したものしか無いと言う話は聞いたことがある。もともと、続縄文時代に北海道に居たと思われている人々とアイヌの関連性についてはどのような意見がお有りなのだろう。学術的根拠という言葉を使う以上アイヌの歴史などご存知であると思う。軽々に学術的と仰る事は無いと思いたいが、どうもココで学術的という言葉を出してきたのは、平成20年に「アイヌ民族を先住民族とすることを求める決議」が国会で可決されたことに対して反対せんが為に学術の権威を振りかざしているとしか思えない。

多分ここまでは金子やすゆき市議は勇み足だとしても言っておきたいことだったのでしょう。この前提がないと、この後が彼の本当に言いたかった事が単なる僻みになってしまうからでしょう。

彼に言わせればアイヌは・・・まるで生活保護の不正受給者や、在日外国人に対する捻れた正義感のように・・・特別に保護されている上にアイヌであることを示す正当な証すら無い。よってアイヌなんか居ない。特別に保護すべきじゃない。

とはいえ、金子やすゆき市議が示した『学術的にアイヌは先住民族じゃない』という学術性は眉唾であり、彼がそれを証明したと思っている『アイヌ文化は13世紀からで12世紀には神社が建っている』と言う話だけじゃ、北海道のみならず千島、樺太、シベリアに居たと言われるアイヌや縁の民族の方々が13世紀に突然現れたとするほうがなかなか漫画チックである。それにアイヌ民族が居ないもう一つの理由として『「民族」には「紛争」「対立」ということばがつきもの。』という民族の定義って斬新で他にはない視点かもしれないけれど、このまま金子やすゆき市議がこの問題を煽っていけばアイヌと大和は『対立』して『紛争』を起こし立派な2つの民族『大和民族』『アイヌ民族』が誕生するというシナリオなんですね。

でもこれは皮肉でもなんでもなく、こういうちょっとした対立が火種となって民族問題が燃え盛ることはあり得る。金子やすゆき市議は火付け役として大役を果たしてご満悦かも知れないが、彼の無知と無教養で要らぬ火を付けられる人々にとってはいらんお世話である。

金子やすゆき市議や彼を支援する人々が在日外国人が嫌いで、朝日新聞が嫌いで、甘い汁を吸う人が嫌いで、陰謀が大好きでも構わないが、あなた方の遣っている政治は悲しいほど非寛容で余裕が無い。極少数の、自分を支持する人の声を聞いているだけで政治をしているつもりになっているのなら、それでも良いがその声が大多数の支持だと勘違いしないでいただきたい。

我々は民主主義を基本とする。だから少数意見は尊重する。だが、少数意見だから尊重するわけじゃない。ダメな意見は淘汰されなければいけない。そこをお間違いなく。少数だから正しい訳じゃない。
[PR]
by zukunashi | 2014-09-11 01:14 | ニセ科学…科学を詐称するモノ


<< 獣の仕業第9回公演「ヴェニスの... WOOD JOB! 神去なあなあ日常 >>