今でもこんな風にいう人がいることに驚かされます
【1日2セット限定】リスドォル・プレミアムセット!9月後半分販売開始!|西荻窪 無添加パン工房「リスドォル・ミツ」のブログ

たぶん、この人に悪気はないと思います。まあ講演したりテレビに出たり本を書いたり、マルチタレントな方ですから、下心というものはあるでしょう。人気者になりたいとか金を儲けたいとか。ただサギ紛いな事には気が付いていないだけだと・・・思いたい。

サギ紛いな文章はそこかしこに散りばめられています。
外食産業を含め、今や花形の大手通信販売会社、これらの会社はベクレル検査を
やっていません。
やっていないのに「やってる」と言っている会社もあるようです。
また福島の野菜、肉などを安く買いたたいているようです。
(因みに私はその通販会社名を知っていますが、言いません。)
とか
また福島産の果物、野菜は他の県の段ボールに詰め替えられJAが主体となって
産地偽装をしている、とも聞いております。
などはその典型例でしょう。

読んでみると分かる通り、断定はしてません。1番の文章では御大層に最後のところにカッコ書きで(因みに私はその通販会社名を知っていますが、言いません。)との事。この章の前の章では報ステのディレクターが自殺した件を引き合いに出し、もしかして他殺ではないか?と仄めかしています。これも断定はしていませんが、もし他殺だとしたらどこからか圧力を受けているのでは?と書いています。だから言わない、そう読み取ることもできるでしょう。

2つ目の引用にあるJAの産地偽装も、聞いております、という伝聞調なので、確証のある話ではない。実は2つの引用の間の文章は、牛乳を西に持って行って偽装しているという話を書いている。その文章は「・・・こんなことが当たり前になっています。」と〆ているので、もう一般に知れ渡っているという話になっているようですが、実際にそんなことになっているってみなさん知ってました?て言うか何かの情報を勘違いしている可能性大なんですよね。

牛乳の産地偽装については福島原発事故の4ヶ月後にアノ有名な中部工業大学の武田邦彦教授が誠実な社会を取り戻したい・・・牛乳と柏市の放射線という日記に
大手の販売会社は多くの親が心配しているのに、汚染状態を公開していませんし、「汚染された牛乳」と「綺麗な牛乳」をまぜて、ベクレルを規制値以内に納めているという情報もあります。
と書いて物議をかもしていました。私も上から目線・・・でも見当ハズレじゃない?でチョット首を突っ込んだ覚えがあります。

チョット脱線すると、本当に牛乳は混ぜられているのかといえば、多分・・・と答えるしか無いでしょう。牛乳の流通を逐一把握しているわけでもなく、放射線測定器で調べまくっているわけでもないんですから。で、農林水産省が事故直後から原乳の放射性物質の検査結果についてという形で公表していますが、見る人は少ないでしょうね。あと、科学ジャーナリストの松永和紀氏が書いた牛乳の放射能汚染は深刻か
チェルノブイリと飼育法異なる
「福島のコメは危ない」も短絡的
2011年10月12日(Wed)  松永和紀 (科学ジャーナリスト)
こちらの方が、産地偽装問題についてより詳しく述べていますので、読んでみて下さい。

さて、西荻のリスドォル・ミツのブログについては、パン屋さんが安全な食材を求めてイロイロ探しまわった上での得難い経験を知らせてくれているのだろうと思います。ですが、自分で得た知識をさっきのような表現で公表するのは逆効果でしょう。真実かもしれない情報を眉唾ものにしてしまっています。

なお、一層胡散臭くしているのは最後の方の文章です。
曰く、(可哀想なのはグーミン、いや“我が愛すべき庶民”の方々ですが。)
曰く、このままの状態―――
   即ち、「食」の業界で放射能のことが大きな声で議論できないような状態です。
曰く、あっ、いけねーーー!
   今般は「パン屋のオヤジ」らしからぬことを書いてしまった。

などなど、執筆された本の中身が透けて見える用な胡散臭いおやじ言葉をワザと炸裂させていますが、自分は他のグーミンと違い色々な事を知っているのだぞ!という自負が滲み出てきていますね。上から目線(我が愛すべき庶民)というか、自分だけが食の業界で放射能の事を話しているかのような素振りを見せるところとか、自分を「パン屋のオヤジ」と自己卑下しているところとか。

最後の気持ち悪い文章はおいておくとしても、事実の確認ができない書き方をして不安に付け込むようなやり方を以ってサギと断じるにはまだ証拠が足りないでしょうかね?でも、確実にこういう方が福島の生活を壊しています。
[PR]
by zukunashi | 2014-09-08 13:27 | ニセ科学…科学を詐称するモノ


<< WOOD JOB! 神去なあなあ日常 金子市議について・・・書こうと... >>